2014年04月30日

憲法を考える番組

メーテレの夕方の「UP」で、今日から「憲法を考える」という企画を、3回シリーズで放送されています。
今日は83歳の斎藤さんという男性(あっ! ピースあいちでお話した方だーー!
)が憲法の大切さを語っていました。街のインタビューは例によってバランスよく取材してたけど、「アメリカにいつまでもペコペコしていないで強い国になるんだ」「時代が変って、周りの情勢が厳しくなっているから、内閣のやり方は良い」みたいな意見を聞くと、鹿児島の衆議院議員補欠選挙の結果と同じで、こんな人の多さも実感してしまいます。
 明日は若者たちに意見を聞くそうです。秘密保全法反対で大活躍の若手女性弁護士さんも取材を受けられたそうです。明日もぜひ見なくっちゃ。夕方6時15分からの番組で、シリーズは6時半ごろからかも。
posted by Hiromi at 22:28| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

オバマ発言誤訳

がく〜(落胆した顔)オバマ発言誤訳問題
 カナダのピース・フィロソフィー・センター乗松聡子さんによると、ムムム、やっぱりこんなことがあるんだね。原文に当たってくださいと呼びかけられるけど、そこまで私は到底行き着けない。政治の通訳はほんとうに微妙な大問題がある。解釈憲法ってのもそんなものかしら。

 かつて日本軍は占領区で郵便物検査をして、都合の悪いことが書かれていれば、墨を塗ったり焼却したりされていたことはよく知られているけど。聞かれたくない音声はボリュームを絞るか切ればいい。
 今日の「人民日報日本語版」のトップ記事を自分のために、下に貼り付けておきます。長いので、読みにくいかも。読んでみようという勢いが有る時に又何度も読んでみましょ。先日上海で会談した神奈川大学のS先生は、又上海に行かれたようで、ブログには、上海の大学の先生たちと話題になったことが書かれていました。文書が発見された翌日のCCTV1のニュースで繰り返し宣伝されていたそうです。日本では・・・? こんなすれ違いばっかりで、私たちは自分に都合よく、自分に問題がないように暮らしているのか。
*****************************************************
専門家が読み解く新公表の日本軍中国侵略公文書
 2014年04月28日14:33
 吉林省がこのほど新たに公表した日本の中国侵略文書に中国の専門家や学者は極めて注目している。彼らは真剣な研究の結果、今回公表された89件の公文書について、日本軍が自ら残した中国侵略の動かぬ証拠であり、極めて高い史料価値を備え、日本が中国侵略で犯した犯罪行為の最初の証拠もあれば、以前から国内外で広く知られてきた犯罪行為に新たな証拠を提供するものもあるとの認識で一致している。
 元中国社会科学院日本研究所所長の蒋立峰氏は「これらの文書は最初のものが比較的多く、日本の現存文書の中にも見あたらないものが相当ある。たとえば関東憲兵隊司令部の文書は、情報交換の部分を除き、大部分の文書は日本軍が自ら作成、しかも長春現地で作成したものであり、本源的価値を備える」と説明。「これらの文書が貴重なのは本来の姿を保っていることだ。たとえば日本軍は占領区で非常に厳格な郵便物検査制度を採用し、中国人であれ外国人であれ、さらには中国にいる日本兵と家族との間の郵便物であれ、検査官に秘密裏に開封された。戦場の真の状況を記録するもの、『士気に影響を与える』恐れのある郵便物でさえあれば、焼き捨てられた。だが焼却前に、検査官が内容を書き写して文書に残した。今回公表された文書には『郵政検査月報』22件が含まれ、このうち15件は日本人間の書簡であり、中国侵略日本軍の侵略行為に対する最も直接的な記録だ。ここから日本がわが国で推し進めた植民地支配が特にむごく、残酷で、厳密であったことが見てとれる。これらを入手したことで、われわれの研究はさらに深まる」と述べた。
 吉林省公文書館の趙玉潔研究員は、1938年2月19日の中国侵略日本軍華中(中支)派遣憲兵隊の大木繁司令官による『南京憲兵隊管轄区の治安回復状況に関する報告』を紹介。第4項「難民帰還状況」は、日本軍による南京攻略前に南京市(下関を含まず)の人口が100万人いたという史実を反映している。第11項「各地の慰安施設の状況」は、日本軍が南京、下関、句容、鎮江、金壇、常州、丹陽、蕪湖などに慰安所を全面的に設置したことを記載。このうち南京市の慰安婦と日本兵の比率は1:178、下関では1:200にも上り、鎮江では慰安所を利用した日本軍将兵が10日間で5734人に達した。「これらの数字は、南京市の人口が大虐殺前は100万人だったことの裏付けとなる。南京大虐殺を否定し、南京戦前の人口は20万人だったとする一部日本人の主張に対してはっきりとさせることになる有力な証拠だ。さらに南京および周辺地区で、これほど大規模に慰安所を設置、利用し、女性を淫虐していたことは、日本軍による組織的な性暴力行為であり、その人道に対する罪は言い逃れのしようがない」と述べた。
 吉林大学の王勝今副学長は人口統計学が専門で、日本に留学、勤務していた1980〜90年代から日本による中国東北部への移民の歴史資料を収集し始め、研究してきた。王副学長は「吉林省公文書館所蔵の日本による中国東北部への移民・侵略の文書は、日本の侵略者が東北の土地を公然と略奪した事実の記録であり、いわゆる『開拓団』『開拓民』と中国農民との闘争の状況を記録しており、日本軍国主義のいわゆる『開拓』の目的を暴いている」と述べた。
*****************************************************


posted by Hiromi at 22:05| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日隅一雄情報流通促進基金

連休って実感ゼロでパソコンの前に座り続けている生活です。嬉しいニュースが飛び込んできました。

「日隅一雄情報流通促進基金」の特別賞に「秘密保全法に反対する愛知の会」が選ばれました。日隅さんという方は、産経新聞記者から転職して弁護士となり、NHK番組改変問題などに取り組み、3.11後の原発事故直後から東電の会見に連日出席し、厳しい質問をし続け、その後ガンで余命半年と宣告されてもずっと追及をし続けられた方。原発報道関係では何冊も出版されていて、報道の自由、知る権利、表現の自由を守るためにまさに命がけの闘いをされてきた方です。
この基金は、
表現の自由・情報公開制度・国民主権の推進を主な目的として、こうした活動に関連する殊勲者の顕彰や、法的支援を必要とする個人・団体への財政支援を行う予定だそうで、全国に先駆けて秘密保全法に反対の声をあげ、全国の動きを精力的にまとめている「秘密保全法に反対する愛知の会」におめでとう! これからですね。


 明治天皇の奥さんが亡くなって100年目なので明治神宮に総理大臣の名で参拝したAさん。奥さんとお知り合いだったのでしょうか?戦争に反対して、政府に殺されて行った人たちにも声をかけて上げてください。


 もう一つ。東京で3月4日に『戦争をさせない1000人委員会』結成集会が開催されました。約5000人の人々が参加して、発起人の大江健三郎氏らの訴えに耳を傾けました。確認事項

@ 『戦争をさせない1000人委員会』の運動を全国に広め、各地に『戦争をさせない1000人委員会』を創る。なお「1000」と云うのは「多く」という意味である。
A 解釈改憲などの方法による集団的自衛権行使容認に反対する署名活動を展開する。
B 上記署名活動と共に各地にて憲法問題、安全保障問題などの学習会を行う。


●名古屋でも!!【「戦争をさせない1000人委員会あいち」発足集会】

日時 201452()1830

場所 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)10階会議室1001

内容 発足総会

 基調提起 「安部政権による集団的自衛権の行使容認を巡る動向と私たちに課せられた課題飯島滋明さん(名古屋学院大学准教授)


 「戦争をさせない1000人委員会あいち」発起人愛敬浩二(名古屋大学教授)、浅井 昇(あいち平和フォーラム)、天野鎮雄(俳優)、飯島滋明(名古屋学院大学准教授)、井戸孝彦(東海民衆センター)、内河惠一(弁護士)、大脇雅子(弁護士)、杉山千佐子(全傷連会長)、大東 仁(真宗大谷派園光寺住職)、中谷雄二(弁護士)、長峰信彦(愛知大学教授)、野間美喜子(弁護士)、藤井克彦(反貧困運動)、三宅ゆかり(名古屋YWCA)、山本みはぎ(不戦へのネットワーク)


posted by Hiromi at 03:46| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

自己点検ノート

 お化粧.jpg朝、突如隣県のTさんからメールが入って、ランチをすることになりました。めったにないことなので、どうせならとブラッスリー・クーを予約。彼女、塩釜口の駅の改札で私が見つけられず、私がすぐ近くにいるのに、私にメールしてる。『・・・とりあえずさがしゃあ!』。70歳にあと1年で到達するのに現役で短大で講師してます。今日も学生に「私何歳に見える?」って訊いて「48歳?」って言われて至福の顔。講義のテキストなどを見せてもらいました。なかなか頑張っています。最近朗読したDVDを2枚、立派なケースに入ったのを貸してくれました。現役のアナウンサーで頑張っています。シェフに紹介してお別れしてしばらく歩いていると、シェフが追っかけてきました。彼女、名刺入れとショールを忘れて来たのです。「あはは」。 駅で別れて私は自宅に帰り、早速件のDVDを見ようと思ってケースを開けたら、DVDが入っていませんでした。「ごめーん。パソコンに入ったままだったー」。「あはは」 怖いよねー。

 自己点検ノート.jpgただ一つ、感心したことがあります。病院で健康診断したら、「あなたは若い頃、バリバリのスポーツウーマンだったでしょう?」と、医師に言われたのだそうです。それには「いいえーー、トーーんでもありません」と、私がセリフを言ってあげました。結局どういうことだったかと言うと、肺活量が飛び抜けて多かったのだそうです。発声練習をし、仕事としてマイクの前で声を出し続けて47年。肺活量だけは鍛えられていたのです!!
  次に「自己点検ノート」なるものを見せてくれました。エンディングノートではありません。その前段階のノートかな。「上手に老いるため」のノートです。色々なことをメモしておけば、死んだ時(認知症になった時)に家族にとっても便利であるようにということでもあるらしい。
 私の自己点検は? ま、このブログで十分でしょう。私も肺活量だけはたぶんTさんと一緒くらいだと思います。ただ、美しく有り続けたいという根性は圧倒的に彼女の勝ち。ちょっとだけ反省しました。
posted by Hiromi at 22:02| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

沖縄変換は基地存続のためだった

 内閣官房長官のことをヨシヒデって呼んだことないだろうな。バラクとファーストネームで呼んでみせること自体が怪談の、いや、会談の性格だと思う。余談ですが、うちのバラは、バラクからとっています。バラが生まれた頃(2匹の姉妹の野良猫だったけど)バラクとユキオがアメリカで怪談していたから。
モートンハルペリン講演会チラシ.jpg
 5月11日、名古屋学院大学で、モートン・ハルペリン氏を招いて講演会があります。彼はどんな人かと言うと、NHK戦後史証言アーカイブズに動画があります。22分ぐらいなので、じっくり聴けます。日本の外交の危うさを思わずにいられません。
国際シンポ「秘密保護法と国際人権基準(ツワネ原則)」
※東京では 5月 9日(金)18時15分〜20時45分 全電通会館多目的ホール
******************************************
タイトル 「沖縄返還交渉の米側キーパーソンの一人」

番組名 戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか

2013年度「地方から見た戦後」

第1回 沖縄 焦土の島から基地の島

http://cgi2.nhk.or.jp/postwar/shogen/movie.cgi?das_id=D0012100028_00000

******************************************



posted by Hiromi at 22:17| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

「はだしのゲン」13自治体に撤去要請

 「はだしのゲン」13自治体に撤去要請 4/22付 NHKニュース ・・・というMLが流れていて、みなさんに心配をかけています。私としては、とにかく目の前のやるべきことに突進するよりなく、ゲンに埋没している情況で、ほんと、ゲンの海で平泳ぎしているみたいな感じです。泳ぎます。遠泳です。みんなで泳げば元気が出るものね。
posted by Hiromi at 22:04| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解釈憲法っておかしい

猫パソコン.jpg

解釈改憲を絶対許していかん! という怒りのメールがどんどん入っているので、私の言葉でまとめてみます。ひょっとしたら意味が正確でないところがあるかもしれませんけど。


「戦争をさせない1000人委員会あいち」

安倍政権は、昨年12月、「特定秘密保護法」を強行採決・成立させた。さらに、「解釈改憲による集団的自衛権行使容認」「国家安全保障基本法強行」へと踏み込もうとしている。容認阻止のために、「戦争をさせない1000人委員会」が東京で発足。愛知でも連動をして「戦争をさせない1000人委員会あいち」の発足集会を開催。

日時 2014年5月2日(金)18:30〜

場所 県産業労働センター(ウインクあいち)1001(中村区名駅4−4−38)


緊急勉強会

 歴代内閣は憲法9条がある限り認められないとしているのに、政府は5月にも「集団的自衛権の行使は可能」との憲法解釈の変更を閣議決定しようとしている。なぜそんなに急ぐの?(新聞の世論調査でも国民の63%が反対:4月7日付 朝日)集団的自衛権について学び市民として何ができるのか、みんなで考えませんか?          

日時: 5月7日(水) 第1回 午前10時〜12自主勉強会

            第2回 午後 7時〜9講師:高森裕司弁護士

場所: 日進市民会館 3階 大会議室参加費:100資料代

主催 集団的自衛権を考える会 連絡先 080-1610-5274(田口方)


水島朝穂早大教授「安保法制懇の『政局的平和主義』―政府解釈への『反逆』」(世界5月号)

 箕輪登元防衛政務次官、郵政大臣は生前20041月、自衛隊イラク派兵差し止めを求める訴訟を起こした。彼は「『専守防衛』の立場」の厳守を訴えた。安倍晋三首相が内閣法制局長官の首をすげ替えてまで政府の憲法九条解釈を変更しようとしている今、状況をこの箕輪ライン(「専守防衛」)にまで引き戻すことは、立憲主義と平和主義の崩壊を阻止するという観点から重要な意味を持っている。

 村上誠一郎衆院議員(秘密保護法に対して自民党でただ一人反対した閣議の決定で解釈を変え、それに基づいて自衛隊法を改正するということは、下位の法律によって上位の憲法の解釈を変えるという、絶対にやってはいけない「禁じ手」である。

民主的であったワイマール憲法のもとで、ナチス・ドイツが全権委任法を議会で成立させ、実質的にワイマール憲法を葬り去っていった。解釈改憲は、それと同じ愚を繰り返す危険性がある。安倍首相は「憲法は不磨の大典ではない」という、「平和主義」「基本的人権の尊重」、「主権在民」、の三つは絶対に変えてはいけない基本原則。閣議決定で解釈が変えられるという前例が作られば、他の分野にまでこの手法は及、憲法の基本原則が機能しなくなる。もはや法治国家と言えなくなる。

 我々には憲法を尊重し順守する義務がある。政治家が守らなければいけないのは、立憲主義であり、三権分立。れは右とか左とかではなく、民主主義や法律をまっとうに学んだ人間であれば誰でもわかるはずである


2014421日 東京新聞朝刊 http://nohimityu.exblog.jp/
【社会】治安維持法 2度逮捕の105歳男性 「秘密法 口ふさがれる」

posted by Hiromi at 09:17| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

安倍首相への手紙

安倍首相への手紙 表紙.jpg 長野でこんな本が生まれたんだって。
書籍「ストップ秘密保護法!信州300人発安倍首相への手紙」
発売 2014年 4 月 27 日 本体価格1000円 発行 あけび書房
「人格の発露」として  ―まえがきに代えてー
・・・にこんなことが書かれています。
***********************************
 本書は、特定秘密保護法廃止を求める長野県民ら300名を超える民によって執筆されました。発刊の目的は、安倍晋三内閣総理大臣を始めとする全ての国会議員に届けることによって、そして、多くの本書読者の発声で願わくば全国各地で同質の取り組みがなされることにより、民の声が国政を動かす状況を造り出すことにあります。その思いたるや遠大です。 (後は略)
***********************************
 みんなで力を合わせれば、いろいろなことができるんだ! 安倍首相が世論調査として真面目に読んでくれればいいんだけど。
posted by Hiromi at 21:20| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

春・朗読の一日

 無事美濃加茂の「春・朗読の一日」が終わりました。出演者は49団体の172人で、ホールと研修室の二手で朝10時から午後4時すぎまで、同時進行。空いた時間に聞いてみたいグループの朗読を聞きます。八事朗読バンドはホールで午前の部のラスト。本日デビューの30代のYさん、緊張していましたが、お姉様たちの薫陶宜しく堂々の朗読でした。
 岡本太郎の父親一平が美濃加茂でくらしていた時代があり、島崎藤村と一緒に歌留多を作ったのですから、ご当地での朗読は喜んでいただけたかもしれません。終わったらすぐ男性が話に来られ、「その歌留多はどこで手に入れられるのですか」と、とても興味を持たれたようでした。「歌留多という発想が面白かったです」とのこと。

 美濃加茂は坪内逍遥生誕の地であり、逍遥の作品を専門に朗読するグループがあり、これはまた新国劇でもみているような風格の作品です。
 作品が面白かったり、演出が良かったり、朗読がよく練習されていたり、色々条件を備えれば、楽しい朗読になると、今回も感じました。
幸せな一日でした。(ドジな私が、録画係をしたのに、スタンバイのままで数分すぎ、途中からしか録画できなかったことを除けば・・・みんな、ごめんね。カメラは撮れたよ)


posted by Hiromi at 21:19| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

イラク訴訟違憲判決6周年〜〜声明

 銃口が結ばれたイラスト.jpg判決6周年の記者会見をテレビのニュースで見て、内川弁護団長、川口&田巻弁護士、他、懐かしい弁護士さんたちのゆるぎない結束に感慨一入でした。みんな頑張り続けています。この記者会見、札幌 仙台 長野でも同時にしていました。ちょっと長いので、前説の呼びかけ文だけ。声明の全文は、ご要望があれば、ワードで送信します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■イラク訴訟違憲判決6周年〜〜声明を出しました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 安倍政権は解釈改憲での集団的自衛権の行使に突き進んでいます。イラク訴訟で 憲法9条を使って闘った私たちは それに対してしっかりと異議を唱えていく必要があります。4月17日に自衛隊イラク派兵差止訴訟全国弁護団連絡会議が以下の声明を出しました。札幌 仙台 長野 名古屋などで記者会見を開き、全国のイラク訴訟に関わった弁護団 原告は安倍政権の暴走に対して 明確に反対し闘うことを確認しました。

 今週のNHK「クローズアップ現代」でイラクに派遣された自衛隊員の自殺者が28人になったと報道されていました。これは日本の平均自殺者の14倍 自衛隊の平均でも10倍だそうです。それに対するNHKのコメントもゲストの五百旗頭真 前防衛大学校長のコメントも「過酷な戦場で任務にあったった隊員」「武装勢力の中でギリギリのところで引き金を引かなかった隊員」となっていました。何時の間に自衛隊の派遣されたイラクは非戦闘地域から危険な戦闘地域になったのでしょうかね。過酷な任務の果てに帰国後数年経っても自らの命を絶たなければならなかった自衛隊員に対して、「日本の自衛隊の行くところが非戦闘地域だ」と言った小泉元首相をはじめ自民党の各閣僚の責任は問われていない

 声明は 安倍内閣による集団的自衛権行使容認の策動に断固反対し、全国各地でその運動の先頭に立つことを表明し、ともにたたかった原告の方々、支持して下さった方々、そして全ての市民の皆さんに、 集団的自衛権の行使容認阻止のために共に立ち上がることを心から訴える。 と結んでいます。閣議決定だけで憲法の解釈を変える これは名古屋高裁違憲判決に対する挑戦です。いま一度 イラク訴訟の提起時の原点を振り返り闘いましょう。
posted by Hiromi at 10:17| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

不要再有下一個福島

 韓国で修学旅行生などが乗った旅客船の沈没。なんという悲惨な・・・。真っ先に日本から救助に駆けつけられたらいいのにと、真っ先に思いました。 菅義偉官房長官は今日の午前の記者会見で「必要なことがあれば何なりとお手伝いさせていただくと申し入れている」と外交ルートで伝えたと発表。

 さて、ここのところ台湾にお友達(にしてしまっていいかしら???)ができまして、メールのやり取りをしています。退職後移住された日本人の片桐望さん台湾反核の旗.jpg御夫妻は台中市で暮らしていて、日本語学校で日本語を教えていらっしゃるそうです。再々送っていただいた「台湾通信」が写真満載でとても面白いのです。
 あるときの通信の写真に「えっ!」と驚いて、厚かましく、ブログで転載させていただいていいですかと許可を願い出たところ、快諾いただきました。福島みたいにならないようにと、立ち上がったのですね。

 台湾では、ア
ジアの中で日本についで早期に原子力発電所が建設されたそうです。台湾電力公司が3カ所に2基ずつ、計6基を稼働させていて、すべて米国製。実質的に日本からの輸出となった台湾第四原子力発電所が今建設中ですが、計画から30年、建設から10年を超えてもなお完成していない・・・という現状の中で、市民が核廃絶・反原発の活動をしています。第四原発の工事現場から全島を徒歩で回って最後は総統府に到着するという行脚の様子が彼らのHPで見られます。動画、写真がいっぱいなので、言葉がわからなくても彼らの想いが伝わってきます。



posted by Hiromi at 17:11| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月16日

日本を戦争に向かわせないぞ

  八事朗読バンドの練習日。今日は日曜日に迫った「美濃加茂 春朗読の一日」参加作品のしあげ。座敷でステージさながらにやって見て、なかなかいいものになってきました。これを手前味噌という。手前でいいからみんなの大切な財産の一つにしようね。

 今日の「クローズアップ現代」はなんだ?なんだ? なんだ? なんだ? なんだ? なんだ?  「イラク派遣 10年の真実  」っていうタイトルだから、テレビの前で正座するくらいの気持ちで見たのに!   とりあえずNHKの番組紹介は
 ****************************************
 自衛隊がイラクに派遣されてから今年でちょうど10年となる。NHKは、これまで明らかにされることのなかった膨大な資料を入手した。迫撃砲を撃ち込まれた時の秘蔵映像、人道復興支援活動の全貌をまとめた内部資料など、10年を経てようやく明らかにされた一級の資料だ。多国籍部隊の中に派遣され、多くの自衛官が「最も戦場に近かった」と回想する自衛隊イラク派遣で、隊員たちが直面した活動の実情を浮き彫りにするとともに、今後の自衛隊の任務を考える。
****************************************
 政府は誰も死んでいないと言っていたのに、帰国後自殺した隊員が28人。それは訴訟の会ではいつも言っていたことです。亡くなった隊員の母親の言葉も出ていたけど、母親はもっともっと話したはず。カットカットだったはず。今日の放送にどれだけのチェックが入ったか、想像にあまりあるものあり。むかっ(怒り) 最後喋り続けて番組を尻切れトンボにした前防衛大学校長。国谷さんの質問に対する答えには全くなっていない的外れのとんちんかんでした。NHK、しっかりしてください。おかしい!  絶対おかしい! むかっ(怒り)

私はこんな看板を立てる人を尊敬します。
滋賀県大津市桐生1丁目の畑。 クリックして大きな写真で!

posted by Hiromi at 20:37| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

皇道仏教と大陸布教

  カワムラ発言テッカイの会の会議。名古屋市女性会館が改装されて、「イーブル名古屋」になったのですが、今までの職員の方はすべて変って、民間の運営になったのだそうです。そのため、部屋の申し込みの時からモタモタ感はあって、今日の手続きもモタモタがあって、職員の方も全員が新人ですから、慣れるまでが大変でしょう。一方こっちも大変で、何度も予約した部屋の名前の連絡はしてあったのに、平均年齢70歳くらいだから・・・飲み込みが悪く・・・思い込みも激しく・・・掛かりの案内も間違っていて・・・全員新しい部屋に集合するまで30分ロスしてしまいました。4月って大変だね。

 7月7日に会の2周年記念の講演会をするので、主には、その会議でした。「15年戦争期の宗教と国家  皇道仏教と大陸布教」がタイトルです。勉強のためにタイトルそのままの分厚い本(2700円+税)を買って帰りました。南京問題の背景にあるものを宗教の立場から解く講師は著者の新野和暢氏。同朋大学仏教文化研究所客員研究員他、プロフィールは何行にもなる、若い博士です。チラシのたたき台を作って行ったら、15年戦争か、アジア太平洋戦争か、戦争に協力させられたのか、したのか、日清戦争時から日本は大陸のあっちこっちに寺や鳥居を作ったとか、議論沸騰で楽しかったです。楽しかったというのは、もちろん、知らないことを知るので楽しかったということで、戦争そのものは本当に悲惨で、二度としてはいけない、させてはいけないことは言うまでもなし!
posted by Hiromi at 22:10| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

まずはみなさんの顔を覚えることから

 町内会組長として、町内会費の集金や回覧板を流す業務。27軒あります。ほとんどお目にかかったことがない人ばかりなので、こんなことでもなけりゃ、ご近所のみなさんのお顔がさっぱりわかりません。ちなみに「お宅はどこですか?」と、何軒かの方に訊かれました。ピンポンして、出て来る人にお金をいただいて「ところであなたは秘密保護法に関してどう思いますか?」なんて言えない。まずは「あの柿畑の向かいの家のBです。1年間宜しくお願いします」とご挨拶。私たちが引っ越してからまもなく5年になりますが、それからでも、新しい家がどんどん建って、平均年齢はかなり若い。これは意外なことでした。ここが私の住む町。みなさんの顔を覚えることから頑張ります。
posted by Hiromi at 20:21| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

こんな狭くて小さい日本が既に数千発の核兵器に相当するプルトニウムを持っている

 朝日新聞にこんな記事! 字を大きくして色を塗ったのは、もちろん私。1年前の話。政府はいったい誰のために何のために働いているのじゃあ!
*******************************************
10月の完成を目指す六ケ所再処理工場は、年800トンの使用済み核燃料を再処理し、8トンのプルトニウムを取り出す能力がある。これを原発で燃料として消費する予定だが、現在、そのめどが立っていない。これとは別に、日本がすでに保有しているプルトニウムは44トンあり、数千発の核兵器に相当する。
 米エネルギー省のダニエル・ポネマン副長官は昨年4月、訪米した鈴木達治郎・原子力委員長代理(当時)に「プルトニウムを消費する予定のないまま、再処理で新たな分離プルトニウムの在庫が増えることにならないか、大いに懸念を有している」と述べた。
 ポネマン氏は原子力開発の推進派として知られ、日本の再処理にも理解があると思われていたため、日本側の関係者を驚かせた。
*******************************************
posted by Hiromi at 07:13| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他の嫌な誰かたちではない

 一人の人間のできることはあまりに小さいと思う・・・けど、こういう地球を生み出しているのも他の嫌な誰かたちではなく、自分を含めた地上の人間ひとりひとりだし。各国の一番の安全保障はひとりひとりの人間が繋がることであることは間違いない。

「軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)」の第8回外相会合
(毎日新聞のまとめから)

・世界の指導者に広島・長崎への訪問を呼びかけ
・核兵器の非人道的影響の認識を広げていく
・2015年核拡散防止条約(NPT)再検討プロセスへの積極的貢献
・米露の新戦略兵器削減条約(新START)を歓迎し、核兵器のさらなる削減達成のための議論継続を促す
・すべての種類の核兵器の究極的廃絶に向けた多国間交渉を要求
・核兵器のない世界の目標に反する核兵器増強に深い懸念
・兵器用核分裂性物質生産禁止条約(FMCT)の早期交渉開始や、核実験全面禁止条約(CTBT)の早期発効を求める
・北朝鮮の核・弾道ミサイル計画を強く非難
・ウクライナ情勢に深刻な懸念

【核実験】CNN.co.jp から

最初

直近

合計

推定核弾頭

米国 

1945年 

1992年 

1054回 

7650

ロシア

1949

1990年 

 715

8420

英国

1952

1991

  45

 225

フランス

1960

1996

 210回 

 300

中国

1964

1996

   45回 

 240

インド

1974

1998年 

      6

80~100

パキスタン

1998

1998年 

    6

90~110

北朝鮮

2006

2013年 

      3

 10発未満

イスラエル

核実験実施は未確認

  80

イラン

   0

posted by Hiromi at 04:13| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

国際的な取組を主導し「核兵器のない世界」の実現を目指す

 なんだか心が動かないことが多くて。第8回軍縮・不拡散イニシアティブ(NPDI)外相会合参加国は日本,豪州,ドイツ,オランダ,ポーランド,カナダ,メキシコ,チリ,トルコ,UAE,ナイジェリア,フィリピンの計12か国で、議長は岸田外務大臣。2010年に創設されてから、簡単に言うと、国際的な取組を主導し「核兵器のない世界」の実現を目指すとのこと。それならノーベル平和賞をもらったオバマさんの出番でしょうに。各国外相に被爆地広島で被爆の実相に触れてもらうことは良いことだし、我が国の「核兵器のない世界」に向けた願いや平和国家日本の核軍縮・不拡散分野での真摯な取組を積極的に発信ってこと、これも素晴らしいよ、日本! って言える??? 白々しい気持ちになってしまいます。非核三原則なんてバリバリに破って、原発輸出して、止まっている原発も動かそうって矛盾、どうして見えないのか不思議でしょうがありません。

 憲法9条がノーベル平和賞の正式候補になりました。私も署名したので嬉しいのだけど、推薦する人がいるから候補になるなら、オバマさんを推薦した人たちは、国際的な取組を主導し「核兵器のない世界」の実現を目指す会合に真っ先に大統領に出席を促すべきでしょう。彼との盟友である日本は、真っ先に彼の国の外相を誘うべきでしょう。


posted by Hiromi at 20:40| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

右から左 左から右

台湾の学生のニュース;

「両岸サービス業貿易協議」に抗議する学生らが、立法院を占拠していた問題で、学生側は4月7日、立法院からの撤退を発表。そして4月10日夜、すべての学生が議場内から撤退した。



・・・の地元紙「アップルデイリー」提供っていう台湾人民議会.jpg台湾議場.jpg写真を見ていてあれ? っと思いました。

台湾って右から左に書くの? 左から右?


 ←右から左でしょ             左から右でしょ→




 調べたら、台湾では、横書きは、右から書いていたようです。1980年に台湾の行政院の指令によって横書きは左から右に書くようになったとのこと。

横書きなら主に左から右。稀に右から左に書く看板もあり。 割合として9割9分:0割1分位。

議場と议场と議場 & 人民会と人民议会と人民議會 

こうやって日本と中国と台湾の漢字並べて見てると、仲良くしようよ!って気持ちになるけどねえ。 ほんと、右も左も仲良くしよう!            


posted by Hiromi at 22:10| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

ブラッスリー・クーは頑張っています

 福井からD&Mが来たので、4人で久々にブラッスリー・クーへランチに行きました。
小さなお店ですが、クーは、まだ潰れていませんでした。満席で皆様に可愛がっていただいているようで感謝。


posted by Hiromi at 20:39| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月08日

加藤登紀子さんが中沢さんの詩を歌った!! 昨日レコーディング

 ずーーーーーーーっと楽しみに待っていたことだけど、中沢啓治さんの詩に曲がつけられ、それを加藤登紀子さんが昨日オーケストラとレコーディングしました。動画でインタビューの様子も見られます。作曲者は若いし、登紀子さんのインタビューにも感動。
ワクワクとしながらニュースをネットで見て聴いていたら、ピンポーン。「畑に行ったから」と、Kさんが摘みたての若菜を持って登場! その後お隣のYさんと猫と庭の紫金草の話をしていて、絵本の『むらさき花だいこん』をもらってもらいました。
みよし愛す.jpg
 午後、別の日中のニュースを調べていたら、ピンポーン。「ふふふ・・また来た・・・ふふふ」とKさん。今度は内モンゴルからの留学生のチンゲルさんと。Kさんは留学生の下宿屋さんでもあり、留学生たちと本当にお母さんみたいに、何十年もお付き合いしています。「チンゲルさんと一緒に畑に行くけど、途中のみよしで、いなりのアイスを買ったから届けにきたの」。 たしかにいなり寿司の形で本物の油揚にアイスクリームが入っています。「みよしいなり愛す」。Kさんごちそうさまでした。なにこれ珍百景ものでしょう。
 慌ててカメラを取りに行って、紫金草とパチリ。そしてチンゲルさんにも絵本の『むらさき花だいこん』をもらってもらいました。


posted by Hiromi at 15:30| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

パイプでスープを吸うラーメン

  殺人容疑で逮捕というニュースで、その容疑者に1回でも会ったことがある場合、心中穏やかではありません。もちろん本人は否定しています。冤罪ということも考えられるので、いたずらに騒いではいけない。でも、冷静ではいられないのです。あの時の彼の発言は何故? 何だったのか?とか、考え込まされます。こんな時は無理にでも笑っていよう。

 上海の家の近くの蘭州ラーメンの店のメニューは、私たちにはとても便利。壁の大きな写真で、おいしそう・・・食べたい! って思ったもの蘭州ラーメンの店メニューからパイプ.jpgを指させばいいのです。値段もちゃんと書いてある。でも、ラーメンの写真のスープのところから細いパイプが出てるよね。スープを吸い上げてどっかへ持っていくのかなぁと思ってパチリ・・・とシャッターを切るのは私くらい。みんなさして可笑しくも思っていないのです。ふつうのこと。大らか・・・・か、別の言い方もあるけど、これを見ると、困った時は、誰が何を思おうと、何を言われようと、やれるだけのことをやりきればいいのだーーーって勇気が出ると思う。写真はクリックで大きくなって、値段もはっきりわかりますよー。

 
posted by Hiromi at 20:50| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

新友

 全国26都道府県・55団体が参加している「秘密法に反対する全国ネットワーク」は、今日、ウィルあいちで第1回全国交流集会を行い、15都府県・26団体、160人が参加して大成功だったそうです。皆さんの頑張りに拍手。みんな絶対に諦めていない。
庭の紫金草20140406-2.jpg 新しいカメラでの初撮りは我が家の紫金草。マニュアル読んで覚えるのに相当の時間がかかります。でも、そのうち慣れるわさ。

 台湾にお一人、ゲンに興味をもってくださる方(日本人)があって、昨年からプロジェクト・ゲンのANさんの方に連絡をくださっていたのですが、一息ついたので、私から直接連絡を差し上げ、メールでお互いの状況のやり取りをしました。色々通信を出している方で、私も読ませていただき、とても勉強になりました。台湾の歴史について、本当に何も知らないということを知りました(今更、ひどいよね)。写真の多い、読みやすい心あったまる記事が多く、ゲンのことはさておき、これからも通信をお願いして、台湾に同世代のお友達? を得ることができました。とにかく実を結ぶ結ばないに関係なく、歩きまくり、書きまくり、ゲンのことを語りまくるのさ っ! Kさん、今後とも宜しくお願いします。
 日本、台湾、中国、北朝鮮、韓国・・・これらは合わせて勉強する必要があることを痛感しているこのごろです。沖縄にいた頃は「琉球弧」という言葉を常々聞いていました。地図の上で、自分の立ち位置を変えてもう一度地図を眺めてみると、(例えば上下逆さまにするだけでも)本当に不思議にまさに別世界になるのです。新しい視点をもらったばかり。感謝。死ぬまで知らないということを知り続けていくんだろうな。


posted by Hiromi at 21:28| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜秘密法廃止 ここから〜

 文科省から小学校教科書検定結果が出て、領土問題のイザコザの傷が深まり行く困惑。個人的に切実な問題です。政府は相変わらずの暴走止まず。カメラのネット購入に時間を使っている間に、町内会の組長のお役が回ってきて確認事項多し。何故か咳き込むようになりつつ他用もしつつ、ぼーっとしていたら、秘密保全法に反対する愛知の会結成2周年総会のお誘いをうけ (行く・・・つもりでは・・・あったけど)やっぱりウィルあいちのホールへ出かけました。愛知はいちはやく立ち上がった関係で、全国のまとめ役も担って、〜秘密法廃止 ここから〜は、全国各地からの運動体の代表の方たちも駆けつけて、600人の集会となって成功しました。
ベテラン、中堅の弁護士さんと、若手30代の弁護士のフル回転の活躍を頼もしく思いました。感謝。市民ももちろん、ベテラン、中堅、若手と世代が充実してきているように思いました。実際、被害を受け、苦労させられるのは若い人たちですから当然です。落合恵子さんの講演は初めて聞きました。

 『私から年齢を奪わないで下さい。働いて、漸く手に入れたのですから』というメイ・サートンの言葉から始まりました。
 「人から若く見られたい」と言う願望は、我々の文化が成熟を資産と見る気風に欠けているからだとも、この人は書いていると、帰宅後にネットで調べたら書いてありました。「記憶ってシェルターになるよね」という話も納得できるし、『茶色の朝』 フランク・パブロフの話然り、 新川和江の詩「わたしを束ねないで」は、がま口塾の朗読会でも朗読したなぁ。
  彼女の「母音」―ある寂しい日私に与えて―、という詩の朗読もあった。 ***  自分と、名も無きどこかの木々、水、小鳥たち、様々な存在が響き合っている。  信じていなさい 痛みはおまえだけのものではないと おまえが〈う〉と呻く時 真夜中の劇場で コントラバスが 〈う〉 ひくく呻いて同じ苦痛の合槌を打ってよこすと*** 〈抜粋〉 母音の「あいうえお」にまつわる話です。「絶望の中にこそ希望がある」という、むのたけじさん(99歳)の言葉も紹介されました。トレードマークの髪型を「心怒髪」とみんなを笑わせた落合さん。

講演の真ん中でクレヨンハウス制作の『子どもたちの歌 「空より高く」』がカットなしで流されました。http://www.crayonhouse.co.jp/home/oshirase110322.htm
人は空より高い心をもっている
どんな空より高い心をもっている
だからもうだめだなんて
あきらめないで
涙をふいて歌ってごらん
君の心よ 高くなれ
空より高く 高くなれ

人は海より深い心をもっている
どんな海より深い心をもっている
だからもういやだなんて
背をむけないで
見つめてごらん 信じてごらん
君の心よ 深くなれ
海より深く 深くなれ

だからもうだめだなんて
あきらめないで
涙をふいて歌ってごらん
君の心よ 広くなれ
空より広く 広くなれ
君の心よ 強くなれ
海より強く 強くなれ

知らなきゃ得られなかったものがいっぱいあるはずじゃない!諦めないで、熱さの中に穏やかさをもって知らせていこうよ、伝えていこうよと、しなやかな魅力満タンの講演でした。
★次に登壇した新海弁護士。「1966年に日本に来たビートルズの警備のフィルムがあることがわかったので、情報公開請求をしたら、非開示決定通知書が3月13日づけできた。理由は公にすることにより、警備手法等が明らかとなるなど、犯罪の予防、鎮圧または捜査その他の公共の安全と秩序の維持に支障を及ぼすおそれがあると認められるため・・・私は処分取り消しの訴訟をすることにしました!!」に爆笑の拍手。可笑しいよ、日本。無人偵察機が飛び交う時代にあって、50年前のビートルズのフィルムで警備方法がばれたら危ないなんて。何時代の話?秘密を決めるのも秘密の時代まさに到来。
posted by Hiromi at 11:01| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

上海備忘録

 1日まで上海に行っていました。20日からの自己メモ日記です。帰宅してみれば家の庭の資金草・・・オット間違えた。紫金草が満開で迎えてくれました。花はいいな。上海でカメラを壊したので、さきほどカメラ屋さんで、データだけCDに入れてもらいました。南京へ行った時は、中国でのスマホで写真を撮っていたのに、スマホの画像をどうやってつないでもパソコンが認識しませぬ。しかたなく方法が見つかるまで、現地へおいてきました。悪友に食べ物のことばっかり書いとる! と言われましたが、人は食べて生きるのじゃ。


【320日】

6時半出発。中部国際空港で搭乗ゲートに行く途中のトイレで、スマホ入りの小さいバッグの忘れ物を発見してしまったわざわざ案内所まで戻って届ける。幸先いいのかなと、思う。

浦東国際空港までYに迎えに来てもらいました。タクシーを使えば簡単だけど、それではなにも覚えられないので、一人で歩き回るときの練習のために地下鉄を所望。一人で住所まで行けそうに思ったけど、乗り継ぎなど、やっぱり荷物を持っては大変なので、助かりました。地下鉄の電車の中でTVニュースが見られるし(インド洋でマレーシア航空機の機体の一部が見つかった?) 電車の中で大きな声で携帯をかけている人がいるので、あぁ中国だぁ。延安西路4.jpg

 家に落ち着いてからYの馴染みのワンタンの店でかなり遅い昼食。「マーマが来た」と聞いて「まーあ、若いお母さん!」とお愛想を言ってくれたので、「おいしい」を連発してお返ししておきました。地下鉄1駅歩いて、地図を頭に入れる。百貨店で買い物。空気あんまりきれいとは思えないけど、誰もマスクをしてないねぇ・・・。お土産はマスクばっかりにしてきたので、ちょっと・・・。夜は、すぐ近くで羊肉串や野菜の焼串を買ってきてもらって、家でゆーーーっくり。通訳を助けてもらうかもしれない、燕ちゃんの上海の親友に電話をして、これもやれやれ。

 パソコンもつなげてもらってやれやれ。今日から13日間。何が得られるか全く五里霧中だけど、願いは強くもって頑張ります!


321日】

ゲン関係で知り合った(または知り合うことになる)方たちと会食の日時と場所を知らせてもらったので、そのホテルまで地下鉄を乗り継いで練習で行ってみました。絶対遅れてはいけないので、準備万端にするべし。帰宅後ほこりっぽくて体が気持ち悪いのでシャンプーして、日本から持ってきたドライヤーを変圧器を通して使っていたら、煙が出てショック。電灯以外のコンセントがみんな使えなくなってしまって、すっかり落ち込みました。日本から持ってきてあった変圧器の容量が、私の持ってきたドライヤーの容量を超えていただけの話しだけど。

 しょうがないので、外出して太陽で乾かす・・・ことにしたら、あちこちに美容室がありまする。なんだ、美容室でシャンプーすればよかったすっかりしょげて、夕食は外で買ってきて家で食べました。中国はスープだってテイクアウトできるもん。麻辣湯周さん3.jpg


 何もすることができなくなったのでフテ寝をしていたら、知らぬ間にお掃除や洗濯をお願いしている女性が入っていて「寝てていいよ」。やっと話し相手ができましたが、Yが出張から遅く帰って来たら、どういうわけか「日本鬼子」の話になりまして。ほんと、中国人は、この言葉を世代を問わず、骨の髄まで知っている。ただ言わないだけ。言ってくれるのは、私たちが良い関係であるからだし、彼女が日本について知っている知識の大きい部分を占有しているというだけ。むしろ、彼女にとってはコミュニケーションをとるつもりでいっているだけ。とはいえ、複雑な気持ちです。彼女は息子さんの大学を卒業させるため、昼も夜も働いて頑張っています。

ブレーカーをあげたらコンセントは直り、めでたくパソコンもできるようになりました。

 泉佐野市の小中学校図書室から、市長の意向子どもたちの知らない間に「はだしのゲン」が消えていた問題はすぐ北京の仲間で話題になっています。市長の価値観で教育行政が左右された事態を校長ら批判しているということだけど、ほんとうになんどこんな騒動を繰り返すのでしょう。中国語版出版には微妙に影響すると思います。デリケートな問題です。


322日】

 豫園.jpg 南翔饅頭店3.jpg 外灘4.jpg 外灘9.jpg 外灘8.jpg

 豫園へ出かけました。暑いくらいの好天です。蕪湖から引き上げるとき、最後に豫園で小龍包を食べたので、もうあれから十数年。とても懐かしく思い、黄浦江へ出て外灘を歩き回りました。名古屋港から行く先も告げられずに上海へつれてこられ、到着してすぐドンパチの戦争をしていたジイチャンはこの景色をどんな思いで見たんだろうかなどと話しつつ。名古屋では、今日は平和堂の千手観音のご開帳。みんなも集まって、観音様の故郷に思いを馳せていたころだったと思います。延安西路公園.jpg


 延安西路公園4.jpg行きと違う地下鉄路線を選んで乗車。下車して地上へ出て、「もうすぐもうすぐ」と言われ続けてくたばりそうに歩いていたら、紫金草の花壇が目に飛び込み、すばらしく幸せな気持ちになりました。家から道路を渡っただけのすぐの公園でした。神様仏様ありがとう。私の宗教は紫金草。反戦です。  


323日】

 徒歩5分ぐらいの所の24時間営業の全国ネットのコピー専門会社で資料の印刷。USBを持って行けば、すぐコピーしてくれる。

 地下鉄を乗り継いで約束のホテルロビーで待つ。みんなで力を合わせて作った資料を袋に個々宛にセットして、皆さんに渡しました。
<皆さん>というのは、゛

O先生 通訳養成センター校長先生 
S先生日本の大学の中国語学部の先生
S先生T大学日本語学科の先生
R先生T大学日本語学科の先生

T大学のS先生は高校卒業してすぐW大学に留学され、あしかけ15年の日本滞在経験。 
全員日本語で会話が弾みました。アイデンティティの話から入り3時間のうち、2時間はゲンの出版の可能性の話をしました。やっぱり憂うべきベースは、今の最悪の日中関係。ゲンの内容については、問題がないだろうというのは大方の認識ですが、過去の歴史は、今の日中関係ではデリケートな問題なので、リスクを犯してまで出版するのは考えにくい・・・というマイナス要素を踏まえた上でつっこんで話を聞け、私としては納得。すべてをクリアして、晴れて出版できたときは、T大学やその他の大学も含めて、ぜひ「はだしのゲン」に関するシンポジウムをしましょうということだけは、約束できました。ここしばらく、政治的な情勢を見極める必要あり。

ゲンのことをここまで真剣に日中韓で話し合ったことは画期的なことだと個人的には思いました。翻訳をここまでやってきたこと、資料がとてもよく出来ていることなど、率直に評価していただき、嬉しかったです。軸足は地球に突っ込んでいます。アイデンティティの話から始まって、またアイデンティティの話で収束したのでした。
ゲンを世界で駆け回らせるよう、改めて夢をあきらめない気持ちで帰宅しました。


324日】

 長く日本に住んで、ここ5年は上海勤務で家族で駐在している、燕さんの親友のTさんに会って話をしました。5歳の娘さんも一緒で可愛いこと色々話を聞いて、出版社回りもしないことにしました。ハードルは高い!  それは本の内容には関係はない。さて、じっくり考えなくっちゃね。


325日】

以前編集の仕事をしていた北京のKさんから、とても専門的で適切なアドバイスをもらいました。埼玉からも杭州からも応援のメールが入り、中国人の若手応援軍団に励まされて、また気持ちを持ち直しました。ふと、マリリンモンローやケネディ大統領などの検視で有名なトーマス野口氏のエピソードを思い出しました。検視官になるために1000通の手紙を出して、1通返事が来たところに就職したのが、最初だったと何かで読んだことがあるのです。ゴミ箱に捨てられてもかまわない。それで元々と腹をくくって、めぼしいところに資料の郵送だけはしておこうと、決心したのでした。日本人の私が勝手にやったことであれば、誰かに迷惑をかけることはない。

 なので、今日は気分転換に雨の中を傘をさして街に出かけました・・・が、地下鉄の乗換えを忘れていて、うっかり上海駅までいってしまい、それはそれでとても懐かしく思いました。15年以上も昔、蕪胡への行き帰りは必ず上海が基点だったのです。徐々に乗換えにも慣れて無事「陸家嘴」駅に降り立ち、有名な東方明珠塔の真下に立ちました。雨もやんで、桜の並木も4分咲きくらい。外灘を黄浦江の逆から眺めて一人で歩き回る。すぐそばの大きな百貨店、上海正大二店8階の本屋で「クレヨンしんちゃん」(蜡笔小新)19.6(300円くらいかな?) を購入。今の中国はほとんど横書きで、左から右へページを繰ります。「クレヨンしんちゃん」は右から左へページを繰り、縦書きで作られているので、ゲンもそのように作ってきたので、とても参考になります。クレヨンしんちゃんには政治性がないから、堂々と出版されたのか、あるいは、日中関係が良いときに出版できたのか、ずらりと並んでいました。


326日】

地下鉄の「打浦橋」に降り立ち、「田子坊」というところを歩き回りました。狭苦しい路地の両側というか、四方八方にひしめきあってアーティストたちの工房が集まる地区。古い建物や倉庫が改造されていて、作品を並べて売っているので、おしゃれ感もあり、ぶらぶら散歩にはなかなか味のあるところです。グルメ街でもあり、路上にテーブルや椅子も並べられて、観光客が楽しんでいるのですが、路地の奥には民家もあって観光客の間でベンチに座っておしゃべりしているお年よりも、商品の真ん中で寝ている猫もいました。なんとも不思議な空間の街です。田子坊猫1.jpg


 

夜はアパートの隣の大学の食堂に行きました。1人10元(10円くらい)のチケットを買って、10元分の好きなおかずをあれこれ指して、お盆にダバダバダーッって感じにのっけてもらうのですが、恐ろしい量。5元でよかったのに、あとのまつり。これだけのものを食べている中国国民と、○○定食やら日替わりランチ華東大学学食.jpgがせいぜいの日本国民が、同じ土俵で話し合うことを考えただけで、ぞっとします。国民の生活習慣の違い、考え方の違い、価値観の違い、そんなものを私たちはどれほど意識して中国に対しているだろう学生食堂から見えるものは、けっこう重要な気がしたのでした。

今日の午前中、中部地区ではメーテレドキュメント「 とむらい~英雄の妻が見た国家~が放送されたはず。国家とは、個人が生きのびていくためのとほうもない塊です。国家自身が塊で食事をします。


327日】

朝市があるというので出かけたけれど、もう終わっていたのか見つけられず、そのままちょっ中山公園2.jpgと回って帰ろうと考えたのが大間違いで、とどのつまり2時間道に迷っての帰宅となりました。まあその間、お店で小龍包の朝食もとったし、犬の写真もとったし、お肌のクリームも買ったし、散歩としては○。だけど、5〜6回は人に道を訊いたし、自分も道を訊かれた。悔しいので、タクシーだけは乗らないと決めて、無事徒歩で迷子は終了。汗を拭いて足を洗って、いじけて瓜子(ひまわりの種を炒ったもの)を食べつづけていたら(食べだしたら中山公園3.jpg止まらないので、いじける時にはもってこいの食品です)、「最初から迷子になると決めて歩いたと思えば2時間くらいどってことないでしょ」と言われ、わけが分からん。最初からいつかは死ぬと思って生きとれば、すべての事象はどってことない?


夕飯はちょっと歩いて新疆のレストラン。羊の肉の料理やミルクが美味しかったけれど、突然明かりが消えて美しいダンサーの踊りが始まったのには驚きました。レストランのサービス。上海は民族のカオスでもあるのか様々な民族料理が気楽に楽しめます。この界隈は租界があったようで、欧米風のしゃれた家が立ち並び、さすが上海。


328日】

多倫路名人街内門.jpg 多倫路名人街内山完造.jpg 多倫路名人街内山書店.jpg 多倫路名人街内桜2.jpg 多倫路名人街内桜1.jpg 多倫路名人街1.jpg 

魯迅の記念館に行こうと思って出かけたけど、地下鉄の「東宝興路駅」で下りたので、駅員さんに訊いたら「え記念館に行きたいなら、もう一個むこうの駅だよ。3元払えば多倫路名人街内家並.jpg行けるから、もう一回地下鉄に乗りな!」。やだよ、そんなの。ほんとは「虹口足球場駅」で下りればよかったんだけどね。上海虹口の文化遺産として保存されている「多倫路文化名人街」に向かいました。虹口区人民政府が造った歩行者天国で(でも結構車が通る・・・)、石畳の道が整備されています。明治村の小型みたいなもんでしょうか、長さ550bの路地に当時の建物が再建され、著名な文化人たちの銅像がひょこひょこ登場します。魯迅さんの書物をほとんど読んでいないけど、有名な内山書店や内山完造の着物姿の銅像を見つけたりすると、日中の深い関わりを感じて嬉しい。『魯迅公園』『魯迅紀念館』は日を改めて行こう。ゆっくり歩いたけれど、歩き疲れました。


台湾で学生が国会の議場を占拠したニュース。与党が中国との貿易協定を強行に進めようとしている、その中に、出版のことも含まれています。今回の協定では出版・印刷延安西路猫6.jpgの市場も解放されるため、中国の出版業が一挙に台湾へ進出するのではないかという不安があるようです。そうなれば、「中国側による、統一へ向けた言論統制が行われるのでは?」という危惧が生まれるのでしょう。ゲンも台湾で先に出版したらどうかという選択肢があるのだけど、ますます混乱してきました。

延安西路猫4.jpg夕飯は韓国料理で石焼ビビンバ。学生街なので、そこらじゅうに安い食べ物屋さんがあり、コピー屋さんや文房具屋さんもあって便利。イチゴやライチをどんぶり山盛りで食べています。スイカも安く、中国の果物の安さにいつもながら恐れ入る。


あきらめずに資料の印刷。コピー屋さんにUSBを持って出かけ、即コピーしてもらえます。速い。日本で、スーパーで自分で5円コピーをしている速度の3分の1のスピードで、料金もべらぼうにやすーい。


329日】

1990年代の始めは外灘から浦東を見ると、まだただの叢だったそうです。観光絵葉書で見たら、「嘘でしょう?!」という感じですが、その頃の上海がそのまま残っている旧日本人街があり、その一つが虹口という地区。黄浦江沿いにある上海大厦のあたりから北四川路沿いに北に上って魯迅公園の辺りまでに10万人を超える日本人が住んでいたというのですから、父が上海戦のことを「上海にいる日本人を守らなければならなかった」と書いていたことが嘘じゃないんだと、実感させられます。その頃の日本の人口は7,200万人で、その中の600万人が外地に住んでいたということで、旧満州だけでなく上海にも相当数の日本人が住んでいたわけ。人間はちょっと前の歴史も、関係ないことは知らないまま生きているんだなぁ。そのうちの何人がどうやって日本に生きて帰れたか。


魯迅公園入口桜.jpgで、今日は小雨で、昨日のリベンジをすべく虹口の街を歩くことにしました。地下鉄は昨日言われたとおり、ひとつ先の「虹口足球場」(虹口サッカー場)で降りてすぐの魯迅公園から出発。桜がきれいに咲いていて迎えてくれました。あいにく公園は改修中で中深くは通行止め。お墓にはいけませんでした。ひたすら「魯迅記念館」を訊き歩いてやっと到達。すばらしい二階建てのミュウジアムでした。中も広々として魯迅ゆかりの品々の人形や銅像や映魯迅記念館.jpg像や写真、ナレーションで、多方面から偉大な彼の一生を紹介しています。訪れる人があまりないようだし、一生の簡単な紹介や、短い散文のナレーションは中国語ですが、分からないなりにまじめに座って一通り終了するまでじーっと聴きました。中国の朗読は深い抑揚で別世界という感じ。


「魯迅故居」へ向ったところでカメラの電池がなくなり、らしき店に入って訊いたら売ってくれましたが、×でした。カメラが壊れたもよう。やれやれ。「魯迅故居はどこですか?」って訊いたら、道の向かい側を指してニッコリ。いや、本当に何気ないところにあるので見のがしそう。

入り口でチケットを買う時「60歳以上ですか?」と言われ、パスポートを見せて半額の4元にしてもらえました。3階建てのレンガ造りで、あたりいったい同じような家が並んでいます。最期のベッドもそのままにしてありました。盛大な葬儀のフィルムを記念館で見ていたので、56歳の生涯をしみじみ感じさせます。

内山書店跡地の新華書店で上海と回りの省の地図を買って、近くの福建省の家庭料理みたいなところで5元で蒸し餃子らしきものの昼食。

ほぼ地下鉄の一駅間に散らばっている点と点を歩きつなぎ、足が限界状態を迎えて終了。80年も90年も前に日本人が大勢住んでたんだ・・・なんでどうしてそもそも内山完造だって、薬の販売員で上海に来たのです。もっと歴史を知らないといけないと思いました。遣隋使や遣唐使は学校で習うけど、近代史、特にアジアの歴史は私は勉強していないもの。本で知るより歩きながら知るタイプなので、恥ずかしきかな。


歩きながらもゲンのことが頭から離れないけど、魯迅先生の言葉をかみ締めよう。「地上本没有路 走的人多了 也便成了路もともと地上に路は無い、路を歩く人が多くなれば、それが路となる」。


330日】

Y630分に家を出発。上海虹橋駅から854分発の新幹線で南京へ。2010年にオープンした上海駅は巨大也。地下鉄を降りてから切符を買うところまでたどり着くのも大変だし、票(チケット)を買うのも列を作ってタイヘン。いちいち身分証明書が要るし、私たちの場合は切符にパスポートNO.を打ち込むので、とても時間がかかります。目の前で女性二人の横はいり。私たちの前にいた男性と大声の言い合いになり、「出張に行くのに発車の時間が迫っているんよおー!」というのが、堂々たる理由として述べられました。切符を買うのに大幅に時間とエネルギーをとられるのが、この巨大な駅のシステムの難点。

 南京まで139.5元なので、ざっと2000円くらい。2時間の乗車なので、時間的には名古屋から東京へいく感じ。まるで空港ターミナルのような待合で、まるで飛行機に乗るようにゲートの前で待つのです。ゲート通過にまたパスポート点検。たぶん私一人ではこの間の作業はクリアできなかったと思いました。悔しいけど。


 南京駅についてすぐ帰りの切符を買いました。予定の時刻の席はなく、やむなくグリーン車にして確保。突然蕪湖の学生たちをつれて広州や深センへ列車の旅をしたことを思い出しました。生涯であれほど過酷な旅をしたことはありません。45時間、硬座席ですわったまま広州に行ったのです。あそこでお弁当を買ったとか・・あそこで生徒が公安に捕まったとか・・・でも、あまりにも南京駅の様子が変わっていました。ただし、人は全く変わらず、当時のままの人々でした。民族性というものはそうそう簡単にかわるものじゃない。


 地下鉄で「西安門」駅近くの毘盧寺へ。21℃を超えて暑くなりました。門前の売店では蝋燭や線香はもちろん亡き人に送る紙のお金や服などのお供え物も売っています。寺の入り口の門構えも石で新しく造っていて工事中。中に入ると庭の真ん中に新しい大きな仏像が座しておわします。本堂へ入ると、メーテレの番組で見た千手観音の写真のパネルがみつかりません。小さなミニチュアの千手観音があるように思えたけれど、目の錯覚かしら時代はどんどん変っているんだなぁ。

 お坊さんに日本とゆかりの仏像のことを訊くと、「本堂の裏にありますよ」。あったけれど、それは伊藤和四五郎が贈った巨大な十一面観音の写真でした。大きく引き伸ばした写真の横に、仏像の来歴が掲げられていました。「我が中国台湾の檜で造られた・・・」・・・国が違うとこうなるんだ。中国・台湾・朝鮮などの歴史を知らないと、表現の中に微妙な政治、歴史、民族のプライドがしみこんでいることに気がつかない。勉強しなくっちゃ。私は何も知らない。


また地下鉄で南京虐殺記念館へ。「雲錦路」駅で下車して地上に出たら目の前にすぐ建物が現れます。駐車場には観光バスがずらりと並び、旗をもったガイドさんが一般市民を案内していたり、生徒たちが引率されていたりのごった返し。そこへパイナップル売りや、飲料売りの車がつっこんでいるので、買いたい時には便利だけど整然とは通れまへん。

記念館は3回目ですが、90年代末に生徒数百人を連れて行ったときは、見終わった女生徒(中国人!)泣きながら出てきたというエピソードがあったのに、今回はあまりにも派手な立派なミュージアムになっていて、映像技術を駆使したもので、見ている人が何を思っているのか、感じとれません。以前は幸存者の生の証言もしていたのですが、皆さん亡くなっていくので、すべてビデオになっています。素朴に命の尊厳や魂を感じるという雰囲気でなくなっていました日本軍がやったことをこんな建物の中で、こんなふうに展示されていることを、こんな風に市民は見ている。日本のトップの高圧な発言の度に、ミュージアムは立派になっていったのです。嫌日、嫌中を煽らず、言葉通り、素直に関わりあいたいんだけど。そして、抗日記念館は全国各地にあることを忘れてはならないでしょう。

記念館の片隅に作られた紫金草の花園。紫金草の花園は満開で、少女の像をみんなが撮っていたのは慰められました。鳩山元首相がここを訪ねたという掲示もありました。
 展示をじっくり見るには一日かかります。玄武湖の紫金草が見たかったけど、時間切れで南京駅へもどりました。


二等座より80元増しの一等座でゆったりしていてうとうとしましたが、途中で客と乗務員の言い合いが始まり目が覚めました。女の人がチケットの不正をして女性乗務員に問い詰められていたみたいだけど、乗客の女性の方が正当性を述べるためにものすごい勢いで車両全部に聞こえる大声で怒鳴っていました。日本だったら、『他のお客様のご迷惑になりますので、乗務員室へおいでいただけますか?』になるところだけれど、みんなの前で話してこその文化です。話さなくてもわかるでしょの文化はやっぱり島国のものかも。携帯電話は新幹線のグリーン車でも座席で大声でかけるものです。他のお客さまのご迷惑にはなりません。

夕食はデパートで日本の素うどんを食べました。昆布だしのきいた、さっぱりとした無口っぽいうどん。愛しいね。


331日】

袴田さんの事件など、認知症というか、長い間投獄されていた弊害が精神を病ませてしまった様子、本当に残酷な話です。いつ、誰がこんな目にあうかもしれませんが、冤罪がなくなるシステムが確立されてほしいです。冤罪で死刑になっている人たちを救う市民運動をしている人たちを心から尊敬します。

カメラは動かなくなるし、中国で使っているスマホで撮ったものもうまくパソコンにとりこめません。パソコンの起動が遅く、日本にいるときのようにパッパッと情報が得られないのが辛いけれど、そのことがどんなに我侭で贅沢なことか。ブログの更新が止まっているので、延安西路公園6.jpg心配メールをくださる方もあり、本当にありがたい。


駄目元で5つの出版社を選んで、ゲンの資料をそれぞれ日本から持って来たA4封筒にセットして宛名を書きました。すぐ近くの(何でもすぐそばにあります・・・笑)郵便局に持っていったら、航空便の料金を言い出すので、「国内ですよ。上海ですよ」と、にこにこ。何人か女性服務員が集まって笑って出版社への資料便1.jpgごめんなさいと言ってくれました。4元×520元。あーあ、さっぱりしたっ! 返事が来なくてもよし。たぶんこないでしょう。でも、出さないでこないのと、出してこないのでは意味が違う。これにて私の上海第一回戦は終了しました。


地下鉄一駅乗って、デパ地下のスーパーで買い物。私が持って帰りたい掃除道具は手動だけれども長い柄のついたモップがバケツの中でクルクル回ってひとりできれいになって、絞れるもの。たかがバケツとモップでも大特価で200元近い。専用のバケツつきだから、よほどの根性がないと日本まで運べないと思う。我が家ははいつくばって雑巾がけするよりしょうがないな。この床掃除のモップの実演販売をしている男性に中国語で色々聞いている若い二人の男性が時々日本語で話し合っているので、「面白いですね」と言ったら楽しそうに「面白いですね」。日本人には絶対面白い雑巾がけ器。

スーパーでも女性店員さんが大声で怒鳴っていました。ただし、これは喧嘩ではなくて業務連絡。たくさん食べるもの、これっくらいの大声ださなくっちゃ、消化しないよね。日本だったら、完璧にクレームがつくボイスレベル。八事朗読バンドのみんなを連れてきたら目をまるくするだろうな。大きな声を出せる人は小さな声も出せます。小さな声の人は小さな声しか出せません。どっちもTPOでレベル調整がしたいものです。


豆板醤やザーサイなど、本場の味を購入したけれど、お土産として喜んでくれる人いるかしら? 夕食は羊肉や茄子やジャガイモの薄切りやまんとうを薄切りにして串にさしたものを辛く味付けして焼いたものと、焼きそばをテイクアウト。それに隣の果物屋で買ったきゅうりやイチゴをどんぶりで添えて。食生活は本当に安くて豊か。


41日】

延安西路公園1.jpg午前中は最後の散歩をして公園の紫金草を楽しみました。2週間でずいぶん賑やかになっていましたが、写真は取れませんでした。お粥で最後の中国料理としていざ帰国。虹橋国際空港の場合は6駅くらいですぐつくのですが、浦東国際空港は万博の時に作られた新しい飛行場で、市内中心部からは遠い。特に家からは30以上の駅を地下鉄で乗り過ごして到着するので、まあ、中部国際空港へ各駅停車で行くみたいなものです。

 夜中10時半頃家についたらバラがキョトン。会えた会えた。嬉しかったです。

posted by Hiromi at 15:56| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする