2016年02月28日

日本とドイツの裁判官物語

 教材作りの合間に見た映像。
日本とドイツの裁判官物語

日本の裁判官はイラクの違憲訴訟で違憲判決を勝ち取るまでの4年間、色々知ることができました。なので、ドイツの裁判官のあり様に信じられないほど・・・呆然と言っていいほど驚きました。ナチスの時代の反省がとことんなされているのだと。
ついでに見たのが、

★【新映像の世紀05 若者の反乱が世界に連鎖した】NHKスペシャル2016.02.21


新美南吉の「手袋を買いに」を読もうかとも思案中。最後のきつねのお母さんのことば
「ほんとうに人間はいいものかしら ほんとうに人間はいいものかしら」
人間とは何か。
posted by Hiromi at 21:36| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

春よこい

 3月1日に小学校で絵本を読むことになっていて、45分ずつの、低学年と高学年に分けた国語の授業なので、メニューに頭を悩ませています。
天白図書館人形劇.jpgだーいたいは決めて教案はもう送ったけれど、どうもイマイチ。それで天白図書館に救いを求めて出かけました。と、ちょうど人形劇をやるところだったので、観劇。いい歳のおばあちゃんが一人でっての、ちょっとバツが悪いものがあるけど、ま、いいや。赤ずきんちゃんの話。彼女はめっぽう強くて、おばあちゃんを助けた後は狼を反省させてしまう。猟師が来て、寝ている狼のおなかに石ころつめるんじゃなかったっけ? 惨酷な話は避けているのかなぁ。幼児たちの反応も研究できました。
 たて50p、よこ40pの大型絵本を借りてきました。大好きなシルヴァスタインの本と、やっぱり新美南吉に手が伸びて、借りては来たけど、どう組み合わせてどう流れを作るか・・やっぱり×か・・・・ウームウームと苦闘中也。

 春を待つ草むらから空を見上げる余裕がやっと出来ました。冬に朽ち果てた銀杏の葉って、まるで落ちた種たちの、お布団みたいに土にかぶさっていました。春よこい。
春よこい2.jpg 春よこい3.jpg 春よこい1.jpg 


posted by Hiromi at 20:23| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

改憲の原点” 岸時代の調査会肉声発見

  八事朗読バンドの練習日。芥川龍之介「桃太郎」の深読みをしていて、鬼が島はどこにあったのだろうと追求していたら、どうやらアジアの南の孤島らしい。そこへ一方的に桃太郎が征伐にいくという図です。芥川はどこまで予見していたのか、そこんとこを追求してみたい。イメージは腹底に据えて朗読したいから。

 午後はスウさんを名古屋駅まで迎えに行きました。対話をしながらのアットホームな憲法のお話が大好評で、全国飛びまわって講演しているスウさんだけど、昨日と今日は豊橋だったので、名古屋で途中下車してくれたのです。数時間のひととき、たこ焼器でゴルフボールのようにちっちゃく丸めたひじきごはんを焼いたり、小麦粉じゃなくて、だし汁でといた卵を流して、豆腐や野菜を入れて・・・まぁ、卵とじボールっていうか、オムボールっていうか、何でも放り込んで実験ディナーつきペチャリング。(こんなingあるかいな?)
  スウさん、昨夜の報道ステーションを豊橋のホテルで見てて胸がドキドキしたと言う。
まずは↓を見るべし!

  ジャーナリストの鈴木昭典氏が発見した60時間に及ぶテープがCDに復刻され、かなりクリアに議論が聞けます。岸総理がお友だちばかり集めた憲法調査会の中で、護憲の意見を貫いたのは極わずか。その中の一人がスウさんのお父さんでした。憲法9条は

●発案者は幣原総理
●マッカーサーに提言しマッカーサーが感動して受け入れた。


********************************
  内閣の憲法調査会は、1956年(昭和31年)6月11日に内閣に設置された委員会的機関で、国会議員30人以内+学識経験者20人以内とされ、他に必要に応じて専門委員を増置するほか、常設の事務局が庶務を処理した。1964年(昭和39年)7月3日に内閣と国会へ「憲法調査会報告書」を提出し実質的な活動を終え、1965年(昭和40年)6月3日に廃止された。
***************************************

 スウさんのお父さんは弁護士水野東太郎氏。改正不要論でした。放送の映像の中にはお父さんの姿は現れませんでしたが、あの中にお父さんがいたんだと思えば、胸が高鳴らないはずありません。私だってドキドキしてしまいます。私は以前、水野氏の会議資料をネットで少し見つけたことがあるのですが、会議の肉声がクリアに残されていたとは、本当に驚きました。

<憲法調査会高柳会長の最終盤での発言>
 第九条はユートピアであると見えるかも知れないが、戦争放棄を不変ならしめるのでなければ、人類が滅亡してしまうというビジョンが含まれている。
 第九条は一つの政治的宣言であると解釈すべきである。

 さて、スウさんが北陸中日を切り抜いて持って来てくれ、今日は中日新聞にも掲載されたので、同じ記者の署名でも、3種類の記事が揃いました。地域によって、編集が違って、印象が随分違います。面白い非核・・・オットット比較記事になりました。(クリックするとちょっと大きくなり、その上でもう1回クリックすると、何とか読めます。まだ小さいときは、表示を200%くらいにすれば、虫眼鏡は要りませぬ。皆さんに読めませんと言われるので・・・)

東京新聞 こちら特報部2016222朝.jpg東京新聞(中日新聞)2.22






北陸中日右+左.jpg北陸中日新聞2.22






2016226中日 .jpg中日新聞 2.26







posted by Hiromi at 22:32| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

新聞記事

【広島レポートH
22日の東京新聞(=中日新聞)、北陸中日新聞に記事が出たという事で、わざわざ写真を3つに分けて写して、解読可能な字の大きさを確保して送信してくれた古いがま口の会員さんがいて、感謝! 本当にありがた東京新聞 こちら特報部2016222朝.jpgいものだと思いました。能登島のYさんも「みつけたよー!」。わざわざ郵送してくださった東京のS氏のご親切にも感激しました。と、同時に記事を書いた東京の中山記者さんから新聞が2部郵送されて来ました。
皆さん、有難うございました!朝日広島20160220.jpg

 記者さんは、東京の前の勤務地が金沢。みんなの話をしっかり聞いて、チェルノブイリのニーナさんにまで会いに出かけてしまった方です。頼もしいというか、逞しいというか、本当に骨のある記事を書いてくれました。クリックで読めるようになるといいんだけど。(二回くらいしつこくクリックすると、私のパソコンではしっかり読めますが・・・)記事の読み比べは面白いです。(朝日は集いの前日も載ったのでプラスαです。)時事通信や共同通信も発信しているので、全国のどこかでも出てるかも。
posted by Hiromi at 20:34| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

ノーベル生物学賞受賞

【広島レポートG
<2月19日>
 いつもたいていANさんと一つのベッドで格安ルームです。なんせ2人とも超度級のリトル。安上がりに出来ているのです。
 朝食の時、王さんに夫君の劉さんからのお土産と、Sちゃんからのメッセージ入りのプレゼントをもらい、涙が出そうになりました。私が蕪湖の中学・高校勤務の時の英語の先生だった劉さんは、当時は留学には保証人が必要だったので、蕪湖から帰った私達がいた、沖縄の大学に入りました。でも、私はサッサと北京に行ってしまっていて・・・。
 蕪湖で、生まれたばかりのSちゃんを抱っこしたことが昨日のことのように思い出されます。内科医だった王さんも沖縄に来て、1から日本語を学び、料理店でアルバイトをし・・・結局一家は日本の会社に就職した劉さんとともに東京へ。優秀な王さんは東大で国際社会福祉士の研究を続けてきました。Sちゃんは高校3年生になって、センター試験を終え、希望の大学目指して奮闘中。生物学をやりたいそうです。

 SちゃんからのDNAプレゼント.jpgビーズストラップに、ゲンを応援していることと、生物の授業で作ったDNAを贈りますという手紙が入っていました。Sちゃん有難う。蕪湖からもう20年になろうとしています。辛かったことも色々あるけれど、こんな手紙をもらって最高に癒されました。このストラップは私のノーベル生物学賞です。ボランティアに研究に、高校の教師としての仕事に超多忙な中、ゲン10巻の全てを通しチェックしてくれたママの王さんに心から感謝。有難う。本当に有難う。お好み村で王さんと.jpg

 ANさんと英語のYさん、ベトナム語のEさんと王さんの5人で平和記念資料館を見学。工事中で内容はいつもの半分くらいらしいけど、もう充分な悲惨。なぜ1人を殺すと殺人罪で何十万、何百万と殺すと「戦争」という言葉でくくられ、仕方がなかったんだとなるのだろう。私たちは私達の個々の主語で戦争を止めなければいけない。世界とつながらなければならない。自分の出来る手段で良いのだ。

 1人で宮島観光に行っていたカンさんとミサヨさんと八丁堀で合流して、RCC中国放送でゲンを追っかけているFディレクターも仕事を抜け出して駆けつけて5人でお茶。Fさんは8月に北京取材で一緒だったし、5年間の北京駐在特派員だったので、同世代の中国人女性に会って嬉しそう。北京の環境問題になったら「カンさんの世界の最悪のシナリオはなんですか? 」なんて職業病の質問したりして、私の「なんちゅうインタビューじゃ!」で大笑い。コラーゲン広告.jpg

 帰りの新幹線はカンさんと。広島駅の売店で新聞を買おうと、二人でゲンの記事を探していて「あったー! スゴーク大きく出ているよ!」の私の声にカンさん「どこどこ?」あーぁ、それは美容コラーゲンの広告でござりました。大阪で別れて名古屋に帰着10時半。

posted by Hiromi at 09:22| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AN代表に麦束贈呈

【広島レポートF
<クイズ・記念撮影・夕食会>
(写真は中国新聞デジタルの記事から拝借)
リラックスタイム。「ゲンの中からクイズを10問作って一番良く答えた人にプロジェクト・ゲン中国新聞記事の写真.jpg杯を出そうよ」なんて楽しむ話は先日金沢に行った時にワイワイ決めていて、出題の進行は金沢Nさん。隆太の姓は?ゲンの初恋の光子さんは何巻に登場する? 中沢先生は何回海外旅行をしたでしょう?「ちょっと待って!僕奥さんに訊くから」とマーヒル先生が隆太みたいないたずらっ子発言で笑わせたり、楽しいひとときになりました。
 審査委員長は、ゲスト参加の元カイロ日本人学校のH校長先生。独断と偏見でよいことにしてたら「優勝は一つも答えられなかったソーマシリさんです」(拍手)。スリランカの僧衣に敬意をこめての審査にあたたかい大拍手。2位は中国組のカンさんとオウさん。これは実質で二人はよく答えてたもんね。3位は活発に答えたキムさんでした。拍手〜〜〜〜。

 結局アジアの<漢字>圏は強いんだね、日本語の出題だから。司会をしている間中、「あの方誰?」と思っていた方が最後に挙手して「新聞を見て参加したくなり、押しかけました」と挨拶。「広島市まんが図書館」の女性のK館長さんでした。へーっ! 広島にそんな図書館があること知らなかった!

 20年間プロジェクト・ゲンを牽引してきたAN代表に中沢啓治夫人のミサヨさんから感謝の「麦束贈呈」をして皆で記念撮影。キムさんの夫君も遠路カメラマンを申し出て大活躍してくださる。「はいチーズ」ではなくて、韓国語の???でした。「はい、皆さん談笑して!」と言われたので、すかさずポケットにしのばせていたお手玉を取り出して、実演。誰かできるか訊いたら、王さんがすぐ私に代わって実演してくれました。これでみんな笑顔の写真になったかな?


 記念撮影の前.jpg 記念撮影.jpg(写真は「はだしのゲンを広める会」HPより)
後片付けとメディアの取材が入り乱れ、怒涛の時間。私はただただ叫びまくりでした。6時開会のはずの夕食会は30分ほども遅れ、家座富(カザフ)という中華料理店で25人集合。あまりに仕事が多くて混乱していたANさん、私にキエフと言ってたっけ(笑)、さすがロシア語版。乾杯の音頭は仕事を終えて駆けつけてくださった市立図書館のS館長さん。夏に図書館を訪ねた時に、そもそもこういう会を提案してくださった方です。一緒のテーブルに中国組とミサヨさんが座って話が弾みました。

 今回の行事の全ては「プロジェクト・ゲン」の招待で、ミサヨさんも援助して下さり感謝。「はだしのゲンを広める会」も後援。プロジェクト・ゲンは会社でもNPOでもなく、市民のボランティア翻訳グループです。と言ってもどこかに集まって会を運営しているイメージではなく、翻訳者たちは全国に散らばっているので、翻訳を終えていればゲスト状態です。AN代表個人の家庭が本のダンボールの山であり、お茶の間が事務室であり、パソコン作業の部屋はゲンゲンゲン。家族の協力が運営資金を含めたエネルギーだったのです。よくもやってきたもんだ!ありがとう涙ちゃん! (私たちはあだ名で呼び合ってる)

 ロシア語から翻訳をはじめて、世界に広めるには英語版を作らねばと、初代の4巻までの翻訳グループを再生させて今日まで自然に言語が増えて行きました。ANさんは7人の子育て、お連れ合いの仕事のパートナーなどの激務の合間に20年間をゲンに捧げてきました。彼女の発想と努力がなかったら、ゲンはここまで歩めなかった。新聞各社の記事にはみんなの笑顔が載るけれど、その努力には心から敬意を表します。彼女、英語版の踏ん張りでゲンの借金も返せ、余剰は持っていたくないんだって。清廉なすごいプロジェクトです。
posted by Hiromi at 06:58| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

各言語最近の出版情況

【広島レポートE
<各言語最近の出版情況>
(写真はまるで広辞苑のような大きさの新しいイタリア語版)

ポーランド語版は10巻が出来上がった。
韓国語は、大体去年の8月くらいで10巻がワンセットで2万セット。「私の遺書」は3刷に入っている。

●シンハラ語は10巻までは必ず出す。契約では7年間の中で終わる事になっているが、その前の死ぬ前に()できればできるだけ早く出版したい。印刷機スリランカで持っているからね。(すごーい!)(爆笑)

ベトナム語は1巻を翻訳し終わって、これから出版社探し。ネイティブをみつけて校正する予定。

ロシア語は、今改訂版を出した。この出版社は「俺は見た」のロシア語版と、「黒い雨にうたれて」を出したいと言って、契約が成立した。

イタリア語版を全10巻を3巻に分けて出版する。去年3巻出した。 

広辞苑のようなイタリア語版.jpg広辞苑ゲン.jpg 

●スペイン語版もあらためて契約をして刷り直している。10巻を4巻に分けて、今年が最後。改訂のロシア語版も表紙が毎回すごい。


●<中国語版について> 

●中国の出版社は管理を受けている。敏感な問題にふれる本は監督官庁に出してチェックをしてもらって、問題がなければ出版できる。ただ、必ずしも政治的な問題ではない。反戦とか戦争体験の平和へのメッセージに関しては、むしろ嬉しいものだ。マーケットの問題だ。一つは、中国独自の漫画を育てたいので、輸入制限がある。本当はいいものをたくさん輸入して、それを吸収しながらオリジナル作品を作れば相乗効果があると思う。
 もう一つは、原爆とか、広島の問題とか中国国内ではあまりにも知らない。読者がそれを受け入れる準備がまだないので、出版社の反応としては、出したところで売れないという心配があり、今までの感触では目をつぶるというのが現状。

●台湾でやっと出版できることになった。ただ、台湾は繁体字なので大変画数が多い字体。発音はほぼ同じ。言葉はわかるが、字を全部変えなきゃいけない。ここに仮印刷本を出しておいたが、全部変えた。だから字の問題はあるが、奇跡的に出版してくれる会社が見つかった。契約も済んだので、後は出版を待つばかり。

posted by Hiromi at 15:15| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画はドキュメンタリーではなくフィクション

【広島レポートD
中沢夫人ミサヨさんの話

*人名や学校名は本当の名前は使えない。実際にそんな授業をやったかということになるので、似たような名前に変える。ある程度フィクションを入れないと面白くないから、読んでくれない。小学3年生以上を中心に描いた。子供たちになぜ原爆を落とされたか、原爆の怖さを知らせるか・・・マンガだったら子供たちに伝わるだろうと、自分は漫画家だから、体験もしてるし、「あなたしかかけないから、マンガで表現しなさい」って理解ある編集者に勧められた。同じ描くなら徹底的に原爆の恐ろしさを描こうと言って描いた。言葉は戦前の当時からの言葉を使って描いた。昔はああいう言葉を子供ながらに使っていたし、替え歌も子供でも歌っていた。だから、その時代の雰囲気を出すために描いた。酒屋の看板をそのまま描いたら酒屋さんからお酒を送ってくれた。「よくぞ描いてくださいました」(爆笑)。
 あくまでもマンガ。全部が真実だと…ドキュメンタリーになる。子供が読んでくれない。オーバーに表現して、隆太なんかもすごい言葉が悪いけれど、落ち込んだときは替え歌で元気を出す。そういう表現でずっと描いた。
 広島弁って本当に悪いです。(爆笑)ものすごい悪い言葉ばっかり。子供もそういう言葉を使っていた。今じゃ使っちゃいけないので、悪い言葉なんかを時々悩んでいたけど、編集者が「もうその当時のそのまま書いていいですよ」と仰った。読者からも何一つクレームがつかなかったので、拍子抜けした。

 私は絵は描かなかったけれど、下書きがはいったのを、人物以外の背景のペン入れをした。白土三平のマンガを見ながら自分なりにペンタッチを覚え見よう見まねで練習した。遠近法は主人から教えてもらった。

I-SAW-IT.jpg(アラン)「俺は見た」をアメリカで発行したLeonard Rifas氏が「おれは見た」が出たとき、業者や読者からどんな反響を受けましたかって訊いてきた。

*あの表紙で、原爆のシーンを描くかどうかって迷ったんです。だけど、表紙はパツと見た瞬間「あ、面白そうだなー」とか、「こんなもの見たくない」と思う。表紙ってのはとても大事。原爆は、その当時は本当に珍しかった。俺は見たっていうのは、何を見たんだろうって感じで…で、読んでみると、原爆?アメリカの落とした原爆っていうのはこういう恐ろしいものなんだということを知らせたかった。表紙は大きな目玉で覗いている感じ。
posted by Hiromi at 14:41| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画の翻訳の苦労 各国に事情あり

【広島レポートC

いよいよみんなの話し合い。引き続き・・・まだ・・・司会。方言や侮辱言葉、替え歌の翻訳の難しさが予め予想できたので、調べておいたグーグルランキングの話題を出しました。「口げんかをしたら、ここの言葉が最強だと思う都道府県ランキング」。1位は大阪、2位広島。1000人くらいの調査で大阪を100とすると、広島は29.5になっているから、相当のものです。ここは大いに沸きました。


 次は各言語の苦労話。


<英語>めっちゃくちゃ共感したし、ほとんど同じところでアラブ語と同じ悩みばかり考えていた。日本人の皆さんはこだわりが強くて、外人の僕とか、対象読者のアメリカ人は着物の襟の合わせは全然かまわない。それをphotoshopで逆にしてくれた。アメリカにとって、文化の違いのせいというか、日本語でクソッタレとか、クソクラエは「eat shit」で強烈すぎる。キリスト教の国のせいかも知れないがちょっと避けた。自己検閲。自粛。


<朝鮮語>


 そんな苦労いっさいしてない。私は5時に起きて歯を磨いて朝ごはんを食べて学校に行きました……修飾語は被修飾語の前に来るし、文法的な構造が全く同じ。朝鮮半島と日本は文化も一番近い。ただ日本語を韓国語に訳したら良い。植物も動物も然り、すべて共通する。野球もうちの国にある。

 苦労は朝鮮語と韓国語。韓国では1950年くらいから、もう「韓国語」と言っている。それまでは韓国も「朝鮮語」と言っていた。それで、韓国語と朝鮮語の違いがかなり出てきた。私は北の言葉を学んで、それを職業として来た。今は韓国語と両方できる。2000年に出版社がついた時、出版社は「朝鮮語では出版は無理。韓国語でなかったらダメですよ。韓国人の共訳者をつけてください」と言われ、日本文学専攻の留学生をつけた。完全に朝鮮語に訳したものを、彼が会話を中心に韓国語にした。子供に対する教育のことも考え、そこそこに訳したら、「こんなんじゃ面白くない。先生の訳した韓国語なんて子ども達は読まない」「じゃ、君やってみなさい。これどんな具合にするのよ、クソッタレ」(笑)ずーっと喧嘩をしたが、彼はその汚い言葉でなかったら韓国語で通用しないって主張して、6巻で降りた。7巻からは他の留学生をつけた。

 一番辛かったことは、分断されて、こんなに言葉が違って、これから先どうなっていくのっていう苦しみ。それを「はだしのゲン」でものすごく感じた。出版社がついて、本が10巻まで出たときに、どうしてもこの問題を解決したくなった。ここまで汚してしまった韓国語がいいのかどうか。そんなに文法を無視していいものかどうか。私が間違っているのか。と、韓国の言語学者を訪ねて、現在きれいな韓国語を使う「つづり方教育研究会」の正会員になって頑張っている。そのきっかけになったのが「はだしのゲン」。


<シンハラ語>


 シンハラ語の文法は日本語と全く同じ。言葉では苦しんでない。文化、方言、で苦しんだ。公で言わない言葉もたくさんあり、例えばチンポとかは公では言わない言葉。殺すとかはスリランカではお経があるので、殺生はいけないといわれているので、大学の先生にも相談した。そしたら、意味には変りがないように、そのまま訳したほうがいいと仰ったので、そのように訳した。


<ポーランド語>

一番大きな問題はスペース。日本語は短いがポーランド語は長くなり、日本語版と比べると、小説を書いてるような感じになる。文字が多い。もう一つの問題は宗教。私達はクリスチャンで、お経の表現、お経の考え方を説明しないといけない。


<アラビア語>


 翻訳の問題と日本語の問題は違う。日本語としては全然問題ない。日本語から外国語に翻訳した場合の問題だから、私達の問題。タブーは、私達は日本人ではない。アラブでは悪い言葉とされていても、日本では全然問題ない。それもよく分かってほしい。実際には、私も子どもの時は、そういう言葉をよく使った。言葉を変えたらどうか、批判されるとか、色々子供のことを考えるとか、それは私達が考えること。二つの版を作った方がいい。文化を考えた場合の翻訳版と、事実そのものの本。二つを作って好きな方を読めばいい。


<ロシア語>


 広島弁で苦労した。他の問題は擬態語。ロシアではマンガが人気があり、擬態語とか擬音をどういうふうにマンガで翻訳すればいいという表がもうあるので、それを使った。(S)
 例えば「シーッ」ってロシア語でどう訳したらいいんだろうと考えたし、替え歌なんかも全然わからなかった。ロシアで日本語を教えていた時、ロシア人の女の子を横に座らせて、色々説明して日本語を教えながら、その子のロシア語を借りて訳した。それから5,6年経ってスベトラーナさんが「擬態語と擬音語のロシア語と日本語の対訳表」を見せてくれた。「あ、こんなのもあるんだ!」(K)。



<ベトナム語>


 同じアジア人で文化が近いし、わりと宗教も同じなのでそんなに苦労はなかった。文法では、例えば兄弟で、お兄さん、お姉さん、お父さん、お母さんという目上の人にしゃべる時は絶対に敬語でないとダメという決まりが家族でもある。基本的に「なんとかじゃろ?」とか「おい、おっさん」は、まずありえないので、ちょっと丁寧に言ってみるとか、敬語の問題は違うなって感じた。
司会中.jpg★ ここで看板の文字をどうしたかという話になりました。中国語もアラビア語も全部書き換えた話。

<中国語>については続く


↑(この写真は「はだしのゲンを広める会」HPより)
posted by Hiromi at 10:38| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

マーヒル先生の悩み

【広島レポートB】マーヒル氏の問題提起 会場風景3.jpg
 マーヒル先生のお話は、結局は文化の違いをどう解決して理解してもらうかという事に尽きたと思います。以下要点をまとめてみました。
"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
分からない擬態語は動詞や名詞にに書き換えた。水や血の流れは
「液体」とか。
「死ななかったら・・・」と、後が書いてないのと分からないので、「幸せになったのに」と書き加えた。
「……してチョンマゲ」。サムライの髪がなぜ突然出てくるのか。
「下駄」はサンダルにした。

「舐める」アラビア語では、同じ動詞で二つの意味がある言葉はない。文化の違い。砂漠の国と島国の違い。


「タコオヤジ」タコは「魚」。けど、何の魚か砂漠の民は分からない。「醜い顔をしているオヤジ」と翻訳してた。


「ストライク」「良いコントロール」、「エース」「ナイスカーブ」。 ナイスとナイスでないカーブがあるか? 今、その勉強をしている。アラビア人は野球は全く知らない。言葉としてアラビア語に訳しても分かんない。今、とりあえず考えているのは、できるだけサッカー用語を使ってみる。
「オサルのけつは真っ赤でござる。エジプトのサルのお尻も赤いけど、これをどうやって書くか。
「いいミシンですよ「そうでござるか」を「見ましょう」としたが面白くない。
「チンポを逆剥けにする」とか、その絵は難しい。これは子供の教育の問題になりそうなので、「強く叩くぞ」にした。
第1巻で、「ミーンミーン」は蝉を誰も知らないから「蝉の声」と書いた。その後を読んで深く考えられるようになった。次は「夏が来た」と翻訳したい
 「コロロロロ」っていう虫の音は秋が来ました」と翻訳した。
 「ナムアミダブツ」。意味が非常に深い。「極楽にいけるように神に祈っています」「神様は彼女を救うように」と、その場面場面に合わせて訳した。たくさんの人が死んでいるし、「助けてー」とか「水を下さい」と、言っているが、誰のために言っているか。まだ生きている人を救うために言っているか、それとも死んだ人が極楽に行くために言っているのか、よく分からない「神様彼らを助けて下さい」と、翻訳した。
 これは歌(湖畔の宿の替え歌)。「昨日生まれた豚の子」とか、「蜂に刺されて名誉の戦死」とか、豚と戦死とどんな関係があるか? その時代は、自由にものが言えないから、戦争のことを、豚のように、死んで、腐ったとか、そういうことを言っているのかと、ご存知の方があれば、教えていただきたい。

 「オテテテンプラ」。お手手と天麩羅の関係。歌はまあ、本当に難しい。
 これは「年の始め」ですね。「マツタケヒックリカエシテ…カナシケレ」なんでマツタケひっくり返すんですか? 私はここは嬉しいのだと、元の歌を、翻訳した。

「夜は冷たい心は寒い」。夜が冷たいと心は寒い。冷たいと何で寒いか研究室では大きな問題になって、ある教授が今これについて論文を書いている。アラビア語では同じ言葉にした。

「ジジジ」(蝋燭)。突然ろうそくが出て燃える。私は馬鹿で、最初は「ろうそくが燃えています」と訳したが、数時間待ちましたと訳した。

「裸」第一巻は、僕は裸は出さないほうがいいと言ったんだけど、出版社は出した。やっぱり心配した。どうなるか分からないが、やっぱり一応避けた方がいいかなと思う。

 マーヒル氏の問題提起 会場風景4.jpg原爆の資料として中沢先生が心を込めて書いたもの。アラビア語の表現で言ったら、「血で書いた」と言ってもいい。アラブの25の国で文化のことを考えて翻訳している。二つの翻訳があっていい。まず、たくさんの人に読んでもらうためには問題場面は消し、タブーを考える。もう一つは、事実そのもの、中沢さんが考えたとおりに普通の翻訳をする。中沢さんが考えたものと、文化を考慮したもの、両方があった方が良い。
 はだしのゲンの辞書、歌の解説書とか、カラー版があった方がいい。被害にあったところの人の体がどうなっいいるかわからない。 自分の出版社を作ったらどうか?映画のふき替えもあったら良い。特に文字が読めない人も多いと思うから。


posted by Hiromi at 02:05| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

コーヒーブレイク

やっとつながったケーブル.jpg【広島レポートA】
 皆さんはコーヒーブレイクではあるけれど、こちとらは隣のより広い会場への移動で、またまた壁のセビラを椅子に登って外して移動したり、麦を移動させたり、録音機の電マーヒル氏の問題提起 会場風景2.jpg源を外して又セッティングしたり、展示本を移動させたり、ドタバタ。金沢の二人と私の三人で準備を進めてきただけで、親切に手を貸してくださる方達は、翻訳者であり、お客様であり、又記者さんにつかまってインタビューを受けていたりでグッチャグチャの状況。私が大きな声でどならないと、何も動かない。みんな上品だから、どならないの。

 タクシーで電器屋に走り、ケーブルを手に入れてANさんとEさんが帰り、金沢からの「はだしのゲンを広める会」の男性Kさんが「任せてください!」で、無事スクリーンとパソ コンがつながりました。50分間の外回り奮闘お疲れ様!
 四角の形に机を並べて囲んだら、記者さんから、「真ん中に本の展示を入れてもらえませんか。そうすると全体が本と一緒に撮れますので」。こういうのも、誰が誰に頼んで決定するのは誰かもなく、メチャクチャの中でことが運ばれていくのです。私が1人でどなっている感じ。本当は真ん中に麦を飾るはずだったんだけど。
後半は3時半開始。いよいよ前半でこなすはずだった、マーヒル先生のアラビア語の翻訳を踏まえての問題提起に入り、私は司会の段取りを確認している時間もなく、又司会続行。  
メディア取材風景1.jpgメディア取材風景2.jpg ←(写真は「はだしのゲンを広める会」HPから) 
posted by Hiromi at 15:20| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玩具箱をひっくりかえしたように有事に終わりました

【広島レポート@】
 新幹線とお手玉.jpg2月18日。昨夜11時過ぎに寝たのに、朝1時半に目覚めてから眠れず、布団の中で、「オノマトペ」の問題が出た時に、マンガでは「チャッチャッ」と表現されていたお手玉の場面を各国語ではどう表現するのか、話し合いの雰囲気を立体化するには、ポケットにお手玉を忍ばせておいて、実演してみようと閃いたので、お手玉を作り始めたのでした。デモ、生地を選んで型紙作って裁断したら5時になってしまったので、「アカン! 」と思い、新幹線の中で作ることにして、6時に地下鉄まで送ってもらう。ホテルには順調に10時半に到着して、18人分の宿泊の確認(10月半ばからの予約やキャンセルの繰り返しはスリリングに満ちていた!)と、金沢から先に宅急便で到着している5箱のダンボールを確認。麦.jpg
 11時にミサヨさんが、私のお昼のお弁当を手作りして持って来てくださったので、名古屋から運んだ麦と花瓶の組み立てをしながらミサヨさんへ質問するときの内容を予め伝えました。1時から部屋を開けてもらって掲示物、机や椅子の配置、宅急便のダンボールを台車で2階の会場に上げバタバタやっているところへ、みんながボチボチ到着し始め、「わあ! お久しぶり!」。メディアも入って、直ぐ取材や撮影準備開始。

 金沢からも5人がお茶のペットボトルの重いダンボールを持って到着。問題提起のエ開会前1.jpgジプトのマーヒル先生は可愛いノートパソコンを持って現れたのですが、ホテルで借りたプロジェクターにつなぐケーブルが合わないという大事件が発生。ーー中略ーー

 とにかく2時に開始。主催者挨拶でANさんが挨拶した後、ベトナム語の翻訳をしている金沢の若手Eさんと電器店に走っていったのでした(私は司会中なので知らされず・・・)ーー中略ーー

 結局前半では、アラビア語翻訳中のカイロ大学のマーヒル教授の30分間の画像による問題提起をすっ飛ばして・・・ナニヲヤレッテンダイ! 頭半分でみんなの自己紹介を聞きながら、もう半分は時間配分と内容考慮。結局ANさんが挨拶の後消えてしまって司令塔もなし。後半の4時15分からのリラックスタイムのゲンの歌を先に歌うことに決定(って・・・、私の頭が)して、後半に使うCDを取り出したけど、金沢から送ったプレイヤーがまだ出していなくて、箱から出して持って来てもらったけど、司会しながら「すみませーん、どなたか、操作を助けていただけませんか!」と叫ぶ。
 先に加藤登紀子の「広島 愛の川」を3番まで流して5分稼いだら、「B面の朗読がいいからB面が聴きたい! 」という声が上がったので、又これでたっぷり時間稼ぎ。まだ時間が余るので、「ゲンがよく歌った歌」の冊子を出してもらって、みんなで歌い始める。つまり、リラックスタイムの余興を開会早々にやったのでした。

 「湖畔の宿の替え歌を歌える人」って訊いたら、すぐ埼玉から駆けつけた中国語グループの王さんが手西多さん自己紹介中.jpgを挙げてくれたのにはびっくり。「ええーっ?!中国人の若いあなたが何で歌えるの?」「老人介護施設でボランティアをしていて、よくお年寄りと歌うからです」。感謝と感激で涙する時間もあらばこそ! 結局それで前半は終わってしまったのです。
                                         
↑ (この写真は「はだしのゲンを広める会」HPより)

 コーヒーブレイク。だけど、これは、部屋が狭いので、向かい側の広い部屋に移動するタイムでもあり、メディアが参加者を捕まえてインタビューするタイムでごった返し、掲示物をはがして隣の部屋に貼りなおす人をお願いも出来ない。靴脱いで椅子に登ってはがし始めると、さすがにみんなが手伝ってくれる。
posted by Hiromi at 11:30| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

ゲン一同に

昨日の夕刊 クリックで読めます。
イザ!  思いついて、只今お手玉製作中。
集い朝日2月17日夕刊大阪本社.jpg
posted by Hiromi at 03:13| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

オノマトペ

  ダイジンクラスの政治家たちの呆れるような発言や不正、事件や事故や災難・・・。無言でニュースを睨み、この人間界のカオスを思う。先週、苦悩と悲しみで打ちひしがれた人と5時間以上話しました。御飯を食べながら、おやつを食べながら。彼女が「この世の最大の悲しみの中にいるのに、眠れ、食べられ、時には笑いもする自分がいるのが、恐ろしい」と言ったことが心に残っています。ほんと、そうなんだよね。その力で人は生きる。

  新美南吉の「でんでんむしのかなしみ」が好き。(あ、突然思い出した! Y子さんの子供の時に、私がプレゼントしたカセットテープは、新美南吉童話全集の短めのを集めて朗読したモノだった!)みんな悲しみを持ってうごめき、時々幸せで転がりたいほど感激してる。そして又直ぐわが身の不幸を嘆いたりして、そして、御飯を食べ眠て笑っている。

 218用背ビラ.JPGここんとこ18日の広島の会合の準備に没頭しています。準備に残すはあと2日。8言語24名のゲンの翻訳者たちが集うのです。熱中しすぎて金沢のANさんに「浮かれ者」呼ばわりされ、怒り、登場人物紙コップ小.jpg悪態をつきながら楽しくて仕方がありません。事前にみんなにアンケートをとったら、とても面白い書き込みがあり、又次々に司会のアイデアが出て、(司会をやれと言われています)どんどん深みに入るのです。浮かれてなんかいるもんか。
 登場人物顔 1+2.jpg翻訳でみんなが困っていた事は、広島の方言や悪態をつく言葉、そして「オノマトペ」(フランス語なんだって)という擬音語・擬声語・擬態語でした。 日本語にオノマトペが多いのは、他の 言語に比べて音節、つまり音のかたまりの数が圧倒的に少ないためらしい。それらをゲンから書き出していたら、あるわあるわ、あっという間にA4で3,4枚になっちゃった。ゲンがよく歌う歌CD画面小.jpg
 登場人物の顔も全部笑顔を集めてまとめたり、コップや皿にもその顔を貼ったり。背ビラもいの一番に作ったもんね。一日一日生きていられて幸せです。どうか成功しますように。全国から、色々な国の言語を担当するみんなが無事に集まれますように。

   

posted by Hiromi at 21:50| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

特定秘密に関する質問-本日11時半頃から国会で

 秘密保護法対策弁護団からの連絡です。会計検査院と国会に対する特定秘密提供の要件について、本日の衆議院予算委員会で取り上げられます。11時半頃から国会ウェブで見ることができるそうです。
 高市総務相が9日午前の衆院予算委員会で、放送事業者が政治的公平性を欠く放送を繰り返し、行政指導でも改善されないと判断した場合、電波法76条に基づいて電波停止を命じる可能性に言及した・・・というニュースに身震い。
 島尻沖縄・北方担当相が9日、閣議後の記者会見で、歯舞(はぼまい)が読めなかった・・・。
こういう人たちが「秘密保護」をどうやって決定してくだされますのでごりまするか?

 なかなか国会ウォッチは出来ないけれど、「知らないうちに」そうなっていただけでは、過去の二の舞なので、知ろうと努力しなければと痛感するこのごろ。
posted by Hiromi at 07:28| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

楽しい工作

 北朝鮮のミサイル発射や台湾の地震や心が曇るニュースが続いていますが、とにかくここはわが道を行くべし。18日の翻訳者の集いの準備に没頭しています。なんちゃってスゴーク難しいことやってるみたいだね。AN代表に言われました。「あんたは工作が好きだったんかい?」「うん。算数は嫌いだった」「お金の計算できないもんねえ」「ウルセエ」。
花台1.jpg 花台2.jpg 花台3.jpg
 花台を作ったの。ダンボール箱を倉庫から出して来て折りたたみ式にしたから、ゲンがよく歌う歌.jpg広島までスイスイ運べるのだ。一応捨てないでためている包装紙を貼り付けたけど、布を被せたら、中なんか見えないもんね。みんなで歌う歌詞と楽譜の冊子も作った。お金の計算しているより、よっぽど楽しいのだ。
posted by Hiromi at 23:37| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

天国のマコちゃんへ

 マコちゃん! 昨日Y子さんが家に来てくれたよ! 5年前の年末の最後の電話が「Y子が来年結婚して名古屋に住むから、一緒に行こうって言ってるんだよ」だったね。建築家のお連れ合いが建てた新居に2ヶ月住んだばかりで突然逝ってしまって、私の心に大きな穴が開いてしまった。だって、私は転勤転勤で住所が定まらなかったし、マコちゃんも松阪で教師を定年まで勤め上げて、これからゆっくり会っていっぱいお喋りしようっていってたとこだものね。

 今日、28年ぶりに会ったYちゃん。土木交通分野の研究で活躍する理系女っていうのか、マコちゃん天国のマコちゃんに捧げるツーショット.jpgの笑窪をくっつけた立派な娘さんだった。弟のT君も結婚して10月に赤ちゃんが生まれたんだって。マコちゃんは二人の結婚式も見られなかったね。皆、元気にくらしているよ。私の空白とY子さんの空白が、3時間半のノンストップお喋りで埋まって嬉しかったよ。雪の朝、お風呂で亡くなったことも知りました。いっぱい夢中で話しているうちに、なぜだか、マコちゃんが私の心の中にすっぽり落ち着いて座ってくれた感じ。

 私の1988年の「南紀一人旅」のアルバムにYちゃんとT君のこともしっかりメモしてあったわ。私、自分で朗読した童話をカセットテープに入れてお土産にしたんだってね。二人にとってはずっとそのテープの声のおばちゃんだったんだね。
 何せ、名古屋から潮岬まで50ccの原付で独りで走って、最後の5泊目が松阪だった。そのおばちゃんのイメージが強烈で、Y子さんはずっと覚えてくれてたんだって。
 私の記録では「4月に4年生になるY子ちゃんは好きな本をいっぱい見せてくれ、T君はブロック遊びに夢中」って書き添えてある。アルバム8冊積み上げて、マコちゃんの学生時代の写真をいっぱいY子さんに見せてあげたよ。卒業アルバムの寄せ書きに笑って「スマホで撮っても良いですか? 弟に見せてやりたいので」「もちろん! でも、全部CDに入れたのよ」 「ええっ!1枚ずつスキャンして?」「はい」

 しっかりしすぎて、常識と正論の人だったマコちゃん。ご家族にもちょっぴり怖い存在だったらしいけど(笑)、きっと天国で笑っているね。これからもマコちゃんは私の中で笑っている。
寄せ書きに書いたこと、覚えてる? 「松阪の女 マコ」。遠距離通学頑張ったんだ! えっ? 私の書いたこと?
「人の非は非とぞにくみて非とすれど 我が非は非とぞ知れど非とせず  早口言葉アッちゃん」って書いてある。

 ああ。「今今と今という間に今ぞなく 今という間に今ぞ過ぎ行く」。

posted by Hiromi at 09:34| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

デビッド・ケイ氏4月に来日調査

 20160205中日.jpg外務省2月3日発表。4/12(火)-19(火)にデビッド・ケイ「表現の自由」国連特別報告者の公式訪問を受け入れるとしました。
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press3_000190.html
それで、今朝の中日新聞にも載りました。クリックで読めるようになると思います。

 秘密保全法に反対する 愛知の会(特定秘密保護法に反対)のブログにもマンガつきで詳しく説明されています。
政府に、今度こそしっかり対応してほしいです。

 東京の編集業の知人が、赤い栞を作りました。さすが本作りの人。

posted by Hiromi at 21:16| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マコちゃんの思い出CD

マコちゃんの思い出CD.jpg 今年の年賀状がきっかけで、亡くなった学生時代の親友の娘さんが、我が家に来てくれることになり、25年ぶりくらいに会えることになりました。

 どうやってすごそうか、何を話そうかって考えていて、とりあえずはお母さんの学生時代の写真を見せてあげようと思ってアルバムを見ているうちに、CDRにまとめようと思い立ち、せっせと作業をしました。松阪から名古屋に通学していたのだから、努力家であった事は間違いありません。(時々代返してあげる事はあったけど)

 母があまりに私の希望する進路を邪魔するので、私が夢を諦めかけようとした時に、マコちゃんは松阪から飛んで来てくれました。「なんや、あっちゃんの夢ってその程度のものやったんか!」って、叱ってくれたマコちゃん。マコちゃんのその一言で目が覚めて、奮起できました。今でもこれを書くと涙が出ます。マコちゃん、CDR作ったよ。今でも深く深く感謝してる。
posted by Hiromi at 00:23| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

新年会

 音声表現研究会・・・は前半1時間だけ。今後の会の運営について相談。会員の高齢化が進んでいるので、2020年を目途に、例会を隔月にし、緩やかに進めていくことにまとまりました。

 後半は隣の上海料理の「海鴎舫」へ移動して新年会。私が予約を引き受けていたので電話し、メールでも文字化し、昨日も電話して、今日の夜の7時半からと言ってあったのに、ああそれなのに、中国人のママは4時半から待ってたんだって!! 21人分!! 私 「?????」。ははーん。「シチジハン」を「4(シ)時半」と聞いたんだ! 「私の発音が悪かったのね」「いえいえ私の日本語の聞き取りが悪いから、ごめんなさい」って謝ってくれた。聞き手のそそうは言い手のそそうか、言い手のそそうは聞き手のそそうかしらないが。みんなが「19時半からって言わなきゃ」って言ってたけど。音声表現って難しいね。

安保法案をテレビニュースはどう伝えたか.png みんなで一言ずつスピーチしたけど、83歳二人。後は70代が続々。アベさんの"話し方"も話題になりました。あ、そうそう、元テレビでニュースを伝えていたTさんが、<放送を語る会>著 鎌田慧 解説の「安保法案 テレビニュースはどう伝えたか  検証・政治権力とテレビメディア」(500円 かもがわブックレット)を何冊か持って紹介しました。早速購入。やっぱり色々情報が得られるのです。
 なかなか気骨あり、味わいのある先輩たち。今年もついていきます。宜しくお願いします。
posted by Hiromi at 23:33| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

祝賀大爆撃


  「りんこちゃんの8月1日」をもう一度ゆっくり読み直しました。
表紙.jpg 脱げた靴.jpg お父さんに会えた.jpg
解説に
***************************************
  富山大空襲にはいくつかの特徴がある。その第一は殺された人数と焼かれた面積とが、いずれも全国に例をみないような大規模なものだった。米軍が目標区域にした市街地の99.5%に及び、この率は全国一。原因としては3つ。
@8月1日は米国陸軍航空軍の創立記念日であり、最大努力の出撃が命令された祝賀大爆撃だった。
A長岡市を爆撃するB29約130機が1日の午後10時ごろ富山市の真上を通過、一発も投弾せず飛び去り、その1時間後の寝込みを狙った。
B燃えていない方へ逃げる市民に、憲兵や消防隊員が「逃げるな! 戻って火を消せ!」と、炎の中へ押し返した。
***************************************
と、ありました。

  戦争がいかにばかばかしいものか、りんこちゃんは4歳で肌に沁みたのです。こんな一部のバカバカしい権力者による、ばかばかしいことが起きる前に、爆撃をさせる原因になることを止めなければならない。空襲が起きた原因は・・・日本軍の責任を問わなければならない。
posted by Hiromi at 11:18| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする