2017年10月19日

本当の脅威はア 

  「夏物がいつまでもしまえないなぁ」と思ってたのはついこの前。ここんとこ一度に冬が来てしまって、あたふたと冬支度。古いセーターを捨てようと思ってもなかなか捨てられない貧乏性。猫のベッドやチェアーの座布団になりました。北京の国際放送局日本語部にいた時、Rさんから「ゴミの神様」とあだ名をつけられたくらいの症状、いまだ治癒せず。特に誕生プレゼントなどは捨てられないのです。
猫冬ベッド.jpg マッサージチェアーの座布団.jpg 

 あと3日で選挙。この応援スピーチははすごい。日本の本当の脅威は北ではなくアのつく人だという、
伊勢崎賢治教授(東京外国語大学)山尾しおり応援スピーチ!13分の超おすすめスピーチです。
posted by Hiromi at 22:12| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

25年の歳月

 今日、 メーテレのUPでも服部夫妻のニュースが特集で報道されていましたが、各新聞もTVも事件から25年の剛丈君の命日を、ラスベガスでのアメリカ史上最悪の乱射事件とからめて、様々に報道しています。皮肉なことに心が痛みますが、NHKでは、16日のニュースに続いて、昨日17日に海外向け番組「NHKワールド」で世界に向けて放送されました。↓で数ヶ月は見られるそうです。

 当時の懐かしい映像も出てきました。夫妻も一緒に活動したメンバーもみんな若かった! 宮沢首相には冷たいこと言われたけど、村山首相は服部夫婦+私たち夫婦も面会。村山さんは剛丈君の遺体の写真もクリントン大統領同様、哀しい顔をしてじーっと見られた。(あの時も確か選挙戦の最中だった)アベさんだったらどうだったろうと、ふと考えます。トランプ大統領と手を繋いで強い姿勢(軍事)でならず者に対処しよう!と、拳を挙げています。騙されてはいけない。私たちはその武器で拳を上げ合う循環を断ち切って欲しいとずーーーーーーーっと言い続けているのです。一つの銃も一つのミサイルも全く一緒です。人を殺すための武器。
バラ骨折最終レントゲン.jpg

 バラ、全治2ヶ月と言われた通りでした。もちろん右うしろ足の骨はまっすぐ繋がったわけでなく、「くっついた」という状態ですが、ジャンと同じ速度で追っかけっこをしているので、全治。我が家の猫の話で申し訳ないけれど、「命」は尊いです。
posted by Hiromi at 22:05| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

猫バンバン

 バラが数日前から布団の中にもぐってくるようになりました。で、ジャンとバラで大好きなママの取り合いになって仁義なき戦いをする。これが人間だったら私はどんなに幸せか。
猫バンバンマーク.jpg
  寒くなりました。猫が暖を取るために車のエンジンルームやタイヤの間に入ってしまうことがあります。車に乗る前にボンネットをバンバンアップしてからエンジンをかけようという、「猫バンバン」プロジェクト」があるそうです。

 ジャンを拾ってくださった代理ママは、動物看護師として働き始めた時にそんな事故にあった猫をお世話したことがあるそうです。車のエンジンルームで寝ていたようでファンベルトに挟まれて、前足を巻き込まれ複雑骨折で、生涯 ひょっこひょっこと歩いたとのこと。幸いその病院の受付猫になって、幸せに暮らしたそうですが。

 先週我が家に来てもらったAちゃんママの実家の話。もうずっと昔、猫が車の事故に巻き込まれ、家の玄関でギャーギャー泣いていたのを無我夢中で病院へ担ぎこんだそうで、手術代が40万円だったそうです。この猫、3本足になったけれど長生きしています。すっかりおばあちゃんになり、今は糖尿病で毎日パパにインシュリンを注射してもらっています。(先日は猫の話で盛り上がりました……)

 幸いバラはジャンとの、すさまじい追いかけっこ&パンチ合戦が程良いリハビリとなり、明日の受診で全治の予定。家猫を飼う条件で、外へ出さないようにと言われる理由がよく分かります。野良猫が車にもぐりこんでいることもあるので、「猫バンバン」は心がけたいです。

★イラク訴訟の時の原告団長だった池住さんから、昨日、森友学園に国有地が払い下げられた問題をめぐり、嘘の国会答弁をして証拠隠滅を行ったなどとして、佐川国税庁長官ら2人に対する告発状を東京地検に提出してきたという報告がありました。
 昨日のTBSニュース

加計学園獣医学部が23日にも認可され、同日に孝太郎理事長が記者会見するそうです。 自民大勝に沸く翌日にセッティングして安倍政権を支持したのだから有無を言わせない……そんな姿勢か。いったいこの国はどうなっていくんだろう。政権というものは醜い。
続きを読む
posted by Hiromi at 14:14| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

メディアコスモス群読ワークショップ

 岐阜市のメディアコスモスでの群読ワークショップは無事終りました。自分の出番は写真が撮れませんので、これはとりあえずの速報写真です。
 3.楽屋でバイオリン鑑賞合成.jpg 4.楽屋でバイオリン鑑賞3小.jpg
楽屋モニターでバイオリンミニコンサート鑑賞
 6.出陣の円陣2小.jpg 7.舞台袖で出番を待つ余裕小.jpg
さあ! いくぜー!                         この余裕……(神経フトイ)
  9.おむすびころりん本番中小.jpg  12.ぎなた読み2小.jpg  
おむすびころりん(バンドは中央)   ぎなたよみ
15.われは草なり1小.jpg 16.われは草なり2小.jpg 
(高見順 われは草なり 「重量喪失拾遺」より)
われは草なり 伸びんとす     伸びられるとき 伸びんとす
 17.われは草なり3小.jpg 20.あなたの声小.jpg
伸びられぬ日は 伸びぬなり      あなたの声
 名古屋からわざわざ見に来てくれたがま口塾最古参会員のKさん、「よかったよー」とは言って貰った気がしますが、お世辞かもね。でもバンドメンバーは大きなミスもせず、落ち着いてやれたと思います。
 岐阜市のグループ二つと各務原市のグループとバンドと4つのグループが、ほぼぶっつけに近いコラボで、よくもまぁやりとげたと思います。
   発展途上である事は間違いなし。これからも皆で楽しいステージを工夫していきたいね。「俊寛」の赦免使が俊寛を置き去りにして船を出すクライマックス場面を、謡曲・鼓、バイオリンの生演奏で群読とナレーション(私)とコラボしたのは初めての試みで、謡曲の先生がとても感動されていたそうです。反省をしっかりして、又楽しいステージに参加したいです。お世話くださった岐阜市の「ほっこり」のグループの皆さん、有難うございました。
posted by Hiromi at 21:54| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

ささやかにコツコツ

 この3ヶ月、「「はだしのゲンをひろめる会」の活動で、日本語版や英語版、中国語版の寄贈をしたのですが、中国で申し込みのあったほとんどの大学や図書館が、日本語版と英語版の両方を希望したので、金沢の事務局の作業は汗だくだったと思います。2セットで20冊ですもんね。まずとにかく重い。
 国際小包を受け取ってすぐ報告をしてくれ、受取証書数々.jpg丁寧な感謝状も添えてくれるところは問題ないのですが、別の省に間違って配達されてしまっていたり、夏休みや国慶節の休みが長くて、連絡が上手くいかなかったり、色々大変なことが多く、気をもみました。

 晴れて昨夜、全て無事ゲンを届けた確認ができました。心から安堵しました。22ヶ所の大学。応募は25ヶ所でした。まだまだ応募を受け付ければ贈れるのですが、現在会の資金がパンクしたので、応募に対してはお断りしています。新年度になったら予算ができるので、再開です。又、私がこんな事をブログに書くので、ひろめる会に寄付してくださったり会員になったりしてくださった方もあり、心から感謝しています。

 明日は岐阜のメディアコスモスの群読ワークショップの公演がありますので、子どもたちと一緒に出演される図書館長さんに中国語版を贈呈する約束になっています。Kアナの仲立に感謝。

 こんな中、関西の若いママさんから突然メールをいただきました。「世界名作童話館」のカセットを探していて、私のブログに辿り着いたという事でした。物心ついてから中学生になるまで聴き続けた大好きなカセットをなくしてしまったり、あっても音が劣化したりしているそうです。わが子が生まれて、やっぱり聴かせてやりたいという親心に感動しました。
 CDにダビングしながら、私もあらためて聴きなおしました。やっぱり魅力的な作品です。昨日大阪にCDを発送しながら、こうやって親から子どもへ「おはなし」が聴き繋がれて行くことの大切さ、幸せを噛締めました。

 ここのところ、選挙情報のあふれる中、デモや集会、勉強会に参加できてないのですが、核の平和利用はありえないと叫ぶ……、ささやかなささやかなコツコツ。私の憲法12条です。
posted by Hiromi at 06:43| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

空から降るならこんな平和が降れ

 まさに七五三のお参りをして帰宅、大人たちが3歳児に読みきかせをしてもらっていた時間でした。
 東村高江で米軍ヘリ炎上 大型輸送ヘリCH53、民間地で大破(2017年10月12日 01:07)
Facebookでこんなコメントが。
****************************
襟裳岬の2000キロ東の海上に落ちるミサイルには大騒ぎするのに、民家まで400mの陸地に落ちたヘリには「遺憾」としか言わないのか。この一年で何機落ちたと思ってるのか。
間違いなく お前が国難
****************************
 私が罪悪感にとらわれるというのは、こういう写真の世界に浸っている自分を思う時です。この子と猫の上に墜落してたらと思うと体が震えます。沖縄の人たちはいつもいつも毎日毎日身体が怒りで震えているんだ。
大箱ジャン小箱アン.jpg 1012-1ジャンの箱に入ってb.jpg
本日、我が家の人口は無事半減。日常に復帰しました。
posted by Hiromi at 20:51| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七五三感謝

 11日は15日の本番前のバンドの最終練習日。3歳のお姫様一行と祖父ちゃんに日進市の図書館に行ってもらって、リビングを立ち稽古会場に舞台転換。5+1の参加決定で、昔のお姫様たちの衣装も素晴らしいと自画自賛。イツモより10分早く終るよう協力してもらってバタバタ。12時に昨夜から作っておいたカレーライスを全員超特急でかき込んで、お姫様以外は衣裳替え。

 お姫様一行は写真館で衣裳を着付け+ヘアメイク。岐阜+名古屋のおじいちゃんとおばあちゃんとおじちゃんと総勢6人がお姫様にゾロゾロくっついて塩釜神社でお参りしました。岐阜のおばあちゃんは天国できっとニコニコ見守ってくれたことでしょう。
1.お清め.jpg 2.手提げ袋の中.jpg
お相手をしているのはおじちゃんです。
 そのまま家に帰って、皆でお茶をしたのですが、岐阜じいちゃんは稲刈りや芋ほりのお疲れあるもAちゃんのお手紙ごっこにお付き合い。その上、午前中の図書館での読み聞かせがとても気に入ったようで、「皆さんコンサートが始まります! こっちの部屋に集まってください」と大人を全員呼び込んで、「今日は水曜日なので、読みきかせをしてあげます」……
 5.じいちゃんにお手紙を読んであげてます.jpg 4.芥見のおじいちゃんとお手紙ごっこ.jpg 3.お手紙を読んでます.jpg 6.小窓からごめんください.jpg 7.バーバパパ読み聞かせ.jpg
 親ばかのパパとママはニコニコしてますが、年寄り組は眠そうで……。
 このまま平和の中で幸せに育ってほしいです。ここまで成長させてくれた全てに感謝。ばあちゃんはアクロバットのような一日でした。
posted by Hiromi at 06:19| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月10日

ささやかすぎる秋の収穫

  ママの実家で稲刈りや芋ほりをして大変だったので、今日はゆっくりしようと、近くの公園へ散歩。ミニオンリュックの中はしまじろうの妹の花ちゃんです。分かる人にしか分からない幼児の世界。
 帰ってから栗拾い。ちょうど最後の2個が落ちたり落ちかかっていて、できすぎの秋の体験ステージでした。そして、夜はママと私で栗の皮をむき、ジイちゃんが栗ご飯を炊きました。まぁまぁ。来年はもっとたくさん収穫できるよう、1年間、栗の木に色々話かけようと思っています。天国のNちゃんに車に乗っけてもらってどんぐりの里へ行った時、買ってきた苗木だから。あれから8年です。
ミニオンリュックで散歩1.jpg ミニオンリュックで散歩2.jpg   庭の栗拾い.jpg  栗ご飯できあがり.JPG
posted by Hiromi at 22:24| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

国中が傷つきます

 3泊4日の3人連れ様来宅。猛烈に主婦。

 服部家にルイジアナ州バトンルージュのユニタリアン教会のクランプ牧師さんからメールが来ています。心ある人々の想いを私たちも受け止め、手を繋いでいきたいです。
****************************************服部君事件とラスベガス事件中日171008.jpg
親愛なる服部さん、皆様
 10月22日9時半と11時15分の2回の礼拝が終了したとき参会者に、新しく整備された庭にあるピースストーンで無言のお祈りに参加してもらいます。
 記念式は短くて過去に行われた式典とは違います。しかしヨシヒロの25回目の命日の行事に平和と非暴力について述べるのを名誉に思います。

 ご存知のように米国は銃器に関して理性的な政策が育たず、10月1日のネバダ州ラスベガスのような乱射事件の度に国中が傷つきます。ヨシヒロの思い出は私たちの心に生き続けています。そして私たちはヨシヒロの家族を思うたびに温かい気持ちになります。
ー以下略ー
****************************************
posted by Hiromi at 23:11| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

ウィ キャン

 ICANがノーベル平和賞を受賞しました。賛同団体は101カ国の468団体。2015年の11月21日から23日まで広島で2015「世界核被害者フォーラム」が開かれたとき、基調講演をしたのが、ティルマン・ラフ博士で、 演題は、「ウィ キャン」健全な持続可能な未来は核なしで初めて可能だ」でした。
 フォーラムでは、核サイクル被害現場からの報告が、ウラン採掘、核実験、広島・長崎原爆被爆、原発事故、原発労働、劣化ウラン兵器による被害の実相……等々世界各地から報告され、最後の日、「はだしのゲン」も代表が発言して、英語版の寄贈活動をアピールしました。とても深い痛みと感動を覚えた会議でした。

 ICANの賛同団体は101カ国の468団体。こんなに大勢で受賞できることが最高に力強い。この力をうーんと伸ばす事だね。まさに、「ウィ キャン」!
 米ソ英仏中の5カ国+インド、パキスタン、イスラエル、北朝鮮に加えて、非核三原則だなんて嘘を平気でつき続けて「核の傘」をさしている日本。 条約は国家間の分断を深めるというのです。
 ノーベル平和賞に輝くICANのフィン事務局長は、「条約は道徳的に正しく、批判に強く耐えうるものだ。いつでも歓迎する」と言っています。一刻も早く傘はたたんで123番目の国になってほしいのに、日本政府はノーコメント。いつまでだんまり比べをするのかしら。はやくはやく大声をあげろー。

 台湾読書共和国遠足文化社からゲン20セット(200冊)がやっと船便で届きました。大きなダンボール杏の家.JPGが4箱も空いたので、玩具作り趣味がムラッとわいてしまいまして。七五三のお参りをはやくはやくしようとやってくるAちゃんのお祝いにダンボールハウスを半日かけて作りました。製作費ゼロ。まだまだ工夫したいのだけど「やりすぎだよ」と呆れられたので、ちょっと休憩。

 紫金草の苗の植え替えもしました。家でこんな幸せな作業をしていると、罪悪感で心がズキズキします。毎日ホンワカとしていられる地球であれ。

続きを読む
posted by Hiromi at 05:03| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする