2016年09月29日

違法行為の数々

  栗収穫2.jpg庭に出て栗の木を見ると、必ず亡くなったNちゃんのことを想います。彼女に車に乗っけてもらって、ドングリの里で買った栗の苗。大きくなったよ。栗ご飯一回分は獲れます。もうすぐ彼女を偲ぶ会があるのに、ちょうど金沢の講演とドンピシャで重なって参加できません。でも、コロポックルになるからと言ってたNちゃんだから、許してくれるね。私の肩に乗って応援しててくれるね。20セット到着.jpg

 台湾に発注してあったゲン、20セットが段ボール箱3個の船便で届きました。1週間から1ヶ月かかりますが、台風の中を無事届いて褒めてあげたいよ、200冊。

 沖縄での違法行為の数々。この若い弁護士さんの涙の美しさ。

 ゲンの怒りと同じだ。

**************************************

沖縄・高江で活動中の小口幸人弁護士による訴え。

https://www.youtube.com/watch?v=udn-Li7mx0k

**************************************

posted by Hiromi at 14:36| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

あれっ?! バッグから卵が・・・



  ねえ、バッグからこんなもの出てきたの.jpg本日、70歳を過ぎた友人と久々にランチをした後のことです。化粧室へ行って口紅を探しまくっている彼女。「あれっ?! こんなもの出てきた・・・いつ入れたんだろう?」だって。まあ、どこかの喫茶店のモーニングに出たのを、食べ切れなくて、後で家で食べようと思って入れたんだわね。
 問題は、その事を忘れてしまっていること。先日も○万円の請求書を書い(たつもり)て郵送したら「○千円の請求になっているけどいいですか」って確認の電話がかかって、恥かしかったそうです。

 やれやれ。平和っていいね。あ、私も一昨日の議事録がまだ書けてないのだった! でも、友と会うことを優先した。会えるときに貪欲に会う・・・しみじみそう思うべき年齢になっている。
 10月のトワイライトシンガーズの歌の中に「長寿の秘訣の歌」というのがあります。
*****************************
♪ 70歳でお迎えあるときは、今留守だといっておいてくれ
♪ 80歳でお迎えあるときは、まだまだ早いといっておいてくれ
♪ 90歳でお迎えあるときは、そういそがずともよいといっておいてくれ
♪ 100歳でお迎えあるときは、時を見てこちらからボツボツ行くといってくれ
*****************************
posted by Hiromi at 21:27| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中華人民共和国成立67周年祝賀会

 27日、2016国慶節祝賀会宴前.jpg名古屋東急ホテルのヴェルサイユの間で、中華人民共和国成立67周年祝賀会がありました。5年前から色々祝賀会に招かれているのですが、総領事も変わられるし、総領事館勤務の友人Sさんも転勤で北京に帰ったし、やっぱりぽつんと一人でいるのは寂しいです。知ったお顔はチラホラ見えるのですが、声をかける元気もなく、ご馳走だけ食べ逃げ。2016国慶節祝賀会副総領事祝辞.jpg
 ご挨拶の中には、「色々難しい関係が~」はちょっと消え、G20の成功など、勢いを増し、誇りある中国政府の顔が見えました。どちらにしろ、愛知県だけでも在住中国人は5万人くら2016国慶節祝賀会演奏.jpgいかな? こんな政治的、経済的関係で戦争なんかできっこないでしょう。平和のための戦争法案というキャッチフレーズがいかに馬鹿げているか、形式的なスピーチではあるけれど、お祝いの言葉を聞いているだけでも、「現実」の重さを感じられます。
posted by Hiromi at 02:33| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

農業センター

 午前中は近くの農業センターへ行きました。絞りたての牛さんのミルクで作ったソフトクリームを食べたり、豚さんの鳴声を真似たり、孵化したばかりのひよこを見たり、山羊さんたちに白ヤギさんと黒ヤギさんの歌を歌ってあげたり、彼岸花やコスモスの花の中を駆け回り、汗をいっぱいかきました。
 祖母ちゃんは「声良」という品種の鶏に感動していました。

 午後は刈谷の社会教育センターにワープして10月の男声合唱団のコンサートの打ち合わせ。久々に間近で男声のコーラスを聴いて、私の大好きな曲ばかりなので、癒されました。指揮者のSさんとは50年前から知り合いです。問題は本番でアットホームな気分になって聞き惚れて、ナレーションを忘れてしまわないこと。
 なんとか、怒涛の三日間を終えました。我健康に感謝。
   孵化したばかりのひよこ小.jpg  声良小.jpg 声良説明小.jpg 黒ヤギさん白ヤギさん小.jpg コスモスと小.jpg 彼岸花赤小.jpg 
posted by Hiromi at 19:52| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

日中出版界友好交流会&東京国際ブックフェアー

メーテレクルー小.jpg 金曜日、第一衆議院議員会館の多目的ホールで日中出版界友好交流会が開かれました。テーマは、日中国交正常化45周年に向けて出版交流と両国関係改善を考える。主催は中国環球新聞出版発展有限公司、日本僑報出版社
 この情報は、8月に東京の日本僑報出版社まで取材に行ったメーテレさんにもらったのですが、取材の時、たまたまパートで仕事をしている、北京時代の知人のKさんもいらして、カメラ取材に応じてもらったご縁で、これは是非行かなくっちゃと思ったのでした。日本僑報出版社の段躍中さんからもゲンへのあたたかい応援メッセージをもらっていました。パネルディスカッション小.jpg

 中国の出版関係者30人が出席するというので、23年前に2年ほど我が家にホームステイしていた東京のチャンヤンにイザという時のための通訳を頼みました。

 最初の挨拶に立たれた中国出版界訪日団団長さんに、最後のわずかな交流会の時間にチャンヤンと2人で突進。メーテレさんの3人もガガガーッ。北京で会っていただく約束を取り付けました。こういう時は日本人の通訳よりも、中国人がよく、何の遠慮も要らない息子??通訳ですから、突撃の頼もしいことこの上なし! ヤン、有難う!

  パネルディスカッションで作家の石川好さんが、『漫画家たちの8月15日』の中国語版を出版したと報告。こちらにも突撃して事情を話し、後で連絡をいただくことになりました。ヤッターッ! ・・・というほどでもないにしても、やっぱりパソコンの前に座っているだけでは何も進まないということを実感しました。ヤミクモに小柄な怪しいオバさまに突進された皆様失礼しました。

 小林二井夫妻と小.jpg新宿でKさんご夫妻と私とMディレクターで待ち合わせて、歌舞伎町の案内人、李小牧さんの湖南菜館で夕食。とても楽しく充実した時間でした。ゲンの話はもちろん、ジャーナリズムの話の深さ!若いMさんのびっくりするような取材体験、暮しの手帳で副編集長をされていた二井さん湖南菜館で4人小.jpgの花森さんの話。貴重な時間でした。知らなかったのですが、Kさんがずっと以前に暮しの手帳で紹介されていた時、ゲンの話をしてくだすっていました! 小学校の時に読んで、大きな影響を受けたということでした。中国語のプロの翻訳者、ライターですので、繫体字版を贈呈。とても喜ばれたので、嬉しかったです。

 本日日曜日は、一人で東京ビックサイトでの東京国際ブックフェアーに出かけました。台湾と中国のブースを回り、広西省の出版社の方達と少し話し、握手し、記念写真も撮りました。漫画の描き方の本なんかを出版しているという事でしたが、まあ、あまり期待しないほうが良さそうです。全10巻の漫画なんて、なかなかリスクを背負えませんもん。
東京ビッグサイト全景小.jpg 東京ビッグサイト入り口小.jpg 筋肉で遊ぶ小.jpg 台湾ブース小.jpg CHINAブース小.jpg 広西省の出版社の方達と小.jpg 
 大急ぎで帰宅。孫一家が祖父ちゃん製作料理を食べ終えたところでした。は買い物籠のAちゃん小.jpgい。宿泊客たちと賑やかなミクロオリンピックのような午後となりました。子供って、どうしてあんなに動き回れるのでしょう!


続きを読む
posted by Hiromi at 22:15| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

平成の夫婦善哉

  北京にいた頃お世話になった、知人のKさんが3年ほど前に帰国されて結婚された事は知ってたけど(ゲンのことであたたかく応援していただいているので)、まさか今発売中の930週刊朝日表紙.jpg
「週刊朝日」の"平成の夫婦善哉"で大きく紹介されるとは! びっくり仰天。昨日は本屋へ走って買い求め、読みました。なーるほど! こういうことだったんだーっと、心から祝福したのでした。Kさん、とっても幸せそうです。たまたま明日、東京でご夫妻と夕食の約束。楽しみです。

 夜は、燎原愛知書店という中国・台湾専門の輸入書店の社長さんが、訪ねてくださいました。今まで「中国語のゲンはどこに行けば手に入りますか?」と訊かれて困っていたのですが、これからは、この書店を紹介できます。書店は地下鉄の本山駅の近くにあり、名古屋大学の図書館にももうゲンの中国語版を納められたそうです。メディアに出るのは、ある種苦痛が伴うのですが、今日のように向こうから私を探してくださるという奇跡がおきるので、やっぱり嫌がらず、素直にカメラの前に立とうと思っています。
posted by Hiromi at 20:32| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

安倍内閣の暴走を止めよう! あいち集会

安倍内閣の暴走を止めよう! あいち集会と9.19戦争法強行1周年大集会・デモが白川公園と栄でありました。雨がぱらついていたけど、2000人の参加。テーマは、

 戦争法絶対廃止/戦争法の発動を許さない/自衛隊は戦地に行くな/辺野古新基地建設反対/高江のオスプレイパット建設反対/米軍基地は今すぐ撤去/憲法改悪許さない/原発再稼動反対/格差社会をなくそう/安倍政権即時退陣
★★★
 なんでこうもこうも政府は聞く耳持たずに強行するんでしょう! おりしも、南スーダンの治安筋が、国連キャンプに駐留している日本の自衛隊数名が、武装勢力の襲撃を受けたと発表しました。中国軍の兵士が2名死亡するなど、国連平和維持活動の参加者数名が死亡しています。自衛隊は戦地に行くな!!  国会議院も2名参加していましたが、野党共闘でやろうという確認と、もっと広くみんなに知ってもらおうという目標を掲げて、どんな学習会にでも、弁護士さんたちが駆けつけてくれるそうです。
白川公園7.jpg  白川公園1.jpg 白川公園2.jpg 白川公園5.jpg 白川公園4.jpg 白川公園6.jpg 白川公園8.jpg 
  80歳のKさんと2人で傘をさして歩きました。私も80歳になったら、こんなふうに歩けるかしら。こんなんして歩かなくていい社会にしてなきゃね。視覚障がい者の方や、車椅子の方、子供連れ、パーカッションに大太鼓、ギターで歌う歌手、シュプレヒコールのコーラーに高校生もいました。
posted by Hiromi at 17:50| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

武器ではなく 命の水を〜医師・中村哲とアフガニスタン

素晴らしい番組でした。中村哲さんの言葉は、全部誰にでも分かる言葉。こういう方に国民栄誉賞を差し上げたいし、真のノーベル平和賞でしょう。もっとも彼は、そういうものを全く意識されていないと思います。みんなが水を飲め、食べられることの大切さ、働けることの喜び。それが平和。基本の木を教えられます。

ETV特集「武器ではなく 命の水を〜医師・中村哲とアフガニスタン〜」

明日は「安倍内閣の暴走を止めよう! あいち集会
9.19戦双方強行1周年大集会&大デモ 
13時半~ 大集会 14時半~ 大デモ  於: 白川公園
posted by Hiromi at 18:06| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裁判所の側から三権分立を侵している

  2008年4月17日に名古屋高裁で出された、「自衛隊イラク派兵違憲判決」。愛知大学大学院の平和的生存権についての小林武教授の証人尋問が心に残っています。昨日、大垣市で、小林先生の講演会「岐路に立つ平和憲法を沖縄で考える」があったそうです。訴訟のスタッフをずっと一緒にしたKさんがすっきりまとめて報告してくれているので、元気が出ました。貼り付けます。
*********************************
(1) 今回の判決は、前知事の埋め立て承認を取り消した沖縄県(知事)の取消処分に対する国の是正指示に従わなかったこと(不作為)が違法であるという確認であって、この判決が仮に確定したとしても、翁長知事がとりうる法的手段が全部封じられてしまうというような話ではない。
 ・今後の執りうる手段として「撤回」もありうる(琉球新報、毎日新聞が社説で言及)。
 ・今後工事を進めるためには知事権限の「許可」が必要な事項が多々ある。
   設計変更、岩礁破砕、サンゴ保全etc

(2) 司法判断ではなく「政治判断」である。
  判決の結論を導くのに必要十分な議論をしているのではなく、安保・防衛の政策論にまで言及している。
  これでは裁判所の側から三権分立を侵していることになる。

(3) 内容面というだけでなく、実際に裁判所(最高裁)と政権の「合体」が見え隠れする。

(4) 余りにも酷い判決で、県民の運動はむしろ”昂揚”するのではないか。知事が記者会見で述べたように、長い長い闘いになるであろう。
*********************************
続きを読む
posted by Hiromi at 04:06| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

暮らしの手帖展


 「ぼくの花森安治」を読みました。著者にもうじきお目にかかれることになったので、目下勉強中なのです。「暮しの手帖」は熱心な読者ではないけれど、昔からよく読んでいました。最近では、友人が手帖を私にあげるってプレゼントしてくれたのを持ってるけど、「ここに浴衣で作る直線裁ちの服ってあるでしょ? それ作って」だもんね。ありがた迷惑じゃー。

 今、(鶴舞中央図書館でやっている『図書館の蔵書でたどる「暮しの手帖」四世紀」を見に行きました。ガラスのケースに入っているので、手にとって見ることはできないけれど、図書館は全号所蔵しているので、申請すれば、読めます。フロントに申し出れば写真を撮ってもよいということだったので撮影し、とても懐かしく思いました。
0.新聞ロビー小.jpg 1.ガラスケース全体小.jpg 2.最初小.jpg 6.シンメトリーをどう崩すか小.jpg  11.戦争中の暮らしの記憶小.jpg 13.大橋鎮子追悼小.jpg 7.2世紀1号洗濯機小.jpg 3.4世紀1948~今小.jpg  

 「ぼくの花森安治」の中に、安治さんのこんな言葉が紹介されていて、心に残りました。
************************************
  1969年、2号に、花森さんは、「国をまもるということ」を書く。

・・・・・・こんどの戦争で、これだけひどい目にあいながら、また、祖国を愛せよ、<くに>を守れ、といわれて、その気になるだろうか。その気になるかもしれない。ならないかもしれない。ここで、<くに>というのは、具体的にいうと、政府であり、国会である。<くに>に、政府や国会にいいたい。

  <くに>を守らせるために、どれだけ国民をひどい目にあわせたか、それを、忘れないでほしい。それを棚あげにして<くに>を守れといっても、こんどはおいそれとはいかないかもしれない。
・・・・・・いまの世の中を、これからの世の中を<くに>がぼくたちのためになにかしてくれているという実感を持てるような、そんな政治や行政をやってほしい、ということである。
  それがなければ、何のために<くに>を守らなければならないのか、何のためにぼくたちは、自分や愛する者の生命まで犠牲にしなければならないのか、それに答えることはできないのである。
*************************************
これって、まさに今のことを言ってます!!
沖縄の人たちの怒りがまず浮びます。翁長知事の辺野古埋立承認取り消しを違法とした判決。そればかりではなく、福島のこと、豊洲のこともあれもこれも、私たちをまもっていないことばかり。本当に、<くに>が私たちのためになにかしてくれているという実感を持てるような、そんな政治や行政をやってほしいのに。

posted by Hiromi at 21:36| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

ケーダブシャイン

 昨日は4+1で八事朗読バンド練習日。来年の「春朗読の一日」に向けて始動です。この度は「ラップ」に挑戦することにしました。

 YouTubeで2014年6月 に公開されたBritain's Got Talent で チャーリーとレオンドレという二人のユニットのラップに感動したからです。テーマは“いじめ”。なんと透き通った真っすぐな訴え!! YouTube視聴は1億4,000万回を超え、なんと今夏は日本にも来て日本語も入れて2人が歌い、CD、DVDまで発売されました。


 そんなことになってるとはつゆ知らず、6月の例会からとりあげて、練習を始めましたが、40代、50代のママたちが声をだしたら、珍奇なることこの上なく・・・沈没したか?  いやいやへこたれず、こんどは日本のラップのルーツを調べて、K DUB SHINE に行き着きました。若者が子ども達を守ろうというラップに目が覚めました。


 緑のカーテン2016.jpgラップの命は韻。そして人の人生を変えるほどの思いや志が伝たわるからこそラップ。ラップは韻を黒人達が歌の歌詞全体にまんべんなく行き渡らせて歌を作ったのが始まり。
 ラップができて以来、ギャングの抗争や喧嘩の時の平和的解決などに使用され現在では、HIPHOPという音楽のジャンルになったのだと言う事が分かりました。

 自由な音声表現。音楽と朗読の狭間で揺れてみよう! 頭の中は「音」「リズム」。手はズボンのお尻に穴が開いたので繕いをしたり、紫金草の種まきをしたり。緑が笑ってのたりのたりかな。

ズボンのお尻にアナが開いたので.jpg 紫金草種まき20160914.jpg 

続きを読む
posted by Hiromi at 09:31| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

国の誇り

 3-year-old-do-lockdown-drill ステーシー・フィーリーさんが投稿.jpgCNNが伝えた写真にびっくり。元々はフェイスブックに母親が投稿したもので、アメリカの3歳の少女がトイレで便器の上に立っています。銃乱射などに遭遇した場合に備えてトイレに隠れる訓練で、幼稚園で教わったことを家の中でやって遊んでいたのですって

 今朝の毎日新聞のパラリンピックの記事を見ていたら、シッティングバレーボールで身長246センチの選手のことが書かれていて、これもびっくり。
 このメヘルザードというイランの選手は29歳で、競技歴がまだ5年。不自由な足を恥じて10代半ばから6〜7年間、閉じこもりでした。16歳の時に自転車で転び、骨盤を損傷したのが原因で右脚の成長が止まる。一方で成長ホルモンが過剰に分泌される病気で身長は伸び続け、右脚が左脚より15センチ短くなって歩けず、車椅子の生活。

 座ったままでプレーするシッティングバレーボールはネットの高さが115センチなのシッティングバレー .jpgで、彼は、ネットから顔の半分がネットの上。王座に君臨してきたボスニア・ヘルツェゴビナを文字通り叩きつけて圧勝してしまいました。
 彼は、試合後の記者会見で、最後に一言だけ言わせてほしいと断り、マイクを握り、「私のように障害を苦にする人は世界にいくらでもいる。だが、チャンスさえ与えられれば人は変われるのだ」。

 私がもっと驚いたのは、ボスニアが強豪の座にあった理由です。2000年のシドニー大会以来、この競技では、イランとボスニアが金と銀を交互に取り合ってきたそうですが、ボスニア・ヘルツェゴビナは内戦で負傷した兵士や、地雷で足を失った若者を中心にチームを作った。20万人が犠牲になった傷をばねにして育ったチームは国の誇りというのです。

  人間の 「生き抜く」力は素晴らしい。けれど、戦争なんかしないで、最初からスポーツで勝敗を争ってたらどんなによかったことか。あるいは文化、芸術でもいいです。例えば大工さんたちの「災害に強い建築合戦」、猫の「睡眠大会」でもいいのです。そんな世界になったらどんなに楽しいことでしょう。この提案は、地球一難しい事は分かっているけど。
 
  イギリスのNGOシリア人権監視団によると、シリアでは、2011年3月の内戦勃発以来、一般市民8万6000人以上を含む30万1781人が死亡。犠牲になった市民のうち、1万5099人が子ども、1万18人が女性。
posted by Hiromi at 04:39| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

来月14日『 南スーダンPKO問題を考える講演会 』

 北朝鮮の核実験成功のニュースから憂鬱が続いています。災害のニュースにも心が痛むのですが、今日のニュースでは、安八水害から40年の特集をしていました。家の中に水が入り始めたので、慌てて子供を負ぶって腰まで水に浸かって(足の長い人は膝小僧あたりだけど)逃げた記憶。人生二度目の床上浸水でした。あれから40年、生かされていることに感謝。しぶとく生きています。
 災害だけでなく、沖縄のニュースにも怒りが湧き上がるけれど、宮沢賢治のように西に東にデクノボウのように歩いていけません。
 以下はうーーーーんと飛んでスーダンの問題。これが今の日本の暮らしに関わってくる大変な問題なので、またまた心が重くなるのです。とにかく詳しいことを知ることから。

**********************************************************
  日本国際ボランティア(JVC)でスーダンで活動している今井さんに、南スーダンの実態について語っていただきます。今井さんがスーダンから日本に戻ってきているわずかの間に名古屋においで戴きます。貴重な機会です。是非ご参加下さい。

【日 時】 10月14日(金)18:30〜20:45   *18:00より受付開始
【場 所】 名古屋YWCA 2階ビッグスペース    (地下鉄「栄」駅東5番出口より東へ徒歩2分)
【テーマ】 『南スーダンPKO 問題を考える
        〜〜スーダン駐在のNGO職員を招いて』
【講 師】 今井高樹さん 日本国際ボランティアセンター(JVC)スーダン事務所代表
     対談者: 川口創弁護士(自衛隊イラク派兵差止訴訟弁護団事務局長)
【参加費】 800円
【主 催】 自衛隊イラク派兵差止訴訟弁護団(名古屋)

###############################


★北村弁護士さんによる、優しい問答形式のまとめ ↓

知らぬ間に憲法破壊が着々と
        〜自衛隊の南スーダン派遣問題って何のこと?〜

Q:そもそも、南スーダンという国はどこにあるのですか。
A:アフリカ大陸のエジプトのすぐ南にスーダンがあり、そのまたすぐ南に南スーダン共和国(通称「南スーダン」)があります。201179日に、スーダン共和国の南部10州が、アフリカ大陸54番目の国家として分離独立した国です。人口は1000万人ほどです。

Q:ここに日本の自衛隊が派遣されているのはどうしてですか。
A:PKO(国連平和維持活動)に基づいて、道路などのインフラ整備や人道支援の目的で2011年から派遣されています。

Q:人道支援なら問題ないのでないでしょうか。
A:ところが、南スーダンは201312月以降大統領派と副大統領派の武力衝突が起こり、住民を巻き込んだ激しい内戦状態に陥っているのです。数千人が殺害され、240万人が家を追われ、残虐行為も行われているのです。

 そもそも、PKO活動が認められるためには、自衛隊が戦闘に巻き込まれないために,紛争当事者間の停戦合意が必要なのですが、内戦状態ですからそのようなものはなく、本来ならば自衛隊はすぐに撤退をしなければなりません。

Q:ということは、自衛隊が戦闘に巻き込まれることになりますね
A:そうなんです。実際に今年の2月に起こったことですが、文民保護キャンプでの銃撃戦が発生すれば、戦闘に巻き込まれることになります。
  そのため、自衛隊の任務として安保関連法に基づく「駆けつけ警護」が新たな任務として課せられ、訓練が始まろうとしているのです。

Q:駆けつけ警護となると、どんな危険が出てくるのですか。
A:従来より踏み込んだ武器の使用が可能になります。具体的には、武器使用権限が従来の自己防護から「任務遂行型」へ大幅に拡大されています。また、他国軍と共同で警備する任務も入っています。

Q:これでは、全く人道支援でなく、戦闘行為をすることになってしまいますね。
A:はい、住民グループが入り交じった争乱の中では、事件と無関係の住民を誤射する危険もありますし、自衛隊自身が南スーダン軍と交戦することにもなりかねません。これはまさに憲法9条が禁じる「武力の行使」にあたります

Q:非常に恐い話ですね。送り込まれる自衛隊員としては命の危険があるということですね。
A:はい、今年の11月から訓練が始まるようですが、ある50代の隊員は「これからの訓練は厳しいものになるだろう。遭遇した場面で撃つのか,撃たないのか。指揮官も一線の隊員も非常に難しい状況判断を問われる」と心配をしています。
  また、別の隊員は「海外派遣から帰ってきた後も銃弾の音が頭から消えず,悩む知人もいる。訓練は年々実践的になっていると聞く。これからどうなっていくのか」と懸念しています。

Q:自衛隊は本来「専守防衛」ではなかったでしょうか。
A:そうですね。まさに海外で戦闘行為をする自衛隊になってしまう、ということになります。こうならないように憲法9条が防いできたわけですし、歴代自民党政権もここだけはと歯止めをしてきたわけですが、これが崩れてしまうことになります。
  また、一旦命が奪われれば、取り返しがつきません。また、撃たれた側、撃った側の双方の憎悪の感情も拡大してしまいます。

Q:よくわかりました。まずは、「今何が起きているか知る」ということが大事ですね。
  そして、知った者が声を上げていくことですね。
A:そのとおりだと思います。デモや勉強会にも新しい人を連れて行くこと、また家族から伝えていくことが大事だと思います。
                                                                           以上
**********************************************************

posted by Hiromi at 19:50| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

バラクさん、コリン・キャパニック選手を養護

 9月5日、中国杭州G20首脳会議後の記者会見で、オバマ大統領がコリン・キャパニック選手の行動を「表現の自由」の問題であるとして擁護する発言をしました。
***************************************************
●「彼は、憲法で保障されている表現する権利を行使している。スポーツ選手がそうした行動に出るのには、長い歴史があると思う」
「私は彼の真摯さを疑っていない」

●「彼は話し合われるべき問題を重要視している。他のことはともかく、彼の行動によって、話し合われなければならない話題について、さらに多くの対話の機会を作った」

●「サイドラインにただ座って何にも気にしない人でなく、若者には、議論し、どのようにして民主的なプロセスに参加できるのかをじっくり考えてほしい」
●「キャパニック選手は徐々に彼自身の考えを深めていると思う。そうすれば彼を非難する人たちも考えるようになる。キャパニック選手は正義と平等に、的確に懸念を示しているんだと気づくはずだ。これが、私たちが前に進める道だ。時には困難を伴う。しかしそれが民主主義の流儀だ」
***************************************************
バラと赤帽胴体.JPG我が家のバラク・オバマ大統領から名付けたバラちゃんは、今日も大好きなぬいぐるみと自分の意志で自由にのたりのたり。大根おろし猫.jpg

 大根おろしで出来た猫も「表現の自由」って言ってるみたい。



続きを読む
posted by Hiromi at 09:06| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

鴨ちゃんねるにゲン登場!

  フジTV北京支局応接室2.jpgこの夏、フジTV北京支局でゲンの中国語繫体字版出版をテーマにインタビューを受けました。その時の私のダラダラおしゃべりを42分半くらいに、料理した内容が「鴨ちゃんねる」という番組で、今日の2時からオンエアーされました。もちろん地上波じゃないので、パソコンの前に座って、1時間ほど、リアルタイムで見ました。http://www.houdoukyoku.jp/pc/archive_play/00142016090401/1/
知りたいカモ2.jpg  頭のニュースは北朝鮮の潜水艦ミサイルの打ち上げ成功の話題ですが、右側の私の顔を叩くと、「知りたいカモ2」として、始まります。
 フジTV風間さんと瑞希ちゃん.jpg東京には外信部の風間さんと学生タレント? さんの瑞希ちゃんがいて、二人の感想などを交えて進行させていきます。

 42分ってなーがいよー。好奇心のある方はご覧下さい。『又ゲンか・・・』と思いながら。
広島愛の川合唱風景.jpg とっても嬉しかったのは、私が伝えたいと思っていた「広島愛の川」が最後に流れたことです。北京から放送されたのですから、奇跡です! 司会者はひろみさん。おしゃべり相手も弘美さん。カメラマンも女性でしたよ。ダラダラしたおしゃべりを何度も聞いて構成して番組に仕上げるのは、本当に大変。他からの映像や音楽を使うときは、必ず著作権のことを考えなければならず、なかなか面倒なことです。鴨姉さん、皆さん、ゲンはちょっとだけでも北京に上陸することができました。有難うございました!
posted by Hiromi at 20:35| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

骨のある人たち

  被災地の報道に心が痛みます。特にグループホームでの惨事には、『自分がその立場だったらどうしただろう』」と、結果で、ただそう想うのみ。現地の皆さんの身心の痛みは想像を絶するものだと思います。日頃備えよとは言うものの、我が家においても何も出来ていない。自然の力は恐ろしい。

コリン選手国歌拒否.jpg 28日のTBSニュースで、アメリカンフットボールのプロリーグの選手が試合前の国歌斉唱セレモニーで起立を拒否したことを知り、感動しました。・フォーティーナイナーズのコリン・キャパニック選手。コリン選手国歌拒否2.jpg「アメリカは有色人種への圧迫を続けており、アメリカ国歌のために起立するつもりはなかった」と述べ、批判は覚悟の上で誰にも相談せずに行ったそうです。そして、フォーティーナイナーズは「国歌斉唱セレモニーに参加するか否かの権利は選手にある」として、キャパニック選手の行動を支持しています。権利は選手にある.jpg


 日本では、オリンピック選手たちの壮行会で、国家独唱と言われて歌わなかったら、トップMに「国歌斉唱しなかった」と全員叱られました。

 1968年。4月にマーティン・ルーサー・キング・Jr.牧師、6月にロバート・ケネディが暗殺された年。ベト大学の像.jpgナム戦争に対して学生運動や反戦運動が起こり、暴動や警察との衝突が起きていました。
 1968年のメキシコシティオリンピックがその真っただ中に行われ、10月17日のメダル授与の時、男子200メートル競争を世界記録で優勝したトミー・スミスと3位のジョン・カーロスが、アメリカ合衆国国歌が流れ星条旗が掲揚される間、壇上で首を垂れ、黒い手袋をはめた拳を突き上げました。2人は黒人の貧困を象徴するため、シューズを履かず黒いソックスを履き、スミスは黒人のプライドを象徴する黒いスカーフを、カーロスは白人至上主義団体によるリンチを受けた人々を祈念するためロザリオを身につけていました。スミスとカーロスの行為は正当に評価され、サン・ホセ州立大学には今も2人の行為を祝して像が建てられています。

 この話にはまだ他の物語があります。

 日本の原発問題に関して、ここにも骨のある人たちがいました。NHKに何が起きているのだろう。びっくりし、感動しました。
posted by Hiromi at 07:08| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

共謀罪法案の国会への提出に反対する

  日本弁護士会が共謀罪法案に対して反対声明を出しました。ギャッ! 字が多くて難しそう・・・と思って頭の上を通過させていると、いつのまにかトンデモナイ時代になるのだから、ここはじっと字を捕まえて、何度も読みました。
************************************
 いわゆる共謀罪法案の国会への提出に反対する会長声明

今般、政府は、2003年から2005年にかけて3回に渡り国会に提出し、当連合会や野党の強い反対で廃案となった共謀罪創設規定を含む法案について、「共謀罪」を「テロ等組織犯罪準備罪」と名称を改めて取りまとめ、今臨時国会に提出することを検討している旨報じられている。
政府が新たに提出する予定とされる法案(以下「提出予定新法案」という。)は、国連越境組織犯罪防止条約(以下「条約」という。)締結のための国内法整備として立案されたものであるが、その中では、「組織犯罪集団に係る実行準備行為を伴う犯罪遂行の計画罪」を新設し、その略称を「テロ等組織犯罪準備罪」とした。また、2003年の政府原案において、適用対象を単に「団体」としていたものを「組織的犯罪集団」とし、また、その定義について、「目的が4年以上の懲役・禁錮の罪を実行することにある団体」とした。さらに、犯罪の「遂行を2人以上で計画した者」を処罰することとし、その処罰に当たっては、計画をした誰かが、「犯罪の実行のための資金又は物品の取得その他の準備行為が行われたとき」という要件を付した。
しかし、「計画」とはやはり「犯罪の合意」にほかならず、共謀を処罰するという法案の法的性質は何ら変わっていない。また、「組織的犯罪集団」を明確に定義することは困難であり、「準備行為」についても、例えばATМからの預金引き出しなど、予備罪・準備罪における予備・準備行為より前の段階の危険性の乏しい行為を幅広く含み得るものであり、その適用範囲が十分に限定されたと見ることはできない。さらに、共謀罪の対象犯罪については、2007年にまとめられた自由民主党の小委員会案では、対象犯罪を約140から約200にまで絞り込んでいたが、提出予定新法案では、政府原案と同様に600以上の犯罪を対象に「テロ等組織犯罪準備罪」を作ることとしている。
他方で、民主党が2006年に提案し、一度は与党も了解した修正案では、犯罪の予備行為を要件としただけではなく、対象犯罪の越境性(国境を越えて実行される性格)を要件としていたところ、提出予定新法案は、越境性を要件としていない。条約上、越境性を要件とすることができるかどうかは当連合会と政府の間に意見の相違があるが、条約はそもそも越境組織犯罪を抑止することを目的としたものであり、共謀罪の対象犯罪を限定するためにも、越境性の要件を除外したものは認められるべきではない。
当連合会は、いわゆる第三次与党修正案について、我が国の刑事法体系の基本原則に矛盾し、基本的人権の保障と深刻な対立を引き起こすおそれが高く、共謀罪導入の根拠とされている、条約の締結のために、この導入は不可欠とは言えず、新たな立法を要するものではないことを明らかにした(2006年9月14日付け「共謀罪新設に関する意見書」)。また、条約は、経済的な組織犯罪を対象とするものであり、テロ対策とは本来無関係である。
そして、以上に見たとおり、提出予定新法案は、組織的犯罪集団の性格を定義し、準備行為を処罰の要件としたことによっても、処罰範囲は十分に限定されたものになっておらず、その他の問題点も是正されていない。
よって、当連合会は、提出予定新法案の国会への提出に反対する。
   
 2016年(平成28年)8月31日
             日本弁護士連合会
           会長 中本 和洋
 ***********************************
posted by Hiromi at 03:51| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする