2014年02月28日

放送を語る会ネット署名

 
  珍しくここ何日か頭痛で、昨夜は何年かぶりにバファリンを飲んで寝ました。今朝、6時半頃電話で飛び起き、パジャマのまま20分ほど・・・暖かくなってきているので、まあ無事生きています(笑)。
 21日に参加できなかったお寺さんからでした。「先代住職の父が98歳で他界、自分はあとは継いでいないが、平和堂の中に何があるか知っている僧侶は少ないと思う。父も全ては秘密で何も知らされず、命令のままに中国東北や上海方面に歩兵第6連隊として出征していた」という話。まさに父と同じじゃないの! 彼は「ほとんどの兵隊が死んで、運よく帰ってきた兵隊は戦地で何があったか99%が口をつぐんで死んで行った」と言う。その戦地で何が行われたか知ってしまったものの責任は大きい。日々の暮らしの営みに私たちは忙しいけれど、一所懸命伝えようとすれば、必ず少しは広がりは見えてきます。参加できなかったのでDVDを送って欲しいということになりました。檀家の皆さんとご覧頂ければ、また広がって行きます。嬉しい朝でした。ハックション!

  アンネの日記が連日報道されています。アランさんがゲンの話で講演する予定だった前日に中止になった学校が杉並区。アンネの破損も杉並区が並外れて多いので、おおかたの見当はつけています。嫌な世の中にどんどんなって行きます。頑張ろう。NHKの「おはよう・・・・」も今だったら取材はバツ1だったかも。NHKの心ある真面目な人たちは苦しんでいると思います。さっそく署名しました。
******************************************
放送を語る会ネット署名「私たちは、籾井勝人NHK会長、百田尚樹、

長谷川三千子両NHK経営委員の罷免を求めます」

http://jcj-daily.seesaa.net/article/389963384.html

また、放送を語る会主催の 2/22 緊急集会「籾井発言の問いかけるもの」という集会の模様が「NHKの危機」のタイトルでUTUBEにアップされています。

前編 http://www.youtube.com/watch?v=eN0TLz5o0fI

後編 http://www.youtube.com/watch?v=GoavOaT3Npc
******************************************



posted by Hiromi at 09:25| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

新総領事着任レセプション

葛新総領事レセプション1.jpg 
 在名古屋中華人民共和国の新しい総領事が着任され、今日はキャッスルホテルでレセプションがありました。葛総領事は挨拶でまずは「愛知の三人娘」の活躍、真央ちゃんの感動的な演技を讃え、真ん中でヤスクニの話になり、カワムラの話題はぶっとばし(触れるにたる人物でないと思われとるんだわ)、なかなかの挨拶でした。

 知事、衆議院議員副議長、近隣県の首長、外国領事館の総領事、トヨタの名誉会長はじめ財界人、日中友好協会の方たち、華僑の方たち、そうそうたる顔ぶれの中に、やっぱりカワムラシチョウはいない! 副市長だけ。本当に恥ずかしい。

 
 DVD2枚(撤回のビラも観音様のチラシも入れて・・・)をバックに入れて、絶対新総領事夫妻に渡すぞ! とチャンスを伺っていました。案ずるより生むがやすしで、友人の書記官が私を探してくれて、「総領事夫人がぜひ会いたいそうなので」と、連れて行ってくれました。バッチリ「カワムラの二周年でやった行事ですので、是非見てください」と言えました。 来月の平和堂の開帳と平和公園のお花見に一緒に行けたらいいなぁと思っています。第一、名前がいいよね。平和公園にある平和堂だよお。

posted by Hiromi at 22:04| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

森さんも今頃後悔しているでしょう

 
  夕方のメーテレのUPの特集を見ました。番組の紹介は
*******************************************
「英雄と国家〜妻が語る荘則棟」

卓球の元中国代表選手で、「世界選手権三連覇」の偉業を成し遂げた荘則棟が去年、72歳で亡くなった。荘則棟は名古屋を舞台にした、いわゆる「ピンポン外交」で米中関係が改善するきっかけを作るなど、卓球以外の面でも功績を残した。30代前半で大臣に上り詰めた荘だが、中国の過酷な権力闘争の渦に飲み込まれ、40代は不遇の生活を強いられた。
  そんな荘の後半生を支え、生きる力となったのが、日本人で妻となった佐々木敦子さんだ。メ〜テレのカメラは荘則棟が亡くなった後、様々な苦難に見舞われた敦子さんの日々に密着。荘則棟という「英雄」の素顔と政治を重視する中国という国家の姿を伝える。
****************************************
  国家を超えた強い「愛」。世界を動かしたスポーツの英雄の葬送は国家の力で、霊安室で、弔問客の制限をし、あまりにも冷たいものでした。たまたま4人組の時代に、スポーツで国家に貢献して国家に大臣にされてしまっていただけなのに。

 たまたま同じ日に、真央ちゃんの「森さんも今頃後悔しているでしょう」パンチ。痛快でした。

posted by Hiromi at 21:40| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風呂敷の威力!

ふろしき21.jpg【風呂敷ワークショップ】
 左の風呂敷の中には水が入っています。種も仕掛けもない撥水性の一枚の風呂敷。災害時のバケツ、タンク、何にでもなりますので、これはすごい! この水、底をキュッキュッと抑えたら、シャワーのように外に飛び出し、全部出てしまったら、風呂敷は濡れていませんでした。みんな驚いたのなんの。ポーカーン。
 お買い物袋、ベレー帽、ビール瓶やモダンなワイン包み。同じ風呂敷がブラウスに変身もして・・・ボレロにもなりました。寒い時に使えるね。あとはスイカを包んだり、ペットボトルをズボンのベルト通しに引っ掛けたり、かわいいポシェットになったり。ティッシュボックスカバーもおちゃのこさいさいでした。
 

 講師のHさん、昨年、中国の重慶、延吉、西寧の大学で風呂敷のワークショップをしてきました。茶道、華道だけでなくこんな日本文化も世界に伝えられたら嬉しいですね。昔の人の智恵に感動した一日でした。Hさんありがとう。
 ふろしき3.jpg ふろしき4.jpg ふろしき6.jpg ふろしき8.jpg ふろしき11.jpg  ふろしき10.jpg ふろしき13.jpg ふろしき14.jpg ふろしき15.jpg ふろしき17.jpg ふろしき18.jpg ふろしき19.jpg ふろしき20.jpg ふろしき22.jpg  
posted by Hiromi at 09:02| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今朝の朝刊に載りました

観音様 中日20140224朝.jpg 21日のことが24日の中日の朝刊に出ました。毎日新聞にもまもなく出るはずです。
 今日は、八事朗読バンドの時間を1時間早めて12時から開始。1分スピーチで絞りまくりました。2時間後には、部屋を移って和室でふろしきワークショップをしました。みんな朗読の勉強よりこっちがいいらしい・・・一生懸命・・・・。講師のHさんはがま口塾草創期からの会員さん。うっわー! もう25年のお付き合い。写真を明日・・・いんや、今日か・・・ひとまず寝てからアップしまーす。とっても楽しかったです。でも、ちょっとばてていまーす。
posted by Hiromi at 00:24| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

観音様集会成功

 真央ちゃんも終わったけど、私も観音様の集会が終わりました。メダルは特にないけど、本当に本当に皆さんに助けていただいて、やり終えた嬉しさに泣きたいくらい。特に寒い中、近くからも遠くからも参加してくださった皆さん、友人知人に宣伝してくださった皆さん、それから金沢なのに、名古屋のブログ読者に呼びかけてくれたスウさんにも感謝です。本当にありがとう。市会議員、県会議員(市長側近中の側近)の方も。僧侶、寺院関係の方たちも数人。教育関係者、日中友好協会の方たちも。報道関係も3社。
 会場は80席ちょっとくらいのキャパですが、ちょうど良い60人くらいは参加されていたと思います。(名簿もカンパ金も残った資料もパソコンも何もかもズタ袋に投げ込んで帰り、まだこれから整理)『日中戦争に翻弄された二つの観音様』は22冊売れ、「二つの観音さまを考える会」の方たちにも喜んでいただけました。

 DVD上映など電気系統の担当Kさん、本職が運送業で日本中走り回っているのですが、今日も雪に埋もれた甲府から駆け戻って本番30分前に現れ、ヒヤヒヤしたのですが、私のパソコンの操作がやりにくかったらしく、一時は動かないかとまたヒヤヒヤしたのですが、時間ギリギリにめでたく始動。司会の私は安心して、いきなりDVD上映から始めてしまい、続いて「考える会」事務局から15分間の毘盧寺の現状報告と・・・、たまりかねて最初に挨拶をするつもりだったTさんが、『挨拶したい』と言いにきました(笑)。

 真宗大谷派の住職Dさんのお話。 「私の寺は観音様ではなくて阿弥陀寺で・・・」で爆笑。休憩時間に市長の側近は帰られたけど、彼の誠意に頭を下げます。残りの50分で意見交換をしました。
 市が千手観音を受け入れた当時に出版した本の実物を持って来られた研究者の方と戦時中の中国の仏教界に疑問を鋭く出された意見に対して南京出身のKさんが、自分が幼い頃に受けた中国の教育、周りの大人たちの信仰などを話し、白熱した場面もありました。大阪から駆けつけた南京虐殺の研究者Mさんも現在の毘盧寺のことなどを話されました。僧職の方、平和堂の近くをいつも散歩しているという市民の方、観音様のお守りをしている寺の方の素朴な暖かい発言・・・書ききれないほど、ひとりひとりの発言が心に残っています。

 今日が出発点。これからが始まりです。

 
posted by Hiromi at 10:48| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

ご加護を

  2月21日。大切な友人の手術の日です。観音様、お釈迦様、神様、妖精さん・・・・ご加護を。お医者様、よろしくお願いします。朝の晴天の空に向かって念じ、祈り、願う。
posted by Hiromi at 09:32| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

私の夢

飯舘村のおにぎり.jpg  観音様は男女どっちかなぁ・・・とか、まだ観音三昧。そんな中で読んだ共同通信のニュース。
 先週末、福島市郊外の国道4号で立ち往生して、ドライバーたちは食べるものもなく途方に暮れていました。そこへ炊きたてのおにぎりを差し入れに来たのは、写真の沿道の仮設住宅に暮らす福島県飯舘村の人たちでした。1メートル近い積雪をかき分けて国道沿いを歩き、1台1台車をのぞき込んでは1人1個ずつ渡して回ったそうです。 持病のため運転席で意識を失いかけていた人が、温かいおにぎりで命拾いしたそうです。その話を聞いて、村の仮設住宅の人たちは、「病気の人が命救われたと感謝してくれているなんて」と感激の涙を流し、「震災からこれまで、私たちは数え切れないほど多くの人に助けられてきました。今回のことで、またあしたから頑張ろうと私たちにも励みになりました」と話したとのこと。なんという美人たち!!!

 
 私が学生時代からとても大切にしている本があります。「生命ある日に 女子学生の日記」(塩瀬信子)。扉を開けると最初に詩が飛び込んできます。

  私の夢
   それは私が受けたものを社会に返すこと
  社会のためになんらかのことをすること
  
  私という人間が
  長い歴史の一瞬間
  生きた意味のあるように

 重い心臓病と長く闘って大学生の時、20歳7ヶ月で亡くなった名古屋の女性。高校1年生から書き続けた日記が本になっています。この詩は彼女が高校三年生の8月15日に書いた詩。何年かに一回ぐらい、この詩のことを(50年間暗記しているので)人に話します。「でも、私、社会から受けたものって何もないから・・・」って受け応えた友人がいて驚いた記憶があります。
 今日の共同通信のニュースを知って、『観音様は人々の心の中におわします』と、思ったのでした。オリンピックの勝ち負けのニュースを見るのは辛いけど、こういうニュースを見ると、心があったまります。雪を押しのけて歩くのも金メダルだぁ。信子さんのこと、思い出して良かった。

posted by Hiromi at 17:48| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

北京コンセンサス

 大雪で辛い思いをしている方たちが大勢。名古屋は2日ほどシャーベット道路を歩きましたが、まずまず穏やかになりました。が、声が潰れていたがま口は、ついに鼻声になってクシュンクシュンとやっております。やっぱり疲れるとダメね。

 21日の集会を主催するに当たって、あらかたのハード面は準備できたので、自分の心のあり方を練ろうと考え始めました。全体の司会をするので、私自身が発言する場面はないと思うけれど、どういう雰囲気で、どういう流れを作るか司会の責任は大きい。今、頭に入れておこうと思っているのは、2013年の「北京コンセンサス」です。北京の燕ちゃんが通訳で参加していて、深夜まで文面について話あっていた場面を(日本のニュースで流れたので)見たからです。東京・北京フォーラムでは、2013年の両国の共同の世論調査は過去最悪。
http://tokyo-beijingforum.net/index.php/survey/9th-survey/9th-survey-press
 

 いっぱい気になる調査結果がわかりやすく整理してありますが、私がもっとも恐ろしく思ったことは、メディア報道の在り方です。
 日本メディアが日中関係について「客観的で公平な報道をしている」と見る日本人は2割強しかなく、この割合は昨年と同じ。
 でも、中国人の84.5%が、自国の日中関係に関する報道を「客観的で公平」と判断してしていて、昨年の64.4%から大幅に増加している。

 
 口をあんぐり開けてマスコミ任せの料理を食べているだけでは、本当に危険です。もちろん両国にとってね。民間の中で冷静な議論を積み重ねていくこと。これが「日中の不戦の誓い」に力を吹き込むのだと思います。私たちは当事者だという意識を持つこと。それをしっかり踏まえて皆さんに対そうと思います。みんなが当事者意識をもって同じテーブルにつくことです。触れ合わない問題で冷静さが保たれれば、それはそれで可。でも、今の日中関係はそうじゃない。領土問題でなくても、南京と名古屋の公の交流は2年間ストップしたままなんだもの。冷え込んで冷え込んで雪の高速道路で立ち往生の車の列状態そっくり。アンパンマンのように運転手さんたちにパンを無料で配った製パン会社があったんだね。偉いなぁ。
 

 閉じこもったドアを叩いて「パンをどうぞ」。・・・・うん。これだ。
posted by Hiromi at 21:03| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

今日は安らかに眠ろう

 名古屋には約900のお寺があることが分かりました! 最初電話帳を見て宛名書きをするという・・・なんともレトロな作業をしていたのですが、おかげさまで、ハタとネットにリストがあるはずだと気がつき、モリモリ元気が出て来て、炎の事務員と化しました。結局ひとりで774通作り、さきほど発送を終えて晴れ晴れとしています。70代の女性スタッフが、見るに見かねたのでしょう、100通ほど引き受けてくれてびっくり(でも、彼女は電話帳から・・・大変だったろうな・・・)。やっぱりあったかい気持ちに触れるとやる気がでる。ありがたかった!

 早くもお寺から問い合わせがあったり、フェイスブックからゆかりのお寺にメールをしたら、「聞いたことはありますが詳しいことは知りません」ということでした。別のお寺さんからは、出席したいという問い合わせもきました。両親のお参り以外でお坊様から電話をいただくことはありえないので、びっくり。「もしもし、今日手紙を頂いたものですが・・・」咄嗟に「お寺様ですか?」という言葉が出たのは、たぶん幼い時の聞き覚えです。一生懸命やれば、観音様が守っていて下さる気がします。今日は安らかに眠ろう。
posted by Hiromi at 23:00| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

雪だれポスト

雪だれポスト.jpg 観音様の話だから、お寺さんに来てもらうといいと思って、電話帳の「寺院」を切り取って宛名書きを始めたのでございます。200ヶ寺くらいあったので、もちろん、その数の封筒を買いに行き、5円コピーで案内状とチラシ400枚作って。たらね、電話帳の字が見えないのじゃー。老眼鏡+虫眼鏡でガッツを出して宛名書きを頑張って・・・ふと気がついたら、何か変。・・・あーーーっ。我家の電話帳は名古屋の南東部だけ載ってる。他の区のはたぶん図書館かな? でも、そんな区のまでやってたら、700~800になっちゃう。それで来てくださるのは1人でも2人でもあればいいと思ってのことだけど、若いお坊様にこんな話を知っていただく機会になればいいよね。そう思って。でも、ひとりで800枚の封筒を作るのは無理と観念しました。他の区のお寺さんには又いつか機会があるときに。もっと早くからするべきでした。反省。(他にやる人はいないのかって言われそう。みんな超多忙。あっちもこっちも掛け持ちで闘っているし、私が結構若い口なので・・・笑)

 珍しく雪が降ってるもんだから、リュックに封筒を200詰めて、長靴を倉庫から取り出して(母が畑ではいていた・・・)ギュンギュンにはいて傘さしてポストに行きました。あれ、雪だれっていうのかな、雨だれ?  濡れないように口に入れるの、なかなか技が要りました。昨夜、ポストさんに蓑笠かけてあげればよかった。反省。
 屋根からドサッドサッって雪が落ちる音、すごいね。雪国で育ったことがないので、ビクッとします。皆さん、安全な一日でありますように。

posted by Hiromi at 17:24| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

大間原発について函館市長が電源開発と国を相手に工事差し止め訴訟

10.千手観音像.jpg 

  建設中の大間原発について函館市長が電源開発と国を相手に工事差し止めを求める訴訟を東京地裁に起こすんだって!!自治体がこういう原告となるのは全国初めてなんだ!!
 津軽海峡を挟んで最短で23キロだもの、そりゃ事故がおきれば「緊急時防護措置準備区域になっちゃう。訴訟の行方を注目したい。

 やった! ここ1ヶ月、必死でパソコンをいじっていたら、ついに画像と朗読と音楽をミックスしたDVDを自力で制作できたどぉーーーー! ペーパーノイズはするわ、空飛ぶ飛行機の音も気になるわ、そりゃあ、もちろんかなり未熟で下手だけど。誰にも助けてもらえないと、なんとかやろうとするもんですね。あーーーー、宝くじに当たったら、いつか家にスタジオを作ってやる。
 ぜひ多くの方においで頂きたく、あっちこっちに電話かけてます。これも甘えていられないから自力で考えつく限りのことをする。2月21日金曜日、夜6時半から、東別院の会議室「蓮の間」です。宗教関係者も、議員さんも参加します。なかなか面白い話になりそうですよ。昔の話でないことが分かって頂けます。無料です。

posted by Hiromi at 21:37| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

半径5メートル作戦

おしどりマコケン2.jpgおしどりマコケン1.jpg  吉本芸人マコ・ケンさんの第2弾を日進市の市民会館小ホールに聞きに行きました。定員300人が満席の大盛況でした。相変わらず東電や国の記者会見にせっせと出かけて、内閣にはしっかりマークされているらしい。東電もひどいよね、オリンピックや都知事選挙という願ってもないニュースに合わせてとんでもなく大きなバッドニュースをこそっと流すのです。
 戦時中は「国策漫才」というのがあったということを、若いマコ・ケン
さんから初めて聞きました。戦時中の漫才の台本をいっぱい読んだ
そうです。大きくなったら兵隊さんになって、桜になって散るのが夢・・・と、漫才でもやってたんだね。海原お浜・小浜なんか、名前を変えさせられ、愛国お浜・小浜って言ってたんだって! ひえーっ。

 今、福島原発で何が起きているか、ゾッとするような現実を医大出身のマコさんがしっかり、自分の取材に基づいて教えてくれ、天の配剤というか、よくぞ、こういう人たちがいてくれたと奇跡に感謝するばかりです。報道ももはや、どんどん規制され始めていて、私たちが真実を知るのはどんどん難しくなっているからです。安倍さんが言った完全なるブロックアウトはもちろん真っ赤な嘘で、海水には30ベクレル/Lという通常の基準値を超えた、全β90万ベクレルという汚染水が流れ出ていることを、東電はあまりの巨大な数値に測定ミスではないかと、ずっと発表しないで調査していたということ。ネット情報では知っていたけど、実際マコ・ケンさんの取材で聞き、あらためてショック。汚染まみれの原発で作業する人たちが不足で、ヒューマンエラーが続出しているということも恐ろしい。

 もっとも心が傷んだのは、福島の学校給食で地産地消が勧められているということ。風評被害をロックアウトする安全性をアピールするには、学校給食に出しているというのが、葵の御紋になるんだね。セシウムだけ計って、ストロンチウムは無視。
 マコさんは阪神大震災でも被災したそうだけど、当時のがれき処理などで発生したアスベストによる健康被害が、今頃になってたくさん出て来ているそうです。あと1ヶ月で3.11だけど、政府や東電の嘘つきはもういい加減にやめろーーーーーっ!

  と、家の中で叫んでいるだけでは虚しいよね。マコ・ケンさんの最後の締めくくりは「社会のことを考えることがスタンダードになるといい」でした。道徳の時間というより、「社会問題」の時間にすればいいと。そして、「半径5メートル作戦」。赤の他人と社会問題を話題にするのはとてもとてもやりにくい。だけども、恐ろしいことを伝えるには、やっぱり自分の周りの他人にあの手この手で、頭を使って伝えていくことが私たちの力をつけていくこと。そうだよね!  あんなひとが首相になって・・・知事になって・・・と愚痴っている、私達国民がそもそも選んだんだから、私たちが悪いんだよね。

 大いに反省させられ、又力をもらいました。素晴らしい講演会でした。主催者の皆さん、本当にありがとうございました。
posted by Hiromi at 20:34| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月21日夜、6時半に東別院へいらして下さい

  今、夢中でDVDを作っています。お正月に帰郷していたYにムービーメーカーのソフトをダウンロードしてもらって、ちゃんとできるようにメモもし、大丈夫と思っていたのだけど、いざ! となると、すっかり忘れていて、学生時代の「勉強嫌い」の片鱗如実。つまり、確実に覚えていない。覚えなかった。"なんとかなるわ"だったのだ。
 TV局の番組が著作権の問題で使えなくなったことがそもそもの始まりでした。ビジュアルドキュメント『戦乱の海を渡った二つの観音様』(漫画中心の分かりやすい本です)のコマを80ヶほどスキャンして並べ、台本を書いて朗読すると26分の番組になりました。書いて読むことも汗が出ますが、絵と朗読を合わせて進行させるところまでは、なんとか自力でできて、昨夜のテッカイの会議に持って行きました。だって、2月21日に東別院でする<名古屋と南京 「ふたつの観音像」の悲劇>の集会に、万が一私が出られなかったら、プログラムが進まないものね。DVD上映30分が最初にあるので、私が万が一いなくてもできるように。あと、BGMをつけたいので、まだ必死は続く。

 会議は金山近くの部屋を借りて、夜に行ったはいいけれど、出席があまりにも少なかった・・・。部屋の予約、議事案作り、議事報告、会計をやっていると、自分の本来したい仕事はまったくできない。腹の中にグイグイと気持ちを押し込んでやる。でも、出席のアラ80の方から「私たちは昼間の方が出やすい。こんなに少ないなら、喫茶店に変更すれば良かったのに」の声が出て、爆発。現役の人たちは昼間出られないし、今、みんな、ヒミツホゼンの活動で目の回る忙しさなのです。
  家に帰って一晩寝たら、ちょっと収まりました。母の介護をしていた時を何かにつけて思い出します。真剣に怒ってしまっていた自分の未熟さを、今頃よく思うのです。攻撃的でなく、笑顔で優しく対することが大切だったと、母に関しては今頃恥ずかしく思う。

 でも、こういう会は介護の世界でないので、私なりに自分で問題を昇華させて、自分の意志を全うしていかなければならない。私がやりたいと思ってやっていること。大勢の皆さんからカンパをいただいています。感謝であり、責任もある。

 「南京虐殺---ふたつの観音様」は秘密保全法にも大いにかかわり合いのあること。タモガミ氏がとった得票数は本当に憂うべきです。時間のある方はぜひぜひ2月21日夜6時半から、名古屋の東別院の蓮の間においで下さい。イラク戦争の時は、牧師さんも戦場へ行きました。日本でもセンソウハダメだ、しない、セッキョクテキヘイワシュギとアベさんも言います。でも、知らず知らず、私たちの声はかき消されて行くのです。報道もドンドン規制を受けて自粛していきます。知らず知らずに静かに扇動されて行く。「南京なんて、昔の話だろーー、どうでもええがや、そんなこと」「あんなもの、なかったんだにゃあか。通常の戦闘はあったけど、20万も30万も殺せたはずなゃあでしょう。とK市長も言って譲らない。・・・その言葉に拍手する人が増殖しています。本当に怖い。
posted by Hiromi at 08:57| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

五輪のためにはもっと電気が必要?????

【森喜朗元首相の発言】。
「五輪のためにはもっと電気が必要だ。原発ゼロなら五輪を返上するしかなくなる。世界に迷惑をかける」


【東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会】
1年前、IOC本部へ提出した分厚い書類に「既存の電力供給能力」の項目には、「原発なしでも2020年の電力需要に『余裕で』対応できる」と書いてある。

●日本政府はIOCに大嘘をついていた。
●汚染水は「アンダーコントロール」と言った安倍総理。

 真っ赤な嘘の輪が五つの五輪にならないよう、五輪憲章違反、森喜朗氏が大会組織委員会会長にならないようにしなければ。私もいままで嘘をついた事は星の数ほどあるけれど、こんなに大きな問題では嘘をつかない。つける立場に立ったことないもの。嘘をついてるじゃん! 迷惑をもうかけてるよ、謝りなさいと言っても、こういう人たちは、そういう感覚になれない病気があるのかな。

posted by Hiromi at 14:49| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

映画「ファルージャ」

伊藤監督1.jpg こんな時に限って雪が降る。8時15分に家を出て、名古屋駅西のシネマスコーレに到着したら、10時15分前くらいになっていました。待ち合わせたKさんと顔パスで1100円也の敬老チケットゲット。
 「ファルージャ」イラク戦争日本人人質事件・・・そして 
http://fallujah-movie.com/
 ATP若手映画プロジェクト第一回支援作品の28歳の伊藤めぐみ監督に、私たちイラク訴訟のスタッフ仲間たちは、久々に会いました。化粧もほとんどなく、姿形はちっとも昔と変わらず、ただただ彼女の頑張りに拍手。10年経つとこんな風に成長して、又拍手。
 
 終了後近くの会議室でお弁当を食べながら監督と皆で感想を述べ合いました。当時の弁護団長U弁護士、弁護団事務局長K弁護士、今の秘密保護法に反対する会代表のN弁護士、市民オンブズマンのU氏、などなど、10人そこそこでの和気あいあいの充実したおしゃべりに心が温まりました。
 

 この映画を海外に出品するのか? などの話題が出た時、「自己責任」「迷惑をかけた」「謝るべきだ」などをどう訳すのだろう? という話になりました。海外から見ての日本人の考え方のおかしさに、私たちは気づくべきなのです。そして、マスコミもバッシングだけ取り上げて、バッシング以上にたくさん来ていた彼らへの励ましについて、まったく何も報道しなかった責任はどうやってとるのか。責任を取るべきは政府だったのです。謝るべきも政府です。日本人は小さい時から「みなさんに迷惑をかけるな!」と育てられるけれど、その「迷惑とは何か」をきちんと考えられる人格を持つべきではないかという話。大勢に流される私達を冷静に客観視しなければ。メデイアの報道をいつも鵜呑みにしないこと。

 個人的に心に残ったのは、高遠さんの現在も続いているイラクへの関わり方。「組織には入らないで、ひとりで隙間の活動をし続ける」と言う言葉。今井さんの「ゼロベースに立ち返って又人生を歩く」という言葉。人質になった人たちの生き方に、芯から励まされます。

 皆さん、名古屋では28日まで駅西のシネマスコーレで上映していますが、自主上映会の準備もしているそうですので、自分たちで企画してもいいのですよー。今の政権下、必見の素晴らしい映画です。感動。
posted by Hiromi at 17:37| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

オバマ大統領・安倍首相に辺野古基地断念を要請 署名

 カナダのピースフィロソフィー http://peacephilosophy.blogspot.jp/  の乗松さんから、署名の案内がきました。マイケル・ムーアの名を見つけて、すぐ署名しました。↑では、今東京都の知事選に出ているM氏のことが。なぜかマスコミがM氏のネガイティブな面に言を閉ざしています。*************************************************
オバマ大統領と安倍首相に、辺野古新基地の断念と普天間の即刻返還を求める国際署名運動へのご協力をお願いいたします。

★★署名運動のサイト、日本語版は
http://chn.ge/1glVJSw★★
(英語版は
http://chn.ge/1ecQPUJ

ツイッター用の案内例:

【世界の著名人・識者らが呼びかける、オバマ大統領・安倍首相に辺野古基地断念を要請する国際署名運動!署名と拡散のお願い】日本語版
http://chn.ge/1glVJSw 英語版http://chn.ge/1ecQPUJ
 
この署名運動開始に先立ち、1月7日、「世界の識者・文化人沖縄声明」として、29人が賛同した声明を発表し、日本、沖縄、世界のメディアでも広く報道されました。映画監督のオリバー・ストーンとマイケル・ムーア、言語学者ノーム・チョムスキー、ノーベル平和賞マイレード・マグワイア、歴史家ジョン・ダワー、著述家ナオミ・クライン、ジョイ・コガワなどが連名。賛同人オリバー・ストーン、マイケル・ムーア他
*************************************************


posted by Hiromi at 09:35| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

音研新年会

 「東海音声表現研究会」の新年会。20数人の出席でとても賑やかでした。貸しルームなのですが、食事も注文で取れることになっていて、お寿司やおでんも鍋ごと運ばれてのバイキング。なかなか美味しかった! つまり、いつもは勉強をしているけど、今日はお酒と食事とみんなの一言スピーチがドッキングして、みんなの口がいつも以上になめらかなのです。1人3分話しても1時間以上、あっという間にすぎてしまうので、「一言で!」と、念を押しても、やっぱりみんな普段から話すことがいっぱいある人たちなので、なかなか短くは話せません。どこかで調節しないと徹夜に・・・まさか・・・なりそうなので、私は多分1分くらいでまとめたはず。人の時間を盗らないというのも、思いやりでしょうね。大体予定通り時間に終了したのは、さすがの集い。

 今日の印象に残った言葉は、やっぱり大先輩の言葉。アラ80歳の女優さんは「朗読とは心に劇場を持っていること」。82歳の舟木さんは「最近、やっと朗読が楽しくなった」。82歳で先日亡くなった「サザエさん」の波平役、永井一郎さんのことが話題になりました。
  雀の子そこのけそこのけお馬が通る の一茶の句のどこで切るかで意味がまったく違ってしまうという話など、つまりは間のとり方など、永井さんは、とても丁寧に説いていた人だったこと。
●雀の子/できれば、雀に対する優しい気持ちが伝わるけど、
●そこのけそこのけ/で切ると、とても恐ろしい句になってしまう・・・

 朗読の「間」「出だしの一声」は剣道にも似ていて、「作品のどこが究極の一行か」を心得ることが肝心であることなど、永井さんの朗読に対する考え方を語り合ったのでした。

 楽しいl立春の宵でした。

posted by Hiromi at 23:42| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

憲法13条の歌

 あらあら金沢のスウさんが歌っていますよー。憲法13条がこんな歌になっている!何日間かしか見られないので見たい(聴きたい)方はお早めに! 朝日新聞に紹介されたものですが、CDは我が家にまだ少しありますので、全部聴いて見たい方はご連絡ください。もちろん、スウさんのブログ(紅茶の気持ち)http://kimochi-tea.cocolog-nifty.com/blog/を見ても入手方法が詳しく載っています。

http://www.asahi.com/articles/ASG1H6VSWG1HPJLB014.html
posted by Hiromi at 11:12| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

豆まきよりSKE

 本日は名古屋観光。まずは名古屋城へ(客人本人の希望)。甲冑を見て「武具馬具武具馬具三武具馬具合わせて武具馬具六武具馬具」の早口言葉を二人でやりました。「外郎売りでやりました。外郎も食べてみたいです」「歌舞伎の外郎売は薬ですよ。名古屋のういろうはお菓子です」なんて歩いていると、ちょうど今日は節分で尾張の姫君たちの踊ったりおしゃべりしたりのパフォーマンスがありました。Hさん、「SKEの方がいいです」。で、豆まきは見ないでお城を出ました。
 
 昨夕、彼は名古屋に留学している友人と食事。「手羽先」を"世界の山ちゃん"で、ひとりで3人前平らげたとのこと。本日も名古屋へ来たからにゃ「一風堂」へ行かなくっちゃ・・・と・・・?????「聞いたことないけど山本屋の味噌煮込みうどんじゃないの?」「いや、ネットで調べて載ってましたから」。テレビ塔のすぐ下にあるから、すぐ見つけましたが、博多ラーメンのチェーン店でございました。ネット情報が全てに優先します。それから栄のオアシス21とNHKをちょこっと見学して、観覧車の下のビルに本拠地のあるSKEの劇場へ。私たちは車の中で待ってましたけど、色々グッズも売っているらしく、劇場は長蛇の列だったそうです。

 彼の言ったことでとても印象が残ったことは3つあります。一つは中国国際放送局の入社試験の最終面接で「あなたはこの会社に何をもたらすことができますか」と質問されて「笑顔をもたらします」と答えて笑いをとった話。もう一つは「SKEの南京公演が中止になって中国のSKEファンは怒っています」。もう一つは、ここには書けない。

 中国の新しい世代が、国の中枢を担うのも時間の問題です。光陰は矢の如し。どうやったら互いの国が理解しあえるのでしょうね。正直、今回のお客様を理解するのも、「国」だけでなく、「世代」という切り口からだけでもなかなか難しいものがあるのです。名古屋駅で見送ってホッ。中国の優秀な若者と楽しい3日間ではあったけれど、複雑な心境も残りました。
12.徳川家康と.jpg 15.尾張の姫たち1.jpg 18.一風堂.jpg
posted by Hiromi at 20:58| 愛知 🌁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

バラ客人に抱かれる

 外は静かに雨。客人とキッチンやリビングで語らう。編集室(ただの部屋・・・笑)で語らう・・・じゃなくって、いっぱい色々な技術を教えてもらいました。さすが中国メディア大学の卒業生です。もっとはやく知っていれば、らくに入力できたのに! "知らない"ということは恐ろしいことだと思いました。「もうどこにも帰らないで! 」とお願いしたのですが、そういうわけにも行かず、あとは又自力で勉強。すぐ忘れてしまうし、忘れたということも忘れてしまうのでやれやれだけど、もう途中で放り出せないものね。若いっていいなぁ。

 朝、パソコンの勉強していたら、バラが登場ウーウー唸り出し、ついに客人との戦いは縁側でも繰り広げられたのですがHさんの勝利とあいなりました。バラが客人に抱っこさせたのは初めてのことで、私たちもびっくりしました。Hさんにわかに竹の楽器「快板」を持ち出して、演奏してくれました。沖縄の「四ツ竹」のようなもので、とても乾いた素敵な音が打ち鳴らされます。慌てて私も男物のチャイナ服をタンスの底から引っ張り出して来て、着てもらいました。朗詠も入るので、感動。そして、ささやかな誕生日のケーキ。

 04.ここなら大丈夫.jpg 05.捕まえたよ.jpg 06.私はバラよ.jpg 快板a.jpg 08.演奏1.jpg 09.演奏2.jpg 11.祝お誕生日.jpg 
posted by Hiromi at 19:58| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

朋あり遠方より来る

  中国の25歳の友人が来てくれました。おっと、明日、彼は26歳になるんだって。中国国際放送局の一昨年の新人アナ。今年の11月にテレビ山梨に研修に来ていて、仲良くなったディレクターがSKE48のファンで、名古屋ドームでコンサートがあるので出かけるという話を聞き、じゃあ、名古屋なら私に会える! ということで、名古屋ドームのコンサート帰りに我が家に来てくれたのです。
 
 テレビ山梨と北京放送の関わりは古く、1985年から始まっています。が、これは又いつか。
家に到着して真っ先に「インターネットは
有線ですか、ワイファイですか?」と、ノートパソコン登場。SKE48のセンターがどうのと・・・ヒャーッ状態です。ゲンの第7巻の翻訳担当者でもありまして、「ゲンの編集部はどこにありますか?」「はぁ?」・・・そんなもんないがね。私のパソコンの部屋だったらあるけどね。あーあ、思えば張陽君が我が家にホームステイにきた20年前は、3日間列車と船の旅をして到着したのです。携帯なんてなかったし、中国のほとんどの家庭に電話もなかった時代。凄まじすぎる変化です。

 
 床の間の掛け軸が夏からずーっと変えてなかったので、さすがにまずいと思って、「石枕」に替えました。額の色紙も梅や椿や雪景色に。日本の文化をこんなところでだらしなくしてたら申し訳ないもんね。私は表具屋の孫です。本家に生まれていたら、絶対後を継いだと思います。今でもはさみやノリでベタベタやってるとき、とても幸せ。祖父は着物を来て正座して仕事をしていました。小学生の頃の私は、祖父のそばで掛け軸の絵のいわれの話を聞くのが大好きでした。今生きててくれたら、もっともっと色々聞けたのになぁと遠い昔を懐かしく思います。中国の古い話が多かった。

 でも、どうやら本日と明日、当家ホテルにお泊りの若者は中国の最先端の若者です。日本のアニメにめっぽう強く、鉄腕アトムの分析をさっそく一席。参りました。おやすみなさい。石枕じゃないよ。羽根布団だよ。

 
posted by Hiromi at 23:23| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする