2014年05月29日

懐かしいデザイン

 名鉄紙袋c.jpg友、隣国より来る。日本人です。「矢場とん」で名物の「わらじ味噌カツ」を食していたら、隣の客がきしめんを食べているのを見て、「帰国したらきしめんを作って食べたい」とおっしゃるので、名鉄百貨店の地下に行って山本屋のきし名鉄紙袋b.jpgめんを購入しました。その時、きしめんを包装紙で包んで、それを尚紙袋二枚重ねたものに入れて渡されました・・・と途端に私は大声を出しました「キャーッ! 懐かしいわぁーーそれ欲しい!子供の時こればっかり~~~」。友は飛行機に乗るのに紙袋は余分なので要らないと言ってくれたので、私は大事に大事にカラ袋を下げて帰宅しました。昔はもちろんこんな紙袋はありませんでした。だからちょっと異様ではありますが。名鉄百貨店創業60周年の記念の復活デザインなのでした。「♫あと5分、坊やのお土産名鉄で! 」。突然60年前のCMが口から飛び出しました。これが理解できる人は名古屋人であると認定します。繰り返し繰り返しテレビやデパートの買い物中に刷り込まれた音は体の中に入っているんものなんだなぁと思いました。国会の異様な答弁も何遍も聞かされると、やっぱり体に入ってしまいそう。 
 いや、真面目な話もしたのです。依然と続く日中の最悪な関係を。本の出版のあれこれを。


posted by Hiromi at 21:37| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

草取り

 町内の草取り。組長はペットボトルやごみ袋を良いタイミングでみなさんに配る係ですが、なかなかこれが難しく、間に合わなかったり数が不足してあわててまた本部へ山崎みいちゃん20140514.jpg取りに行ったり。やれやれ。私たちの通りは、アスファルトの割れ目から生える根性草をほじくり出すくらいで、家族で皆さん楽しくやって、たちまちピカピカの道路になるのですが、組の範囲であるもう一本の通りは、家が少ないので、ボウボウの草が道路にはみ出しています。さて、どうしたものだろう。
 それにしても昨日の映画が蘇り、夢のような幸せな町の光景だと思ったのでした。ご近所の草取りをしながらの話題は我が家の隣の猫のみいちゃんだったり。今日もロメオとジュリエットのように、ベランダの黒猫みいちゃんと私はおしゃべりをしたのでした。
posted by Hiromi at 23:55| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄の中のベトナム村

 昨日24日はKさんに「あいち平和映画祭」に誘われて・・・秘密保護法廃止の署名の活動に・・・3本の映画を見て、映画監督の講演を聞き、合間合間の休憩時間の署名も100人を超える人たちにお願いでき、やや詰め込みすぎの一日でした。アラ80のKさん、きっとお疲れだったと思います。
@「希望の国」。福島に続いて長島県でも地震によって原発事故。家族が壊されていく。
A「標的の村」。2012年の普天間基地ゲート前での22時間に渡る完全封鎖の闘い。
B「標的の村」三上智恵監督講演(1時間)
C「もうひとりの息子」18年前、湾岸戦争の混乱の中で取り違えられたイスラエル人とパレスチナ人赤ちゃん。
平和映画祭.jpg
戦争と原発の悲惨がまな板で切られ、鍋に入れられ、煮込まれて、四つの皿に盛られて、私の五臓六腑骨の髄まで染み渡る。
「標的の村」は、まったく報道されないシーンばかりで知らないことばかりでした。
 オスプレイの着陸帯が自宅のそばに建設されると聞いて、座り込んで反対した、東村・高江の人たちが「通行妨害」で国に訴えられるという、前代未聞の裁判や、ベトナム戦当時、襲撃訓練用の「ベトナム村」でベトナム人の格好をさせられて住民役をさせらた話は全く知らなかったので、もうなんと言っていいか・・・今回の3本の映画は全部アメリカと日本の議会で上映すべきだ! 
 三上監督のお話は、放送局のキャスターが作った映画だけに、撮った映像をどこまで使えるかという攻防が生々しく、同情にたえませんでした。沖縄にいた時、慶良間には行き、土地の人に直に集団自決のことを聞いてはいたけど、「沖縄の方言を使ったというだけで、あれだけの数の人たちがスパイとして殺される訳、ないでしょう」という監督の言葉にハッとしました。
 ゲートで対峙する警察と住民。ウチナンチュー同士。「あんたたちの誰かひとり、もう帰ろうって言えば、みんなおんなじだから、帰れるだろう」と警察に言う住民の言葉がずっと心に残っています。一体誰にこんなことにならされてるのだ!
posted by Hiromi at 06:37| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

言語の使用回数は意思を表す

 朝日社説高橋純子.jpgだんだん私の耳も目も老化してきています。今日も「憲法」を「魔法」と読み違えてしまいました。若い人はさすがにしっかりしていて気持ちがいいです。この朝日の記者の「1分半に1度かけられる命」という記事、目が、いや、耳が冴え渡ります。
(記事はクリックでおおきくなります)
さて、台湾のHさんとの本日のやりとりです。
私の押し付けがましい親切を装った売り込み??に対して、断りにくいけど断りたいという意思が滲んでいたので、Hさんに

メール 9行の中に
 @ご好意には感謝します。
 Aせっかくのご好意が
 Bご好意はありがたいですが、
 Cご好意には再度感謝します
とありました! と書いたら、

ひらめき
「馬英九総統は国慶節の談話のなで、“中華民族の利益” に、7度にわたって
言及するなど、台湾海峡両岸関係の改善に強い意欲を示しました」

「習近平中央軍事委員会主席は、10分間の演説のなかで”団結’という言葉を
18回使うなど、軍紀引き締めの姿勢を強調しました」

さあ、これからアベの何を数えましょう! 戦闘意欲が湧いてくるね。

 
posted by Hiromi at 06:35| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

バラバラバラ

 そこかしこの家の庭のバラの花に足が止まる季節。なんでこんなに妖しく美しいのでしょうね。友人と何気ないおしゃべりをしながら散歩した幸せ。パソコンや印刷機にばかり向かっていると、咲き匂う花や緑の風が宝物のよう・・・。
posted by Hiromi at 18:00| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぐれたぐら

 昨日21日は八事朗読バンド練習日。なんとか5人集まれました。出席できないメンバーがいるので、ちょっと心が痛いけど、全員の都合が良い日は見つけられず、日を決めています。まあぼちぼちが長続きかな。今日は芥川龍之介の「桃太郎」をテキストにして初見。大いに笑う。グレた桃太郎の話だと思えば良い。日本の政府もグレてるもんね。ただし本人はそう思っていない。自己中。

 台湾在住のHさんと知り合い、とても助けていただいています。めっちゃユーモアのある方で、今日送られてきた添付写真は「ぐれたぐら」。ぐりとぐら、ゴメンネって感じだけど、重苦しいときは、こうやって笑うのはいい。
 ぐれたぐら1.jpg
 大飯原発
*****************************************
東京電力福島第1原発事故後、安全性の保証をせずに大飯原発3、4号機(福井県おおい町)を再稼働させたとして、福井県の住民らが関西電力に運転差し止めを求めた訴訟で、福井地裁(樋口英明裁判長)は21日、現在定期検査中の2基を「運転してはならない」と命じ、再稼働を認めない判決を言い渡した。福島事故後、原発の差し止めを認める判決は初めて。
*****************************************
なにもかも市民としてはグレたくなる日本の政治だけど、やっぱりみんなで手を繋いでまっとうにあるかなくっちゃね。闘ってくださった皆さん、ありがとう。

posted by Hiromi at 05:41| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

思想を提供しない野性

 知らないうちに庭のヤマボウシに花が咲いていました。

 7月7日のテッカイの会の講演会の案内をせっせと作っていました。会員さんのうち、メールでも良いという方にはメールで流すので、残りの封筒組は70人程度だったので、先週、早々にやり終えていました。ところが同じ人に3通届けてしまうという大ドジをやってしまい、海より深くマグマのごとく反省して、名簿の整理を始めたのです。今まで主催行事に参加して記名してくれた人、カンパをくださった人などを洗いだし、全部記録してみたら、新たな名前と住所が208人も現れギョッ!! いかに私がたるんどったかであります。

 そこでまた案内状とチラシをコピーに行き、封筒を買い、82円切手を買い、封筒に差出人の印刷をし、宛名を印刷し、五十音図の上に一人一人切った宛名を乗せて、ダブリのないことを確認してから、糊で貼り付けて、切手を貼って、その封筒に印刷物を三つ折にしていれ・・・・うん・・・これだけではゴミ箱にポイかも・・・と思って、短いけど「若い学者の入魂の研究です。ぜひご参加下さい」と、肉筆のメモをひとりひとりに書いて入れて、セロテープで封をして・・・終わったぁ!  郵便ポストに投函するときの気持ち良さ!  でも、ふと気がついたら、丸4日ほど過ぎ去っていました。7月7日金曜日の夜。女性会館です。遠方の方は無理と思いますが、近くの方はぜひいらして下さい。学校では決して学習することのなかった、宗教と戦争の話です。

 毛丹青氏.jpgやっとフェイスブックのチェックをしていたら、神戸国際大学の毛丹青教授が16日に日本記者クラブで会見をしていて、youtubeにも上がっていました。1時間半もかかるのですが、全部見終わり、彼が「知日」という雑誌を上海で出していて、とても多くの若者たちに支持されている、その秘密を知りました。「思想を提供しない野性」という表現をしていたけれど、反日デモをした夜、ふとんに潜って日本の漫画を読んでいる若者たちの感性を揺さぶっているんだね。逆に「知中」は、ありえないでしょうということでした。日本人は古い中国ばかりに興味を持ちます。中国人の感性に働きかける文化を用いないとなぁ・・・とつくづく思ったのでした。それから、中国で出版しようとすると、国家の「書号」というコードが必要なんだけど、これも方法があるということが、ハーッキリわかりました。ストーンって音がするくらい分かりました。
 お暇がある方は1時間半、記者会見をご覧下さい。
posted by Hiromi at 20:15| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

妖怪的四弦とナショナリズム

 「ピースあいち」のマガジンを読んでいたら、友人のお母さんが、「戦時中に疎開で田舎の女学校に転校したら、戦争中にもかかわらず英語の試験があった」という不思議な体験を書いておられた。私も不思議に思って調べてみました。

 敵性語は法律で禁止されたものではなく、英語を軽佻浮薄として精神論的に排斥したものだった!! 高まるナショナリズムに押されて自然発生的に生まれた社会運動であって、圧力を受けた一般民間人の自己規制によって排斥された、戦意高揚運動のひとつにすぎなかった!!


  国民自身から「高等教育の現場における英語教育を取りやめるべき」と内閣総理大臣東條英機陸軍大将へ要求したこともあったそうですが、東條は国会で、「英語教育は戦争において必要である」として拒否しています。でも日本国内を覆っていた空気に影響されて英語教育は縮小して、中学校・女学校では英語が必修科目から随意科目(選択科目)へと変更され、授業数も大幅に減らされていたのです。これで、友人のお母さんの疑問に対する答えが出ました。


馬鹿馬鹿しい言い換えの一例

【飲食物】

「サイダー」→「噴出水」「フライ」→「洋天「カレーライス」→「辛味入汁掛飯」

芸名】

「海原お浜・小浜」 → 「愛国お浜・小浜」

【植物】

「コスモス」→「秋桜」「チューリップ」→「鬱金香」「プラタナス」→「鈴懸樹」

音楽

「サクソフォーン」→「金属製曲がり尺八」 「トロンボーン」→「抜き差し曲がり金真鍮喇叭」

「コントラバス」→「妖怪的四弦」

「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」→「ハ・ニ・ホ・ヘ・ト・イ・ロ・ハ 」


わーい(嬉しい顔)るんるんあはは! 

「ドレミ」の語源はイタリア語だよね。三国同盟じゃん。真に怖いのは、こうやって、仮想敵国を作って武装するナショナリズムだよね。それに自然発生的に煽られていく、私たち自身だよね。

posted by Hiromi at 05:53| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

憲法は最高法規ではなく、上に道徳律や自然法がある???!!!

12日の参議院決算委員会。自分で理解するために、めちゃ短く要約してみました。
*********************************************

参議院決算委員会2014512
登場人物 社民党福島みずほ/政府特別補佐人小松一郎/国務大臣小野寺五典/政府参考人武藤義哉/国務大臣岸田文雄


福島みずほ
 内閣法制局長官にお聞きをします。憲法九条は何を禁じていますか。

小松一郎

我が国に対する武力攻撃が発生したことこれを排除するために他の適当な手段がないこと必要最小限度の実力行使にとどまるべきこと。以上でございます。

福島みずほ

我が国に対する攻撃がない集団的自衛権の行使は、憲法九条によって明確に禁止されているということでよろしいですね。

小松一郎

憲法第九条は、外国からの武力攻撃によって国民の生命や身体が危険にさらされるような場合、これを排除するために必要最小限度の範囲内で実力を行使することまでは禁じていないと解されます。集団的自衛権は国際法上の概念で憲法には自衛権についての明文の規定はございません従来の政府の憲法解釈において我が国に対する急迫不正の侵害があることを満たしておらず、憲法第九条、許容されないということでございます。

福島みずほ

どうひっくり返っても、日本に対する攻撃がないわけですから、今、小松長官が明言されたとおり、集団的自衛権の行使はできません。イラク戦争のときに自衛隊はイラクに行きましたが、非戦闘地域、武力行使はできませんでした。防衛大臣、それはなぜですか。

小野寺五典

イラク特措法に基づき自衛隊が実施した、イラク戦争の空輸活動自体は武力の行使には当たらない活動と整理をしております。その活動の地域をいわゆる非戦闘地域に限るなど、他国の武力の行使と一体化することがないことを制度的に担保しており、憲法第九条
との関係での問題がないという整理で実施いたしました。

福島みずほ

憲法上のたががはめられているわけです安保法制懇というたかが総理の諮問機関が決めれば幾らでも解釈改憲でできるような、それは国会を、戦後の日本政治を冒涜するものだと思います。「この国を守る決意」という、2004年に総理が書いている本で、軍事同盟は血の同盟だ、日本の若者も血を流せ、でないとイコールパートナーとなり得ない表明しているわけです。血を流せって。人が死ぬということで、殺し殺されるということなんです


小野寺五典

防衛当局の役割というのはそれぞれの国家国民を守る前提となるのは、紛争を起こさない、紛争を未然に防止する、そのために各国はそれぞれの防衛力を整備し防衛抑止に努め、そしてまた防衛当局の対話を進めるということが基本的なスタンスだと思っております。

福島みずほ

日本が戦争するときは、自衛隊だけではありません、看護師さんやいろんな人たちも行くでしょう。戦争する、人を殺すことが間違っているという社会から、たくさん人を殺すことが正しいという世界にこの社会が変わるわけです。大変なことを閣議決定だけでやろうとしていることは、憲法破壊で許せない


小野寺五典

 一般的に武力の行使に至る場合には、いわゆる行使の三要件というのがあります。集団的自衛権も含めた議論については、今安保法制懇を含めて議論されていると承知している。

福島みずほ

421東京新聞。北岡伸一座長代理がびっくり仰天する発言です憲法は最高法規ではなく、上に道徳律や自然法がある、憲法だけでは何もできず、重要なのは具体的な行政法、その意味で憲法学は不要だとの議論もある、憲法などを重視し過ぎてやるべきことが達成できなくては困る。防衛大臣、いかがですか。

武藤義哉

 北岡座長代理が個人として御意見を述べられたもの政府としてお答えする立場にはございません。

福島みずほ

憲法の上に総理大臣がいるのではなく、憲法の上に政治があるのではなく、憲法の下に政治があるんじゃないですか。おかしいじゃないですか。憲法を無視していいと言う人が安保法制懇をやっているんですよ。そして、この報告書を有り難くもらうんですか。憲法尊重擁護義務違反です。第一次安保法制懇、第二次安保法制懇で、集団的自衛権の行使は違憲だという人は一人も入っていないということでよろしいですね。

武藤義哉

外交防衛政策に関する実務の経験者、それから政治、外交、憲法、国際法等の学界関
係者、経済界の民間有識者、そういった幅広い分野の代表の方々に参加をしていただ
いて適切な方を選ばせていただいているところでございます。集団的自衛権の行使は違憲であるという御見解を表明された方はいないと承知しております。

福島みずほ

総理が右向け右と言えば右の人ばかり呼んだのが安保法制懇なんです。この私的諮問機関をそんなに有り難がる必要は全くない。山本長官の首をちょん切って、なぜ次長が長官に昇格せずに、小松長官を据えたのか。安倍総理は、全部お仲間じゃないですか。自分に反抗する人間、自分と同じ人間じゃない人間は排除して、首をすげ替えて、そして自分のやりたい血の同盟、血を流せ、集団的自衛権の行使容認のためにやっていると。安保法制懇は24日が最後です。3か月以上、一切議論していないんですよ。3か月間何にも議論していなくて、何で報告書ができるんですか。


武藤義哉
 委員の間で連絡を取って詰めの議論を行っていただいているところでございまして、今週にも懇談会から報告書を提出していただく予定でございます。

福島みずほ

会議って、取締役会もそうだけれど、全員いなくちゃ議論できないじゃないですか。報告書はできているんですか。どうやって議論詰めているんですか。

武藤義哉君

 委員の間で連絡を取り合っていただく等して詰めの議論を行っていただいているところでございまして、我々もそれをサポートさせていただいているところでございます。

福島みずほ

 じゃ、2人か3人で議論しているとして、役所はそこにコミットしているんですか。こういうことを議論しているという提案が文書で出るんですか。会議開いていない、議事要旨もない、6回しかやっていないんですよ、こんな憲法破壊のことをやるのに。事務局はその議論を知らなくてどうやってまとめるんですか。この報告書は誰が起案しているんですか。座長代理ですか、事務局ですか。


武藤義哉

 個別具体的に誰がということは、ちょっとお答えを差し控えさせていただきます。

福島みずほ

議事録もない、議事要旨もないんですよ。ばかにするなと言いたいですよ。国会、ばかにするなですよ。こんな最も重要な戦後の根本を変えるかどうかというときに、委員が連絡を取り合ってというのは何ですか。北岡さんは、集団的自衛権行使における5要件を言っています。これは、

@日本と密接な関係にある国が攻撃を受けた

A放置すれば日本の安全に大きな影響が出る

B当該国から明確な要請がある

C第三国の領海通過には許可を得る

D首相が総合的に判断して国会承認を得る

つまり放置すれば日本の安全に大きな影響が出る、これはどう解釈できるんでしょうか。

武藤義哉

政府としては、報告書を待ちたいというふうに考えてございます。

福島みずほ

この5要件、議事要旨全部読みましたけれども全然出てこないんですよ。どうして彼は勝手にこんなことを話すことができるのか。しかもこの要件、どれも何の歯止めにもならない放置すれば日本の安全に大きな影響が出る、これ何とでも解釈できるじゃないですか。この要件について事務方は一切知らないんですか。

武藤義哉君

 それについて政府としてコメント申し上げることは控えたいと思います

福島みずほ

 この3か月間、開かれていないんですよ。謝金も払われていないんですよ。でも、北岡座長は憲法なんか無視していいというすさまじい発言日本の自民党政治が壊れるんですよ。戦後の重要なこの国の在り方を壊すのかどうかというのに、事務方は把握していないというのもおかしいじゃないですか。実際行う集団的自衛権の行使は、まさに自衛隊が海外に行って戦争することなんですよ。全部ぐるで、全部でたらめで、全部インチキで、そして誰もチェックできないのがぼこっと出て、それを恭しくもらったふりして閣議決定するんですか。憲法に関わる、戦後の日本にとって重要なことです。

砂川判決は一切集団的自衛権の行使とは関係ありません。これはアメリカ駐留がどうかという問題であって、これから集団的自衛権の行使を引き出すという憲法学者、法律家の見解、政治の見解、自民党政権における見解、一回も聞いたことがありません。最高裁の判決を出す前に長官がなぜ大使のところに行って判決の見通しが言えるんですか。これは最高裁の最高の汚点の判決ですよ。恥を知れというか、おかしいですよここまで公文書で明らかになっている砂川判決、何で根拠とできるんですか。

小松一郎

 いわゆる自衛権発動の三要件を充足する場合を例外として憲法第九条は武力の行使を禁止しているという従来からの憲法、政府の見解の基盤にある基本的な考え方と軌を一にするものであると考えてございます。

福島みずほ

砂川判決が出たとき、それ以降も政権、自由民主党政権は、集団的自衛権の行使はできないというのを一貫して言ってきました。前提が違うということが一点。二点目は、砂川判決は極めて最高裁が最も汚点とすべき判決であって、白日の下に資料によって明らかになっているわけです驚くべきことに、第一次安保法制懇も第二次安保法制懇も砂川判決を資料として添付しているんですね。砂川判決を理由に、合憲などできません。
 日米安保条約5条は日本の施政下における共同行動を規定しているわけですから、公海上であればアメリカも日本が攻撃をされているときに日本を守る義務はない
ということでよろしいですね


岸田文雄

日米安全保障条約五条に基づきますと、我が国の施政下にある領域におけるいずれか一方に対する武力攻撃が発生した場合、自国の憲法上の規定及び手続に従って共通の危険に対処する、このように規定をされています。日米安保条約上は、我が国の施政下にある領域と定めております。

福島みずほ

結局、公海上でアメリカが攻撃されているときに日本が守らなくていいのかといいますが、アメリカも公海上は日本を守る義務はないんです、日米安保条約上。日米安保条約は、憲法上、そして5条の規定からは、まさに集団的自衛権の行使は容認できないということを前提としています。まさに日米安保条約の改定が、集団的自衛権の行使を認めるとすれば改定が必要である、そして日米安保条約にも反しているということを強く申し上げ、質問を終わります。
*********************************************** 

posted by Hiromi at 11:21| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月13日

足が出てるけど、顔を隠しているモノで一目瞭然の秘密法

 テッカイの会の会議。主に結成2周年の7月7日の行事について。私は分厚い「皇道仏教と大陸布教」がまだ読み終えてないです。なぜかと言うと、「一殺多生」などと言って宗教が戦争を肯定していく道をたどるにつけ、気分が滅入って読み進めなくなるからです。でも、読まなくっちゃ。宗教って何?

 新しい女性会館はまだ手順が慣れません。施設の借り料が今月は登録団体扱いで半額。来月は一般扱いで料金が2倍になりました。なぜなら、昨日登録団体の申請書を出したから。(でも、申請書は不備で書き直し)。理解不能の矛盾があるけど、ここで開示請求黒塗り.jpg闘うエネルギーを節約することに。本当に名古屋を拠点とした活動をしているかどうかの審査のために活動記録を出さなくっちゃいけないので、今日はそのまとめに精を出しています。市長の発言を問題にしている会だし、もう2年間、ほぼ女性会館で活動してきているので、ご理解いただきたいのだけど。思えば、あらためて審査する方も大変でしょう。審査は厳しいそうです・・・。これで登録団体に認定されなかったら、そのときは、理由が大問題になる・・・と思うから、多分大丈夫。

 さて、ハルペリンさんの講演や日本記者クラブでの会見の様子はyoutubeでたくさん見られます。
そして、様子はHPにアップされていますので、私はブログに記録するのを手抜きします。で写真だけ、愛知秘密保全法に反対する会のHPからとりました。だって、今度は足だけが出演してるもの。いやいや、私が持っているものが一番大切。情報の開示を国に迫ると、こんな風に真っ黒塗りなのです。相変わらずです。秘密保全法に反対する 愛知の会(特定秘密保護法に反対)のブログ↓。

 この法律がなければ、外国から情報を得られない」という説明は間違っている。1966年からアメリカ政府の中にいて日米関係の問題にコミットしてきた。機密情報を日本政府に渡したこともある。「この法律がなければ……」ということはあり得ない。
・・・・と、ハルペリン氏は明言しました。


posted by Hiromi at 11:28| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

IWJで今日の講演会が聞けます

ハルペリン氏講演会.jpg名古屋学院大学白鳥学舎翼館のクラインホールで、「秘密保護法の廃止を求める講演会  秘密保護法と国際人権基準(ツワネ原則) 」。
モートン・ハルペリン氏の話、メモしたのですが、本日はただいままぶたがくっつきそうなので、写真だけにとどめます。IWJで生放送していました。http://iwj.co.jp/wj/open/archives/139302  私は8分過ぎに手が出演しています。前の方に座ろうと思ってHさんと歩いていたら、突然捕まって、仕事を命じられました。母の日2014.jpg

 
 今年も母の日のプレゼントが届きました。ありがたいです。感謝。
posted by Hiromi at 22:19| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

元アメリカ政府高官 日本の秘密保護法は不要だ

ハルペリン氏沖縄タイムスa+b.jpg 強い願いを持つこと。それが始まりということをしみじみ感じる、ここ一ヶ月。特に何という成果を上げているわけではないけれど、暴発を撃っても、それが不思議な望発になっている。人は願いによって動かされて行くのだと、この歳になって確信できました。響いてくださる方々に心から感謝しています。

 日本の政府は「憲法を守る」という強い願いを持っていないのだと思います。アメリカに嫌われたくないという浮遊の願いだけ。明日はハルペリンさんの講演を聞きたいと思っています。誰でも予約なしで入場できます。参加費1000円。                       (新聞は沖縄タイムス。クリックで大きくなります)
************************************
5月11(日)13時半から16時30分
 講演会「秘密保護法と国際人権基準・ツワネ原則」(名古屋)
 名古屋学院大学白鳥学舎翼館 クラインホール
★講師のハルペリン氏は、元アメリカ政府高官で、沖縄核密約にアメリカ側で関わった経験をお持ちです。実際に機密を扱っていたハルペリン氏の体験に基づき、「これまで秘密保護法がなくても安全保障交渉に支障はなかった。
 日本の秘密保護法は不要だ。」「秘密指定のチェック機関が重要」と発言されています。
posted by Hiromi at 22:22| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

丸くなっちゃったらダメ

中日0508a+b.jpg★今朝の中日新聞トップ。首相在職中にこんなニュースがあったら・・・
実り多い活動にならんことを。白髪と白髪でも若者が加わっていけば黒髪にはなれないけど元気がでる。
赤+黄.jpg

タイの憲法裁判所が首相をやめさせたことにみんなびっくりだよね。赤組と黄組の闘いはまだまだくりかえされるのかしら。同じ色の友達ばかりの三権赤+黄+橙.jpg不分立じゃなくて、みんなが違ってても噛み合うところをみつけあって、一つの国になりたいね。日本も同じと思う。
ぼくを探しに.jpg
 こんなこと考えていたら、シルヴァスタイン作『ぼくを探しに』って絵本を突然思い出しました。
 自分はまん丸じゃないので、ピッタリ自分のかけているところにハマるかけらを探す旅に出るんだよね。でも苦労してぴったりのかけらを見つけたら、今度はコロコロ道を転がりすぎて口も塞がってしまって、楽しい歌が歌えなくなっちゃった。それで最後はそのままの欠けたままの自分に蝶蝶がとまっている姿が幸せそう。そんなものかも知れない。国家が探すものも、そんなものかも知れない。丸くなっちゃったら大変なのだ。
★明日、5月9日(金)14時 大飯原発3・4号運転差し止め仮処分裁判の決定(判決)
大阪地裁正面玄関前 14:15:旗出し・・・
★5月5日の「特定秘密保護法に反対する学生デモ」東京・新宿柏木公園から新宿-駅周辺をサウンドカーを先頭にデモ行進 


posted by Hiromi at 22:59| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

南京スタディツアーのご案内

 家に篭り、日々台湾に燃えています。
さて、南京スタディツアーのご案内です。旅行日程は8月14日(木)〜20日(水)。これまで、小中学生から88歳の方まで多くの市民の皆さんが友好訪中団に参加しているそうです。教科書にも正確に書かれなくなった南京大虐殺ですが、南京をはじめ中国各地で日本軍が何をやったのかを、現地でご自身の目で、生涯に少なくとも一度は、その惨状をしっかり確認することが、人として、あるいは日本人として大事なことではないでしょうか。 申込期限:市民の方は7月11日(金)  旅行代金:166,000円

ツアーを主催する松岡環さんは、テッカイの会の会員さんでもあり、先日の観音様の集会にも大阪から参加しました。

 加害兵士102人の証言集『南京戦・閉ざされた記憶を尋ねて』は、一万冊近く増販され、2003年には、日本ジャーナリスト会議からJCJ賞を受賞しました。又、南京大虐殺の被害証言集『南京戦・切りさかれた受難者の魂』(社会評論社)120人の被害者の証言を検証して出版しています。


***********************************************

第29次「銘心会南京」友好訪中団スタディーツアー  中国 友好と歴史の旅 

こんなことがあったとは思いもよらなかった、そして感動!


 中国は、経済的に著しい発展をし、国際的にも大きな影響力を増してきました。近年、日本と中国との関係は、歴史問題と領土問題などでギクシャクしています。しかしそれは、根っこに本来解決されるべきであった1945年以前の長期にわたる中国やアジアへの侵略戦争の責任と後始末が十分されてこなかったことが問題として、今もなお噴出しているのです。

 天皇の軍隊は、特に中国の一般大衆に甚大な被害と災害をもたらしました。残念なことには、日本では今に至っても心からの謝罪と補償、次世代への警鐘となる教育が行われていません。多くの日本人が知らなくとも、住民虐殺の現場ではいまだに生存者や家族、近隣の住民によって日本軍の行った残虐な事実が語り継がれています。

 私たちは民間の団体として、日中の歴史認識の隔たりを少しでも埋め友好を築くために、中国に出向き、歴史研究者の案内で戦争被害の現場に立ち、生存者の証言に耳を傾け、日本では知ることのない歴史事実を学んでいます。またその他にも、1996年以来毎年日本に招請して南京大虐殺を証言して頂いた生存者たちとの食事交流会と家庭訪問、南京大学生との座談会も企画して、中国市民との交流をしています。

 こんな貴重な体験と感動ができるスタディーツアーに、みなさん、ぜひご参加ください。担当松岡電話:090−9986−0972

「銘心会南京」友好訪中団の日程―2014年8月14日(木)〜20日(水)

◎ 訪問地:中国南京市、河北省刑台市、邯鄲市、上海市

◎ 学生特典:大学生限定。本年も大学生3名を以下のツアーに招待し、中国大学生との交流をします。希望者は、応募理由をA4版1000字以内に記述し学生証コピーも下記にファックス06‐6628‐8172か mtoktmk@bird.ocn.ne.jpへ。学生援助費用はすべて篤志家のカンパで行っています。大学生費用は5万円+燃油価格と税など。中国現地参加の大学生の場合、費用は必要ありません。

***********************************************

posted by Hiromi at 09:56| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

1人5月3日

 夕方洗濯物をとりこんでいたら電話が鳴るので、慌てて玄関へ駆け込み受話器をとると、台湾からの電話でびっくり。ジャーナリストのHさんが心寄せてくださったのでした。本当にゲンは人と人を奇跡で繋いでくれる頼もしい子!  今日は、私は1人で5月3日の精神を実行しました。
posted by Hiromi at 20:33| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

和尚打傘

 洛陽から3人のお客さんです。私の友人である、名古屋在住の息子Sさんを訪ねての観光???の一環です。いやいや、観光に来て、なかなか日本人の一般家庭をのぞくことはできないので、とても珍しがってもらったと思います。とても明るいパパで、話が弾みました。
 私が河南省に取材で行った時、前年の2000年のクリスマスに、ダンスパーティが開かれていたディスコで死者が400人出た話が印象深かったので、話題にしたら、なんとSさんのかんぱーい.jpgお母さんも、その日にホールへ誘われていたそうで、何かの都合で行かず、誘った人たちは亡くなったそうです。もし奥さんが亡くなっていたら、その後寂しい人生であったでしょうねと、話を進めたら、「天が決めたこと」と仰る。天が「まだ生きてやることがあると判断したのです」と言うことになります。こういう考え方は私も同感する部分がかなりあります。

 事典を紐解けば、毛沢東は文革の最中、エドガー・スノーに、「私は『和尚打傘』だ」と言ったそうです。これを、同行の通訳が文字通り「傘をさす和尚」と訳し、「破れ傘を手に雨の中を一人行く孤高の僧侶」という話になって世界に広まったそうです。でも、この『和尚打傘』は、「おれ様のやりたいようにやるだけさ」という意味で、「和尚」だから「髪の毛がない」=『無髪』。『髪』の発音が『法』に通じることから、『無髪』→『無法(法がない)』。傘をさせば、空(天)が見えないことから、『無天(神がいない)』。つまり、「毛沢東」と掛けて「傘をさす和尚」と解く。その心は『無法無天(法もなければ神もいない→やりたい放題だ)』ということだったのだそうです。

 話は戻って、夜、息子たるSさんからのメールに、「父が想像以上の深い交流ができて、日本に対する考え方が変わったと言ってくれてとても喜んでいます」と、ありました。それを読んで私もとても嬉しかったです。先日上海で買ったザーサイ、最後の一つが残っていたのでテーブルに出したら、「昨日、酒の肴にスーパーで探しても見つからなかったので嬉しい!」と満面の笑顔。帰り際に、残ったザーサイを袋に入れ直して、お土産にしたら、大笑いされて、夜、やっぱりみんなでそのザーサイを食べながら、今日の話をしているとのことでした。

 気取ることはない。恐れることもない。私たちは平和憲法のもと、交流すれば良いのです。互の国を恐怖とみなすことが、戦争への準備になるのです。抑止力なんていりません。必要なのは交流力です。和尚打傘のトップは必要ないと思ったのでした。

posted by Hiromi at 21:21| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

貸室調整会

 0501イーブル名古屋貸室調整会.jpgイーブル名古屋の貸室調整会でした。使用したい月の2か月前の1日に出向いて申し込むのです。なにせ130グループぐらいが集まって、借りたい日の借りたい部屋がかち合わないよう、調整する。それを9時からと10時半から2回繰り返すのですから、もうテンヤワンやです。「ネット予約の方法があるのに、どうしてこんな馬鹿馬鹿しい方法でしかやれないのだぁ! 」という意見、「余分なことはいいので、はやく進めてください! 私はこれから仕事に行かなければなりません!」とかの意見も飛び交って、職員さんも大変。4月に組織も職員も全部変って、それはそれは大変です。
 幸い、1回目も2回目も私は目的の部屋がどこのグループともかち合わず、テッカイの会の2周年記念講演は7月7日の夜、第一希望の第研修室(150名)でやれることになりました。

Tさんと待ち合わせて、又ブラッスリー・クーでランチ。実は店のブログでシェフが紹介していたポトフが食べたくて「お鍋の底に焦げ付いているのでもいいからなーい?」って訊いてゲラゲラ笑われました。シェフ、頑張っています。店はたいてい満員で、まだつぶれていません。叔母さんは宣伝隊長に任命されているので、せっせと食べて太りゆく春なり。餌食にされる私の友達たち、ごめんね。
 帰宅後は明日の自宅ランチに3人のお客様を招待しているので、買い物やら下準備に忙しい也。食事を友とするのは最高の幸せなり。

 メーテレの今日の「憲法」シリーズは、若い人たちの取材でした。右翼にもしっかりインタビューしてますし、我らが秘密保全法に反対する会の若き女性弁護士もしっかり意見を述べていました。ただ時間が余りにも短い。しっかり特別番組でもやって欲しいテーマ。
posted by Hiromi at 22:09| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする