2015年01月31日

真実という武器。

衝撃的なブログを複数読みました。
オバマが皆に知られたくない、「イスラム国」に関する26の事実
Twenty-six Things About the Islamic State (ISIL)
that Obama Does Not Want You to Know About 
ミシェル・チョスドフスキー   Michel Chossudovsky
Strategic Culture Foundation 2014.11.19  
(原文はGlobal Research 2014.11.19に掲載)


 ひっかかることを調べていくと、暗くなりすぎ・・・又、不気味で・・・ でも、真実は知っていたい。
posted by Hiromi at 16:46| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月30日

2015名古屋春節祭

 雨。めっちゃ寒い。今日から栄の久屋広場で2015名古屋春節祭が始まりました。映画のチラシを届けに、11時からの式典より1時間ほど早く出かけ、まず日中文化協会のブースでお願いのご挨拶。それから日中友好協会愛知県支部にも回ってお願いご挨拶。それぞれ数百枚のチラシを引き受けてくださってるのですから、ただただ感謝です。

 時間が早く色々なブースもまだ開いていないので、向かいの松坂屋に入って巡る。幼児用品なんぞについつい目がいくのだけど、素適だなぁと思って値札を見ると、数万円の服や靴にため息が出て、“後藤さん”を救うための必死の署名をしたばかりのその手で値札をひっくり返しひっくり返し見ている自分の感性って乾性だなぁって、うしろめたい気分にもなるのでした。

 雨の会場ではスタッフがとても頑張っていました。縁の下の力持ちって95%ぐらいいると思うなぁ。
今年は第9回の開催ですが、過去の春節蔡の様子は・・・

名古屋春節祭り3.jpg名古屋春節祭り1.jpg実行委員長は雨の中、傘もささないでインタビューを受けていました。カメラは中国のテレビ局。今年は有名な歌手、李玲玉や程琳が招かれています。私の隣に座っていた中国人の若い女性たちは、もうキャーキャー言いっぱなし。握手してもらって興奮していました。私は椅名古屋春節祭り5a.jpg子に置かれたカイロをせっせと体にを貼って、ただただ出演者が気の毒だと思っていました。傘さして歌う歌手って初めて見たような気がします。明日、明後日は晴れるらしい。大勢の参加者がありますように。名古屋春節祭り2.jpg

 名古屋春節祭り7.jpg近くの名古屋国際ホテルのレセプションにも招かれているので、駆けつけて立食パーティでオヨバレしてお腹いっぱいなのに、やっぱり久屋公園に戻って、 羊肉串を1本食して満足。好物の干豆腐のサラダを買って帰宅。命の危機に直面している人がいても、胃袋の要求に従う自分がいます。

干豆腐サラダ.jpg 羊肉串.jpg

     
posted by Hiromi at 21:30| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

デトックス朗読バンド

 今年最初の八事朗読バンドの練習日。出席6人でした。最初にテレビ朝日が12月21日に放送した「約束の笑顔」(1時間10分)
の録画を見て、皆で泣いて泣いて・・・。豊田市のTさんは昨夏ALSで46歳で亡くなったのですが、この難病の研究が進むことを願って被写体になってずっと取材を受けていたのでした。取材したのは、彼女の従姉弟。我が家の友人夫妻の息子さん。Tさんは延命措置を拒否して、自らの葬式を友人達に託し「笑顔の約束」をします。友人葬は約束通り笑い声で包まれたすばらしいものでした。本人が皆さんへの感謝とお別れの言葉を述べるビデオ。これは究極の朗読です。テクニックもへちまありません。「伝える」ということの極みでしょう。バンドのメンバーの半分以上が豊田市の隣接市在住なので、その感想も凄い。
 「あーっ、あの先生、今母が見ていただいている先生よーっ。いーい先生なのよー」
 「あの病院実家のすぐ近くなのー」
 「私の友人の家族もALSで・・・」
もう、みんなボロボロ泣いて泣いて・・・。

 その後、ガラリと雰囲気を変えて、「次の質問に答えなさい」の私の特製テキストの朗読をしたのだけれど、又泣いて泣いて、笑いすぎで転がりながら泣いたのでした。後から「今日のバンドは泣いて笑って、いいデトックスになりました」とメールが来たので、私は「デトックス」を辞書でひきました。体内に溜まった毒物を排出させることであるということは、みんな毒物が溜まってるんだね。泣こう!  笑おう! というわけで、八事朗読バンドはデトックス朗読バンドになりつつあるのでした。
posted by Hiromi at 21:33| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラサナ・バティリさん

フランス国籍を.jpg  フランスのフランソワ・オランド大統領に届けるための、change.orgの署名がまわっています。パリのスーパー襲撃事件で人質をかくまったラサナ・バティリさんにフランス国籍とレジオンドヌール勲章を!というのです。内容は・・・
*************************************
 スーパー襲撃事件の際、店員として居合わせたマリ出身のイスラム教徒であるラサナ・バティリは、犯人が突入してきた時店にいたユダヤ人の客15人を店の冷蔵庫にかくまい、命を救ったのです。彼はフランスのテレビ局BFMTVの取材で、次のように語っています。「私は冷蔵庫に行き扉を開け、たくさんの人が一緒にその中に入りました。私は皆に落ち着いて、物音を立てないように言いました。」こうやって、多くの人質が瞬時に殺害されることなく生き延びられたのです。
 彼が店から脱出した時、警察は、黒人である彼をテロリストの仲間だと勘違いし逮捕し1.5時間の間手錠をかけたそうです。警察がその勘違いに気づいた後、彼は警察に対して店の見取り図を説明し、警察の突入を手助けしたとのことです。
 この24歳の若者は、不当な扱いを受けても謙虚にこう語りました。「私はイスラム教徒です。店の倉庫でお祈りもしていました。そしてユダヤ人を助けました。なぜなら、私たちは兄弟なのです。これはユダヤ教、キリスト教、イスラム教の問題ではありません。私たちはみな同じ船に乗っているのです。」
ラサナさんのような等身大のヒーローこそ、私たちフランス社会のこれからのロールモデルです。国籍を持たずにフランスに降り立ったこの若者は、ユダヤ人向けスーパーで職に就くことができ、そして今回15人のユダヤ人を助けたのです。
 彼のストーリーから、私たちは多くのことを学ぶことができます。黒人に対するステレオタイプが原因で、警察は1分1秒を争う状況で1.5時間も無駄にしてしまったこと。それ以上に、ラサナさんのような若者の示した相互理解こそが、今の状況を乗り越える大きなヒントとなるのではないでしょうか。
このような理由から、私はフランソワ・オランド仏大統領に、ラサナ・バティリさんにフランス国籍とレジオンドヌール勲章を付与することを求めます。
*************************************
 彼は国籍は既に与えられたそうです。勲章より国籍だけで彼は充分満足しているのではと思います。ここ何日か、新聞を読むのが怖くて辛くてたまりません。いえ、ずっとずっと前からこの怖さは続いていたような気がします。ラサナ・バティリさんのような謙虚な気持ちをみんなが持ったら、残酷なニュースはなくなるのに。みんなの祈りがとどけ!! 私は祈るしかできない署名をしました。
posted by Hiromi at 16:30| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

JVJA緊急声明

1月26日の、JVJA後藤健二さんの解放を求める緊急声明



posted by Hiromi at 09:53| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

パグパイプ

♪「ぞうれっしゃがやってきた」の公演に名古屋市教育センターのホールへ。一人で静かに座っていたら、聴き慣れた声で振り返れば、イラク、名古屋南京の音楽会などで一緒に活動したKさん!一人ななめの真後ろで、びっくり。名古屋南京記念音楽会の時の副実行委員長の藤村さんの代表作の作品ですからね。2015日本のうたごえ祭典は愛知で行なわれるのですが、11月22日に日本ガイシホールで5000人のぞうれっしゃの合唱をする計画だそうです。伴奏は吹奏楽。
 実は、ぞうれっしゃの公演はもう幾度となく見ているので、今日もいつもと一緒かなぁと思って出かけたのですが、2部構成で、1部が合唱、独唱、ホルン独奏、ホルンとフルートの重奏と心地よく、特にスペインのバグパイプの演奏は初めて聴いたので、とても印象的でした。Koji Koji Moheji さんという日本人離れのした演奏と、ディアポロのパフォーマンスに幸せな気持ちになりました。
 ぞうれっしゃの時も、客席から手回しオルガンで現われ、なかなかのムードメーカーです。ピアノ・ホルン・トランペット・パーカッションという贅沢な伴奏つきのぞうれっしゃは、たしかに新鮮で、3~4歳の子ども達もコーラスをするのですから、胸キュンのステージでした。終演後ロビーで義姉に会ったので「進化してるねえ!!」とエールを送りました。

バグパイプって、袋(bag)と管(pipe)を合体させた楽器なんだって。口に咥えた ブロー・パイプで袋に息を吹き込んで、左脇に抱えた袋から4本のパイプに空気を送り出して音をだすのね。あーぁ、知らなかった! 毎朝マッさんで流れているのは、スコッとランドのバグパイプだそうで、Koji Koji Moheji さんのものは、スペインのもの。これを演奏するプロは、日本では彼ひとりだとのことでした。よほど音色に魅せられたのでしょうね。

 行きも帰りも地下鉄の電光掲示板ニュースが気になってしかたがありませんでした。Kさんと同じ歳くらいの後藤さんのお母さんの姿がしっかりされてはいても憔悴しきっておられ、たまりません。ただただ助かって欲しいと思う母心。

 バグパイプやディアボロのユーモラスなパフォーマンス。合唱や独唱、独奏を聴きながら『あまりにも違う・・・』と、シリアを思ったのでした。こんな音楽、こんな大道芸が楽しめる安全が、かの国に訪れますように。
posted by Hiromi at 21:33| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

We aren't Abe

 youtubeの英語の映像音声を、高世さんが翻訳され、ブログに書いています。なんという残酷な・・・。もう身代金の要求はなくなったけれど、今度は囚人の交換だという。これが行なわれたとして、後藤さんが助かったとしても、後藤さんの家族はもちろんのこと、私たち日本人に残るPTSDは強烈です。“I'm not Abe."なのに。いや、“We aren't Abe.”なのに。
*************************************
  「私は後藤健二です。これは、イスラム・カリフ国で殺害された私の同房の仲間、ハルナの写真です。あなたがたはタイムリミットのある警告を受け、私を捕えている者たちはその警告の言葉に従って行動した。安倍、あなたがハルナを殺した。私を捕えている者たちの殺害警告を真剣に考えず、72時間以内に行動しなかった。
 愛する妻、リンコ。愛している。二人の娘に会いたい。安倍が私に関して、同じことをしないようにしてほしい。あきらめないでくれ。あなたがたは、私の家族、友人、独立プレスの仲間とともに政府に圧力をかけ続けてほしい。彼らの要求はより簡単になった。公正なものだ。彼らはもはやお金を要求していない。だから、あなたがたはテロリストに資金を提供することを心配しなくてよい。彼らの要求は、獄中にいるサジダ・アルリシャウィの釈放だけだ。シンプルだ。サジダを彼らに引き渡せば私は解放される。いま、これは可能に思えるし、政府はすぐそこにいる。
  その方法はこうだ。皮肉なことに、政府の代表たちは、サジダが囚人とされているヨルダンにいる。私の命を救うのがいかに簡単か、今一度強調しておきたい。彼女をイスラム国に引き渡せば、私はただちに解放されるのだ。私と彼女の身柄交換だ。
  リンコ、これが私の最期になるかもしれず、殺されるかもしれない。これが君が聞く私の最後の言葉にならないようにしてほしい。安倍が、私まで殺さないようにほしい。」
*************************************

posted by Hiromi at 06:03| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

 JVJA の声明

 イラク派兵違憲訴訟の頃、よく講演にお招きしたジャーナリストの皆さんが名を連ねる日本ビジュアル・ジャーナリスト協会http://www.jvja.net/ の声明が3ヶ国語で発表されています。ISの目にとまれ! いや、日本政府、あらゆる手段をとって、人命救助第一にって言ってる日本政府!! 映画の場面を見ているように、オレンジ色の服を着た2人の姿をニュースで見続けるのは、あまりに残酷。常岡さんの叫び声が聴こえそうです。
***********************************************
IS( イスラム国) による日本人人質事件に対する声明
 日本ビジュアル・ジャーナリスト協会( JVJA )はフォトジャーナリストやビデオジャーナリストの団体です。
  私たちは、イラク戦争とその後の占領下において、米英軍を中心とした有志連合軍による攻撃がイラク市民にどんな災禍をもたらされたかを取材、テレビや新聞などで報道してきました。また、イスラエルのパレスチナ・ガザ地区への無差別攻撃に晒された市民を取材し、テレビや新聞等で報道してきました。私たちの報道はけっしてアメリカやイスラエルの攻撃を肯定するものではありませんでした。
  私たちジャーナリストが、現場での取材を通して理解した戦争下の住民の現実だったからです。同時に、報道を通して私たちはあらゆる暴力を批判してきました。日本政府の戦争政策に対しても批判してきました。イスラエルのガザ攻撃に対しても、私たちは強く批判してきました。私たちは現在の安倍政権の戦争を肯定するかのような政策を、報道を通して批判しています。
   現在、IS(イスラム国)が拘束している後藤健二さんには、取材の現場で会ったことがあります。後藤健二さんもまた、イラクやシリアでの戦火に苦しむ市民の現状をテレビやインターネットで報道してきました数少ないジャーナリストです。湯川遥菜さんは、私たちと直接の接点はありませんでしたが、報道によると個人的な興味から「イスラム国」に入ったようです。
  私たちは、暴力では問題の解決にならないというジャーナリズムの原則に立ちます。武力では何も解決されない現実を取材をとおして見てきたからです。「交渉」を含むコミュニケーションによって問題解決の道が見つかると信じます。
  私たちは、IS(イスラム国)の皆さんに呼びかけます。日本人の後藤さんと湯川さんの2人を殺さないように呼びかけます。人の命は他の何ものにも代え難いものです。イスラムの教えは、何よりも平和を尊ぶことだと理解しています。
  私たちは、同時に日本政府にも呼びかけます。あらゆる中東地域への軍事的な介入に日本政府が加担することなく、反対し、外交的手段によって解決する道を選ぶようにと。
***********************************************
常岡さんのツイッターから
***********************************************  
2015年1月20日

先ほど、帰宅いたしました。
警視庁公安外事三課に対して、私戦予備陰謀事件というでっち上げの違法捜査には協力しないと申しましたが、邦人の人命救助のためなら外務省にも、警察にも喜んで協力します。
私とハサン中田考先生はイスラム国と交渉が出来ます。が、イスラム国側の連絡先情報を警察がおさえた今、盗聴、発信元探知などで相手方に危険が及ぶ可能性があり、現地に連絡を試みることができていません。
日本政府がオマル・グラバ司令官の身柄の安全を保証し、私とハサン先生を交渉人として認めてくれれば、私たちは湯川さん、後藤さんの解放をイスラム国に直接、訴えることができます。日本の拠出する2億ドルはあくまで人道支援目的に限定されたもので、イスラム国を軍事攻撃するためのものではないと説明できます。さらに、イスラム国側が安倍総理の対中東政策をもって、日本人人質を処刑するのは不当、不適切だと説明します。
オマル・グラバ司令官の説明では、去年の8月から10月にかけて、イスラム国は湯川さんを処刑したり、身代金を要求する意志がないことを明言していました。今回、その方針が変わった理由を問い質します。
現時点で、外務省からも、警察からも、連絡などは一切ありません。日本政府が独自にイスラム国と交渉し、人質を解放させられる見通しと自信があるのなら、問題ないと思いますが、そうでないとしたら、なぜ、連絡がないのか、首を傾げます。
***********************************************  
続きを読む
posted by Hiromi at 06:47| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

TVF2015「ビデオ大賞」を同朋高校が受賞

 19日のテッカイの会議+映画会実行委員会会議は、加勢があって、9人の参加。いつになく賑やかで元気が出ました。その中で、年末12月8日に行なわれた南京の証言集会で上映した同朋高校放送部制作のビデオが、TVF2015の18日の審査で「ビデオ大賞」を受賞したことがわかり感激しています。http://tvf2010.org/movie/TVF2015/vote2015.html で作品がトップで紹介されていて視聴できます。K市長さんはじめ、世界中の皆さんに是非見て頂きたいです。

 署名の依頼も次々来ています。
●安倍政権の歴史歪曲をストップさせる国際署名運動
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sig2.html
 これは中国語の簡体字版もできました。繁体字版は只今制作中とのこと。
●2015年 憲法9条にノーベル平和賞を (受賞するまで、続けるそうです)

人質事件については、このブログがもっとも参考になると私は思って、固唾を呑んでいます。




続きを読む
posted by Hiromi at 11:44| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

なぜ敵対して戦争をする必要があるのか?

 昨日は刈谷市の総合文化センター大ホールで刈谷混声合唱団の演奏会に行きました。本当は弁護士会ウェストサイドマリア.jpg主催の集会とデモが名古屋ではあったのですが、バンドのSさん夫妻が出演しているので、こちらウェストサイドトニー.jpgを優先しました。愛唱歌、日本民謡など、好きな歌が網羅されていて楽しかったし、メインのミュージカル「ウェストサイド物語」が興味深かったです。コーラス、バイオリン、ベース、ドラムス、ピアノの演奏と朗読で進行していくのですが、5人のプロ?の女性ダンサーによるダンスも洗練されたステージをおしゃれに色どっていました。ふと、バイオリン奏者がバンドのMさんの娘婿さんであることに気付きびっくり。衣裳も若々しく素適で、遠目には、皆さんニューヨークを闊歩する若者に見えなくもないとは言えないところが苦しい・・・。よく練習したもの! 楽しいステージでした。
涙が出てきます。
 赤で国会を取り囲む.jpg東京では、
こんなデモがあったと、関東の友人が教えてくれました。
 昨夜から、2.14映画会のチラシの再々増刷の手続でパソコンとにらめっこ。今は家に居ながら注文して家に居ながら何千枚でも受け取れます。こちらは便利だけど、流通業界では大変な異変が起きていて、人手不足。サービスもほどほどを望まないと社会を壊しちゃう。明日の会議のために会計整理をしたり議案を作ったり、当日精算券を印刷して800枚のチケットを作ったり。

posted by Hiromi at 20:16| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

1+2=

パリデモ1.jpg +パリデモ2.jpg  
パリデモ3.jpg
     ???

「 370万人の集団の先頭に立つ世界の首脳たち」
実は行進の先頭に、世界の指導者はいなかった。




と、様々なメディアによって暴露された・・・とツイッターや様々なブログから知って、『そうだよねえ・・・』と、思いました。別の道路で厳しい警備のもと撮影されたものと合成したんだね。写真だけでなく、音声だって合成し、正反対の発言を創れる世の中です。

 何を正しい情報として頭に入れるか、これは外国語ができない私にとって、本当に重大な問題です。タダでさえ、日本語だって、読み解くのが難しい政情。よくよく色々な人の話に耳を傾け、自分を律していないと、のどかだけど、まっすぐな私は、知らない間に私が私でなくなってしまいそう。

 阪神大震災から20年。今朝早く、ニュースで追悼のトランペット「花の街」を聴いて、私の身近な人たちもみんなが懸命に阪神へ心を向けて活動していた、顔顔顔を思い出しました。皆の叡智、優しさこそこの世の宝物。今まで生きてこられたことに感謝。
posted by Hiromi at 10:21| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

本当に怖いことは

 フランスのことは余りにも衝撃的。テッカイのチラシを市役所前で配っていた時「僕は勉強しているから、そんなこと、よく知ってる。そんなことより、シリアのことをやってよ」と言った人がいたことを思い出しました。大昔、チェルノブイリの講演に出かけて話した後「どうしてアフリカの子は助けないの?って、質問した人のことも時々思い出します。私は千手観音でも億万手観音でもないから、そういう時は「一人の手でできることだけしかやれてません」と、ひとりごちる。まったく無力な者です。
 先般の北京観光で知り合ったフランスの75歳のトニーさんにはお悔やみのメールをしたけど。でも、ドイツだってアメリカだって関わってる。日本だって時間の問題かも知れない。どんな宗教も人を殺していいとは言ってないと思うけど、戦争になったら、こぞって一殺多生になります。世界の叡智が必要。

 警察庁がメールの盗聴装置を開発したそうです。サーバーへ直接接続して、全てのメールをメール盗聴装置を通過させ、そこを通るメールの中から裁判所の許可令状がでている特定のメールを取得するものだそうですが、立会人もなく、本当に警察が令状指定の特定のメールだけを取得しているかは誰にもわからないって。盗聴法っていう法律を変えれば、これが出来てしまうらしい。昔の戦争と違って、今はITが関わるサイバー戦争になるから、億万の手があっても手の施しようがない。メールが見られ放題の世の中になったらと思うと、身の毛がよだちます。

 バラと人形1.jpgもっといいこと考えようっと・・・と思って、市松人形の修理にかかりました。100円ショップで木粉粘土を買ってきて指も鼻も胴体も欠けているところを埋めました。乾いてからヤスリをかけると形が整ってきます。
今度は胡粉というもので色塗りをしていかなければなりません。ひとつひとつネットで探しまくればなんとかできそうなのは、本当に便利・・・と思っていたら、怖ろしいものにぶつかりました。
  「市松人形」を怖がる人が多いらしいという情報。どないしょ。お雛様を怖がる人は聞いたことがない。どーなってんのかな。人形の髪の毛が伸びていくとか、夜中に歩いたとか、そんな話の聞き過ぎかと思うけど、まあ、欲しいか欲しくないか、最終的には訊いて、無理強いはしないと決めました。カール人形やミルク飲み人形で夢中になって遊んだ世代ですので、日本人形が怖がられる理由がわかりません。本当に怖がるべき事は現実の中で密かに進行しているのではないか。
posted by Hiromi at 21:58| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

閃いたが百年目

中国語教室への映画案内.jpg  ジョン・ラーベの映画会の宣伝に本腰を入れなくてはと、名古屋を中心とした中国語教室を洗い出し、52教室に手紙を出しました。この中から一人でも興味を持って来てくださる方があれば、ありがたいと願いをこめて。
 12月に亡くなったZさんは、私がチラシを送ったので、名古屋方面の友人達に「この映画を見てほしい」と、手紙をいっぱい出してくださっていたそうです。そうしてすぐ突然亡くなってしまうなんて! 私の感謝はもう彼に伝えられません。彼の遺言と思ってきてくださる方もあるかもしれません。どうしてもこの映画会を成功させたいです。
 年末に全中国に報道されたCCTVの12.13特番「1937南京記憶」・・・が、まだ見終わりません。やっと第3集まで見終えました。1937南京记忆_科教台_央视网(cctv.com)
http://kejiao.cntv.cn/special/njjy/
第5集までありますから、ざっと5時間はかかります。中国全土でこれが再放送を繰り返して見られているという事実を、日本政府は受け止めるべきと思います。ジョン・ラーベの話も詳しく出てきます。

 さて、お雛様は全国的には、娘に女の子が授かったら、その親が孫に贈るという習慣があるようです。もちろん、赤ちゃんの親が自分達のスタイルに合わせて買うのでもかまわないし、なくてもかまわないというのが、私の考えですが、お雛様がもう飾られたみたい。いろいろネットで調べていたら、お雛様を迎えるのが、「市松人形」だそうです。そこでハッと閃いてしまったが百年目。オバアチャンの血が騒ぎだしました。『ん?! 押入れに確か・・・』あったあった! 母が作りかけていたのか、誰かに戴いたのか、とにかく裸のお人形があったことを思い出し、猫がオシッコをする時の如く、端切れの衣装缶を掘り起こして発見! でも、鼻は欠けてるし、手の親指も欠けてるし、髪はボサボサだし。でも、このまま人形供養に出してしまうのも、余りにも可哀想。いっちょ、頑張るか。
人形全体b.jpg 人形の顔a.jpg 人形の胴体と手.jpg 人形の足.jpg
posted by Hiromi at 10:06| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

放っておいていいことといけないこと

ベランダの蜂の巣二つ.jpg 年末に庭掃除をせねばと焦っていたけど、やっぱり出来ず、優先順位を考えたら、食べ物と布団がさきじゃぁ! という結論に達し・・・結果、今ごろ庭に出て掃除をしたわけです。今日はとても良いお天気だったし。ずっとコガタスズメバチの巣を除去せねばと思っていたけど、これもそのままだったので、やっと長い柄のハサミでつついて取り外しました。殺虫剤も防護服もいっさい使用せず。だって、中は空っぽで、みんな死んでしまったのね。女王蜂だけ春までどっかの穴で越冬して4〜6月に一匹で巣作りを始めるそうです。

 で、これは放っておいて、無駄な殺生をせずにすんで良かった!と喜べることだけど、今日
********************************************
 1954年に静岡県焼津市のマグロ漁船「第五福竜丸」が被ばくした太平洋ビキニ環礁での米国の水爆実験を巡り、厚生労働省が近く、当時周辺で操業していた他の船員について健康影響調査に乗り出すことが分かった。被災船は全国で少なくとも500隻、被災者は1万人に上るとされるが、国はこれまで福竜丸以外の船員の追跡調査をしてこなかった。
********************************************
というニュースにびっくり。信じられませんでした。一刻を争って、各方面を調査記録していたと思っていたのに。
 また、同時に、福島の原発事故による健康被害の調査について、環境省が放射能健診の要求を否定する「中間とりまとめ」を決定し、それに沿った「施策の方向性(案)」を公表したという情報を得ました。「施策の方向性(案)」2ページです。


えーーっ!?と思いました。

**************************
「国際機関の評価と同様、今般の原発事故による放射線被ばく線量に鑑みて、福島県及び福島近隣県においてがんの罹患率に統計的有意差をもって変化が検出できる可能性は低いと考える。また、放射線被ばくにより遺伝性影響の増加が識別されるとは予想されないと判断する。さらに、今般の事故による住民の被ばく線量に鑑みると、不妊、胎児への影響のほか、心血管疾患、白内障を含む確定的影響(組織反応)が今後増加することも予想されない。こうした評価は、WHO 報告書や UNSCEAR2013 年報告書での評価と同様である。」
**************************
この書類、ナニコレチンハクションです。やましい気持ちないのかなぁ!
環境省はパブリックコメントを1月21日まで募集しています。
早速提出しました。絶対放っておいちゃいかんことと思い。

続きを読む
posted by Hiromi at 21:51| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

妖怪ウォッチ時計もアナ雪も

アナ雪の2歳.jpg  パパハイシドウドウ.jpg  アカンベー妖怪.jpg  飴しゃぶりあかんべー開脚170度.jpg武器輸出ODA.jpg
 年賀の小さな客が世の中を見せてくれます。この子達を守らなければと痛切に思います。1月17日(土)13時30分から、集団的自衛権行使反対愛知大集会パレード(閣議決定撤回!)が愛知県弁護士会の主催で行なわれます。
posted by Hiromi at 10:34| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

ピースとハイライト(平和と極右)

煙草の名前じゃなかった!!
サザンオールスターズ 桑田佳祐 『ピースとハイライト』

何気なく観たニュースで
お隣の人が怒ってた
今までどんなに対話(はな)しても
それぞれの主張は変わらない
教科書は現代史を
ヤル前に時間切れ
そこが一番知りたいのに
何でそうなっちゃうの?

希望の苗を植えていこうよ
地上に愛を育てようよ
未来に平和の花咲くまでは Blue(憂鬱)
絵空事かな?
おとぎ話かな?
互いの幸せ願うことなど

歴史を照らし合わせて
助け合えたらいいじゃない
硬い拳を振り上げても
心開かない

都合のいい大義名分(かいしゃく)で
争いを仕掛けて
裸の王様が牛耳る世は Insane(狂気)
20世紀で懲りたはずでしょう?
燻(くすぶ)る火種が燃え上がるだけ


色んな事情があるけどさ
知ろうよ 互いのイイところ!

希望の苗を植えていこうよ
地上に愛を育てようよ
この素晴らしいふるさと(地球)に生まれ
悲しい過去も 愚かな行為も
人間(ひと)は何故に忘れてしまう?

愛することを躊躇(ためら)わないで
posted by Hiromi at 14:11| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嫌中・嫌日と言われても、こんな世界あり

QRI紅白歌合戦.jpg 1日に放送された中国国際放送局の「紅白歌合戦」をやっとウェブ放送で聴きました。ウェブでいつでも聴けるようになって、今は本当に便利です。57分の番組ですが、『こんな世界があるの?』という世界です。全体像は
各歌手のそれぞれの動画は
誰でも投票できます。
新年のスペシャル番組は色々あり・・・
 アンビリーバボーな世界は、毛丹青さんのフェイスブックにも! 中国で出版されている雑誌「知日」。
「日本大好き中国人急増中!反中国本からは絶対にわからない、その秘密を一冊に凝縮!」

 プロパガンダ(英: propaganda)は、特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った、宣伝行為である・・・・と辞書にあり、斜め目線の人も有ろうと思いますが、まずは真っすぐ見るところから始まります。二度と本物の合戦がおきないように、真っすぐに人にぶつかり、それがまずいことになったら、その時、また見つめなおし、話しなおし、人と人として繋がっていく年でありますように。

posted by Hiromi at 08:18| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月01日

りんごのスワン

 友人の年賀状に「私事ながら古稀を迎えますので、初春のご挨拶は今年限りとさせていただきます」と書いてありました。長く教師をされていた方だから、年賀状の枚数も尋常ではないと想像し、すんなり受け入れられます。ただ、あれ? まだ古稀にはちょっと早いんじゃないかな? って疑問が残らなくもなく、『何かあったのかしらん』と心配にもなります。実際、テンヤワンヤをしていた大晦日に、親しくしていた人の訃報が届き、大変なショックも受けました。もうここまで来たら覚悟は必要だなぁと思ったり・・・。新年を迎え、1日1日の積み重ねがまた始まりました。

 米アイダホ州のウォルマートで30日、ショッピングカートに乗っていた2歳の息子が29歳の母親のハンドバッグから銃を取り出し、誤って母親を射殺したという事件が起きました。
 カウントダウンでにぎわっていた上海の外灘で36人が死亡した将棋倒し事故。
 サザンオールスターズの紅白で歌った歌の歌詞が話題になっています。私も『凄い歌詞だなぁ』と思って聴いていたけど、その後横浜のアリーナでは後片付けで、裏方スタッフの事故があったみたい。
 戦争でもないのに、自然災害、交通事故、飛行機事故。平和な中でも痛ましい事故がおきます。やるせない。切ないことが多すぎるこの世。

 林檎の白鳥.jpgがらりと話題を変えて。今朝、おせち料理とお雑煮と一緒に、林檎のスワンをテーブルに出したら受けました! 何日か前に練習で作った時は「ダチョウ?」と言われたけど、本番の今日は宿泊客たちはすぐ「わーっ!白鳥?」って言って、パシャパシャとスマホのシャッターをきってくれました。練習だね。怠けたくなるときは、今日の喜びを思い出そう。ささやかなささやかな喜びを。
posted by Hiromi at 21:43| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年もどうぞ宜しくお願いします!

大晦日の可愛いお客さんたち.jpg あけましておめでとうございます。旧年中にお世話になった大勢の皆様に心から感謝申し上げます。本年も引き続きお世話になります。どうぞ宜しくお願いします。年末より掃除に明け暮れ、ほとんど台所。おかげさまで家族全員で年を越すことが出来ました。一日一日大切な日にしていきたいです。今年の目標はもちろん、「はだしのゲン」中国語版の出版です。悲願です。
 おせち料理製作中に出現した遠来の0歳児たちと。この子達の未来がどうぞ幸せでありますように。
posted by Hiromi at 01:09| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする