2015年08月30日

北京国際ブックフェアー

北京国際ブックフェアー会場南門入り口.JPGうわっ! やっと通じた!  今日はデモに出たいけど@北京です。とりあえずアリバイ写真だけ。北京国際ブックフェアーの入り口です。
続きを読む
posted by Hiromi at 12:57| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

ご先祖様有難う

   牧野が池緑地でワンちゃんとこんにちは.jpg 一人の水浴び姫に4人の大人2.jpg
 午前中は牧野が池緑地に散歩。ワンちゃんとお話しました。ワンちゃんママはとても親切な方で触らせてもらいました。感謝。曾祖母がつい6年前まで使っていた車椅子がお役立ち。お昼寝の後は水浴び。曾祖父が60数年前に製作したタライがお役立ち。まあ、こんな風に時は流れていくのでしょう。ご先祖様有難う。家族イベント終了。
蛇足; 我が家のバラ。2週間ほど家出をしていて4,5日前に捕獲されていました。夜中や日中はコソコソ帰宅して、私達が現れると外へ逃げる! そして捕獲後はベタベタに甘えます。そして、お客さんのために布団を並べたら、知らぬ間にベビーとパパの布団の上に堂々のオシッコ。「ここは私の家よ!」だって! はーぁ、料理と洗濯、掃除に明け暮れたバラママでござった。
posted by Hiromi at 17:15| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

おかげさまで

 世間様よりずれること1週間の帰省で誕生日より10日早いけど、みんなで1歳の誕生パーティをしたのでした。パーティというほどでないけど、ドレスを持ってきたので、男ばかりだった我が家にほんわり花が咲いたみたいでした。(ママ友たちはお互いにベビー用品を回しあって使っているようです。ドレスもいただき、あったかく盛り上がりました。感謝)それでお寿司もばらの花を作って・・・何とかお赤飯も炊けました。今はネットで研究できるので、本当に助かります。そして、写真はいいね。味まで写らないから。ただ慣れない料理をするもんだから腕を蒸気で火傷。火傷というほどではないけれど、大げさに手当はしました。やれやれ。

 ちょっとびっくりしたのは、「ベビーサイン」という育児方法です。日本ベビーサイン協会なんてのがあるそうです。例えば「もっと欲しい」と言いたくても話せない赤ちゃんはワアワア泣くわけですが、指でもっと欲しいという形を作って訴えます。なるほどねえ・・・。

指の会話.jpg お寿司とお赤飯なんとか形に.jpg ドレスでお姫様.jpg 布絵本で早速いないいないばあ.jpg  
posted by Hiromi at 22:15| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

3 30日の全国一斉行動



 30日の全国行動について「名古屋はどうなってるの?」 という問い合わせがあります。私は主催者ではありませんが、こんな情報が入りました。名古屋はちょうど「どまんなかまつり」で栄はごったがえすので、東京へみんな出かける人が多いようですが、それでもスタンディングでもやるというグループがあります。
*************************************
みなさまへ

8月30日、戦争をさせない!9条壊すな総がかり行動実行委員会から「戦争法案廃案!安倍政権退陣!8・30国会10万人・全国100万人大行動」が呼びかけられています。東京に行く方も多いかと思いますが、足元でも行動を起こすことが大事かと思い、以下のような行動を行います。チラシ、マイクは用意しますがバナーなど持参してください。国会の審議も正念場です。全国から戦争法反対の声を上げましょう。


◆戦争法をとめよう!全国一斉行動 100万分の1 栄行動

国会前に10万人、全国で100万人。あなたも100万人分の1の意思表示をしましょう。

午前10時半〜11時半  栄メルサ前集合
(栄交差点を中心に一斉街宣)
街宣・スタンディング、マイク情宣

呼びかけ:不戦へのネットワーク・東海民衆センター

戦争をさせない1000人委員会あいち・怒れる女子会@なごや怒りの女子デモ

********************************************

posted by Hiromi at 09:43| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

布絵本

 今日はきわめて珍しく、今日絶対やると決めたことをやりました。だって、日にちが迫っててどうにもならなかったから。例によってお裁縫です。耳は中国国際放送局のウェブ放送は毎度ですが、今回は日本ジャーナリスト会議の受賞者の挨拶。1時間40分くらいは直ぐ聴けます。頑張っているジャーナリストの方達に感動し、又勇気も貰いました。

 出来た作品ははじめての布絵本。家に転がっている端切れを利用しての自分流なので、メチャクチャですが、「いないいないばあ! 」を作ってみました。
布絵本表紙修正版.jpg 布絵本2.jpg 布絵本3.jpg 布絵本4.jpg 布絵本5.jpg 布絵本6.jpg 7布絵本.jpg 布絵本裏表紙.jpg
posted by Hiromi at 22:05| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

平和のための戦争展

観音像を故郷にチラシ0811-2.jpg観音像を故郷にチラシ0811-1.jpg  鶴舞公会堂の4階ホールで、明日から「平和のための戦争展」が始まります。23日の日曜日まで。去年は毎日詰めたけど、今年は参加していないので、気は楽になりました。今日は準備搬入の日で、10月17日に行なう千手観音の相談会? のチラシを混ぜてもらうために出かけました。人手がないので、我が家に届いたチラシを旅行用のスーツケースで運ぼうと思ってたら、助太刀のKさんが家までとりに来て運んでくれたので、やれやれ。戦争展用に1500枚。HさんとTさん用に1000枚ずつ。3500枚はさすがに重い!

 チラシは20数種あって、チラシを出したグループから人手を出して、皆で折り込み作業です。2時間近く立ちっ放しで、私は情けなくもちと疲れ申した。いつも思います。今日も大勢の人たち、学生も年配者も汗をかきながら一生懸命作業をしているのです。皆ボランティアで一生懸命。ほんとうにみんな立派な人たちだなぁと思います。
posted by Hiromi at 21:13| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

友人の投稿記事

中日813夕刊.jpg 終戦の特別番組ばかり見ていたら、気分が沈んで重くて重くて。知らないことが多かったから、なんてノーテンキに生きてきたのだろうと、恥ずかしくもなります。力作ぞろい。制作者に感想を書き送ることにしているので、やっぱり書こうと決めたんだから、ちゃんと気持ちをまとめないと。

 新聞に友人の投稿が載っているのを発見するのは嬉しいです。知っているいる人の体験談は直球で心に入ります。80歳の彼女のいう事、300%わかります。だって、長いお付き合いだし、こんな小さなスペースに書ききれるわけがないもの。それでも投稿した彼女の気持ちが300%わかるのです。(クリックで読めます)
posted by Hiromi at 19:48| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

痛ましい観音像

 中国の若者とデイト。行く先は平和公園の広大なお墓の真ん中の、小高い丘にある平和堂に幽閉されている観音様。今日は年に4回だけの貴重なご開帳の最終日だったのです。私が彼にプレゼントした、二つの観音像の物語の本を読んで、興味を持ってくれて、今日のありがたいデイトになったという訳です。
 光背が仏様の御身体の軸とずれて傾き始めていていたのが痛々しく、台座などもボロボロ。埃を被って朽ちるのを待つばかりの観音様を修理して、一刻も早くもともとのご本尊であった南京の毘盧寺にお返しするのが、友好姉妹都市名古屋のすべきことではないかと思います。市長の発言がきっかけで、公式親善行事は今もって3年半途絶えたままです。こういう市政の償いを民間の市民グループがするのは、あまりにもハードルが高いのです。戦争中の軍部や仏教界の思惑に翻弄された悲劇の仏像があまりに痛ましい・・・。どなたか篤志家はいらっしゃらないかしら・・・
816千手観音2.jpg 816千手観音1.jpg 816千手観音5.jpg 816千手観音4.jpg 816千手観音3.jpg 816千手観音9.jpg 816千手観音6.jpg 816千手観音7.jpg 816千手観音8.jpg  
posted by Hiromi at 20:52| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戦争も核実験ももうたっくさん!


8月15日。 二つのテレビ番組を見てドッと心重し。
●メ〜テレ特別番組
「平和、次世代へ 〜戦後70年の名古屋から〜」

●フジテレビ 『私たちに戦争を教えてください
 〜いま、会っておかなければいけない人がいる

そして・・・・

●西暦1000年〜2008年の間に人がどれだけの戦争を起こしたかを、分かりやすく可視化した映像

●1945年から1998年までの間、計2,053回も繰り返されてきた核実験。どの国が、いつどこで核実験を行ったかを地図上で視覚的に感じられる映像。
http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/p707541ee67c997c8e5cf1f9cea76f097
posted by Hiromi at 03:42| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

長い談話

 天津で倉庫が大爆発して多数の死者や負傷者が出ています。心からお見舞いを申し上げます。月末の準備のために北京とやりとりしてる最中のことなので、そのお見舞いを言おうとしていたら、放送局の燕ちゃんの方から、「明日の談話に向けて、色々ばたばたしています。」という言葉が・・・。もう「談話」が「カラオケ(卡拉OK)」同様、中国語化してるんじゃないかな! もちろん「谈话」って書くけど、このことに関してだけは「談話」と表記するようになったりするかもね。

 長い談話だったけど、お友達からも攻められないよう、キラキラした言葉遣いで武装した表現のオンパレードで訳がわからない。あれを外国人記者が翻訳するの、絶対頭が変になると思ったよ。だって矛盾が矛盾とお友だちになってて、国会答弁とおんなじことの繰り返し。「侵略しました。ごめんなさい」「従軍慰安婦として強制したみなさん申し訳ありませんでした」「だからもう戦争法案は破棄します」って言ったら30秒で終わるのに。「何回も謝っただろ。いつまでお詫びし続けなきゃいけないんだ。『抑止力』は要るんだよ」って本音を言ったら、ご本人の矛盾病は治癒します。
 被害を語り継ぐなら、加害も語り継ぐのが当然でしょう。

 ある事件。裁判長が被告人の少年たちにに「君たちはさだまさしの『償い』という唄を聴いたことがあるだろうか」「この歌のせめて歌詞だけでも読めば、なぜ君たちの反省の弁が人の心を打たないか分かるだろう」と諭しました。命がけで謝りなさいということだと思います。
posted by Hiromi at 02:00| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

竹内浩三 骨のうたう

 夏の企画展 「戦争と若者」に行けるうちにと思い、やっと出かけました。「ピースあいち」の展示は本当に見易く分かり易い。子どもからお年寄りまで、誰にも見て欲しいという気持ちでボランティアが精魂こめて、研究し、議論し、展示されているからでしょうね。今回も素晴らしい内容でした。

 この夏は竹内浩三を取り上げています。23歳でフィリピンで戦死。だけど、白木の箱には名前が書かれた紙だけが入っていた・・・。
 何度もピースあいちには行っているけど、常設展示の中でも毎回心に落ちてくるものが違うことにびっくり。今回は戦中のアニメなどに関心を持って調べたりしていたので、絵本に釘付け。講談社の絵本ってすごいね。支那事変の絵本は何冊かあるみたいだけど、とても正視できないような絵が堂々と描いてあり(だって絵本だもんね)<子供が良くなる講談社の絵本>なんて表紙に書いてある。(クリックで確認できます)冗談であってほしい。オールズも抗議デモ.jpgイヤ冗談でもイヤだ。軍国少年少女はこうやって作られたんだ。
 昨今、「シールズ」に負けじと「オールズ」「ミドルズ」まで結成されてデモを始めているようだけど、世代を超えてみんなで力を合わせないと、又こんな悲しい時代に戻ってしまいます。

 そんな中で、この竹内浩三の感性を育てたものは何だろう。私たちはそれを静かに見つめるべきだと思う。

骨のうたう(原型)  竹内浩三国史絵巻講談社.JPG

戦死やあわれ
兵隊の死ぬるやあわれ
とおい他国で ひょんと死ぬるや
だまって だれもいないところで
ひょんと死ぬるや
ふるさとの風や
こいびとの眼や
ひょんと消ゆるや支那事変大手柄得話講談社.jpg
国のため
大君のため
死んでしまうや
その心や
苔いじらしや あわれや兵隊の死ぬるや
こらえきれないさびしさや
なかず 咆えず ひたすら 銃を持つ
白い箱にて 故国をながめる
音もなく なにもない 骨
帰っては きましたけれど
故国の人のよそよそしさや
自分の事務や 女のみだしなみが大切で
骨を愛する人もなし
骨は骨として 勲章をもらい
高く崇められ ほまれは高し
なれど 骨は骨 骨は聞きたかった
絶大な愛情のひびきを 聞きたかった
それはなかった
がらがらどんどん事務と常識が流れていた
骨は骨として崇められた
骨は チンチン音を立てて粉になった
ああ 戦場やあわれ
故国の風は 骨を吹きとばした
故国は発展にいそがしかった
女は 化粧にいそがしかった
なんにもないところで
骨は なんにもなしになった
posted by Hiromi at 06:20| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

ゲジゲジの障子

障子の桜ちゃん.jpg お盆の来客。家族なんだから見栄をはる必要は全くないのだけど、あまりに黄ばんできた障子の張替えを思い立ち、お天気の良い日にジャージャーホースで洗って乾かしてあったのですが、『今日やれないことは明日やろう』が続き・・・おや、もうお盆じゃん! と、ついに昨日決行。普通の人はちゃんとものさしで計って障子紙を切り整えてからすると思う。絶対。でも私は桟に紙をくっつけてジャカジャカ切ってあてがう。当然糊付けの時に紙が余ったり足りなくなっている。ゲジゲジ且つ最初から修理の桜が貼ってある障子はりになりました。「この障子見て誰かが死んだり、怪我するわけないからいいよね。なかなか芸術的でいいじゃん」と、思って終わりとしました。

 10月17日にテッカイの行事をするので、そのチラシ作りに、こっちも素人だから、四苦八苦。昨日やっと印刷会社に入稿。8月末に北京へ行くと新聞が書いてくれてしまったので、今更よいニュースがないから止めたいなぁと思っても止められません。
 8.6の「広島愛の川」大合唱のことをずっと気にしていたのですが、作曲の山本さんのブログで様々な困難を乗越えて成功させたことを知り、ものすごい勇気を貰いました。

すごいなぁ! 山本さんの頑張りに感動しました。私もメソメソしていてはいけない。ゲジゲジの障子でいいじゃんか。確かに私の障子だから。
posted by Hiromi at 05:54| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

人はすぐ忘れてしまうのか

  川内原発1号機があと1時間もすると再稼働します。そして、午後11時ごろには、核分裂の連鎖が安定して継続する「臨界」に達する見込みだそう。発電と送電の開始は14日、営業運転の再開は来月上旬。福井の大飯原発が停止して以来、およそ1年11か月ぶりに動き出すのです。本当に訳がわかりません。どうしてこういう事になるんでしょう! 福島の問題も山積のまま。電力も足りているのに。

  台湾に台風のお見舞いメールをしたら、Hさんから「名所ができています」という、聯合新聞の写真が届きました。
台湾微笑みポスト4.jpg 台湾微笑みポスト1.jpg  台湾微笑みポスト2.jpg 台湾微笑みポスト5.jpg 台湾微笑みポスト3.jpg

 ほほえましくはあるのですが。一方で死者が出ていても、私を含めて人間はこうして生きていきます。日本が戦争に海外に出て行って爆撃をしていたときにも、国内では提燈行列をしたりします。今の「私」につながらない悲劇は感知しにくい。 

 全国紫金草合唱団は台北市と台南市で、この8〜9日に台湾初公演を行いました、音楽によって日本の歴史を直視・反省し傷つけた人々との心の交流を深めてきた合唱団の活動に心から敬意を表します。合唱団員の平均年齢はどんどん高くなっています。時間はあるけど、身体的に皆さんとにかく踏ん張っているんだろうなぁと思います。でも、今までも日本各地南京、北京、上海、ニューヨークなどでコンサートを続けてきました。今夏、瀋陽や北京でもコンサートをします。関西の男性合唱団昴のメンバーは紫金草合唱団と重なっている人が多いのですが、7月にはハルビンへ行っています。86歳で参加したTさんからハルビンの新聞記事を送ってもらいました。

No.514..No.515. で報告されています。
 談話なんて、一度謝っているんだから、そう何度も発表しなくてもいいだろうという人も多い。でも、私は何度でも言わなければならないと思います。被害を何度も語るのだから、加害もセットで。
posted by Hiromi at 10:01| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

戦争法案に反対する名古屋大学人の会

 IWJでアップされました。記者会見というより、シンポジウムです。9月の2日に96歳になられる水田名誉教授もしっかり発言されています。学徒動員で戦地へ出したのが、自分に続いて研究してくれるはずだった教え子たち。自分より先に戦地で死んでしまったという想いが伝わってきます。ちっとも難しい話でなく、教授や職員のみなさんが、「人間」として個人的エピソードも交えて話しておられるので、感動的な1時間6分です。
***************************
2015/08/05
「自由・平和・民主主義を愛し戦争法案に反対する名古屋大学人の会」発足記者会見
***************************

 

posted by Hiromi at 09:32| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月09日

とりま

 昨日の「報道特集」で金平さんが取材していた8.2渋谷の高校生デモ。「とりま廃案!」「それな、それな」 が繰りかえされていて、私も意味が分からなかった。金平さんも知らなかったそうですが、「とりあえずまあ、廃案」「そうだよね、そうだよね」と、いう若者言葉を初めて知りました。

めっちゃ、テンポが速い! 凄いエネルギー量だぁーー。で、「イズレモ」って知ってる? 知ってたらおかしいよ。だって今私が考えたんだもん。「いずれにしても」って意味よ。「どれも」って意味じゃないよ。総理が大好きな言葉。
 山本太郎議員の質問もテンポがめっちゃ速い。
しかし、抑揚、緩急、大小、間もありて、しかも表情が豊か。実に聴き手の耳と身体に飛び込んでくる話し方です。心から、真底思っているからでしょう。
 今日の長崎での総理のメッセージは広島のメッセージから反省して「非核三原則」を入れたってわざわざニュースになってるけど、『え? 何よ、今更。密約のこと、もう国民は忘れてるって思ってるの? 持ち込んでること知ってるんだから、日本語が壊れてるよ』。「とりま、そう言っておこう」という挨拶。

  今戦後70年事業0809.jpg日は中区役所ホールで、 愛知・名古屋 戦後70年事業「戦争を知らない世代に伝えたいこと」があり、市と県からお知らせが届いていたので、出かけました。漫画家のおざわゆきさんのトークショーに始まって、高校生の取り組み発表、弦楽四重奏、パネルディスカッション、戦時下の食体験・・・2時間半たっぷりのプログラムでした。ゲストやパネラーは立派だし、立派なホールで、立派な予算で(たぶん・・・)、大勢のスタッフ。うらやましい限りでした。ホールが大きいせいもあるか知れないけど、なんか閑散としてました。もったいないです。

 「ピースあいち」の活動が寄与していることが分かり、民間の人々がボランティアで身を挺して頑張っていることを学びながら、これから充実して行くことでしょう。いや、していってほしい。今日の市長の挨拶も???だったけど、「現代史は学校でやらんもんで知らんわなぁ・・・」と、くったくなくのたまったのにはびっくり。やるように是正していくのがあなたの役目でしょうに。
posted by Hiromi at 22:29| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

RCC中国放送の8.6ニュース

RCCニュース.JPG広島のRCC中国放送のニュースが見られます。
【被爆地ヒロシマでの対話は…安倍首相が語ったこと】
骨のあるニュースだと思いました。
posted by Hiromi at 06:10| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

私の夢

 昨日6日の広島の式典
***************************
 核保有国では米国からキャロライン・ケネディ駐日大使のほかに、国務次官としては初めて核軍縮・不拡散政策を担うローズ・ゴットメラー氏が参列。英、仏、ロシアも大使らが出席したが、中国は欠席した。参列国は過去最多の100カ国に上った。
***************************
中国社会科学報 .jpg 『あぁ・・・中国は欠席かぁ・・・』としみじみつくづくひしひし心痛く思っていたよーう。ゲンの出版のことをまず思って。だけど、負けちゃいけない。中国に応援してくれる若い仲間たちがいる私は幸せ者。6日に中国社会科学報(全国紙)が大きく報じた紙面。私達が名古屋でやっていることなど、昨年末中国国際放送局で放送した内容が文字になって「対談」化されたのです。燕記者さん、有難う。いつのまにか、燕ちゃんは主席記者になってたんだ! 燕ちゃん、ちゃっかり最後に私の夢としてゲンの中国出版のこと滑り込ませてる! 持つべきは友達です。(新聞はクリックでやや大きくなります)
posted by Hiromi at 07:15| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

『中日学生、戦後70周年目の徹底討論〜本音で話してみませんか』

 昨夜はテッカイの会議。Hさんは韓国から高校生が来ていて、飛行場への迎えやら、日本の高校生たちとの討論会の司会やらやってから駆けつけて来ました。日本の高校生と韓国の高校生の違いの話に納得。

 実は中国国際放送局(CRI)でも、中国人民抗日戦争および世界反ファシズム戦争勝利70周年を記念するということで、日本のTBSラジオとの共同制作による、中国と日本両国の大学生が討論するラジオ番組、『中日学生、戦後70周年目の徹底討論〜本音で話してみませんか』の収録を24日、北京で行いました。CRIとTBSラジオとの共同番組は初めてだそうです。
 番組はCRIのスタジオで収録され、司会者をCRI日本語部のアナウンサーとTBSの放送記者が務め、両国の大学生2人ずつが、領土問題や歴史問題、国民の付き合い方、若者の生活などについて、討論しました。

 双方の学生ともとてもしっかり発言しています。ただ日本の学生は歴史認識を堂々と述べられない。学校教育の中で現代史はスルーしているから。中国は小学生時代から叩き込まれます。互いにまずは触れ合うこと。世論調査では、お互いの国が90%の人が嫌いだって言いあっているようだけど、人間対人間として、まず触れ合うことの大切さを感じました。若いほどよい。未来を眺められるから。若くない私は、せっせと若い人たちの声を聴いています。

 8月6日。朝NHKではなく、TBS系列の中継を見ていて、起立して黙祷を捧げました。総理へのヤジが飛んでいたのを聴き取りました。NHKではそういう音は拾ってなかったろうな。

posted by Hiromi at 23:03| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

聴き手はわがまま

  「東海音声表現研究会」例会。今日のテーマはかなり本質的で「朗読とは」。担当はIさんでした。「世界中でこんなに朗読に関して考えている人は私以外にないわと思うくらい朗読のことばかり考えていた時があります」という話から始まって、まずびっくり。熱心に師匠である先生にくらいつき、あの人この人と、貪欲に色々な先生に師事し、書物を訪ね、学生になって修士論文まで書いた話。
 つい最近東京で開かれた日本読書学会に出た模様から、「読書を開くために朗読する。人それぞれの理解のし方、朗読の仕方がある。声を出すことで、その人の理解が明らかになる。そのことで又読みが深まっていく」という考え方から「朗読読書会」を提唱したいということでした。小学校で読み聞かせのボランティアをしている人で小学生の方がボランティアだと思われる人もある。つまり子供が我慢して聞いてくれている・・・ってことかな? と言う人もあるそうで、これには笑ってしまったけど、一方で『そうかなぁ・・・』という寂しい気持ちも私の中にありました。

 さだまさしの自伝的 小説「ちゃんぽんたべたか」が話題に出たけど、これは「食べたか?」と訊いているのではなく、「食べたいよーう!」って長崎の言葉ね。言葉を共有している故郷も素適。今日のIさんはとても声がきれいな、朗読教室の先生を長くしている方だけど、きれい過ぎる声ってのも聞いてて酔ってしまいます。うん。聴き手って、わがままで自分勝手なんだよね。
posted by Hiromi at 00:01| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

0802怒れる女子デモ


 東大阪市の教科書採択の委員会の様子をテレビ大阪が報道しています。こんな事が許されていいのかと、唖然呆然です。6分弱です。児童会の方がまだましです。

さて、怒れる女子デモ第2弾は、暑サニモマケズ500名集まりました。83歳のスピーチには心の底からの発言であることがひしひし伝わってきました。20代のスピーチも切実感が溢れていたし、キング牧師のスピーチをプラカードに英語で書いて歩いていた若い男性(30代と言ってた)もいた。まさに老若男女のデモでした。80代の尊敬する友人のTさんも顔を見せたのにはびっくり。皆に「止めときなさい」と言われたと。それでもでるぞ! という私達の気持ち。
 IWJ愛知に1時間45分ほどの集会とデモの動画があがっています。デモに参加できなかった方は、どうぞ見て元気を出してください。絶対元気が出ます! 本当にみんな凄い。
 ★写真は私やYさんのカメラと、パソコンの動画から撮ったものをミックスしています。私は赤の鯉のぼりのHさんと歩いています。風変わりな衣裳で朗読していますので、直ぐわかりますよ。クリックすると、ちょっと大きくなります。この写真の中で一番好きなのは、朗読している私のそばの中日新聞の女性カメラマンの顔。こういうの、美人って言うんじゃない?

 傘も阿倍NO!.jpg 私は20代です.jpg    私は20代ですYさんカメラ.jpg  83歳スピーチ.jpg 朗読中.jpg  鯉幟が目に入らぬか.jpg プレイバック!.jpg プレイバック! プレイバック!.jpg 総理への引導.jpg 赤いデモ先頭.jpg 栄交差点.jpg 警察も暑い!.jpg Hさんの赤鯉のぼり.jpg 阿倍は嘘くさい.jpg 
楽しそうでしょ? 凄く楽しいです。次回もあるようなので、ぜひご参加を。FBにこんな呟きがあったそうです。笑えます。みんな元気に生きていようね。
***********************************
本日女子デモ。赤いものを身につけて。ということで、
赤い鞄と赤いチーフで参加。参加人数約500名。
「なだそうそう」の替え歌。安倍総理への引導(手紙)。
 イベントの後デモが始まる。
 日曜日、一番の繁華街で一番暑い時間。...
後ろのおじさんたちが、
「こういうデモはなかなかいいね」
「のぼり旗がないのがいい(多分所属・・・組合とか)」
「これは女の人にしかできないね」
と嬉しくなる会話。
シュプレヒコール
「戦争法案」「だめだめ」
「解釈改憲」「だめだめ」
「かい?????????」「・・・・・(今のはなんだ?)
「あれは東京の集会に出てきた人だね」「へ〜東京の集会のは長いんだ」
「聞きなれないからついてけない・・・」「早く短くして〜」
***********************************

posted by Hiromi at 19:48| 愛知 🌁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

彼らは知っているだろうか 散らぬ桜があることを

育鵬社拡大20150730東京新聞(小).jpg いよいよ明日午後3時から、ひかりの広場で「怒れる女子デモ第2弾」です。
朗読「平和の琉歌」「琉球の桜」を引き受けているので、YouTubeで聴いたり、アクセントの確認をし・・・ようと本箱に普通に立ててあるNHKのアクセント辞典を手にとったら、「あっちっち!」は、ちと大げさですけど、ビニールの表紙が温かかった! 高齢者だけど、クーラーをまだ使っていません。でも、さすがに38℃を超えた今日は扇風機は温風器でした。

 育鵬社の教科書がジワリッ・・・。やだね。彼らは知っているだろうか。散らぬ桜があることを

平和の琉歌  作詞作曲・桑田佳祐   温度つきアクセント辞典.JPG


この国が平和だと

が決めたの
人の涙も渇かぬうちに
アメリカの傘の下

夢も見ました
民を見捨てた戦争(いくさ)の果てに
蒼いお月様が泣いております
忘れられないこともあります

愛を植えましょうこの島へ
傷の癒えない人々へ
語り継がれてくために

この国が平和だと

誰が決めたの
汚れ(けがれ)我が身の罪ほろぼしに
人として生きるのを

何故にこばむの
隣り合わせの軍人さんよ

蒼いお月様が泣いております
未だ終わらぬ過去があります

愛を植えましょうこの島へ
歌を忘れぬ人々へ
いつか花咲くその日まで


琉球の桜    大泉その枝


春の名のもと

あなたはこんなにも美しく

あたたかく咲く


どこの地にも根を下ろそうとも

あなたはそれぞれに色を放つのだ


雪のように淡く

鳳仙花のように色濃く

鉄のフェンスも乗り越えて


あとはもう落つるばかりとて

こんなにもあなたは咲きふるう


あなたは知っているだろうか

散りゆくあなたの仲間を使い

美徳を語る人がいることを


彼らは知っているだろか

散らぬ桜があることを


琉球の桜

私は悠々と咲き誇るあなたが好きだ
煌煌と生き抜くあなたが好きなのだ
posted by Hiromi at 21:12| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山本太郎議員

 29日のデモの時、Hさんが゜山本太郎議員が素晴らしかったという話をしていました。Yottubeを確認すると、19分間という短い時間によくもアレだけの質問を鋭く突きつけたものと感心してしまいます。早口になってるから、アレだけをゆっくり舞台に載せたら、立派な一幕ものの作品になりそう。井上ひさしさんが生きていらしたら、絶対お芝居にされていたと思います。

 イラク派兵違憲訴訟で違憲判決だったと私達もメディアも大々的に報じたはずのことを、政府は今も「国の全面勝訴でした」という。呆れてものが言えないとは、まさにこのことです。私達の4年間の闘いをこれほど愚弄する答弁はありません。これではこの先、自衛隊が集団的自衛権で派兵されても「特措法(戦争法)に基づいた復興支援です。人道支援でした」のオンパレード間違いなし! だから、今回の戦争法案は絶対通してはいけない。

 自衛隊員は人の子です。父母祖父母姉妹兄弟友人恩師に囲まれて大切に育てられた「命」です。人道支援に駆けつけるのだから、立派なことですと、励まして派遣するのは、「立派に死んでいらっしゃい、殺していらっしゃい」と言ってるも同然ではないですか! 自衛隊員は死んではいけない。人殺しはさせられない。
 ファルージャのことを含めて、山本太郎議員があれだけしっかり問いただしてくれ、胸のもやもやがスーッとしたのですが、どういう悲惨な殺戮が行なわれたか、米軍の命令と殺戮の実際を話しても、総理はムミカンソウ。乾いてる。人間の反応じゃない。私達の法廷で、田巻弁護士が涙を流して裁判長に訴えた、イラクでの惨状。その傍聴席で、みんながもらい泣きした・・・あの時の気持ちがジワジワと込み上げてきました。

 19分間のYoutubeを何度でも聞こう! 2日のデモでは、太郎議員になったつもりで私は朗読させてもらい、歩く。
posted by Hiromi at 01:35| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする