2013年08月31日

1ヶ月の入館者 2570人

  「ピースあいち」の原画展の打ち上げ食事会で報告された数字。25人ほどの参加者でした。
1ヶ月の入館者=2570人(うち小中学生が27% 幼稚園以下含まず) ゲンの日本語版10巻セットが53セット売れたそうです。もちろん、英悟版の注文も入りました。一人一人今回の企画に関わっての感想を言いましたが、とにかく真面目な方達ばかりで、そのことに私はもっとも感動しました。
 
posted by Hiromi at 21:12| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

○○会インタビュー

 今日が原画展の最終日。こんな夏になるとは夢にも思っていませんでした。「ピースあいち」のボランティアの皆さんに心から拍手を送ります。だけでなく、今晩打ち上げに誘っていただいているので、いっぱい語り合おうと思っているのですが。

 今回の騒動があったからかどうか分かりませんが、広島ホームテレビで、メーテレの8月15日の番組が夕方の「Jステーション」の特集として9月2日に放送されることになったそうです。ついでにRCC中国放送の番組をのぞいていたら、すごい取材があって、びっくりしました。Fディレクターのど根性。在○○さんにインタビューしているんです!
 皆本当にそれぞれの立場で踏ん張ったんだ!! すごい。
「はだしのゲン」閲覧制限(3)要請時の教育長に聞く
http://news.rcc.jp/?i=21385#a
posted by Hiromi at 13:52| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

シリア軍事介入を止めさせ、憲法にもとづいた非軍事平和外交を

 ゲンの問題で、 S週間誌がインタビューで言わなかったことまで、まことしやかに書いているという。けしからん。 「買わないで! S誌に協力することになるから!」の言葉を受けて、喫茶店へ行ったけど、狙ったS誌を一人の女性が30分以上読んでいて離さないので、コーヒーと冷房で冷たくなってしまった体を持って暑い中帰宅したのでした。
 テッカイの会員さんたちへの郵送分77件をコンビニのメール便で出しました。A4が4枚の5ページの通信と資料は、郵便だと90円になってしまうので、ちょっとでも節約しようと涙の努力。店員さんと一緒にぺたぺたシール貼りをしたりして。はー、仕事を終えるのは気持ちいいね。

 自衛隊イラク派兵差止訴訟名古屋弁護団と、元・自衛隊イラク派兵差止訴訟の会有志は、さっそく総理大臣、外務大臣、防衛大臣に緊急要請書を発送しました。もちろんマスコミにも働きかけています。毒になったり薬になったりマスコミもミギからヒダリまで。しっかり見極めて。

************************************************************
    
2013年8月30日
安倍晋三内閣総理大臣 殿

岸田文雄外務大臣 殿

小野寺五典防衛大臣 殿
                          自衛隊イラク派兵差止訴訟名古屋弁護団
                          元・自衛隊イラク派兵差止訴訟の会有志

緊急要請書
「シリア軍事介入を止めさせ、憲法にもとづいた非軍事平和外交を」

 
 オバマ米政権は、8月21日に起きたとされる大規模な化学兵器攻撃をアサド政権の行為だと明言し、国連安保理決議を得なくても軍事介入に踏み切る姿勢を鮮明にしました。同盟国(英国、フランス)と連携して、洋上から巡航ミサイル攻撃を中心に数日間の軍事攻撃という懲罰を目的とした限定的軍事行動に踏み切る可能性を示唆しています(8月28日、米PBSテレビ・インタビュー)。
 
 日本は、近年、2001年10月からの米国の対テロ戦争(アフガニスタンへの軍事攻撃)や2003年3月からのイラク戦争など、米国が過去に繰り返してきた武力行使に対して同盟国としての支持と理解を表明してきています。イラク戦争では、日本政府は何ら検証・検討することなく、ブッシュ米大統領の最後通告演説のわずか3時間後に小泉首相は支持を表明しました。その後数ヵ月経って、イラク戦争開戦の根拠として挙げた「大量兵器の存在」および「フセイン政権とアルカイダの関係」という二つの“正当性”がいずれも虚偽の情報に基づくものであったことは周知のとおりです。 そして、アフガニスタンとイラクへの武力行使は、いずれも数多くの民間人の犠牲と破壊と混乱をもたらし、国内避難民と国外への避難民を増加させ、新たな憎悪と更なる対立・紛争へ繋がっている事実を重く受け止めなければいけません。
 化学兵器の使用は非人道的行為であり、決して許されるものではありません。化学兵器の使用をシリア政府が行ったとすれば、国際的に厳しく非難されるべきことは明らかです。
しかし、化学兵器使用を止めさせる、という名目で武力行使を行えば、シリアはイラク戦争の二の舞になってしまいかねません。
国際紛争を解決する手段として武力に訴えることを明確に禁じ、永久に放棄した世界唯一の平和憲法を持つ国として為すべき役割と責任は、米国の軍事介入/武力行使を支持・支援することでは決してありません。
平和憲法を持つ国の首相として、憲法にもとづく非軍事平和外交に徹することです。これ以外に暴力の連鎖、民間人の犠牲を生み出す連鎖、新たな敵意と憎悪を生み出す連鎖を断ち切ることはできません。
 
 よって私たち「自衛隊イラク派兵差止訴訟」に取り組んだ元原告有志と名古屋弁護団として、以下のことを要請します。
 

 
1. オバマ米大統領・キャメロン英首相・オランド仏大統領に対し、シリアへの軍事介入を止めさせること
2. 8月31日にシリアを出国する国連調査団の報告を受け、調査継続が必要であれば第二次、第三次調査団を派遣し、事実調査を徹底して行うよう提唱すること
3. 正確な事実調査内容に基づき、国連を中心として「非軍事」による問題解決策を講じるよう提唱し、積極的役割を担うこと
4. 隣国レバノン、ヨルダンならびにイラクへ逃れている多くのシリア市民への緊急人道支援を速やかに講ずること
 
以上
 
 

************************************************************                                                                




 

 

posted by Hiromi at 16:45| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

子どもたちが銃を持って射撃のカッコウ

 

  本日、トイプードルちゃん連れ夫妻と半年に一回の恒例食事会。我が家にてランチなのでずーっとメニューに悩んでおりましたが、無事終了。好評でした。私は1品製作したのみ。バラとRちゃんの初対面を楽しみにしていましたが、直前に庭へ逃亡。私が玄関の網戸のつっかい棒をするのを忘れて庭の花を切りに行ったほんの1分ほどの間の出来事。残念無念。
  Rちゃんはとても賢くて、持参の食事も上手にお座りして食べます。猫が好きなんだそうで、ほんと、残念でした。犬の散髪代がご主人の床屋代の5倍と聞いて笑ってしまいましたがペットはセラピストとしては歳をとればとるほど必要で、年金をやりくりして、家族として暮らしていくのでしょうね。バラは散髪代が要らなくて、良かった! 家出はするけどま、いいっかぁ。親孝行な娘です。

  
  我が家の平和な食卓とは裏腹の恐いニュースがあふれています。アメリカはイラクの教訓をどこに生かすのか、シリアも秘密保全法も気になるけど、今日一番衝撃を受けたニュースは、米海軍横須賀基地の基地開放イベント「第37回ヨコスカ・ネイビー・フレンドシップデー」で、子どもたちが銃を持って射撃のカッコウをしている写真。まさに戦慄。どうしてここまでアメリカに取り込まれなければいけないのか。誕生日のプレゼントに本物の銃を買い与える大人がいる国。絶対に許せない写真でした。

 
 
  日米地位協定の規定ではなく、国際法の原則として 、個々の米軍人や軍属の公務執行中の行為には日本の法律は原則として適用されないそうです。でも、一般国際法上、米軍や米軍人などが我が国で活動するに当たって、日本の法令を尊重しなければならない義務を負っており、日米地位協定にも、これを踏まえた規定がおかれているとのこと。なんやわけがわからん。どこがフレンドシップデーなんや?! 銃は人を殺すもんやろーーーー。

 
 
 
 

 

posted by Hiromi at 20:44| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

本、本、本

  あちらこちらから戴く通信を全部は真面目に読みきれない状態が続いていて、自分が「がま口塾だより」を発行していた頃のことを反省することしきり。私からの通信郵送を断るに断れなかった人も多かったろうなと思うからです。適度にざーっと読んで大事な部分は逃がさなければ、要領よくやれるはずですね。私はそれが下手で、完全に読みたいのに読めないと自分が情けなくなって能力不足に自己嫌悪。

 このところ「二つの観音様」の資料をいただいたので、しっかり読みました。又、戴いた
『戦乱の海を渡った二つの観音様』(森哲郎 監修 長岡進)、
『武陵桃源への道  ある中国残留日本人女性の生涯』(長岡進)
の二冊を作者さんから戴いたので、頑張って読んだのです。特に今日読了した後者は本の厚さ3.5p 640ページの大作。

 読み終えて、気分転換にポストをのぞきに行ったら
『100歳まで元気 予測・予防医療のススメ』(東京トータルライフクリニック)
が入っていてびっくり。これは読みやすそうですし、著者ご夫妻から、私にはぜひ読んでほしいという暖かいメッセージがついています。 あと何年で何歳ってことはよく考えるようになりましたけど、原発事故や戦争のことを思うと、社会的な安全が保障され、平和的生存権を主張しながら生きるのだから、やっぱり色々本を読んで、しっかり生きていかなくっちゃと、戴いた本の数々に感謝。著者の皆さん有難うございました。 

戦乱の海を渡った二つの観音様.jpg 武陵桃源への道.jpg 100歳まで元気!.jpg 

posted by Hiromi at 20:06| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「私は10歳で読めて良かった」 

 アメリカの36歳の女性漫画家レイナ・テルゲマイアーさんが、自分のHPで漫画を公開して言っています。「いくつかのシーンは読者を動揺させるかもしれないけれど、私は10歳で『はだしのゲン』を読めて良かったです」と。「ゲンを読んだときは、死や苦しみの描写に混乱しました。同時に、これを読んだ人は皆、こんなことが二度と起きないよう努力するはずだと思いました」
 
 自伝的作品「Beginnings(始まり)」で、主人公の女の子が父からもらった英語版のゲンを読み、泣きながら訴えるシーンを描いています

http://goraina.com/webcomics/beginnings.html

beginnings1.jpg  beginnings2.jpg  beginnings3.jpg
プロジェクト・ゲンのHPにも、アメリカの14歳の少女から届いた、ゲンを読んだ感想を載せています。
http://homepage2.nifty.com/hadashinogen/news_letter.html

posted by Hiromi at 09:19| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

結束して闘うぞ

  午後テッカイの会議。この夏の戦争と平和関連の行事の話や松江のゲンの話も出て世相を憂う。今日午後の松江の会議結果が気になっていたけれど、ニュースで閉架措置が撤回されることになったと知り、思わずテレビの前で拍手した。(カワムラも早くテッカイしてほしいよ)で、Mさんの報道陣に囲まれて嬉しそうにインタビューに答えている場面が出たので『今回は絶対顔出しのインタビューは受けないわって仰ってたけど、やっぱり嬉しかったんだねー』と思っていたら、たまたま電話がかかりました。案の定夕方、日本中のメディアから電話がジャンジャンかかって大変だった様子。
 「顔出しされてましたよねー」「いいえ。出てないですよー。6月の時の映像を使ったんじゃないかしら」だって! びっくり。ほんと、普段、私たちって、きっといっぱい勝手な解釈や思い込みでテレビを見ているんだなー、新聞を読んでいるんだなー」ってあらためて思ったのでした。ミギよりのしつこい週刊誌や雑誌記者の、「●●評論家がこう言ってますが・・・」なんていうインタビューには「夫は評論家は嫌いだって言ってました」って答えたって仰ったので、爆笑。本当に今回の騒ぎ、よく一人で乗り越えられたと思います。

 さて、政府よ。内閣よ。この撤回の措置を受けて、もう一度答えなさい。「松江市の規制措置は問題なかった」って言えるかい? 市民は結束して闘うぞ。
posted by Hiromi at 21:13| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

学区の盆踊り

植田北盆踊1.jpg  植田北盆踊6.jpg  植田北盆踊3.jpg    植田北盆踊7.jpg  植田北盆踊5.jpg お財布の落し物! カードが20枚くらい入ってたよー!

 4時半の集合時間なのに、うたた寝からガバッと目を覚ましたら4時15分だった。1日かけて原稿を準備していたので、顔を作って服を着れば終わりなんだけど、慌てた焦った汗が出た。公園へついたら人っ子一人おらぬ! ギャッ! 会場の公園を間違えていたらしい。魚釣りに電話したら、反対方向の公園だった。慌てた焦った汗が出た。そんな時にTV局からMさんに連絡をとりたいが・・・という依頼の電話。夜9時過ぎに電話をしてもらうことに。

 まあ、間に合ったけどね。ハァハァ。ファイヤートワリングから始まってどんどん盛り上がっていきました。今はもうカセットテープを回す時代じゃないんだね。パソコンからのマウス操作で曲が流れます。
炭坑節/名古屋ばやし/大名古屋音頭/郡上節/河内おとこ節/は定番だけど、ポップ調の、新しい風/ニッポン・ワッショイは今年発表の新曲。天白音頭は地元の曲。市会議員や区長や消防署長さんに小中学校の校長先生まで櫓に登ってご挨拶。
 
 本部放送席は落し物の分厚い財布やペンライトやヘア飾りに至る案内にゴミの区分けのお願いに、お店の販売のお知らせも・・・。曲目紹介の他は95%アドリブでございまして、皆がマイクめがけてあれこれ仰ってくださって、テンヤワンヤの4時間でした。あれマツムシが鳴いている! じゃなくて、魚釣り兄も法被着て櫓の上で鳴いていました。私が断れなかった理由でした。涼しい夜で公園満杯のお客様で無事故で終了。地域のつながりもちゃんとしておかないとね。兄以外の知人に誰ひとり会わなかったけど。
posted by Hiromi at 21:55| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ねつ造か真実か

20140824中日松江前教育長.jpg 今朝の中日新聞。中国新聞(日本の中国地方の新聞ですよ)の記者の質問はしっかりしています。元教育長の女性が、「現場への配慮が足りなかった」と反省しています。
 で、どういう市民がねじ込んだかと言うと、youtubeに上がっています。ねじ込んだ側の記録ですので、確かです。4月20日。教育委員会の窓口の女性のしっかりした対応は天晴れです。窓口がこれだけ頑張っていたのに。

http://www.youtube.com/watch?v=y_heaEY0dRg

ゲンが嘘の歴史を捏造していると、松江市に申し入れをした人はどうぞこのyoutubeをご覧下さい。
 生き証人の話はもっともっと凄いです。中沢さんは、子ども達への影響を考えて、どれほど我慢して表現を抑えてきたか、私はじかに中沢さんご夫妻から何度も何度も聞いています。

http://www.youtube.com/watch?v=9WE21PjC2gY

 首相は全国戦没者追悼式の式辞で、アジア諸国への反省と加害責任に触れませんでした。国のトップの歴史認識を背景に、「コバヤシ何某の漫画を図書館に置け」と騒ぐ人への、冷静な対処を皆で考えないとね。こういう事から一人一人逃げていたら、歴史の時計が逆廻りしていきます。私は松江の教育委員会のフロントで頑張った女性のことを想うと、署名したことを後悔できません。そのリスクと署名を手に松江へ走ってみんなの意思を示してくれたことの大きさをくらべた時、後悔しない。一日一日の命だから。

posted by Hiromi at 09:37| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

盆踊り

  ひょんなことから、今週土曜日の・・・うっ・・・明日ダー。学区の盆踊りの司会がまわって来ました。毎年学区に居住しているCテレビのアナさんがノーギャラのボランティアでされていると聞いてはいたけどねえ。1度だけ近くの公園の会場に見に行ったことはあるんだけど、毎年盆踊りの日は、家でボリュームのでっかい司会と民謡の「音」を聞いているだけの住民でした。今年は24時間テレビと重なって、アナさんに断られたそうで、しかも誰も引き受け手がないそうで。
 学区のお世話をしている魚釣り兄(久々の登場ダケド、最近学区のパトロールなどで忙しいらしく釣りにはなかなか行ってないらしい)から頼み込まれました。他所事だったことがわが身にふりかかり、本日実行委員長さんと兄が来宅、あわただしく打ち合わせ。実行委員長さんのお話を聞いて、初めて皆さんの大変さが分かりました。
 ユカタと帯を持ってこられ「着ます?」。汗かきなのでお断りして法被にしてもらいました。明日は雨が心配だけど。さて。
posted by Hiromi at 23:53| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松江市の教育委員会の会議のTV報道

  「ふたつの観音様を考える会」の方たちとお目にかかってお話しました。色々な状況が分かりとても充実した時間でした。もっと大勢の方達に観音様のことを知ってほしいというところで一致。松江市のことももちろん話題になりました。戦争で何があったのか。お母さんのおなかの中にいた時にお父さんが出征されて戦死された方の話は私に通じるものがありました。お母さんがしっかりわが子に伝えていたのです。つまり、しっかりお父さんがお母さんに伝えていらしたのです。

 松江市の教育委員会の会議のTV報道をyoutubeで見ました。市議会が極々一部の市民の陳情を不採択にしても、聞く耳を持たず、教育委員会の処置がなんら問題なしとしている政府に危惧。汚染水と同じ汚染。

http://www.youtube.com/watch?v=o3HKEQ1Sk8E

http://www.youtube.com/watch?v=Wy2ItYd0CHU

http://www.youtube.com/watch?v=vjYVaZsZsT8

http://www.youtube.com/watch?v=OOTeMSi2-hQ

posted by Hiromi at 06:09| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月22日

ゲンの署名活動について

ピースあいち ゲンが読めるよ.jpg ピースあいちゲンがいらっしゃーい.jpg ピースあいちのミサヨさんと語ろう.jpg ピースあいちで歌ったよ.jpg

この写真はピースあいちのブログ http://blog.canpan.info/peaceaichi/ に載っているものの転載です。31日まで後僅かの企画展になりました。世間で話題沸騰のゲンをぜひピースあいちへお出かけになって、実際の目で確認して、自分の考えを確認してください。自由に手にとって読めますよ。図書館で読むつもりの方はここで読んでもいいもんね。ただし入館料は500円要ります。

 【署名について】
 友人から、<ネット上での署名についての注意喚起>という情報が来ました。
******************************
● 私のフェイスブック友達に、Chenge.orgという団体の署名をシェアし 拡散している方が多いので、注意喚起します。 ●署名内容は正しくとも、発案者がそれをChange.orgという団体に委託した時点で間違いです。どうぞこれ以上被害者を増やさない意味でも、皆さんの賢明な判断をされることを望みます。
******************************
  実際色々読み込んでいくと、Chenge.org側に立った反論もあって、判断は難しいですね。
 ネット署名の難しさ、危険性も分かりますので、皆さん各自の判断をお願いします。ゲンの内容も、今の時点で一人一人が自分の感性、考え、色々な情報に照らして、意見を持つことが大切だと思います。当たり前すぎる当たり前のことですが。



posted by Hiromi at 10:03| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月21日

美しい戦争にお出かけ下さい

  ゲン締め出し問題に対して下村文部科学相が、「学校図書館は子どもの発達段階に応じた教育的配慮の必要性がある」と述べ、市教委の権限に基づく行為で問題ないとしました。
 
 私、ずーーーーーーーーーーーっと考えていたことがあるんです。もう40年も読まれ続けてきた本ですよ。この間に大人になった"元子供"さんはどれほどいます? そんなにショックでショックで立ち直れないほど傷ついた大人がウヨウヨ育ったのかいねーと。私自身はゲンのアニメ見た時は大人だったけど、一緒に見た、当時小学生だった息子達は、ちゃんと『はだしのゲン』の価値が分かる大人になってるよ。
 色々な人の意見を読んでいたら、
*************************************************
教育委員会側は“表現が過激だ”としているが、何十年の間、何千万の人に読まれた 「はだしのゲン」で、PTSDになった人でもいるのだろうか。
*************************************************
 ということを言ってる人がいて、あー、私が言いたかったことだーと思いました。それより美化された戦争に行って帰還した私の父親のPTSDの方が、どれだけ我家族に影響を及ぼしたことか。「クローズアップ現代」の取材で、「イラク戦争に行く前にゲンを読んでおくべきだった」と涙ぐんでいたアメリカの元兵士の言葉にも「そうだよね・・・」と、思いました。絶対嘘言わないよ。みんなゲンを読んでみるべきよ。そしたら戦争はなくなるから。
 逆のことを言う政府は、戦争が美しいと言ってるのだから。政府の人たちと(高齢の人は許してあげる)その子息、お嬢さんたちは戦場へ行きなさい。私は私の家族を絶対行かせません。何が起きるか、もう十分ゲンが語っているけど、図書館から締め出し食ってるんだもの、読む必要はないよ。行きなさい。行きなさい。

 
 
 
午後「ピースあいち」へ行きました。名古屋の総領事館のみなさん総出でマイクロバスでいらっしゃるというので、仰天してお迎えの後方隊に。総領事は急用で来られなくなったのですが、最近着任された副総領事(女性)もいらして、全9人。「ピースあいち」のスタッフの皆さんが心を込めて熱心に解説や対応をしていました。民間の資料館であること、ボランティアで運営されていること、もちろん、加害と被害をセットで展示していること、きっと驚いてご覧になったと思います。
 先日のイベントの時にもいらしてた総領事夫人のK領事が、原爆で皮膚がどのようにたれたかとか、家族がどうなったかなど、展示を見ながら領事館の方に説明されていた姿に深い感銘を受けました。そしてゲンの中国語版について嬉しいアドバイスを下さった方も!!!  「中国の子ども達がPTSDになるから、この本はダメです」とは誰も仰らなかったよ。

 かの国で教師をしていた時、私は南京虐殺記念館へ子ども達を引率しました。国家の重要教育地点なので、子ども達は必ず個々の省の虐殺記念館や抗日記念館へ行くのです。
 日本は鎖国が始まったのか。
 ピースあいち821a.jpgピースあいち821b.jpg
posted by Hiromi at 22:03| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

はだしのゲンで核軍縮訴え 外務省、NPT会議で配布

 
  この内容の過去記事が話題になっています。
************************************
2007/04/29 07:08   【共同通信】

はだしのゲンで核軍縮訴え 外務省、NPT会議で配布
  ウィーンで30日から始まる核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会で、日本政府代表団が広島の被爆体験を描いた漫画「はだしのゲン」の英語版を会場内で展示、配布することになった。  大の漫画ファンで知られる麻生太郎外相の肝いりで実現、原爆の悲惨さを生々しく描写した漫画で核軍縮を訴える。  「はだしのゲン」は広島に投下された原爆で父、姉、弟を失い、自らも被爆した少年ゲンが母親、妹とともに懸命に生きていく姿を描いた物語で、米国はじめ各国で出版されている。外務省が英語版30冊を出版社から譲り受けた。  同省は「各国政府、非政府組織(NGO)関係者にぜひ手に取って読んでほしい」とPR。今後も国際会議などの場で漫画やアニメを使った情報発信を検討しており、「漫画外交」が活発に展開されそうだ。
  
*******************************************      
2007年のこの時、記事を読んで確か私は色々調べた記憶があります。 麻生さんは全巻読んでないと直感したからです。真面目に読んでいたら、あの方が出来る事ではないのです。陳列したのは確か第1巻だけだったと思うので。(それでも反戦を貫いたゲンのお父さんの姿、敢然と描いてあるのになあ・・・おかしいなぁ・・・)さて、どういう釈明が飛び出すか。
 皆がゲンを応援してくれています。麦になるんじゃ、ゲン。がんばろー!
 
posted by Hiromi at 21:24| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

仏教でも、地獄絵が有るように、

  帰省したD夫婦と私たちと4人でピースあいちの原画展に行きました。今日で入場者は1400人を越したとの事。連日100人、120人、と、親子連れも含めてにぎわっているそうです。 しかし、松江市の話で盛り下? がり、ボランティアの皆さんは怒り心頭に発していました。

  一昨日のメーテレの放送は視聴率が大変良かったそうですが、視聴率の出る前に継続取材OKが出されたとの事。本当に100も200もカメラに写されても、編集した後に残るのは、ほんの1か2。ディレクターやカメラマンとて、身を切られる辛さを味わいつつ映像を切り捨て切捨て番組に仕上げているのだと思います。だからこそ、大勢の方に見て頂きたい。そして、私たちがそんなマスコミを応援していけば、良い作品を創り上げていく勇気や糧になると思います。良い新聞記事やTV番組を見たら、皆で感想をTV局や新聞社に伝えましょう。それが何よりの「世論」になっていくと信じています。

 色々な反応を頂きました。又おいおい書いて行きますが、一番笑ったのは、お盆で1年のうち、もっとも忙しいお寺のご住職が、お経の合間を縫って(まさかお経を短くしたのではないでしょうね・・・)番組を見てくださったという報告。そして、松江市のことに、

****************************************
「仏教でも、地獄絵」が有るように、残酷なもの、タブーな物を

見せないと、人間の中に潜む、残酷さに気づかず、大切なものが

分からない」「我が心、鬼と仏と、相住めり」
****************************************
と、仰っていたとの事。なるほど!
すばらしいお盆になりました。皆さん、有難うございました。
posted by Hiromi at 21:03| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

残酷なことを避けたい私たちの心の中に究極の残酷さがある

  広島のMさんに用があって電話したら、今日の午後、マスコミ各社からの電話が殺到して大変だったと、事の次第を聞きました。ここまで来たのです。残酷なことを知らせない残酷さ。史実を知らせず、歴史を美化することの汚さ。汚いこと、残酷なことを避けたい私たちの心の中にも、究極、残酷さがあるのだと思います。
*******************************************
2013/08/16 12:22  【共同通信】

 
はだしのゲン「閉架」に 松江市教委「表現に疑問」
 松江市教育委員会が、原爆の悲惨さを描いた漫画「はだしのゲン」を子供が自由に閲覧できない「閉架」の措置を取るよう市内の全市立小中学校に求めていたことが16日、分かった。
 市教委によると、首をはねたり、女性を乱暴したりする場面があることから、昨年12月に学校側に口頭で要請。これを受け、各学校は閲覧に教員の許可が必要として、貸し出しは禁止する措置を取った。
 市教委の古川康徳副教育長は「作品自体は高い価値があると思う。ただ発達段階の子供にとって、一部の表現が適切かどうかは疑問が残る部分がある」と話している。
 *******************************************
posted by Hiromi at 21:26| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そもそも矛盾を受胎してこの世に来た。

10-019_edited-3.jpg  ゲンは言いました! アメリカのアランさんとイランのサラさんの握手ととびきりの笑顔も現れました。色々応援の言葉をもらいました。感謝。そもそも矛盾を受胎してこの世に来た私たちの姿。メディア頑張れ。
posted by Hiromi at 04:56| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

メーテレに明日の番組の予告

メーテレUP予告.jpg メーテレに明日の夕方6時15分からの「UP」の予告が出ていました。12分間だそうです。
http://www.nagoyatv.com/up/
*************************************************
漫画「はだしのゲン」を中国で出版しようと、日本語から中国語への翻訳作業を進めている女性が名古屋市内にいる。主婦の坂東弘美さん65歳だ。
「はだしのゲン」は、広島で被爆した漫画家の中沢啓治さんが自身の体験などを元に1973年に少年誌で連載を始めた作品で、原爆投下がもたらした惨劇や、当時の世相などを独特の作風で描いている。
中沢さんは去年12月、73歳で亡くなった。しかし「はだしのゲン」を外国語に翻訳し、海外で出版する動きが広がっている。坂東さんの取り組みもその一部だ。
坂東さんは、中国の出版社と出版に向けた話し合いをしてきたが、中国側が難色を示しているという。理由は日中戦争における「加害者」と「被害者」の関係だ。また坂東さんは、中国に対して、個人としても特別な感情を抱いている。

終戦から68年。坂東さんが「はだしのゲン」を通じて、中国に伝えたいと願うメッセージに焦点を当てる。

*************************************************
  うーーーーむ。中国の出版社と話し合いを続けてきた・・・と言うのは、一寸解説が要ります。もう10年も前の話だものね。その後スカッと気持ちを切り替えて、今は10巻を今年中に完成させて、それから中国の出版社と話し合う機会がもてたらいいなと想っています。これだけあっちこっちにカミングアウトしてしまった今年。それはとりもなおさず中沢さんのによるものです。自分自身に覚悟を要請してのことです。今まで5年間、よほどの親しい人以外には話していませんでした。私の力にあまりあることだけど、北京の若者たちと支えあい、助け合って完成させたいと思っています。
posted by Hiromi at 20:30| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

二つの観音像の物語

  ほうずきと庭で咲いたユリを持って平和公園へお墓参り→平和堂参観→鶴舞公会堂「平和のための戦争展」。家に帰りつくころは「ぼわ〜〜〜〜ん。バタン」。

 ずーーーっと前からお墓のすぐ後ろにあるお堂はなんだろうと想っていたのですが、ごく最近平和堂のことを知り、駆けつけたのでした。
  平和堂には、中国から贈られた千手観音が安置されていて、今日から3日間が公開日なので、木陰のベンチで10時を待って入室しました。市が管理しています。この千手観音は1941年6月、中国・南京市の毘盧(びる)寺から贈られたもの。 反日抗争が高まる中、南京最大の寺であった毘盧寺の本尊・千手観音像と、名古屋東山の瑞雲寺に安置されていた高さ10mの木彫りの十一面観音像が交換され、仏教を通して日中の融和を見せかける日本軍部による宣撫工作が秘かに行われました。当時の南京は、日本の傀儡と言われた汪兆銘政権で、日華親善の名目で、日本の全仏教徒に対して贈られたものでした。
  戦後、名古屋の千手観音像は平和堂に安置され、南京の毘盧寺の十一面観音は、文化大革命で破壊されてしまいました。名古屋では市民グループ「二つの観音様を考える会」が出来て、この千手観音像を南京毘盧寺に返却しようと考えているそうです。で、まずはこの目で確認しなくっちゃと、出かけたわけです。

1.外階段の上り口.jpg 2.外観音像の由来2.jpg 3.外平和堂の木立.jpg 4.周りの彫刻1.jpg 5.周りの彫刻2.jpg  6.周りの彫刻3.jpg  9.十一面観音像ミニチュア.jpg 10.千手観音像.jpg 11.千手観音像横.jpg 15.天井.jpg 17.堂の中から東山タワー.jpg 
 南京の毘盧寺では、ご本尊様がなくなってからというもの、写真を拝んでいるという状況。年に数日しか窓が開かないお堂で、今日の千手観音は東山タワーを遠くに見ながら何を想っておいででしょう・・・。

 
 
【2013あいち平和のための戦争展】11日〜14日まで名古屋市公会堂4Fホールで。

 4Fホール.jpg なんだこりゃあ.jpg 遺族会笹の葉.jpg 総理お先にどうぞ.jpg 秘密保全法.jpg 漫画コーナー.jpg 
 漫画コーナーで「はだしのゲン」を読んでいる男の子がいました。

posted by Hiromi at 20:19| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

史上初 41℃

  水でぬらしたタオルをマント状態に体に巻く。冷凍庫の保冷剤をじかに体にあてて、顔、頭、手、足と所かまわず当てまくり冷やす。シャワーそしてシャワー、そして又シャワー。どうにもならない場合は、我慢して数分外を歩いて、スーパーに飛び込む。帰り道の途中のBOOK OFFにも飛び込む。
 私の人生がどうのこうのを飛び越えた暑さです。41℃の四万十市の人達、よく生きていました! 偉い!

  今日はお客様のためにクーラーを使ってしまった。15日放送用の最後の撮りがありました。ほんの一言でいいらしいようなのですが、一言のために1時間はかかりました。なかなか上手くいえないものです。安倍首相の話し方は、「~はぁ~」、「~でぇ~」、「~がぁ~」などと、たいてい語尾があがるのが繰り返されるので、押し付けられるようだし、学校で授業を受けているようで、なんか心に響きません。自分の話し方はそんな風にならないよう心がけたつもりですが、癖と言うものはなかなかとれないので恥ずかしい。12分間だそうですが、8月15日にふさわしい番組になりますように。
posted by Hiromi at 20:33| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

骨が詩を詠む

  盆提燈を出して組み立てました。先日金沢からの宿泊客Aさんが畑でとれたほうずきをいっぱい持ってきてくれたので、おお助かり。それでもお花を一寸買い足し、お団子と果物も買って仏壇に供えました。
 さて、お経はどうしようか・・・。竹内浩三は23歳で戦死。骨が詩を詠むのだ。 こんな時代はこんなお経もいい。明日、仏壇の前に座って朗読しよう。

骨のうたう


竹内浩三  作
 中井利亮 補作

 

戦死やあわれ
兵隊の死ぬるや あわれ
遠い他国で ひょんと死ぬるや
 だまって だれもいないところで
 ひょんと死ぬるや
 ふるさとの風や
 こいびとの眼や
 ひょんと消ゆるや
国のため
大君のため
死んでしまうや
 その心や


白い箱にて 故国をながめる
音もなく なんにもなく
帰っては きましたけれど
故国の人のよそよそしさや
自分の事務や女のみだしなみが大切で
骨は骨 骨を愛する人もなし
骨は骨として 勲章をもらい
高く崇められ ほまれは高し
 なれど 骨はききたかった
絶大な愛情のひびきをききたかった
 がらがらどんどんと事務と常識が流れ
故国は発展にいそがしかった
女は 化粧にいそがしかった


 ああ 戦死やあわれ
兵隊の死ぬるや あわれ
 こらえきれないさびしさや
国のため
大君のため
死んでしまうや
 その心や

posted by Hiromi at 21:26| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月10日

暑い! あーつい にラジオでPR

  「 車の中で聞いたよー」とメールくださった方あり。兵藤ゆきさんの活舌若々しく、メリハリのある流れ。さすがだと思いました。ただ、私と中国の関わりをのっけに尋ねられ、父の中国駐屯の話をしたら、ユキさんのお父さんは大同にいたとすぐ反応され、こんな展開になるとは予想もしていなかったので、びっくり。大同は交通の要衝で、1937年、蘆溝橋事件の直後から、日本軍が徹底した三光作戦を展開したところ。ゆきさんのお父さんも帰国されたから、ゆきさんが生まれたんだなぁと思いました。「お父さん、お盆が近いから、どっかでおーっ、ヒロミ、〜〜〜って言われるかもね」・・・このあたりの感性がこの人の個性の豊かさでしょう。東京のスタジオと名古屋の鴻の巣のお喋り、楽しかったです。これで「ピースあいち」のお客さんが増えたら嬉しいのだけど。

 
 身の置き所のない暑さ。こんな日に外で仕事をしている人たちに頭が下がります。モスクワでは同じ位の温度で世界マラソンしているけど、これはお仕事とは言わないね、スポーツ。

 福島の原発事故の後始末を防護服を着てしている人たちの辛さを思うと本当に申し訳ないです。・・・が、こんな情報が飛び込んで、言葉を失ってしまいました

http://hiroshima.moe-nifty.com/blog/2013/08/post-469f.html
posted by Hiromi at 22:09| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月09日

地震誤報

  縫い物をしていたら「地震! 震度7、奈良だって」と、スマホがピーピー言ったからって騒ぐので「えーっ? 何にも感じないよ・・・」。TVをつけたら甲子園でなんもあわてず野球やってる。「誤報じゃない?」と、せっかちな私はすぐ結論。こんなこともあらーな。ただ狼少年にならないよう、今後も南海トラフ大地震に備えるべし。

 そんな訳で、NHKの「ほっとイブニング」が、「ピースあいち」を取材して、放送するという連絡を受けていたので、TVの前でかまえていたのに、誤報のニュースのサーフィンをしているうちにうっかり肝心の取材ニュースを逃がしてしまいました。キャスターは前広島放送局にいて、中沢さんに取材したこともあった方だったそうで、なかなか良い取材だったとのこと。残念無念。
 こんな時は色々重なるもので、東海ラジオからも連絡があって、明日土曜日の「兵藤ゆきのハッピーにゆきね〜! 」に電話出演することになりました。11時10分頃から7~8分、ゲンの原画展の話題に絡めてのことです。実は兵藤さんとは35年ほど前に会っています。岐阜放送の旧、旧社屋の狭い部屋で番組の打ち合わせで。深夜放送がまだ花形だった時代でした。彼女は全く今のイメージとは違い、強烈な印象を持っています。光るものを秘めた人だったのですね。35年経って全く違う人生を積み重ねあって、ふたたびラジオで再会するなんて。もーーーちろん、彼女はそんなこと、私のこともちっとも知りません。還暦すぎてなお瑞々しい彼女とのトークが楽しみ。
 
posted by Hiromi at 01:40| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

新聞のゲン応援

 
中日新聞はA3大の記事を3日、4日と続けて、今日5日は3日の座談会の記事が県内版に載りました。昨日載らなかったのでボツだったのかナーと思っていたのですが、3日連続でありがたいです。
毎日新聞は文化センターの館長さんが「はだしのゲンを英語で読む講座」を開かれて、その勉強が楽しくて、講座終了後みんなの意見が寄せ集まって本が生まれました。その後館長さんは岡山に転勤になり、てんやわんやの出版になりましたが、無事8月に間に合いました。ほとんど協力していないのに、協力者プロジェクトゲンの中に名前を入れてもらい恐縮至極。英語の勉強をこんな漫画でするのもきっと楽しいと思います。クリックで写真は大きくなります。  
 
中日20130803ゲン座談会.jpg はだしのゲンを英語で読むチラシ.jpg
posted by Hiromi at 10:50| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月04日

追悼中沢啓治 映画上映とトークイベント無事終了

 

【8月2日】 
  兄夫婦と4人でお墓参り・・・と言っても興正寺の冷房のきいたお部屋でお骨と位牌を出してもらってという、まさに極楽で。その後の食事がメインでございました。ご馳走様。
 午後2時のアポイントでM氏事務所を訪問をしました。水と油の二人でかなり勇気が要ったのですが、人間、共通の言語を持っているのですから、ずっと笑顔で話し合えました。いずれ形にしていきたい。まだ水面下のこと。

 

【8月3日】
  
新幹線ホームで、広島からのお客様・中沢夫人をお迎え。Sの車で「ピースあいち」へ。金沢からのプロジェクト・ゲン3人組みと大阪からの翻訳者キムさんも無事集合。
***************************************
追悼 中沢啓治
「絵本はだしのゲン原画とマンガ展
〜麦のように生きるんじゃ」
8月1日(木)〜8月31日(土)・月曜日のみ休館
入館料:大人500円・子ども(小・中・高校生)200円(含:通常入館料)
****************************************
 いよいよ1ヶ月の展示が開幕しました。本日はトークイベントがあり、今まで表に出て話をするという経験のなかったミサヨさんが勇気をふり絞って亡き中沢さんに代わってゲンの想いを伝えるのです。最初に30分間映画「はだしのゲンが伝えたいこと」上映。お元気だった頃の中沢さんが体験を語っていますが、明るくて元気。ゲンそのもののお人柄に何度見ても惹きこまれます。
 
  トークは館長さんや事務局長さんの熱い想いも織りなし、司会のKさんの綿密な進行で楽しく盛り上がりました。ミサヨさんは「ありのままでよい」と啓治さんに言われていたままに、しっかりとゲンが言いたいことを伝えていたと思います。会場の参加者の声も聞きながら、みんなの熱い想いが交叉する座談会風になってきたところで、プロジェクトゲンのロシア語、英語、朝鮮語の翻訳者がそれぞれ紹介され、最後にまだ翻訳も出版も終わっていない中国語翻訳チームとして私も紹介して頂きました。実は総領事館からK領事と秘書官のSさんにもお客様に交じって熱心に聞いてもらっていたので、私から紹介。とても嬉しいできごとでした。ゲンはどこの国の人にも愛されます。
 いよいよ夢にまで見た、皆で歌うコーナー。何度も練習をしているので、リードボーカルのYさん、キーボードのKさんと進行役の私の息もピッタリ・・・だったと自画自賛。「♪あーさだよあけーだー~~~」の最初にキーボードで"コケコッコー"の音が出たり、最後のゴンドラの歌のソロでは、パイプシロフォンのみの伴奏にして締めくくり、しんみりしました。

 学生時代の友人たちが3人(沖縄のHさんからも朝、「琉球新報にゲンのことが載ってるよー」とメールがあったから、4人かな?)、YOSHIの会の服部夫妻やHさん、岐阜九条の会のAさん、他、三重県からも駆けつけてくれた友人の皆さん、有難うございました。60人の定員で、締め切ったあと、お断りをした参加希望者が50人もあったそうです。申し訳ありませんでした。感謝。
 打ち上げの参加者が16名。ひとりひとりゲンとの関わり、ピースあいちとの関わりを語り合い、とても和やかな会でした。でも、ピースの皆さんも燃え尽き症候群の一歩前ではないかと心配。どれだけ大勢のボランティアの皆さんの力が合わさっての成功であったことか。本当に皆さんに感謝。すばらしい展示です。ぜひ1ヶ月の間にご覧下さい。

 
  金沢3人組と広島からのミサヨさん当家にて合宿。深夜12時近くまで談笑。よく笑い疲れ果てました。

【8月4日】
 
 名古屋観光の案内でもと考えていたのに、全員我が家でのお喋りがいいと言い、パソコンで中沢さんの動画を見たり、漫画の画像処理のやり方を見てもらったり、諸々の情報交換。
 昼食は姪の連れ合いがシェフをしているフランス料理の店へ。店長も「中学校の時に読みました!」と、歓迎。ここでも飽きることなくお喋り。広島では学校の教材としてゲンが使われているほどなのに、一方で学校の図書館から「はだしのゲン」を思想の偏りがあるという理由で排除しようという動きがあるとも。ミサヨさんも平和憲法は絶対に守らなくちゃいけないと何度も力説。情報戦の網をうまく潜り抜けて、新たに活動を展開しなくっちゃねという話になるのです。

  しらさぎ組を改札で送ってからのぞみで広島へ帰るミサヨさんとホームでお別れ。暑い名古屋で熱い二日間を締めくくりました。これからも頑張りましょう!
   只今声が潰れております。おやすみなさい。
 

posted by Hiromi at 22:30| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

はだしのゲン 原画展開幕

  4時から「ピースあいち」でボーカルとキーボードと進行役との練習。どんどん楽しくなっています。もう定員の60人は超えてしまっているので、大勢の皆さんに聴いていただけないのが残念です。

  原画展開幕!  ザーッと案内してもらいましたが、すばらしい展示になっていました。一言で言えば、「ピースあいち」のスタッフの皆さんのゲンへの深い愛情がひしひしと伝わる展示。泣けてきます。うれし泣き。今日から1ヶ月間開かれます。ぜひぜひおいで下さい。お子さんでも大人でもおじいちゃんでもおばあちゃんでも若者でも誰でも楽しめる企画になっています。
posted by Hiromi at 21:54| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ある日気づいたら、ワイマール憲法が変わって、ナチス憲法に変わっていた。誰も気づかないで変わった。あの手口に学んだらどうかね

  麻生発言には声も出ません。7月7日の南先生の講演を思い出します。ドイツでは2011年5月に強制収容所の元看守が91歳で捕まったし、今でも生存している戦犯を追い続けています。今のドイツなら麻生逮捕のはず。長編詩「りゅうりぇんれんのものがたり 」の中で茨木のり子は、

昭和三十三年三月りゅうりぇんれんは
雨にけむる東京についた

罪もない 兵士でもない 百姓を
こんなひどい目にあわせた
「華人労務者移入方針」
かつてこの案を練った商工大臣が
今は総理大臣となっている不思議な首都へ


 と書いています。当時の総理大臣は岸信介。今の総理大臣の祖父。今の総理大臣は、この祖父の名を国会で尊敬をこめてノタマウ。バッタを捕まえるように攫ってきた人々を、時が経ったら「不法入国者」「不法残留者」としてかたづけようとした日本。私たちの国はこんなに恥ずかしい国でいいのか。貧しい事は恥ずかしくない。心が貧しいことがもっとも恥ずかしいこと

posted by Hiromi at 06:29| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする