2016年11月30日

名古屋総領事着任レセプション

レセプション1.jpg  ヒルトンホテル名古屋「扇の間」にて、新名古屋総領事、ケ偉氏の着任レセプションがありました。何百人の参加かよく分かりませんが、端っこでちょこんと立って、新総領事のご挨拶を聞きました。日本語がメッチャ流暢で驚きました。
 私の唯一の目的は「市長確認」(笑)。大村知事のメチャ慣れ慣れスピーチほか、色々あって、現れた! 副市長挨拶。のっけに「名古屋は副市長です・・・」にみんなの笑い声が被りました。ややや、いつもと違うぞ。そして出た! 南京事件の単語! これにはびっくりして耳をそばだてる。「かれこれ5年前、レセプション2.jpg南京からの表敬訪問使節団に対してメイワクをかけた」の言葉も出たので更に驚きました。

 日中友好協会関係の方たちとテーブルが一緒になったので、驚いた話をしたら、皆さんも驚いていました。市長に何があったのでしょうか? 市長選に向けて、なんか動きがある気配を感じたのでした。
posted by Hiromi at 22:04| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

平和の答え

平和.gif   昨日28日、中京大学で『ナゴヤ・ピース・ストーリーズ』&『教養としてのジェンダーと平和』合評会がありました。大きなテーマは「今、大学で平和を学ぶ意義とは?」。
  参加者は名古屋市立大学、中京大学、早稲田大学の先生+名市大と中京大学学生+市民(本に寄稿したも含む)。
 私は「紫金草物語」のことで寄稿しているので、お誘いを受け、服部夫妻もアメリカの銃規制の関わりで参加しました。ピンポン外交で執筆したMディレクター、他にも多彩な顔ぶれでした。なんと言っても両大学の学生たちも一緒に参加しているっていうのがワクワクさせられました。

 学生の質問「平和とは何かという答えを教えてほしい」に答える先生の言葉を興味深く聞きました。
「言っていることとやっていることが同一化している状態」「ミクロレベルでも国家レベルでも差別や暴力のない世界」「出来るだけ多くの人で対話するというプロセスのイメージ」「“違う”と過剰に区分することに疑いを持つ自分なりの空間を作れる。自分なりの価値観が持てること」
 なるほどね。そして、その「対話」の場をどう作っていけばよいかという事なんだと思いました。

 ジェンダーの立場からは、「あなたの正義と私の正義は同じですか?」「正義と平和は共存しますか?」という問いも投げかけられました。とても深い問いです。会場の参加者との質疑応答では、8月末にやったテッカイの会の車座討論会で「ナンキンジケンはでっち上げだっ」とのっけからハツゲンした、アノ人物がここにも居て、又打ち上げました。
 しかし、平和を学ぶ意義を語り合う場。5人の先生が、それぞれとても素晴らしい対応をされ、感銘をうけました。8月の会では、司会をしていた私は力(ちから)技に近いやり方で鎮めてしまったけど、『あぁ、今日ここで答えをもらったなぁ』と思えました。
 誰のどんな意見にも、その人の生い立ちや背景がある。絶対的な非暴力で、それを根気良く語り合い、感情の融和まで持っていくことの大切さを、分かってはいるんだけど、やっぱり改めて刺激を受けて納得しました。NO War.jpgでも、それは本当に本当に難しい。

 陸上自衛官の母が札幌地裁で「南スーダン派遣は違憲」という任務差し止めの国賠訴訟を起こしました。「平和に生きる」権利を私たちは持っているけど、政府の正義と母の正義がかみ合わない。南スーダンへ派遣された自衛官のご家族の心境を思うと切なくなります。
posted by Hiromi at 20:40| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

カワムラハツゲン5周年の講演会の講師

  今朝の朝日新聞のbe紙面に大きく段躍中さんが紹介されました。
フロントランナー1面.jpg フロントランナー3面.jpg
 来年の2月18日にカワムラハツゲン5周年の講演会の講師に決まっている方なので、タイムリーで嬉しいです。あまりに記事がデッカイので、写真で撮りました。アドレスで飛んでもらえばしっかり読めると思います。先日東京の衆議院会館で行なわれた日中出版界友好交流界の主催者。大変お世話になりました。
続きを読む
posted by Hiromi at 20:20| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

命日

  父の命日を、Mディレクターに「お参りはどこでしますか?」と言われてハッと気がつく親不孝者です。家にカメラが入るのは辛い。雑多なものを、あっちへ隠しこっちへ隠し、埃まるけの仏壇の掃除もして、ようやく態勢を整えたのは今朝方ギリギリ。9時からお参りザンマイ。11時頃、八事山の興正寺内の圓照堂へいざオマイリ。紅葉がとても美しく、気持ちの良いお日和になりました。撮影も4年目に入り、カメラさんも音声さんも親しくなっているので、親戚の感じ。楽しい一日でした。
 お昼になったので、突然ブラッスリー・クーへ行くことになり、シェフをびっくりさせてやりました。4人でいっぱいお喋りをして、気持ちも若返り、感謝。父の本箱にある『戦友』『歩兵第六連隊史』の話になり、Mディレクターが読みたいと所望。又家に戻って、分厚い重い2冊をお貸ししました。戦場に赴いた馬たちの名前まで記録してあるんです。馬たち、何頭が無事帰還したのかしら。馬にスポットを当てた戦史はあんまり聞いたことないなぁ。馬にも戦死があろうし、命日があろうに。
5重の塔小.jpg 興正寺エスカレーター2小.jpg 円照堂d)41小1.jpg S音声さんとYカメラさん小.jpg  将棋とオセロ2小.jpg  将棋をするMディレクター小.jpg 
 古いお寺だけど、なんだか、どんどん新感覚のお寺に変化しています。
 山のお墓に行くのに、エスカレーターが設置されています。中庭に巨大なオセロと将棋がおいてありました。参拝の皆さまへ小.jpg一番びっくりしたのは、カラスがロウソクが好物で、火のついたままくわえて飛ぶので危険だから、絶対持ち帰ってくださいという貼紙(クリックで読めますよ)。明日から「もみじ祭り」ののぼりが穏やかにぽかぽかの陽射しを浴びていました。東京では初雪、北海道では何十年来の大雪と騒がれているのに。
posted by Hiromi at 19:57| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

禍福門なし唯人の召く所。

 テッカイの会の会議。長老のTさんは82歳。お元気ですが、最近ちょっとお疲れ気味です。「入れ歯を作ったのですが、入れ歯を入れるのを忘れたり、帽子を忘れたり、もっと酷い時は、忘れ物を忘れたことを忘れるんです・・・」と。私も少々ストレスがたまっていて、先週、スタッフ間で小爆発してしまいましたが、今日は嬉しいニュースがありました。カワムラ市長に対抗馬現る! 元の副市長で、今年5月に任期途中で解任された方。市政刷新を目指しています。
  アメリカの銃規制団体CSGV(Coalition to Stop Gun Violence)のJoshさんからも嬉しいニュースが入ってきました。
***************************
ワシントン州はERPO法が71パーセントの賛成で法律になりました

これは、自分自身や人をを傷つけたりするリスクのある人が、銃を購入したり所持したりするのを引き留める法律です。僕たちは、ERPO法可決のために、いかにその法律が生命を救うかを述べる包括的な意見書を作ってサポートしました。


ネバダ州では、有権者が、オンライン販売や銃の展示即売会でも、銃購入の際、身元調査を拡大することに賛同しました。


カルフォルニア州では、有権者は、proposition63法に賛同することにより銃暴力防止の姿勢を表しました。この法律により、銃の持ち主は弾薬を購入するのに許可が必要になります。高容量弾薬制限を犯すと罰が強化されます。これらの3種類の法律は、猛烈にライフル協会に反撃されています。


ニューハンプシャー州知事で、 銃暴力防止の闘士MaggyHassanKellyAyotteを議員争いで打ち負かしたことはNRAをうろたえさせました。Ayotteは(2014年のコネチカット州)Sandy Hook小学校の大量虐殺以後、銃購入時の身元チェックに反対してきた人物です。このことは銃暴力防止運動の最も重要な議会の勝利です。


***************************
そうなんだ! 洲単位で法律が違うんだ! したたかな4年を歩んでほしい。互いに胸に秘めよう。禍福門なし唯人の召く所。
posted by Hiromi at 21:02| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

美空ひばりの「一本の鉛筆」

 美空ひばりの「一本の鉛筆」1988年の映像です。

 114名の大学生の感想文を読んでいて、真摯な言葉にとても感動しました。しかし、日本は加害者だったということを知らなかったと書いた学生が多く、大学生らしく、自分たちが受けてきた社会科の教育に問題があるのではと、掘り下げてもいます。考えてみれば、つい半年前まで高校生で、受験に追いまくられていた若者達です。でも、学徒出陣で凄惨な戦争に駆り出された年齢の人たちでもあります。青森から出発した自衛隊の命たち。駆けつけ警護の実態を知り、それでもお国を、世界を守るためだと言うのだろうか。トランプ氏やその家族と話して、「信頼が出来ると確信したぞー! 」と喜んで帰って来る我らがトップに「よかったね!」と、拍手できるだろうか? トランプ氏や天皇に唯々諾々の時代を望む。もはや狂気。

 昨日の天声人語。「先生そんなのうそだっぺ」と言って木刀で殴られる時代の再来を許さないための70年の歩みだったのではないか。もとより、こういう冗談のような議員たちを国会に送りだしているのは、私たちの方だけど。

****************************************************
 「天皇の地位は日本書紀における『天壌無窮(てんじょうむきゅう)の神勅(しんちょく)』に由来するものだ」。おとといの衆院憲法審査会で飛び出した言葉に耳を疑った。自民党の安藤裕議員の発言である。

▼神勅は、アマテラスが自分の孫であるニニギに告げた命令とされる。「平定された日本へ行き統治せよ、永遠に栄えるであろう」が大意だ。日本書紀に「天孫降臨」にいたる神話として書かれている。

▼安藤氏は皇室典範についてこう述べた。「国会ではなく皇室の方々でお決め頂き、国民はそれに従うという風に決めた方がいい」。国民の代表が自ら国民主権を否定するような物言いである。

▼「八紘一宇(はっこういちう)」「皇紀」「神武天皇の偉業」。昨年来、自民党議員の口から皇国史観ゆかりの言葉が次々飛び出す。あえて時代錯誤の語を持ち出すのはなにゆえか。いさめる人は党内にいないのか。

▼教育史家の故・唐沢富太郎氏の資料館「唐沢博物館」(東京都練馬区)で、戦中の教科書「国史」を手に取った。最初のページに「神勅」がある。文字が格別に大きい。すぐ脇には「教育勅語」の展示もある。「天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼(ふよく)スヘシ」。天壌無窮そのものが、あの時代の狂気を支えた理念の一つだと実感する。

▼神話は当時の小学生にも見破られていた。唐沢氏の著書「教科書の歴史」によると、天孫降臨の図を教室で見せられた茨城県の小学生は「先生そんなのうそだっぺ」と尋ね、木刀で殴られた。神話と史実の混同が私たちを苦しめたのはさほど遠い昔の話ではない。

****************************************************

posted by Hiromi at 07:30| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

ミシンの部品

 ミシンのコンパルちゃん.jpg 40数年来の親友のミシンさんの「押さえ」部分が、ここ何ヶ月か前から骨折?をしていて、全く手当もしてあげないでいたのだけど、いよいよ病院へ入れなきゃいけないか、往診をお願いしなきゃいけないか、新しいミシンを買わなきゃいけないのかと悩んでいました。
 ふと、ネットで探せば、部品だけ変えられるかも知れないと、あっちゃこちゃ探し回ったら、あったのですね! 色々なメーカーの部品を全部持っているミシンネットストア。すごい時代です。電話も一切することなく、本日、新品の部品をゲット。 754円!感涙。よくぞ40数年前のマシンの部品が今の老体に合うものよ。原発じゃないからね。40年経っても爆発の危険はありません。

ミシンの押さえ欠ける2.jpg ミシンの押さえ欠ける1.jpg ミシンの押さえ欠ける4.jpg ミシンの部品が届いた!.jpg
posted by Hiromi at 22:05| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

人文社会学部の学生さんたちの感想文

  ドラッグストアーのトランプ.jpgドラッグストアーで、こんな手描き販促ポスターみーっけ! トランプ氏が 「USA NO ! 」って言っている意味がイマイチよくわかんないけど、間髪入れずにこういうポスターを描く人がいるのだと思うと、妙に感動しました。

 名市大人間文化研究科人文社会学部より感想文.jpg名市大人文社会学部から先日の授業の感想文が届きました。受講生114人、全員の文章を一気に読ませてもらいました。「はだしのゲン」を完全にしっかり読んでいた学生は少ないという事が分かりましたが、ほとんどの学生が、あらためてしっかり読み直したいと言ってくれていることが一番嬉しかったです。日本では加害について学校教育の中でしっかり触れていないという事実も実感しました。AFSの留学経験のある学生も2人いました。海外の視点からみるということからも、中国人留学生たちの意見を直接聞いたことが、学生たちの心にグッと入ったようです。大学の授業として組んでいただいたことに、H先生に深く感謝したしだいです。

 40年越えの老朽原発美浜3号機に延長認可が出されました。原発も原爆も、もう要らないのに、世の中は私が希望しないほうばかりへ進んでいきます。
続きを読む
posted by Hiromi at 21:54| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心の底から出た言葉であれば、翻訳はたぶん問題ないよ

 ドイツからメール。2年前の12月中旬。中国国際放送局から招待を受けて、6ヶ国8名が3日間、一緒に北京を観光したのですが、その時のドイツのノッポ夫妻からの初めての突然のメールでした。英語で書かれているから、理解は出来ます。あらためて写真を見ると、ドイツのクリスチャンさん夫妻と.jpg私が小さいのだね。

 彼は小学校の副校長先生をしていると言ってました。中国人のドイツ語部のスタッフに通訳してもらって、「ジョンラーベ」の話をした時、史実と言うものは目隠ししてはならない。反省がなければ平和は作れない」と言ってました。
 今回は娘さんが、大阪に旅行したいので、ユースホステルを紹介してほしいという用件でした。すぐにネットで探して5つほど候補をあげてアドレスを送ったのですが、英語を使えばいいものを(英語だって怪しい中学英語だけど)、ふと、いたずら心がわいて、翻訳ソフトのドイツ語を使って返信してみました!!

 その返事。ドイツ語と英語で同じ文章が書かれていました。
●If something comes out of the deep heart, there may be no problems with translation! 
■Wenn etwas so stark von Herzen kommt, darf die Übersetzung ruhig kleine Fehler haben

へーぇ! これが生のドイツ語かぁー。イッヒ・リーベ・ディッヒしか知らない私は感動して眺めたのでした。優しい彼。さすがに教育者。

 さて、ドイツも日本もよく反省したはずなのに、日本は今、憲法をないがしろにして、駆けつけ警護が出来る国になってしまいました。
もう一度伊勢崎賢治さんなどのシンポジウムが開かれます。*********************************************
     『憲法と南スーダン・PKO自衛隊派遣』

 11月15日、政府は、南スーダンに派遣されている自衛隊の任務に、去年成立した安保法制にもとづいて、「駆けつけ警護」などを加える閣議決定をしました。

 「駆けつけ警護」は、武力行使に発展する可能性が極めて高く、憲法違反にあたるとしてこれまで認められてこなかった任務です。「駆けつけ警護」を認めれば、日本が他国の市民に銃口を向け、あるいは向けられかねない事態になりかねません。とても重大な問題です。この「駆けつけ警護」を考えるにあたっては、南スーダンのこと、そしてPKOのことも共有しておきたいところです。

 そこで、なかなか知られていない南スーダンの実態について、ジャーナリストの布施祐仁さんに報告いただき、PKOの現状について、国際紛争解決のスペシャリストの伊勢崎賢治さんから映像などを交えて報告いただきます。その後、コーディネート(川口創弁護士)をはさみながら、南スーダンでの自衛隊の活動に、駆けつけ警護を加えていくことの問題について、ディスカッションをしながら深めていきます。

 とてもタイムリーな企画です。保育もありますので、ぜひ、多くの方にご参加いただきたいとおもいます。

       記

【日時】 11月23日(水・祝)13:30〜16:00
【場所】 名古屋・東別院ホール(地下鉄『東別院』駅C出口から西へ徒歩5分)
【主催】 愛知県弁護士会
【プログラム】
第一部 報告1「南スーダンの実態」
         布施裕仁さん(ジャーナリスト)
     報告2「PKOの現状」
         伊勢崎賢治さん(東京外国語大学教授)
第二部 パネルディスカッション
      コーディネーター 川口 創さん(弁護士)

*入場料無料(先着400名)
*保育有り(要事前予約 →愛知県弁護士会 052−203-4410)
*********************************************
posted by Hiromi at 06:30| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

季節はめぐり、やるべきことはたくさんある

★ヒラリーさんの敗北演説のなかに

 「この戦いを見ている小さな女の子たちにも伝えたい。あなたの価値と力を、そして世界には追い求めるに値するチャンスと、かなえるべき夢があることを疑わないで。皆さん、お互いを信頼しましょう。うんざりさせたり、傷つけたりすることはやめましょう。季節はめぐり、やるべきことはたくさんあるのです。」

というのがありました。


 かなりポジティブに生きていても互いに信頼できないことがままあります。私はそれは対象から遠ざかる方法で生きて来ました。自分は知らないうちにうんざりさせたり、傷つけたりしてばかりいるとも思います。でも、小さな女の子に、「あなたの価値と力を、そして世界には追い求めるに値するチャンスと、かなえるべき夢があることを疑わないで」と言うことは、私もしてみよう。


★アメリカの社会学者イマニュエル・ウォーラーステインさんが朝日新聞のインタビューに答えていました。

http://www.asahi.com/articles/DA3S12652670.html

**************************************************

 「今の米国は巨大な力を持ってはいても、胸をたたいて騒ぐことしかできないゴリラのような存在なのです。トランプ氏は確かに、オバマ氏やブッシュ前大統領よりも危険な存在だと思いますが、選挙で主張していたように『米国を再び偉大にする』ほどの力があるわけではない。

 無数の人々の無数の活動を計算して将来を見通す方法は存在しません。一方で、バタフライ効果という言葉があります。世界のどこかでチョウが羽ばたくと、地球の反対側で気候に影響を与えるという理論です。それと同じで、どんなに小さな行動も未来に影響を与えることができます。


 私たちはみんな、小さなチョウなのだと考えましょう。つまり、誰もが未来を変える力を持つのです。良い未来になるか、悪い未来になるかは五分五分だと思います。これは楽観的でしょうか、それとも悲観的でしょうか。トランプ氏も一匹のチョウに過ぎない。大切なのは、決して諦めないことです。諦めてしまえば、負の未来が勝つでしょう。民主的で平等なシステムを願うならば、どんなに不透明な社会状況が続くとしても、あなたは絶えず、前向きに未来を求め続けなければいけません」

**************************************************

自己嫌悪に陥っている時は元気の出る言葉に励まされます。
続きを読む
posted by Hiromi at 10:15| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

3日間の楽しく疲れる民宿

 快晴。紅葉がきれいな牧野が池緑地へピクニック。シャボン玉、すべり台、ドングリ拾い。大人はもっぱらジャングルジムで遊んでいて火事になって亡くなった5歳の男の子の話題。ゲンの弟のシンジを思い出す。ご冥福を祈ることしかできません。
 当家の最大の被害者はバラで、3日間自分の専用ハウスでひきこもり。でも発見されてしまって逃げ場なし。「ウ〜〜〜〜ここは私の家だよーーーー!」
 トランプに対しても、バラのように一寸の虫の五分の魂を発揮したいと思う祖母ちゃんでした。
牧野が池緑地公園こども広場1小.jpg シャボン玉とばし小.jpg 牧野が池公園2小.jpg  どんぐり拾ったよ小.jpg バラ発見1小.jpg
posted by Hiromi at 11:55| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

人間存在を尊重する様なら彼に協力する

バースディケーキバラとアンちゃん小.jpg 今日も誕生日を宿泊つきで祝ってもらいました。今日のハッピバースディの歌は、最後が「ハッピバースディばらちゃーん」になってしまいました。バラは生クリームが好物で、腕の中でジーッとながめてはいますが、家の外から来る人は基本的に怖くて、震えています。

 ドイツのメルケル首相は、「大統領トランプが出自、皮膚の色、宗教、性別、性的指向、或るいは政治的諸見解の独立した人間存在を尊重する様なら彼に協力する」と発言しました。日本の政府はなぜこういうキッパリとした発言が出来ないのかと思います。

posted by Hiromi at 20:45| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

得票数ではヒラ リー・クリントンが勝っている!

 9日は八事朗読バンドの練習日でした。皆がハッピーバースディを歌ってくれたので、ラップ調もリクエストしたら、即興でやってのけ、爆笑。来月はいよいよ立ち稽古に入ります。 バタバタと忙しくしているうちに、トランプ大統領が生まれてしまって、唖然!

  誕生日に奇跡が起き、昨日、ゲンの繫体字版を北京のしかるべき政府関係部門に、国際スピード便で送り出しました。と、言っても、出版許可がおりる可能性は「ある」か「なし」の二つ。いや、もしくは修正を若干要求されるという事も考えられなくはない。運を天に任すとは、こういうことです。色々な方の応援のおかげです。心より感謝。

 郵便局で眼鏡を出して、ケースをその場に置いたまま外へ出て、家の中から追っかけられているTVカメラにコメントして・・・。ブラッスリークーへ。古くからの友人と初対面のKさんと3人で「Nちゃんを偲ぶ会ランチ」をすることになっていたからです。開店まもない頃、Nちゃんも小康状態で、ここへきて食事をしてくれました。予約するときにシェフと
私「3周年おめでとう! よく頑張ったね」
  「覚えててくれたんですか?」
私「当たり前じゃない!」
  「お花が届いてないんですが・・・」
という会話をしたので、花屋さんに寄って、コスモスの鉢植えを何個も箱に詰めてもらって持って行きました。
  「うわーっ!まるでぼくが請求したみたいですね」
私「請求したじゃんか!」

、で、ちょっと早かったので、箒とちりとりとゴミ箱をもらって、お店の入り口の歩道の落ち葉なんかをかき集め、草とりもして、予約時間となりました。
私「きれいにしたから美味しいもの作ってね」
  「美味しいものしか作れません」

 今は一人で切り盛りしているお店なので、ゆっくりと注文した品が登場しますが、そのぶん、ゆっくりお喋りできます。3人で心ゆくまでゆっくりNちゃんの話をして、やっと少し気持ちが楽になりました。人と人を繋いでいったNちゃん。Nちゃん、今日も、新しい人と繋がらせてもらったよ。帰り際、姪婿のシェフが「毎日掃除に来て下さい」と笑っていたのが気にくわないけどさ。

 眼鏡ケースの忘れ物.jpg留守中に郵便局から電話がかかっていて、眼鏡ケースをあずかっているって。それで今日とりに行ったら、切手を入れる袋に入れてニコニコと渡してもらいました。親切なスタッフさんたちでした。記念にパソコンのバラの壁紙と一緒に眼鏡ケースの切手袋入りの写真を撮りました。

  この眼鏡ケースは、母の遺品です。いや、使っていなくて、「○年○月○日孫のDから修学旅行土産をもらう」とメモ書きを入れたまま大切に使わないまましまっておいたのです。戦時中、もののない時代を過ごした私たちの親の世代は、そんな人が多いと思う。使わないでしまっておく。いろんなことを思い出させてくれる眼鏡ケースが無事戻りました。Dって、私の愚息。

トランプショックでメールがいっぱい入ってきます。一番たくさん受け取ったのが、↓
***************************

マイケル・ムーア監督:今するべき5つのこと

In These Timesより


1. 民主党を接収して、人々の手に返すんだ。これだけわれわれを裏切ってきたんだから。


2. メディアに登場し、言いたい放題言って、反論に耳を貸さず、現実に起こって

いることを認めてこなかったすべての物知り、予言者、世論調査屋、その他の者

たちはクビだ。このお調子者たちは今度は「今は分裂の傷をいやす時だ」とか

「さあ、もう一つになろう」などとお説教するのだろう


3. 民主党の国会議員で、今朝目覚めた時に、この8年間毎朝、オバマ政権に喧嘩

をしかけ、抵抗し、邪魔することを決意して目覚めてきた共和党員と同じぐらい

の決意を固めていなかった者たちは、ちょっと下がって、道を譲ってくれないか。

今始まろうとしているロクデモナイことや、トンデモナイことを止めようと決意

している人たちに


4. 「驚いた」、「ショックだ」と言うのはやめないか。そんなことを言うのは、

君が泡の中に生きていて、まわりの人たちのことやその人たちの絶望に見て見ぬ

ふりをしていたことを告白しているだけだ。何年も両方の政党に見放されてきた

人たちの間で、現在のシステムへの怒りと復讐心がたまりにたまってきたのだ

そこにテレビの人気者がやって来た。彼の計画は政党を破壊し、全員に「お前は

クビだ」と宣告することだった。


トランプの勝利は驚きではない。彼は冗談を言っていたのではない。冗談だと高

をくくっているうちに彼は強大になってしまったのだ。彼はメディアが作り出した

のだが、同時にメディアを作り出してきた。そしてメディアの手に負えなくなった


5. 今日、君が会うすべての人に、このように伝えてほしい。「 有権者の多数はドナルド・トランプよりもヒラ

リー・クリントンを選んだ。以上」。


今朝目覚めて、自分がひどい国にいると落ち込んでいるとしたら、そうではない。

多数の人々はドナルドではなくヒラリーを選んだんだ。トランプが大統領に当選

したのは、選挙人という不可解な、まともでない、18世紀に考え出された制度

のせいなのだ。この制度を変えない限り、私たちは選んでもいないし、望んでも

いない大統領を戴き続けるのだ。


この国の多数の人々が気候変動は現実であり、女性と男性の賃金は同じであるべ

きで、大学生や卒業生が借金地獄から解放されるべきで、他の国を侵略するべき

ではなく、最低賃金を引き上げるべきで、真の国民皆保険制度を望んでいるとい

う意志を表明したのだ。そのことには何の変化もない。

この国の多数は依然として「自由主義」の立場を支持している。それを実現す

る自由主義的なリーダーがいないだけだ


今日はこの5つのことを実行しようではないか。

***************************

posted by Hiromi at 20:48| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

銃の算数

 高世さんから、NTV「ニュースエブリー」で、彼がプロデュースしたジャーナリスト常岡浩介さんが拘束される前日(26日)に取材した映像の一部が放送されるというメールが入ったので、5時台のコーナーに注目していました。常岡さんは、イラク軍が「イスラム国」から奪回した町、バルテラに入ってリポートしていました。この件は高世さんのブログに詳しい。

 特派員の新たな取材で、解放されたバルテラの学校の先生が算数の教科書を見せていました。「イスラム国」が強制的に使用させていたものです。教科書に銃のイラスト。銃が○個ありました。△個使ったら、残りの銃は何個でしょう? という問題が出ていました。子どもが「彼らはぼくらを戦士にしようとしていたんだ」と、インタビューに応えていました。ゾッとして、心の底から冷えました。

 「平和な家の中」にいる私は時々お裁縫、時々パソコン。100円ショップで、一つ一つが厚紙のリンゴにくっついているものを5個購入したら、100円ショップのゴミ 1.dibパッとはらぺこあおむしの絵本が浮んでしまったのがウンノツキ。早速リンゴに赤い紙を貼り、バラの座布団カバーを作った残りのひざ掛けを芯にして、あおむしさんを作ったのです。背中の毛は、ゴミ箱に捨てたフリンジ部分を拾い出してくっつけたら、なんとなくそれらしくなってふふふ。
 リンゴを一つあおむしが食べたら、残りは何個でしょう?  答えは「平和」。 もっともリンゴとしては平和ではなく悲劇。
 はらぺこあおむし3.jpg はらぺこあおむし長身.jpg はらぺこあおむし完成.JPG


続きを読む
posted by Hiromi at 22:36| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北陸朝日放送で本日の夕方

 本日4日、北陸朝日放送の午後615分以後になるようですが、ニュースの中でプロジェクト・ゲン代表のANさんを特集するそうです。新聞に出てもテレビに出ても、だまーーーーって知らせない、奥ゆかしい彼女(何でも宣伝する私と正反対の性格)が、珍しく連絡してきたのは、私の先日の金沢講演がチラリと写るからみたいです。ローカルですが、見られるエリアの方はどうぞ。
posted by Hiromi at 07:14| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

中国大陸が食べられた

16秋まだたべられていない柿.jpg 16秋菊と紫金草.jpg 16秋鉢植え紫金草1.jpg
  庭は紫金草のおしくらまんじゅうです。

16秋食べられた柿.JPG  用心していたのに柿を食べられてしまいました。写真に撮ってパソコンに入れて拡大してみてびっくり。中国大陸(もしくはアジア大陸)が食べられていたのです。ふと、『こんなこと書いて憲兵に捕まって投獄された時代もあった』と思ったのですが、もうそんな時代は真っ平ごめんです16秋お隣のみいちゃんの空.jpg



 今日は珍しく2階のベランダ越しにおとなりのミイちゃ16秋お隣のみいちゃん.jpgんと会えました。ミイちゃんの頭の上の空の美しかったこと。平和って、こういう日のことを言うのだと思います。感謝。

 金沢に行った時、近江町の市場で買った金時草の、葉を食した後の茎を植えておいたら、みごとに根付いて、再生しました。感激。
16秋金時草.jpg

  文化の日は、「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」とのこと。友人は岐阜市民会館で群読の発表会に行くと言っていました。毎年講演とセットで行なわれる群読。今年の台本は「世界でいちばんまずしい大統領」と「わたしのやめて」とのこと。
  うちの八事朗読バンドでもテキストで使ったことがありますが、発表したことはありません。毎年文化の日に相応しい群読をするっていうのもいいな。自分の身体の中の財産になっていくもの。ちっともかさばらない宝物。
*******************************      
わたしの『やめて』 (戦争と平和を見つめる絵本)

くにと くにの けんかを せんそうと いいます

せんそうは 「ぼくが ころされないように さきに ころすんだ」
という だれかの いいわけで はじまります
せんそうは ひとごろしの どうぐを うる おみせを もうけさせます
せんそうは はじまると だれにも とめられません

せんそうは はじめるのは かんたんだけど おわるのは むずかしい
せんそうは へいたいさんも おとしよりも こどもも くるしめます
せんそうは てや あしを ちぎり こころも ひきさきます

わたしの こころは わたしのもの
だれかに あやつられたくない
わたしの いのちは わたしのもの
だれかの どうぐに なりたくない

うみが ひろいのは ひとをころす きちを つくるためじゃない
そらが たかいのは ひとをころす ひこうきが とぶためじゃない

げんこつで ひとを きずつけて えらそうに いばっているよりも
こころを はたらかせて きずつけられた ひとを はげましたい

がっこうで まなぶのは ひとごろしの どうぐを つくるためじゃない
がっこうで まなぶのは おかねもうけの ためじゃない
がっこうで まなぶのは だれかの いいなりに なるためじゃない

じぶんや みんなの いのちを だいじにして
いつも すきなことを かんがえたり おはなししたり したい
でも せんそうは それを じゃまするんだ

だから
せんそうを はじめようとする ひとたちに
わたしは おおきなこえで 「やめて」 というんだ

じゆうと へいわの ための きょうだい ゆうしの かい
******************************  


続きを読む
posted by Hiromi at 20:27| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

冬支度

バラ冬支度.jpg  アッという間に冬が来ました。大慌てで冬バージョンに模様替えをしました。ひざ掛けがボロボロになってきたので、バラの専用座布団のカバーにしました。首輪もおそろいで作ったけれど、カメラを向けると逃げていくから写りませんでした。
 バラの尻尾は短くて且つ左曲がり。デモ、他の猫の尻尾と自分の尻尾は違うと思っていないところが、私は素適だと思っています。
posted by Hiromi at 20:32| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする