2015年11月29日

この世は理不尽の海

広島のフォーラムのフェイスブックに、とてもスマートにレポートされています。
写真がいいのがいっぱいあって分かりやすい。
井戸田元双葉町町長がつぶやいておられ、ああ、胸の内でそんな事を思ってあの場所におられたのだと、今ごろ他の人の気持ちを知ったりします。

 27〜29日の予定で、「戦争法の廃止を求め 侵略と植民地支配の歴史を直視し アジアに平和をつくる集い」というテーマのシンポジウムに参加するため訪日を予定していた中国人12人について、日本政府がビザを発給しませんでした。外務省は「個別のケースについて査証の審査の中身はお答えできない」と言っているそうです。拒否された方達は、今までビザの発給を拒否されたことはなかったそうなので、いかにあべ政権が強権で暴走しているか! です。あらためて、広島での会議が無事開かれて良かったと思いました。もっとも亡命先から来た人は、又難民として、その国に帰り、祖国には帰れないのですが。

 この世は理不尽の海。

 昨日は北京から出張のお客様と名古屋駅でランチ。味噌カツやエビフリャアや手羽先を召し上がっていただきながら、北京の空気の話しになりました。やはり政府は数値を正確に発表したがらないのかなと思いました。民族の生存がかかっている。国民の健康のためなのだから対策を講じて欲しいです。世界中のどの国も都合の悪いことを隠すな。

 夕方からは12月の恩師の誕生パーティの打ち合わせ。こちらはオリンピックでの健康がテーマ。純粋に世界の平和を謳歌するスポーツ祭典なら嬉しいけれど、残念なニュースもチラホラあるし、首相が大嘘ついてまで誘致したイベントなので、私の心は複雑です。テロの目標にならないようにと思ってしまう我が心が寂しい。
posted by Hiromi at 22:16| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

3日間を振り返って

★思わずここに長々と記録してしまいました。書くことで、自分の体の中に入るような気がするからです。入っただけではダメなので、しっかり自分の皮膚とし、洋服として、今後もゲンのことに関わっていきたいと思います。今まで「核のボタンを押したら終わり」なんて言っていたいたことをつくづく恥ずかしく思いました。何も知りませんでした。もう既に地球は核で汚れてしまっているのだと実感しました。ここに集まった人たちが各国に帰って政権をとったらどんなに世界は平和になるだろうと思うけれど、現実は権力の安定と経済の発展ばかりに価値をおいて、核被害者たちはますます忘れられていきそう。平等に持って地球に生まれた多様な「命」をいったいなんだと思っているのだと、怒りが沸々とわいてくるけれど、まず知ること。そして自分のやれることをすること。こんなにも大勢の人たちが真剣に会議をしたことを伝えていくことだと思います

*********************************************

「世界核被害者の権利憲章」骨子

<現在と将来の核被害を防ぐための権利>

 ・自然放射線、医療放射線以外の被ばくを受けない

 ・被ばく労働を強制されない

 ・被ばくの危険性について正確な情報の提供

 <核被害者が要求できる権利>

 ・持続的な健康診断と最善の医療の提供

 ・加害者による謝罪と補償

 ・放射能で汚染された環境や文化などの回復

 ・加害者から独立した科学的調査と完全な情報公開

 ・放射能で汚染された環境での労働の拒否

*********************************************

posted by Hiromi at 09:00| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レポートD世界核被害者フォーラム 三日目

世界被害者フォーラム 三日目 11月23日(月)

<セッション-5>今後の核被害者ネットワークをどう築いていくか 
コーディネーターチーム
嘉指 木原 佐藤 振津 森滝 さん
全体討議 各セッションからの報告と討議
浅妻代表ゲンをひろめる会紹介発言.jpg★昨日、全体討議で発言を希望する人は質問用紙に内容を書いて予め提出してほしいとアナウンスがあり、希望者が多い場合、発言者は実行委員会で選択するので、必ず意見を述べるチャンスがあるかどうか分からないけれど、。私はANさんに絶対発言すべきだとけしかけ、旅館で3人で深夜まで発言内容の検討。2分以内に納まるように練習もした・・・結果、浅妻発言2.JPG最後に機会が与えられました! 頑張れAN! 「はだしのゲンをひろめる会」の紹介と、世界の図書館や学校にゲンを寄贈をするということを言いました。後で、メアリーさんなど、アメリカからのゲストたちとも話し合え、ゲンを贈る手はずにもなりました。ミサヨさんも「勉強になったわぁー」と何度も言われ、ホントホント、みんなでうなずきあったことでした。

↑写真はANさん発言中

 他の発言・質問は活発に出されました。5年ごとに国連で行なわれているNPT会議は原発を認めているので、その矛盾を乗り越えること、戦争の生態学などの学問を大学に作ったらどうかという提案、北朝鮮、リビアなどのジレンマの解決をどうするか、核のアパルトヘイト(核で脅迫する)をなくす問題、メディアとアートの役割など、多様な話し合いになりました。朝鮮戦争で核は使えないとアメリカが判断したことを学ぶべき・・・つまり、国の生存をどう保障するかという問題が、持続的安全確保の道となること。2005年の6者協議の共同声明のように、平和協定を作りだすことがより現実的であり、安定的だという意見etc. (ただ、これだけの人々があつまっているので、あまりにも時間が限られた!)


<閉会セッション>
人権憲章要綱の提案/採択
★一部紛糾した文言があり、時間は迫るし、一時はどうなるかとハラハラしましたが、最終的には何とか拍手でまとまりました。最後に同時通訳の方達や実行委員やボランティアの皆さんが不眠不休で(立っているのがやっと・・・という表現もあった)、支えた会議であったことに、参加者全員で感謝の拍手を送りました。新聞記事に頼ります。
************************************************
核被害者フォーラム:医療、情報、補償…「権利憲章」採択
  (毎日新聞 2015年11月23日) 
拍手で憲章採択(毎日新聞).jpg●被爆70年を迎えた広島市に世界の核被害者が集まり、3日間の日程で開かれていた「核のない未来を! 世界核被害者フォーラム」は23日閉会した。国内外の報告や議論を踏まえ、核被害者への医療や情報の提供、加害者に謝罪と補償を求める権利などを盛り込んだ「世界核被害者の権利憲章」を採択した。核被害の原点である地で連帯した成果を世界に発信し、核廃絶につなげる決意を示した。
拍手で憲章採択(毎日新聞).jpg拍手で閉会を祝う世界核被害者フォーラムの参加者たち

 ●フォーラムは国内外の反核・平和団体でつくる実行委が主催し、核保有国の米国やロシアなどのほか、ウクライナやイラクなど海外9カ国からを含む延べ約900人が参加した。広島、長崎の原爆やウラン鉱山、核実験、劣化ウラン弾、原発事故で被害を受けた世界のヒバクシャが被害の実態を訴え、放射線被害の専門家による報告があった。
 最終日の23日は、引き続き連携していくことの重要性を確認し、「人類はいつでもヒバクシャになり得ることを認識して、核と人類は共存できないことを改めて確認した」とする「広島宣言」を発表した。核のサイクルの全てで発生する放射線被害の深刻さを強調し、「憲章」としてまとめた。国連の人権委員会に提出する意向で、世界の核被害者支援団体などにも届ける。
 閉会セッションで、実行委共同代表の朝長万左男・日赤長崎原爆病院名誉院長は「核被害者の存在と、健康影響の多面性を明らかにすることが、地球上から核エネルギーを消滅させていくという最大の目標への原動力になる」と述べた。

● 「これ以上、核被害者を増やさない」。フォーラムの参加者たちは、人類史上初めて核兵器による被害を受けた広島で絆を築き、それぞれの地で核被害の根絶に向けて行動することを確かめ合った。
 米ニューメキシコ州のウラン鉱山跡近くに住む先住民のペトゥーチ・ギルバートさん(71)は「世界が核の連鎖でつながり、互いに影響を受けていると実感した」と話した。先住民が多く暮らす米西部では1940年代から約半世紀にわたりウランが採掘された。放射性廃棄物を含む残土が地下水を汚染し、がんを発症する住民が後を絶たない。現在も日本企業が参加する新たな開発計画があるといい、「我々の古里は先祖から受け継いだ『母なる大地』。何があっても守らなくてはならない」と訴えた。
 50年代に英国の核実験で放射性降下物が降ったオーストラリア南部の先住民、カリナ・レスターさん(41)は「広島で学んだことをコミュニティーで共有し、次世代に伝える必要がある」と強調した。
 旧ソ連のチェルノブイリ原発事故(86年)後、甲状腺がんなどにかかった子どもたちを支援するロシアのNGO代表、アントン・ブドビチェンコさん(38)は「チェルノブイリと福島は互いに悲惨な事故を経験したが、人の命は続いていく。世界が手を取り、未来を見て生きねばならないという希望の大切さを教わった」と成果を語った


●放射線被害の人権憲章採択、広島 核被害者フォーラム閉幕(共同通信)閉幕(共同通信)).jpg
共同通信  2015年11月23日 19:13
 広島・長崎の原爆や核実験、原発事故など「核」をめぐる被害者と研究者が集い、核廃絶を目指して広島市で開いた国際フォーラムが23日、閉会した。「世界放射線被害者人権憲章」が採択され、核被害の防護や再建を求める権利を宣言した。
 フォーラムは非政府組織(NGO)などでつくる「世界核被害者フォーラム実行委員会」(広島市)が主催。21日からの3日間で、米国やインドなど10カ国から延べ約900人が参加。核兵器の非人道性や、ウラン採掘や核実験の影響で今も核被害者が増えている現状を報告し合った。
核被害者フォーラム:医療、情報、補償…「権利憲章」採択
毎日新聞 2015年11月23日 21時44分(最終更新 11月23日 22時51分)
************************************************
posted by Hiromi at 08:42| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

レポートC世界核被害者フォーラム 二日目

<セッション-2> ヒバクに関する科学 11月22日(日)

コーディネーター 
*鎌田七男 (広島大学名誉教授 広島原爆被爆者援護事業団理事長)
*振津かつみ(兵庫医科大学ICBUW チェルノブイリ・ヒバクシャ救援関西)
スピーカー
*朝長万左男(長崎原爆病院名誉院長。世界核被害者フォーラム実行委員会共同代表)
2歳の時被爆。45年間被曝者白血病を観察。長崎の全被曝者の観察から、骨髄異形成症候群が高齢化する被爆者に増加しつつあることをあきらかにし、原爆放射線被曝による発癌の生涯持続性を示した。

*アナトリー・チュマク( ウクライナ国立放射線医学研究所所長  
アナトリー・チェマク博士講演会チラシ.jpgウクライナチェルノブイリ25年政府報告書作成責任者。)
 アナトリー・チェマク博士講演会チラシ

報告書の第3章、第4章の日本語訳・修正版 ↓
「まさかの時の友こそ真の友」と穏やかに話し始めました。1986年8月9日に、原発30キロ圏内でウクライナ保健省の代表として清掃作業員の医療管理と医療支援に当った。免疫学・アレルギー額のお医者さんらしく、フクシマの人たちは魚をよく食べているので、ヨウ素がよく摂取できているが、チェルノブイリではヨウ素の摂取が少なかったと。30周年をまもなく迎えるが、精神的な被害も続いていると言われたのが印象的でした。左のチラシを見ると、昨日は参議院議員会館101会議室で講演会が開かれていたようです。

*床次 眞司(弘前大教授 弘前大学被ばく医療総合研究所床次研究室)
 福島原発事故により引き起こされた初期被爆状況下での避難者に対する放射線科学的影響
浪江町住民を中心とした多数の避難者の甲状腺被ばく線量を推定した。Gmサーベメーターで5000人を調査。除染の勧告をした。環境中放射性核種の放射線計測と線量評価が専門。福島県民健康調査検討委員会委員。3.11後すぐの3.16からの調査の活動を映像、写真で見せられ、専門用語、数字はよくわからないけど、こうして直ぐに現地で調査をされた科学者たちの存在は心強いものです。


*星正治(広島大学名誉教授)
 1954年のビキニ環礁を含むマーシャル諸島での水爆実験によるマグロ漁船員の被曝について。6回行なわれた水爆実験のエネルギーは110キロトンから15メガトンの範囲。被曝した日本の漁船は第5福竜丸だけが知られていますが、最近になって、この付近で500隻もの漁船が操業していたことが分かってきた。総数で1万人の被曝があった。100ミリシーベルト、またはそれ以上の被曝があったことを確認した。厚生労働省の見解は大変恥ずかしいものである。


コメンテーター
*松井英介(岐阜環境医学研究所・座禅洞診療所長)
 電離放射線を長期間繰り返し照射し続ける人工核物質は深刻な内部被曝をもたらす。成人より胎児、新生児、小児への影響がはるかに大きい。大気や土壌、生態系の測定だけでなく、内部被曝線量の精密な測定が求められる。2003年、アフガニスタン国際戦犯民衆法廷で、内部被曝の健康影響について証言した。3.11後、脱被曝を掲げている。「乳歯保存ネットワーク」設立に参加。
 チエルノブイリの頃から色々アドバイスをいただいた岐阜の先生。ご夫妻でいらしていたので、挨拶をしました。「乳歯保存」の件、これからみなさんにおりにふれ、伝えていこうと思っています。

<特別セッション>
コーディネーター 沢田正 日本ジャーナリスト会議広島支部事務局長 2009年共同通信退社。
基調講演 「あらゆる核利用はいわれなき犠牲をしわ寄せする」
*小出裕章 原子力に夢を抱き、大学を受ける時に自分は原子力に命を賭けたいと思って、工学部原子核工学科に進学したという。小出裕章氏基調講演.jpg京都大学原子炉実験所を助教のままで退職しました。「なんとか破局的な事故が起きる前に原子力発電所を止めなければいけないと思って生きてきた。結局できなかった」 。氏の話で一番心に残った言葉は「日本は『唯一の被爆国だ』という考え方をやめるべきだということ。国連の常任理事国5ヶ国は核兵器を保有して核の独占を図ってきた。核実験が繰り返され、原爆の1万倍のセシウムが世界にばらまかれている。日本は潜在的核兵器保有国。核武装の道を歩んできた。核の平和利用はありえない。フクシマは移染14万袋。10万人が流浪の民。日本は緊急事態宣言が4年8ヶ月過ぎた今も解除されていない。小出裕章氏貴重講演  Red-dot drawing.jpg政府の発表はとことん狂っている。全世界のヒバクシャと協力し、あらゆる核利用を無くす方向に向かっていかなければならない。
<小出さんを囲んでのラウンドテーブル>クマール・スンダラム氏(インド核軍縮平和連合)、アナトリー・チュマク氏、豊永啓三郎氏(広島被曝者 勧告の原爆被害者を救援する市民の会)

<セッション-3>核兵器禁止・劣化ウラン禁止キャンペーン 
コーディネーター
*篠原収 (広島女学院大教授)
*中村佳子 (長崎大核兵器廃絶研究センター准教授 元ピースデポ事務局長)
スピーカー
*メアリー・ディクソン(アメリカ ダウン・ウインダーズ ユタ大学創作サービス部部長)
 創作劇「被曝」が絶賛を浴びる。エッセイ「風下の人たち」『必読核読本』に収録されている。ソルトレイク・シティ在住の序章作家。
*川崎哲 (ピースボート共同代表 ICAN運営委員)
*ティルマン・ラフ (ICAN議長 創設者IPPNW 共同代表)

*大久保賢一 (日本反核法律家協会事務局長)
 核兵器廃絶の動きは漂流しているとマスコミに書かれたりするが、本当だろうか。地球破壊のシュミレーションをしてみれば、核兵器の使用は何をもたらすか分かる。日本は核兵器の依存国であり、保有国でもある。市民社会の運動がもっとも重要だ。マーシャル諸島が、核保有9ヶ国(5+4)に対して国際司法裁判所に核軍縮義務を果たしていないとして提訴した。イギリスだけが受諾宣言している。法的手段を使うべきだ。

*マンフレート・モーア(ICBUW運営委員 ドイツ弁護士)
戦争による環境破壊。劣化ウラン弾1996年の国際司法裁判所の「核兵器に関する勧告的意見」は、今藻重要な意味を持っている。しかし、問題解決はなかなか進まない。禁止と廃絶のギャップを埋める方法、そして、どんな法的施設に訴えるかの問題がある。核からのドイツの撤退は濃縮施設を閉鎖しないままであり、NATOの「核分有」のメカニズムを非難しないままで、不完全だ。ネットワークを強化していく必要がある。唯一の解決策は兵器の不使用と核廃絶しかない。

<セッション-4>反核利用キャンペーン(ウラン採掘・原発・核燃料サイクル)
コーディネーター
*木原省治 (原発はごめんだヒロシマ市民の会代表)
*戸田清 (長崎大学環境学部教授 環境社会学)
スピーカー
*武藤類子(福島原発告訴団団長)
類子さんもyoutubeで一方的にお目にかかっていた人。10万人集会でのスピーチは記憶に新しい。
武藤類子さん(福島県三春町)〜さようなら原発10万人集会
最後に自宅の19歳の犬の写真を写されたのに驚きました。「自分の頭で考えよう」と書いた紙を持った犬。毎日犬と、そう話しているそうです。
*クマール・スンダラム (インド核軍縮平和連合CNDP)
インドは国営工場がウランの採掘をしていて、被害はないと公言、ガイガーカウンターを持つことを禁じている。情熱的な訴えに怒りの深さを見た思いでした。
*シュリブラカッシュ (インド ジャドゥゴダ映像ドキュメンタリー『ブッダの嘆き』監督

映画ドキュメンタリー上映会
「インド・アメリカのウラン鉱山被害」
私達が映画を見ている時間帯に重ねて、別室では憲章を作るための作業にかかりました。

世界核被害者人権憲章要綱起草委員会
コーディネーター
足立修一(日本反核法律家協会) 嘉指信雄(世界核被害者フォーラム実行委員会共同代表)
起草委員
浦田賢治(早稲田大学名誉教授 国際反核法律家協会副会長)
マンフレート・モーア(ICBUW ドイツ弁護士)
今中哲二(京都大学原子炉実験所助教)
佐々木猛也(日本反核法律家協会会長)
大久保賢一(日本反核法律家協会事務局長)
川崎哲(ICAN運営委員 日本核兵器廃絶NGO連絡会共同世話人)
振津かつみ(ICBUW チエルノブイリ・ヒバクシャ救援関西)
平野伸人(在外被爆者支援連絡会共同代表)
鎌田七男(元広島大学原爆放射能医科学研究所長)
武藤類子(福島原発告訴団団長)
アンエリス・ルアレン(カリフォルニア大准教授 先住民族の核被害研究)
ティルマン・ラフ(ICAN代表 IPPNW共同代表)
メアリー・ディクソン(米 ダウンウィンダーズ ディレクター)
アナトリー・チュマク(ウクライナ国立放射線医学研究センター副所長)
佐藤真紀(NPO法人日本イラク医療支援ネットワークJIM-NET事務局長)
スティーブン・リーパー(元広島平和文化センター理事長  英語担当)
実行委員会: 青木克明 舟橋喜恵 木原省治 沢田正 森瀧春子)
通訳担当 メリ・ジョイス(ピースボート)
posted by Hiromi at 17:05| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レポートB世界核被害者フォーラム

佐藤さん NPO法人日本イラク医療支援ネットワーク JIM-NET事務局。1994年から国際協力の仕事をしている。イエメン、シリア、パレスチナで暮らす。2002年からイラクに関わり小児ガン支援を始めた。イラクの小児ガンの子供が描いた絵を使ったチョコレート募金が主な収入源になっているそうで、そうかっ! 私も2年ほど前、日進市でいくつか買って、中澤先生の家で、初期にゲンの英語版の翻訳に関わった男性たちに配ったことを思い出しました。

豊田さん この人もyoutubeで一方的にお世話になっている人。ここではコーディネーターの役割でしたが、その席に座りながらもずっとカメラで撮り続けていたのは、プロの姿だなぁと思いました。
「つなぐ」ロングインタビュー フォトジャーナリスト豊田直巳さん

伴さん 原子力資料情報室共同代表。 原発問題に関心を持ったのは、スリーマイル島原発事故から。あらゆる原子力利用活動には副産物として放射性廃棄物が発声する。最終的には原子力諸施設も放射性廃棄物となる。そして、必ず、労働者の被曝と周辺住民の被曝を伴う。

ジャワッドさん  イラク保健省がん医療顧問。劣化ウラン弾の半減期は45億年。劣化ウラン弾は1991年、湾岸戦争でイラクに対して初めて使われた。無責任な行為の結果として2重3重がんという新しい奇妙な現象、悪性腫瘍、筋肉疾患、神経系疾患が増加している。リスク高架は一生続き、汚染地域の浄化は非常に難しい。 罹患した人に医療や社会的支援を提供するのも困難。

カリームさん イラク・バスラがん予防センター長。  

歓迎レセプション ロビーをはさんだ隣のレストランで開かれました。社会福祉法人はぐくみの里のメンバーさんたちの歌声で始まりました。司会・通訳は原発はごめんだヒロシマ市民の会代表や浅妻代表とウクライナからの代表.jpgワールドフレンドシップセンター理事長、ピースボート国際担当の方達。秋葉元広島市長が英語で歓迎の挨拶をされ、篠笛演奏も彩を添えました。→レセプションの時に早速ロシア語で話しかけるANプロジェクト・ゲン代表
 皆さんが名刺を持って話の花も咲いたのですが、私はゲンプロの3人で秋葉さんに突進。その後、岐阜からいらしていた松井ご夫妻に挨拶。乳歯保存活動のストロンチウム90について熱心に話されていたので、金沢のゲンをひろめる会から参加している女性歯科医のMさんを引っ張ってきて紹介しました。http://pdmn311.jimdo.comで詳しいことが分かります。乳歯が抜けたら、ぜひ保存しておいて調べてもらいましょう。
 プロジェクト・ゲンの金沢のANさんとNさんはゲンを広める活動の英語版チラシをたくさん持ちながら、だれかれにチャンスを狙っては説明アタック。旅館に辿り着いたら9時半をまわっていました。爆睡。実行委員の皆さん、同時通訳の皆さんはまだまだ明日の準備もあるでしょう。感謝。

 ジャドゥゴダの子供.jpg世界のヒバクシャのポスター展も会場で行われていました。どれも目をそむけたくなるものでしたが、インドジャドゥゴダのウラン鉱山による被害は、12月にアベさんが原発の商売を引っさげてインド訪問をするだけに心にひっかかってなりません。子ども達が生まれながらにして歩けないのです。傍らで寄り添う犬も・・・。
 ・・・つづく





 
posted by Hiromi at 13:50| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レポートB世界核被害者フォーラム


竹峰さん  マーシャル諸島では1946年から58年まで、67回核実験が行なわれた。広島の7000発分。1998年以降マーシャル諸島に通う。グローバルヒバクシャ研究会共同代表。日本平和学会理事。米国政府は1954年の水爆ブラボー実験だけ認めたが、風が思いがけない方へ吹いたためとの見解。住民は人体実験を強いられたのだ。

高東さん 黒い雨集団訴訟原告(略)
都築さん 長崎被曝者の誓い(略)
沈(シム)さん 韓国原爆被害者。韓国の広島と呼ばれている陜川から来た。1943年広島生まれ。8.6の朝鮮人被曝者総数は74万人中、10万人と推定される。強制労働から解放され、生き残った43000余名は帰国したが、後遺症、貧困、差別の中で死んで行った。現在被曝者として登録しているのは2650名余。日本政府は被曝者援護法から排除した。数十年間個別訴訟をしている。謝罪と補償をすべきだ。
 核を保有する限り世界平和はない。最高の遺産は、戦争がなく、仲良く暮らす核のない平和な世界を譲り渡すことだ。

アントンさん 9歳の時、原発事故が起き、被曝した。政府だけでは問題は解決されず、事故後数多くのNGOが創設された。私は被害支援NGOラディミチの代表で、子ども達のための保養キャンプなど多くの社会的、医療的サービスを提供している・・・話の途中でスーーーーーッと彼が前のめりに倒れこみ、会場が「あーーーっ」という声と駆け寄る人々。慣れない英語のスピーチで緊張していたこともあるかも知れないとコーディネーターがフォローした。医師も多く参加している会なので、咄嗟にケアがあったけど、本人は大丈夫と言い、しばらく静かに休むため着席。弁者をアレキサンダーさんに交代した。
 ANさんが、マカレビッチ村を訪ねた時、ニーナさんの小学校で子ども達がゲストをもてなす遊戯の途中でバタン! と倒れたりしたことを思い出して、「その時、これがチェルノブイリだ! って叫んだ村人がいたよ」って話してくれました。私もアントンさん自身の体調が悪いのだと直感しました。

アレキサンダーさん 2001〜3年、ロシアチェルノブイリ同盟副委員長。現在チェルノブイリ同盟・レニングラード支部委員長。

長谷川さん 福島県原発事故被害者団体連絡会共同代表。全域が計画的避難区域に指定されているなか、飯館村で牧場を続けている。「謝れ! 償え! 返せふるさと飯館村 原発被害糾弾 飯館村民救済申立団」結成。

井戸川さん  前福島県双葉町町長。福島県の首長の中でただ一人町民の県外避難を実現させたり、2012年10月と2013年5月にはジュネーブの国連人権理事会総会で窮状を訴えた方です。会議の間、ずっと熱心にメモをとっていらした姿が印象的でした。エリアはパニックの中で勝手に加害者側が根拠もなく線引きしただけだ。2015/08/21 福島被ばく訴訟(原告 井戸川克隆前双葉町長)裁判後の報告会が彼の今を語っています。 (4分07秒)

・・・途中。まだまだ続く





posted by Hiromi at 10:26| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

レポートA 21日の午前中のレポートはまだ終わらない

メアリーさん NHK ドキュメンタリーWAVE 2014.3.15.放送のダウンウィンダーズ(風下の人々)に登場する、ネバダ核実の被害者。立証の責任は犠牲者に課せられている。アメリカの教科書には、核被害者の事は載っていない。私達は核実験の負の遺産を残さないため、多くの人にアートを使ってメッセージを発信するのがわかりやすく有効的だ。私はこの被爆の物語をシナリオにし、演劇で訴えたら、見た人はよく理解してくれた。ダウンウィンダーズの放送は↓で見られます。 48分47秒の作品。

カリナさん  南オーストラリア州 ククサムラ族 1950〜60年代のイギリス核実験被害者 豪州非核連合
 オーストラリア先住民として、先祖からの土地の言語と文化に囲まれて育った。しかし、移住せねばならず、子ども達は言語も破壊された。核実験のため、父親は失明した。著書「トーキング・ストレート・アウト(いかに自然と調和するか)」。イギリスの王立委員会は被害を認めた。

トフティさん 中国核実験被害者 ロプノール・プロジェクト 1999年、英国に政治亡命。2005年英国国籍を取得
トフティさん毎日新聞から.jpg (写真は毎日新聞から)10歳の時、通学中埃が空から降ってきたのを見た。1973年の当日に撮った写真がある。先生は土星の嵐だと言った、公式に中国政府が言っているところよりもっと西方で実験した。軍の幹部は「ズボンを行商で売ってでもアメリカの原爆を手に入れる」と言っていた。朝鮮戦争後、ソ連の専門家の提案で核実験を始めた。新疆は2000万人の人口で国立病院が94年に出来、500床。08年に更に二つの病院が新設され、2000床。ロプノール地区では肺癌が多い。例えば人口1億人の湖南省では800床だ。
 中国は核兵器のために、朝鮮戦争で使った2倍のお金を費やした。19万人が死んだと推定される。58年から61年の大飢饉では4000万人が死んだが政府の説明は「天候不良」。しかし、調査の結果、天候不良はなかった。これは核実験のせいだと考えられる。ロプノールには黒い雨はふらなかったが、降下物が大気中に浮遊したままなので、肺癌が多いのだ。
 去年の4月台湾へ行った。「核廃棄物を中国へ送れ!」というリーフレットを見た。中国は台湾政府からお金を貰って、核の廃棄物を受け入れている。軍人は補償されたが、一般市民はいっさい補償金を貰っていない。私はウイグル人だ。94年、兄弟の結婚式に行った。その時に200匹の羊を飼っていた老人が「アラーの神を見た」と言っていた。空に光りを見たのだが、これをアラーの神だと思ったのだ。300キロ先の軍の病院にいた人が、光は右側に光り、右側を大火傷した。この人が証人になった。

 中国はパキスタンにロプノールで核実験をさせた。私達は実験台になったのだ。25分のドキュメンタリーで、一生を棒にふった。イギリスで難民として暮らしているが、一匹狼的に調査しなくてはならない。研究はなかなか支援してもらえないが、若い人たちにも研究のチャンスを与えたい。


竹峰さん 
(続く)
続きを読む
posted by Hiromi at 22:33| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レポート@ 核のない未来を! 2015世界核被害者フォーラム

 11月21日から23日まで、広島の国際会議場で開かれた 「広島・長崎被爆70周年  核のない未来を! 世界核被害者フォーラム」に参加しました。3日間の延べ参加者は約900人。主催は実行委員会であり、全く市民のボランティアによるものです。会議を開くのに、3年の準備を費やされたと聞き、さもあらんと唸らされる運営と内容で、実行委員会の皆さんや講演、情報提供や訴えをされた皆さんの切実な想いとひたむきな努力にふれ、とても感動しました。3日間の私の感想を一言で言えば、「私は知らないという名の世界の小さな国の小さな町の町民」だということです。
国際会議場二階席から.jpg 世界の核被害者が集う国際会議は1987年に米国、92年にドイツで開かれた「核被害者世界大会」以来で、その理念を継承した実行委員会が、23年ぶりに被爆地で初めて開催しました。ウラン鉱山周辺に暮らす先住民や核実験被害者、原発事故後に作業に当たった労働者ら、海外9カ国から招待ゲストを含む約80人が出席し、この地球の放射能汚染がどれほど危険な状態であるか骨の髄まで染み渡りました。「核と人類は共存できない」。核の平和利用はありえない。原発はすべて葬るべし。開会 ドイツから連帯メッセージ   .jpg


連帯メッセージ(ビデオ) アレックス・ローゼン博士(ドイツIPPNW副会長)
 小児科医 現在ベルリンで「チェルノブイリ以後30年 フクシマ以後5年」と銘打った国際科学者会議を組織中。
<セッション-1> 核サイクル被害現場からの報告
【21日(土)】
<開会セッション>
基調講演T 
ティルマン・ラフ博士
IPPNW(1985)共同代表 メルボルン大学保健衛生学部准教授 核兵器廃絶国際キャンペーンICAN創始者及び議長
演題「健全な持続可能な未来は核なしで初めて可能だ」

[1]ウラン採掘
  ●コーディネーター 
  *アンエリスルアレン(カリフォルニア大サンタ・バーバラ校准教授)
  *瀧春子(世界核被害者フォーラム事務局長)            
  ●スピーカー
  *ペトゥーチ・ギルバート(アメリカ ウラン鉱山先住民)
  *アシッシ・ビルリ (インド ジャドゴダ・ウラン鉱山・放射能反対同盟)
[2]核実験
  ●コーディネーター 
   *竹峰誠一郎(マーシャル諸島におけるアメリカ核実験被害研究者)  
  *田崎昇(核兵器廃絶地球市民集会実行委員会長崎事務局長)
  ●スピーカー
  *メアリー・ディクソン(ダウン・ウィンダーズ 風下の人々)
    *カリナ・レスター(南オーストラリア州ククサムラ族英核実験被害者 豪州非核連合)
  *アニワル・トフティ(中国核実験被害者 英国在住 ロプノール・プロジェクト)
  *竹峰誠一郎(マーシャル諸島におけるアメリカ核実験被害研究者)
[3]広島・長崎原爆被爆
  ●コーディネーター 
   *青木克明(世界核被害者フォーラム実行委員会共同代表)
   *森口貢(長崎の証言の会事務局長)
  ●スピーカー
  *高東征二(広島被曝者 黒い雨集団訴訟原告)
  *都築昭平(長崎被曝者 2013年長崎平和記念式典で「被曝者の誓い」)
  *沈鎮泰(韓国原爆被害者協会 陜川支部長)
[4]原発事故/原発労働(チエルノブイリ・福島)
  ●コーディネーター 
  *湯浅一郎(NPO法人ピース・デポ副代表)
  *白石草(NPO法人 Our PlnetTV)
  ●スピーカー
  *アレキサンダー・ヴェリキン(ロシア・リクビダートル)
    *アントン・ヴドヴィチェンコ(ロシア・チェルノブイリ原発事故被害支援NGOラディミチ代表)  
  *長谷川健一(福島原発事故被害者 福島原発事故被害者団体連絡会共同代表)
  *井戸川 克隆(前福島県双葉町長)
[5]原発事故/原発労働(チエルノブイリ・福島)
  ●コーディネーター 
  *佐藤真紀(NPO法人イラク医療支援ネットワーク=JIM-NET事務局)
  *豊田直己(フォトジャーナリスト)
  ●スピーカー
  *伴英幸(原子力資料情報室共同代表)
  *ジャワッド・アルーアリ医師(イラク保健省ガン医療顧問)
  *カリーム・アブドゥルサダ・アブドゥアーメド医師(イラク・バスラガン予防センター長)
夜】 歓迎レセプション
朝5時過ぎに家を出て10時の開会に滑り込み、夜のレセプションにも出たので、その間ずっと同時通訳つきで集中して話を聞いていたので、かなり疲れました・・・が、大切なことばかりで、アッという間に時間が経ちました。埼玉からの中澤ミサヨさん、Kさん母娘と金沢からのプロジェクト・ゲンのANさんとNさんと一緒。他に「ひろめる会」の方もいらしてた。

 プログラムに並んだ名前を見ただけでもすごいのだけど、これが第一日目。印象に残ったのは
【ティルマン・ラフ博士の話】 (写真は毎日新聞から)
 ティルマン・ラフ氏基調講演(毎日新聞から).jpg今、世界に存在する核は15700発。博士自身も21年前、ウランの廃坑で被曝して癌を発症されたそうです。びっくりしたのは、福島の原発はすべてオーストラリアで採鉱したウランが使われていたということ。オーストラリア政府はアメリカと喧嘩すれば各施設が標的となるので、核戦争は避けられないので、ウラン採鉱を止めない。うちわに見積もっても世界の240万人が核実験で癌になって死んでいく。放射性粒子を私達は体内に持っている。
 チェルノブイリ・フクシマは誰でも知っているが、世界15の原子炉でメルトダウンが起きていることは知らない。安倍首相は嘘でオリンピックを手に入れたが、オーストラリアの首相も嘘つきである。放射能の診断をしないようにして、長崎、広島で継続的な被害はないと言っている。原発労働者には明らかな健康被害があるのに、公式見解は、いつも「大丈夫」。チェルノブイリの除染作業者には白血病が多く、ラドンガスのリスクは肺癌になっている。チェルノブイリのバッタや鳥のオスの40%は無精子であり、鳥の種類が減っている。虫の突然変異も多く、森の木の火事でセシウムが拡がっている。私達は原子力は要らない。各国政府へ働きかけは核の終焉のために決定的に必要なことだ。

【アメリカウラン鉱山先住民とインドのウラン鉱山の反対同盟のお話】
 ペトゥーチ氏。ユネスコのNGO「先住民世界協会会長」。
 ニューメキシコで原爆が生まれた。テイラー山という先住民にとっての聖地もある故郷に、二つの国立核研究施設があり、50年以上に渡ってウラン産業が全てを蝕んだ。グランツ・ウラン地区はかつて世界でもっとも盛んにウラン採掘が行なわれ、世界のウラン産業の首都と呼ばれた。アメリカは採鉱は止めたが、今尚除染していること、多くの住民が癌で死亡した。今、新たな鉱山の計画に直面している。日本のS商事が部分的に所有する鉱山が新たに開かれる計画だ。

 アシッシ氏。インドジャドゥゴダで生まれ育った26歳のフォトジャーナリスト。核の犠牲者の写真を撮ることで、世界への調停者になりたいと思っている。
 12月に安倍首相がインドに行くが、日本こそ非核のお手本を示すべきなのに、ウランの商売に精を出して原発を売る。私達は25日に住友商事に申し入れに行く。インド政府は新たな鉱山ができればお金が入る。先住民に病院、学校、教会を新しく建ててやり、ウランの開発側と反対派を分断する。インド政インドに原発を売っている場合か.jpg府は住民がガイガーカウンターを持つことを禁止しているし、被害はないと言う。私達は子どもを生んだとき、いつも障害がないか、指を数える。こんな不安はもうごめんだ。被害者の国際的ネットワークを作る必要がある
(クリックで拡大して読んでみて!彼の怒りが伝わってきます)

※つづく
posted by Hiromi at 14:27| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

君たちを憎むつもりはない

20151120中日.jpg  国連の特別報告者の来日が突然の延期になった騒ぎが、今朝の新聞に載りました。不可解だよね!

 八事朗読バンド。12月19日に「百花百草」で、語りや歌やピアノやライア、オカリナなどの演奏にまぜてもらって、30分ほど朗読させてもらうので、今日は立ち稽古に入りました。みんな思い込みでとんちんかんになったり、すぐ忘れて失敗したり、まあ、可笑しいったらありゃしない。大丈夫かいな。いつものように幸せすぎるひととき。でも、皆笑ってばかりいられないね。日本だっていつ起きるか分からないよねと顔を曇らせます。

 パリの同時テロで妻を亡くした、映画ジャーナリストのアントワーヌ・レリスさん(34)の文章が、フェイスブックで話題になっているので、それも印刷して共有しました。
********************************************

「君たちに私の憎しみはあげない」アントワーヌ・レリス     

                       

金曜の夜、君たちは素晴らしい人の命を奪った。

私の最愛の人であり、息子の母親だった。

でも君たちを憎むつもりはない。

君たちが誰かも知らないし、知りたくもない。

君たちは死んだ魂だ。君たちは、神の名において無差別な殺戮(さつりく)をした。

もし神が自らの姿に似せて我々人間をつくったのだとしたら、

妻の体に撃ち込まれた銃弾の一つ一つは神の心の傷となっているだろう。


だから、決して君たちに憎しみという贈り物はあげない。

君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈することになる。

君たちは、私が恐れ、隣人を疑いの目で見つめ、安全のために自由を犠牲にすることを望んだ。

だが君たちの負けだ。(私という)プレーヤーはまだここにいる。


今朝、ついに妻と再会した。

何日も待ち続けた末に。

彼女は金曜の夜に出かけた時のまま、そして私が恋に落ちた12年以上前と同じように美しかった。

もちろん悲しみに打ちのめされている。

君たちの小さな勝利を認めよう。

でもそれはごくわずかな時間だけだ。妻はいつも私たちとともにあり、

再び巡り合うだろう。君たちが決してたどり着けない自由な魂たちの天国で。


私と息子は2人になった。

でも世界中の軍隊よりも強い。

そして君たちのために割く時間はこれ以上ない。

昼寝から目覚めたメルビルのところに行かなければいけない。

彼は生後17カ月で、いつものようにおやつを食べ、私たちはいつものように遊ぶ。

そして幼い彼の人生が幸せで自由であり続けることが君たちを辱めるだろう。

彼の憎しみを勝ち取ることもないのだから。

********************************************

posted by Hiromi at 16:45| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

警戒警報

 パリで同時テロが発生したことで、政府はそれみたことかと、伊勢志摩サミットが間近だし、国内テロ対策を強化しなくっちゃと言うだろうと思ってたら、早速その話になっています。
 犯罪を実行しなくても計画を話し合うだけで「共謀罪」だ!って捕まえる法案は、国際組織犯罪防止条約を批准するための制度として提案されたけれど、マフィアなどによるマネーロンダリング対策が中心の条約で、政治的・宗教的なテロ対策とはまったく関係ないそうです。日本はテロ資金の供与に関しては、国連のテロ資金供与防止条約を批准していて、既に国内法化しているそうで、「共謀罪」「共謀罪」って、政府が気に入らない思想や宗教を持っている人たちを、何でもカンでもテロを計画している奴だって捕まる時代になるのはもう本当に恐ろしい。逆だよ、話は。政府に対して警戒警報発令!!!
posted by Hiromi at 05:37| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

国連「表現の自由」報告者の来日延期

なんとまあ! 昨日ブログでお知らせした件に緊急事態発生!
秘密保全法に反対する愛知の会のブログに以下のお知らせが載りました。
**********************************
【重要】2015/11/13になって、日本政府が今回の国連「表現の自由」特別報告者の公式訪問を延期してほしい旨、特別報告者に連絡があり、デイビッド・ケイさんは再検討をお願いしたもののだめだった、という連絡が11/18に日本のNGO側にありました。今回の資金カンパの呼びかけはいったん停止いたします。また情報が入り次第掲載いたします。ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。
********************************** 
 日本政府は何を考えているのか。都合の悪いことに慌てて作戦を練っているのか。

★代りと言ってはナンだけど、12月7日の南京大虐殺の証言集会に力が入ってきているので、中間報告。
 証言者の高齢化で今年が最後になるのですが、今回は名工大や、愛教大、県大などの留学生に呼びかけて大勢集まってもらいます。そして、もちろん日本の学生たちにも集まってもらい、対話集会にすべく準備中です。月曜日の午後6時30分からですので、出かけにくい人もいると思いますが、時間のある方はぜひ起こし下さい。

  カラフルワンピース.jpgリクエストがあったので、久々のミシンがけ。ただスマホで見せてくれた、小さいモデルが来ていた可愛い洋服とは似ても似つかぬ泥臭い服が出来上がってしまいました。もう一つのサムエルパンツは大丈夫。家にあった布で、30分で縫えました。お股がぶかぶかのパンツ。こんなのがいいんですって。
 私達の子育て時代はロンパースなるモノをはかせていて、ベイビー、幼児の着る物は、ほんとに可愛らしい子供子供したものだった・・・と、今になって思います。
 今の時代のファッションは、赤ちゃん時代からまるで違います。なので、思い込みで自分が可愛いと思うものを作るのは止めました。欲しいものを、欲しいときに言ってもらって、迷惑にならないものを作るようにしています。
 サムエルパンツ.jpg サムエルパンツ2.jpg

posted by Hiromi at 23:36| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

国連「表現の自由」特別報告者に日本の危機的現状を伝えたい!

 テロは憎しみの連鎖の究極にあると思います。冷静にやるべきことは何か。
「21世紀で最悪の法律」と言われている「特定秘密保護法」について12月1~8日、国連「表現の自由」特別報告者が日本に公式訪問を行います。秘密保全法に反対する 愛知の会では、国連特別報告者に、特定秘密保護法をはじめとする「表現の自由」の危機的現状をより正確に伝えるため、資金カンパを呼びかけています。以下の漫画で、なぜ特別報告者に資金援助が必要か、とてもよくわかります。クリックでも読める程度に大きくなりますが、以下のアドレスに移動すると大きな絵と字で読みやすくなります。
更に詳しくは、会のブログ
151116-1.jpg 151116-2.jpg151116-3.jpg151116-4.jpg

151116-5.jpg151116-6.jpg151116-7.jpg151116-8.jpg
*************************************************
◎郵便振替口座
※「藤田さん国連働きかけ」と記載ください。
  郵便口座番号=00840-3-214850  加入者名=秘密保全法に反対する愛知の会
◎ゆうちょ銀行口座
 ※以下口座にお振り込み後、FAX052-910-7727 かメール no_himitsu@yahoo.co.jp にて
  「藤田さん国連働きかけ」カンパした旨ご連絡ください。
ゆうちょ銀行 0八九(ゼロハチキュウ)店 当座 0214850
  加入者名=秘密保全法に反対する愛知の会
*************************************************
posted by Hiromi at 03:34| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

筑後の保育に生きた女性

遺影に.JPG まのあみさんのお母さんの訃報を受けました。96歳。13年前、福岡に泊まりこんで色々お話を聞き、CD-R「筑後の保育に生きて」を作らせて貰ったので、しんみりしてしまいました。もう一度聴いてみようと、パソコンの前に座りました。今だったらもう少しうまく作れそうなのに、雑な仕事に恥じ入るばかりだけど、子ども達と歌った歌などを、何曲かとっても楽しそうに歌っていらっしゃるので、あらためて、この人にはこのタイトルがふさわしかったのだと、それだけは自信が持てました。CD-Rの表紙の写真を遺影に使ってくださるとのこと。激動の世紀を生き抜かれた美智子さん。どうぞ安らかにお眠り下さい。合掌。
クーでバースディデザート.jpg

  遠路、3人の家族がやって来て一泊。指人形のアフターは、一塁打くらいだったかなあ。動物の名前がわかるようになっているので、今度は動物の指人形を作ってみましょうね。今日はクーへみんなでいって、誕生日のお祝いを若い人達にしてシェフに美味しいよ!.jpgもらいました。ありがたく幸せなことです。デザートにろうそくが立ってました。ベイビーの相手もしてくれる優しいシェフさんにもありがとう。

 パリで同時多発テロ。「テロと断固と戦う」という政府の姿勢に震える。悪魔の循環に入り込むのか。冷静に対処してほしい。忙しい忙しい一日でした。


続きを読む
posted by Hiromi at 21:57| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

続指人形

 中休みの遊び。指人形の続きです。昨日の猫は指1本つっこむだけですが、本日は指は足や手になるというおかしな人形です。はたして喜んでくれるでしょうか? ♪ビフォーアフター♪ しかし、左手の指人形を右手で撮るのは難しかった。
 子持ちのお父さんシシャモが広告の品になってるけど(クリックで笑えます)、こんな指人形も、もっ上手に出来ルようになったら、売り出してみようかな。
指人形家族.jpg 指人形の手足.jpg 子持ちししゃも.jpg
posted by Hiromi at 23:39| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビルマ

バラの毛で作った指人形バラ.jpg 今日はずーーーーっと何年も前からやりたかったことをしました。バラの抜け毛を5年間ほど大事にた猫音楽会.jpgめていて、それを温めたアルカリ性の石鹸液につけてキルトにして、バラを作ることです。これは中が空洞になっていて指人形にして遊べます。私が年月をかけてする事はこんなささやかなこと。 

 ミャンマー政府が8日に行われた総選挙での敗北を認めて、 アウン・サン・スー・チーさんの最大野党に政権を移譲すると発表。スーチーさんの不屈の長い長い闘いを想いました。本当にすごい。
 中国にいた頃に知り合ったミャンマーの(数少ない)人たちの顔がまず浮びました。「ミャンマーじゃない。ブーマーだ」と、私の耳には聞こえたのですが、確かに日本のニュースキャスターたちが、「今日からミャンマーという国名にします」と言った日のことを覚えています。日本で ビルマ と呼ばれているのは、江戸時代の末、オランダ人の発音から「ビルマ」としてきたそうだけど、私が「ビルマ」を明確に認識したのは中学か高校日本は終了しました.jpgだったか、「ビルマの竪琴」を読んだ時ぐらいだから、他国のこととはいえ、私も相当政治ピーマンでした(ピーマンさん、ごめんなさい)。これから国名はどうなるのかしら?
  と、考えていたら、Hさんがこんな写真をおすそ分けしてくれました。(クリックしたら笑えます)日本も「太陽」とか「ピース」なんて国名に変るときがあるかもね。希望は捨てないで生きましょう。
 琉球新報のニュースもすごい。
********************************************
  【辺野古問題取材班】
 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、反対する市民らが11日早朝、米軍キャンプ・シュワブゲート前に約500人以上集まり座り込んだ。午前7時ごろから機動隊が市民らに対し排除や隔離を繰り返したが、市民が一時、機動隊を押し返し抵抗、再びゲート前に座り込む場面もあった。
 市民らは座り込みながら「暴力やめろ」と訴えた。市民らと機動隊の激しい攻防で、新基地建設関連とみられる工事車両が立ち往生した。約1時間半後、基地に入った。周囲では渋滞が発生した。
 大浦湾海上では大型クレーン船が湾内で移動したほか、シュワブの海浜では2基目のスパット台船が組み立てられている。
移設に反対する市民らは抗議船とカヌーに乗って、海上で工事をやめるよう訴えている。市民らは旧ゲートに続く国道329号でも工事関係車両を止めるため座り込んだ。その間、女性2人が腰や首の痛みを訴え、救急車で搬送された。国道329号も数十分渋滞した。 平和運動センターの山城博治議長は、機動隊を押し返したことを「座り込んで以来初めてだ」とし、「市民が結集すればできることが証明された。
暴力的なことはせず、座り抜いて闘おう」と拳を突き上げた。【琉球新報電子版】

 【東京】
 全国928町村議会の議長が一堂に会した「第59回町村議会議長全国大会」が11日、渋谷区のNHKホールで開かれ、日米地位協定の見直しを求める特別決議が全会一致で採択された。同大会で地位協定の見直しを求める決議が採択されるのは初めて。
 決議は九州8県の町村議長会でつくる九州ブロック会議から提案された。決議は「全国の米軍専用施設の約74%を占める沖縄県においては米軍基地から派生する事件・事故や航空機騒音、環境問題、米軍人・軍属等による犯罪が戦後70年を経た今日においても後を絶たず、地域住民の生活に多大な影響を及ぼしている」と指摘した。
 その上で、1960年の締結以来一度も改正されていないことに触れつつ「運用改善や環境補足協定の締結がなされてはいるものの、米軍基地から派生するさまざまな事件・事故等から国民の生命・財産と人権を守るためにはまだ不十分」として抜本的な見直しを求めた。【琉球新報電子版】
***************************************

posted by Hiromi at 09:48| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

日中の高校生の交流

  とりあえず中休みが出来る情況になり、めでたし!  恥ずかしいことに、やっと夏物を片付けて冬物を出しました。

 バラ首輪新調.jpg 相変わらずバラは私の足元のダンボールベッドで四角になっています。片付けもののついでにチャッチャッと首輪を作ってやりました。逃走して捕獲するまでに、どこでつけたのか、シャンプーしたら、草の実が20個くらいボロボロ落ちました。首輪ももちろん真っ黒けに汚れちゃってたから。

  友人の王さんは、埼玉県の高校で中国語の教師をしています。ついでがあったので、郵便で南京大虐殺の証言集会のチラシや、テッカイの街宣時のチラシを送りました。彼女は、河村市長のように発言する人がこれからも増えていくと捉えているようです。高校の現場で、今の若者はほとんどそのような歴史知識がないと、実感してるんでしょうね。でも、彼女の高校では、とても珍しいことだと思うのですが、山西省の高校生30名迎えて交流し、今日、その行事が無事終わったそうです。「お互いにいい思い出をつくったと思います。このような交流活動が活発になったら日中関係も改善していくのではないでしょうか。やはり21世紀なので、ほとんどの学生はスマホを使ってすぐネットワーク作りを始めました。」との報告に、私は少し微笑みました。
続きを読む
posted by Hiromi at 00:11| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

誕生日に思うこと

Yさんからのプレゼント.jpg 1949年に分断されて初めて習近平国家主席と馬英九総統が7日、シンガポールで会談しました。あんまり関係ないけど、7日は、何歳だかもう数えもしない誕生日でしたので、どれだけの年月が経ったか、ため息が出ます。
 双方は「中国大陸と台湾が『一つの中国』に属する」との原則を認めたとされる「92年合意」を改めて強調したとのことで、来年1月の台湾総統選で優位に立つ、独立志向の強い民進党をけん制した・・・台湾で、「馬英九総統帰って来るな」ってプラカード持ったデモがニュースで写っていました。うーむ、ゲンはどうなるのでしょうか? 一つの中国としても二つの漢字。簡体字と繁体字はこれからも続くでしょう。1月の選挙に注目。

 誕生日にカードをくださった方、電話をくださった方、メールを下さった方、皆さんありがとうございました。猫好きの私にねこのカードや猫の肉球の本や他にも盛り盛りいただきました。Yちゃん、夏にも誕生日を間違えてプレゼントをくださったので、盛り上がりすぎました!もうコメントだけで幸せですからね。
posted by Hiromi at 13:27| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

キッチンのパソコン

 「整理していたら、20年前のオタク宛の領収書が出てきた・・・税金の控除になったはずなのにごめん・・・」という電話を貰って大笑い。○○万円だからねえ、ちょっと大きいかな。「あの頃はメチャクチャであっちこっちに不義理しとるわぁ」ということ、よーく理解できます。今、私もメチャクチャで、ついに「送ったもの届いていますか?」と言われるようになりました。全て見ないことにしてて、不義理の山です。ごめんなさい。結局言い訳をダラダラしていて、みっともない。やるべき事は明日明日に回してはいけないのだけど、今しばらくお許しあれ。

 グリルの修理。母が火事を起こさないために、トップグリルの中はIT.jpgここの家は早くからオール電化になっていて、グリルの修理で中を初めて見た! 歯ブラシで洗剤をつけて隙間の汚れをギシギシ磨いていたので、隙間から水が入って、錆ていたところにまずびっくり。ついでだからと早速油汚れを擦ろうとしたら、「あ、止めてください。粉が散りますから」「はぁーっ??」「これはパソコンと一緒です。パソコンは水で拭かないでしょう?」「はぁ・・・」
 グリルのトップを外すと中はこんなになっています。確かにパソコンと一緒だね。「身体に良い悪いはわからない」という事でした。携帯電話でも同じで、実験不可能なんだって。停電した時の対策としては、大昔のコンロや火鉢、タドンが倉庫にありますが。
posted by Hiromi at 07:17| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

12月7日 南京虐殺最後の名古屋証言集会

 家事の中で一番放っておいていいものは掃除也。ここんとこ、パソコンと格闘しているので、見て見ぬふりでスルーしていたら、キッチンのグリルの具合が悪くなって、修理の見積もりに来てもらうことになりまして。さーぁ、大変。レンジフードやグリル周り、収納のあちこちのベタベタの掃除にアタフタ。
 思いついて、老眼鏡を外してやったら何とか出来ました(時間がないときは老眼鏡を外して、50%を100%の出来具合に、自分を錯覚させる黄金の戦法)。
 私があちこち開け放して掃除を始めると、バラが脱走の機会を狙っていて、みごと隙をついて、秋晴れの庭へ飛んでいきました。盛りあがるなぁ!
 で、水曜日の朝、『あれ、今日はテッカイの会議の日だぁー!』と、気がついた。休みたい! でも、休めない!
 撤回11月通信288通.JPG出席して又気がついた! 12月7日の「南京大虐殺名古屋証言集会」を共催することになっていた!  主催のHさんがたくさんのチラシを運んできたので、これをテッカイ通信で配らなければならない! 悲鳴をあげたい状態だけれど、誰にも泣きつけません。(人手がまったくゼロ)

 陽はのぼり、陽は沈み、又陽はのぼり。お蔭さまで本日朝5時前に、288通の通信をポストに投函することが出来ました。「市長は聞く耳持たんのだから、どうにもならん話。ええ加減にやめたらどうだ」って声があるけど、結果を得られなくても、結果を得るために歩いていた、その途上でくたばりたい。その途上であることが自分にとって大事なことだと思うので。
posted by Hiromi at 07:21| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

日本は正しい歴史認識をせず、広島と長崎ばかりに言及している

 2日の国連総会で、日本の被爆地訪問を呼びかける内容を盛り込んだ核廃絶を求める決議案を採択した・・・けれど、日本が今まで22年提出して採択されていて、今年は世界の指導者や若者が被爆地を訪問し、被爆者の証言を聞くよう呼びかけているのが特色。初めて「ヒバクシャ」という表現が使われた。
 ▲中国・ロシア・北朝鮮が反対。
   中国は、「日本は正しい歴史認識をせず、広島と長崎ばかりに言及している」と批判。
 ▲アメリカ、イギリス、フランスなど17か国は棄権。

 ヒロシマでゲンの全巻を翻訳中の、エジプトのマーヒル先生は「ゲンは中国のこと何も悪いこと言ってないのにね」と、「どうして中国で出版できないの?」 って怪訝な顔。そうです! むしろ、加害をしっかり描きこみ、強烈に日本を批判している作品です。私も何度もCCTVでもCRI(中国国際放送局)でもお詫びし、中国国家からも、理解され、親切にしてもらっています。個人的には!!!

 私の努力が足りないのだと、自分をつつく。相手が大きすぎ。いや、これは相手の問題ではなくて、日本の問題です。

馬英九総統と中国の習近平国家主席が7日にシンガポールで会談する。
  1949年の中台分断後初のトップ会談となる。
posted by Hiromi at 04:54| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月02日

ホッチキスを発明した人は

   昨夜はバタンキュー。シンポジウムやその後の懇親会での色々な発言が頭に浮んで整理がつきませんでした。写真は休憩中に撮っているので、人があまりいませんが、階段教室は学生や市民混在で、埋まっていました。学生さんたちは剛丈君の事件後に生まれたんだ!  こういう本の中から伝えていくことの大切さをひしひしと感じます。
 パネラーは一人15分ではもったいないような方達ばかりでした。中でも京都大学の法科大学院生で、名市大シンポジウム書評FB.jpgivote関西代表の徐東輝さんの言葉は印象的でした。在日3世で投票権がないという立場からの、「投票権がある事は偉大」「模擬投票で投票用紙を見て涙が出た」という言葉は衝撃でした。

 1030朝日名市大.jpgその彼が、戦争と平和は対義語ではない。事実を知ること、寛容と共感が大切だと言いました。東海高校の社会科の先生で名古屋空襲などの研究科の西形先生は、「爆弾は上から下に落ちてくる」。つまり無差別です。「ホッチキスは誰が発明したかご存知ですか」という言葉から始まりました。「ベンジャミン・B・ホッチキス」です。マシンガンの弾送りをヒントにホッチキスの機構を考え出したのだそうです。ええーっ! 知らなかったぁ!
  音声表現研究会でもお付き合いの長い「平演会」のなかさんは、批判力も饗応力も必要だという話。メーテレのディレクターさんも「お久しぶり!」 の挨拶ができました。全国に対してローカルのメディアのやれること、可能性について話し、皆さんの話が細胞に入ってくるようで、涙が出そうだという彼の感性に感動しました。
 市大側からも学問の府においても、「GかLか」という選択を迫られているそうですが、そういう不毛な選択でなく、「Think Globally、 Act Locally」で行くことの大切さなどが挨拶として語られていたから、この本の出版は、これからきっと色々な力を発揮していくと思いました。

 名市大シンポジウム模擬市長選FB.jpg模擬市長選では9人くらい立候補したのですが、介護通訳という耳慣れないことを訴えた中国の方もいました。残留孤児の帰国者が、年老いて認知症になると、帰国後必死に覚えた日本語を忘れて、中国語の世界に戻ってしまうのだそうです。その通訳が必要とされる。
 5,6歳の子供も立候補して、階段を全部チョコレートにするという公約演説も笑えました。、ピースあいちの宮原事務局長さんが市長に当選して、就任挨拶をされ、大きな拍手。ボランティアで支えられているこの施設が毎年140万円もの税金を払っている苦境を訴え、会場が沸きました。(写真は平田先生のFBから拝借)

 午後2時から5時半まで長いシンポジウムでしたが、服部夫妻(著者ではなく、平田先生が銃規制の活動を執筆されたので)と並んで階段教室に座っていて、全く疲れませんでした。〆はピースあいちの野間館長とイラク訴訟弁護団事務局長だった川口弁護士。
 学生たちも実行委員会を作って、よくサポートをしていました。何より、本を3年がかりで出版にこぎつけられた平田先生と菊地先生に深く感謝しています。ハロウィンサイレントデモ.jpg

 この間、記事は朝日や中日に色々載りました。それから1500人規模のデモもありました。そうそうみんなが同じ時間の地下鉄に魔女姿で乗りこんだ記事もありましたが、これは私は自分の意志で参加しませんでした。ハロウィンには悲しい想い出が生涯つきまとうので。
posted by Hiromi at 10:03| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

ナゴヤ・ピース・ストーリーズ刊行記念シンポジウム

市大ピースストーリーズ1.jpg 市大ピースストーリーズ2.jpg 市大ピースストーリーズ3.jpg 
 『ナゴヤ・ピース・ストーリーズ』刊行記念シンポジウム「ひろげようナゴヤから  みんなで考える本当の平和」 が、名古屋市立大学の滝子キャンパスでありました。約20人の著者はもちろん、4人のパネラーによる書評や、「もしも私が名古屋市長選挙に出馬したら」という模擬立候補演説と選挙のワークショップもあり、実に面白い会でした。写真は休憩時間に思い出して撮った写真なので、人がいないように見えますが、なかなかの盛況でした。夜のパーティでも40人くらいが語り合いました。
 朝からゲンのことでパソコンにむかい、印刷し、それをコピーする・・・、それをパック便で出すなどしてから飛び出したので、もう、この時間は眠い眠い。バタンッ!  (ベッドに倒れる音)。
posted by Hiromi at 22:34| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする