2016年12月31日

帰省客と普通の晦日でありがたい日々です

 28日から帰省3人様。パパは朝6時半出勤10時帰宅の年末特別仕事が29,30,31日。岐阜に移動して2,3日も続きます。何でこんなに働くのかなぁ。祖母ちゃんは公園のお付き合いと台所とお掃除と洗濯と・・・まぁ、普通と言えば普通ですが。普通の年末です。今年は大切な人を次々と亡くした年でした。来年は友人の誰もが健康でありますように。1年間お世話になりました皆様、お付き合い下さいました皆様、本当にありがとうございました。心から感謝申しあげます。来年も宜しくお願い申し上げます。
地下鉄初体験小.jpg 地下鉄初体験。
大塚屋地下鉄車道駅大笑い小.jpg 大塚屋に行く駅は車道駅です。
大塚屋こんど子の服作りましょう小.jpg こんどはこんな服作りましょうね。
この電車に乗ります.jpg 今日はママの女子会。
posted by Hiromi at 15:49| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

山城博治さんらを救え!オンライン署名にご協力を


【拡散希望】のメールをもらいました。お正月どころでない人がこんな身近にいる。
*************************************
山城博治さんらの釈放を! by 「山城博治さんらを救え!キャンペーン」
署名はこちらから

1 「山城博治さんらを救え!キャンペーン」からオンライン署名が呼びかけられました。
2 保釈金カンパの呼びかけ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1. 鎌田慧さん、澤地久枝さん、佐高信さん、落合恵子さん、小山内 美江子さんらが
年明けに山城博治さんの釈放を求める要請書を那覇地裁などに提出とのことです。

沖縄では辺野古でも高江でも、誇り高く苦しい戦いが続いています。
高江の非暴力座り込みのリーダーでもある山城さんは、普通ならあり得ないようないくつもの理由で不当逮捕され、12月25日ですでに70日間もの長期にわたり拘留されています。
昨年に大病を患った山城さんの健康が心配です。警察は弁護士との接見しか許可せず、沖縄とは言えつめたい床で靴下が欲しいという山城さんの希望も拒否し、ようやく最近になって了承したそうです。

沖縄の植民地的状況は悲劇ですが、沖縄の人々は誇り高く抗議・抵抗しています。
 異議も唱えず肯定し追従しているのは安部内閣と外務相、取り巻きの官僚達で、まさに永田町こそは植民地となりきっています。
「本土側の無関心」と言われますが、そうではない庶民もいることを知らせましょう。
ぜひ拡散ください。
-------------------------------------------
  「ふるさとの自然を守りたい」「当たり前のくらしを守りたい」「米軍施設はいらない」−−ただそれだけの思いで、高江の住民や沖縄の人たちは必死の座り込みを続けています。座り込みは、「非暴力で」「自主的に」「愛とユーモアを」のガイドラインが徹底され、強制排除にあっても、住民側にケガ人は続出しましたが、機動隊側を誰一人傷つけることはありませんでした。
それなのに、いま、山城博治さんら、反対運動のリーダーたちが、こじつけとしか思えない理由で、不当逮捕され、次々に別の理由に切り替わり、長期に拘留されています。最新の理由は、10ヶ月前の、1月28日から30日にかけて、辺野古・キャンプシュワブのゲート前にブロックを積み、工事車両の通行を妨げたというものです。なぜ、10ヶ月も前に行われた抗議行動について、いま、逮捕勾留なのでしょうか。警察は、その場にいて、見ていたにもかかわらず、何の行動も起こしていませんでした。
これは運動を委縮させ、運動のイメージを傷つけるための不当逮捕としか言いようがありません。
山城博治さんらの釈放を求めるため、年明けに以下の要請文を提出します。ぜひ賛同して要請者になってください!

要請者:鎌田慧、澤地久枝、佐高信、落合恵子、小山内 美江子
*************************************************
那覇地方裁判所と那覇地方検察庁に出された要請書は省略。
保釈金カンパの呼びかけもされています。
*************************************************
2.「基地に反対する活動をしただけで不当に逮捕拘留されている山城ヒロジさんたちの保釈金や弁護士費用、その他 資金が必要とのことです。当然なのに、その声が聞こえて来なくて心配していました。
 泥棒に追い銭ではありますが、保釈金は高額なようです。活動維持のためにも、カンパをお願い致します。

●ゆうちょ銀行・郵便局からの振込
 記号 17050 番号 18292851
 オスプレイ・ヘリパッド建設阻止高江現地実行委員会(口座名)
●他の金融機関からの振込
ゆうちょ銀行
 店番 708 普通預金 1829285
 オスプレイ・ヘリパッド建設阻止高江現地実行委員会(口座名)

posted by Hiromi at 10:04| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

旭ヶ丘高校で、YOSHI基金生と討論会

Quinn君 毎日1222.jpg  21日に旭ヶ丘高校で、恒例のYOSHI基金生とAFS留学生を迎えて討論会が開かれました。日米の若い人たちが銃について討論している姿を天国のYOSHI君はどう思って眺めているかしら? 両親始めボランティアの皆さん、旭ヶ丘高校の真摯な受け止めなど、皆さんの努力に頭が下がります。Quinn君とマイロ 君 中日.jpg

  私は・・・えらそうに電話口で口だけ動かしますが、英語も出来ないので、なかなか参加する勇気がありません。名古屋市立大学のH先生、専門がアメリカ史なだけに、しっかり参加されています。
 写真は政一さん提供で、高校とアメリカ領事館の出の総領事と。クリックで大きくなります。新聞も読めると思います。

IMG_2127 マイロ・クイーン・山田・通訳.jpg IMG_2156 集合写真室内.jpg IMG_2152 議事(黒板).jpg 領事館Group.jpg 領事館Two.jpg IMG_2005 墓.jpg IMG_2181 マイロ・クイ-ン.jpg

  
posted by Hiromi at 15:34| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

2016年の決定的瞬間

 糸魚川市の大火災に心が痛みます。お知り合い、お友達、親戚のある方は肝をつぶされたことと思います。お見舞い申し上げます。 

 テッカイの会のニュースレター作り。新聞記事やお知らせとチラシを同封して277通はなかなか完成しません。色々考えるところがあって、胸中複雑。今日出来なかったことは・・・明日投函しよう。

 ★池上彰さんの「2016年の決定的瞬間」が話題になっています。
1時間9分15秒辺りから
神道8000万人小.jpg 神道の信者数日本に8000万人
2つの巨大な宗教組織小.jpg 二つの巨大な宗教組織
神道政治連盟小.jpg 閣僚24人中21人が
目的は憲法改正小.jpg目的は憲法改正
posted by Hiromi at 22:17| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

『この世界の片隅に』

 『はだしのゲン』の対極にあるアニメだと聞いていて、気になっていたので今日伏見のミリオン座に『この世界の片隅に』を見に行きました。戦時中の広島と呉が舞台。1人の女性とその家族の、ささやかで幸せな暮らしが戦火に飲み込まれてゆく物語です。

 見終わって『いいアニメだったなぁ』と、素直に思いました。絵を描くことが好きだった、主人公のすずさんが空襲で右手を失います。登場人物の辛さ悲しさ、苦しさが、それでも優しく描かれていて、悲惨な状況の中にあっても、まさに「生きている日常の幸せ」がスクリーンに、最初から最後までしみじみ広がるのです。

 ただ、ゲンの対極にあるって言うのは違うと思う。原爆の話題ではあるし、広島を呉から見ているけれど、ゲンには戦争を引き起こした者への怒り、加害者としての責任が描かれている。二度と戦争を起こしてはいけない、核廃絶という強烈なメッセージを持っているものだから、比べてはいけないものだと思いました。もちろん『この世界の片隅に』を見ても戦争は絶対ダメ! という気持にはなるんだけど。

 ゲンは被爆後江波に疎開して、大変ないじめを受けます。それで、今も江波の人たちは『はだしのゲン』が好きでない・・・ということをきいていますが、それは事実だったんだからしかたがない。江波の全ての人が意地悪だといってはいない。そういう人がいたという、人間のある種普遍的な姿を表現しているのだ。
 すずさんの育ったところ、実家も江波。とても江波の人たちを暖かく描いているから江波の人たちは溜飲が下がったとも聞いています。よかったね。呉でも広島でも事実は事実。ともに描かれてよかったのだと思いました。

中日と毎日講演記事ブログ.jpg 映画館から鶴舞図書館へ直行。講演会の記事を探してコピーしてきました。テッカイの会のニュース発行の準備です。

 12.12の講演会の新聞記事が、今朝の中日の市民版に載ったのにはびっくり。さすがにいつ開かれたという新聞記事の基本の基は抜かしてありました。遅れても粘って突っ込んでもらえて感謝。
posted by Hiromi at 21:45| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

楽しやラップ

キーボード1.jpg  今年最後の八事朗読バンドの練習日。昨夜は疲れてだらしなく寝てしまったので、朝から掃除に汗を出す。掃除、毎日やってればどうってことないのにね・・・と365日思うのですが、絶対やれません。今日は立ち稽古なので、リビングのテーブルもどかしてステージスペースを用意。2人がキーボードを持って来てくれて、聞き比べ。キーボード4.jpgテンポもおばさま御用達にして、音が決まりました。動きもついてカタチになって来つつあります。「こんなの朗読って言える?」って言われそうな実験だけど、とにかくやってみること。

 原発事故後に福島県から避難した生徒のいじめ被害。神奈川県内への避難者を支援する弁護団によると、少なくとも8世帯9人の子供がいじめを受け、うち2人が不登校となっているそうです。カウントされていない虐めはもっともっと多く潜んでいるでしょう。

 私たちのラップはイギリスの Got Talentという番組で2014年に公開された「僕がラップを始めたのは」という、いじめのテーマが出発点です。日本でもCDが発売されました。ってことは、つくづく人間のやる事は世界中同じだと、本当に、つくづくつくづく思うのです。国単位、世界単位に広げれば、人間集団が別の人間集団を虐めています。人間にはどうしてそういう感情が芽生えるのだろう。人間は本質的に何に飢えているのだろう。
posted by Hiromi at 21:47| 愛知 | がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

右氏のこと

  4日ほど前、イーブルなごやから電話があり、話し合いがしたいということでした。つまり、街宣車が来た件で、呼び出しを受けたという事です。ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと、憂鬱でブルーでした。どうして私たちが呼び出されるのでしょう? 何一つ悪い事をしていないのに。呼び出すべきは右の方達です。「どうしてああいう迷惑なことをするのだ!」と、アノ人たちを呼び出してほしい。それこそイーブン。

 今日テッカイの会議があり、その後、イーブル側4名と私たち5名で話しあいました。きちんと警察にも連絡し、警察もきちんと対応しました。それなのに、「周囲から苦情があったので、今後どうするつもりか聞きたい」という事でした。

 「5年間、色々あった。右氏は、自分で隣の部屋を借りて閉じこもって、館長さんが出て来なさいと言っても、閉じ込められたと言って、ガンガンドアを叩いて出てこなかったこともあった。右の方達とのことで、私たちが女性会館から呼び出しを受けたことは一度もない。右氏への対処は、あなたたちの考えることでしょう」と・・・。まあ、最後は取っ組み合いにもならずに穏やかに別れられました。

 以前は名古屋市の職員の方達(公務員)が女性会館の業務をしていました。今は民間の企業に運営を委託していて、色々勝手が違って来ています。

 とにかく裁縫をしていたのは、少しでも憂鬱を忘れたいと思ったからです。夜も眠れなかった。矢って、弱いほうに放たれるんだね。
posted by Hiromi at 21:08| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

「増殖」をとっただけ

ヤギさん手袋とすべり台2.jpg もう郵便屋さんが届けてくれた、♪ヤギさん郵便手袋。心配なのは、このすべり台が、もんじゅのある県にあること。

 若い頃、原子力関連の職場に勤務していた人から、もんじゅ廃炉に関して、とても憂える長いメールをもらいました。企業の利益追及の姿がどこまでもちらついています。難しいので、何度も何度も読むのだけど、それでもやっぱり分からない。この頭で必死に整理した事は以下。

 ●政府は、文部科学省で開いた「もんじゅ関連協議会」で、高速増殖原型炉もんじゅを廃炉にする方針を表明した。

●もんじゅの前段階の実験炉「常陽」(茨城県)や、原型炉の次の段階に当たるフランス計画の実証炉「ASTRID(アストリッド)」などを活用すれば、もんじゅを再稼働した場合と同等の知識や技術が得られる。

●もんじゅは1995年に発送電を開始し、既に1兆円を超す国費が投入されたが、ほとんど稼働実績がない。文科省は、来年から廃炉の準備作業に着手し、使用済み燃料の取り出しには5年半かかり、廃炉作業に約30年かかる。費用は3750億円以上。

「高速炉開発の方針は堅持する」

●一般の原発は冷却に水を使うが、高速炉は液体ナトリウムを使う。核分裂で生じる中性子は水の中ではスピードが落ちるが、ナトリウムでは落ちない「高速」。しかし、液体ナトリウムは空気に触れると発火するため取り扱いが難しく、世界でも実用化された例はまだない。

●もんじゅが廃炉になっても、フランスが2030年ごろの運転開始を目指す高速炉「ASTRID(アストリッド)」計画に参加し、研究を進められる。
だが、ASTRIDは基本設計が完了する予定の19年までしか予算措置されておらず、資金難で建設自体が見直される恐れもある。

●政府は「高速増殖炉」から「増殖」の文字を消したが、その技術を捨てたわけではない。増殖されるのは燃料となるプルトニウム核兵器への転用も可能で、海外には軍事利用への懸念根強い。日本は国内外に47.9トン(15年末現在)を保有しているが、今後確実に消費していくメドも立っていない。これ以上たまれば国際関係で睨まれそう

●政府は「増殖」の看板を14年のエネルギー基本計画で取り下げた代わり、原発から出た放射性廃棄物の量を少なくできるという高速炉の特性を前面に打ち出している。だが、高速増殖炉と高速炉は炉がほぼ同じで異なるのは燃料の種類や配置だけ。それを入れ替えれば「高速増殖炉」にも「高速炉」にもなる。資源に乏しい日本には将来のウラン燃料の枯渇に備え、増殖の余地を残したいとの思惑があり、「看板を掛け替えているだけ」。
posted by Hiromi at 23:00| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

♪やぎさん手袋

 初雪に遊ぶ.jpg 「雪が降って、手袋とマフラーをして雪だるまを作って遊びました。手袋が小さくなったので、又作ってください」のリクエスト。手が大きくなったのだろうね。早速とり掛かりました。ストレスを忘れられる私の最高に幸せな時間です。
 毎朝、NHKの「べっぴんさん」を見ているのですが、坂東営業部がどうしても他人ごとに思えず、スミレさんを応援してしまいます。百貨店側が「1工程か2工程省いてください」と言った時、すみれさんたちは「それなら出店しない」と断りました。ものすごーくよくわかるんだよね、そのポリシー。

 先週、栄の三越でお歳暮を見繕ったついでに、ドラマのモデルである「ファミリア」も覗いてみました。まーあ、それは素晴らしく可愛い幼児、子供服。縫製は大人物とちっとも変らず、緻密で美しいので、うっとりとして眺めましたが、値段も大人物顔負けで、私にはゼロが多すぎて手が出せませんでした。白黒やぎさん手袋.jpgでも、やっぱり時々はセンスを磨かないとね。

 さて、出来上がった白黒ヤギさんの手袋とマフラー、喜んでくれるかしら? クリスマスに間に合うよう、早速ポストに投函しました。
posted by Hiromi at 19:04| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

海外メディアは「Crash」(墜落)と言ってるのに

米軍の準機関紙である「星条旗新聞」や、米・FOXニュース、英・BBC、ロイターなどの海外メディアは「Crash」(墜落)と報じている。


●日米地位協定(日米安保条約に基づき駐留する米軍の権利等を定めたもの)の規定によって、墜落した米軍機の正確な情報を日本側が把握することは事実上、不可能。裁判権もまた制限されている

 もしオスプレイが市街地に墜落し、多数の死者を出す甚大な被害をもたらしたとしても、日本側はただちに捜査を開始し、被疑者等を起訴し、裁判にかけることすらできない



アメリカとの地位協定に類するものはドイツやイタリアにもある。

ドイツは1993年の大幅改定により、国内法を適用することで米軍機の飛行を制限、自治体による基地内の立ち入り調査も認めさせた。

イタリアではすべての米軍基地はイタリア軍司令官の管理下に置かれている。



オスプレイは佐賀空港や東京・横田基地など本土にも順次配備される方針飛行ルートは事実上制限されていない。日本全土がオスプレイ墜落の射程圏内


 今回のことで、300m先に住んでいる方に「感謝しましたか?」って、アベサン、イナダサン、どうぞお尋ね下さい。

飛行機の「着水」「不時着」「墜落」のそれぞれの絵を描きなさいと言われたら、どんな絵を描きますか? それは落ちた飛行機がどこの国の民間機か軍機かなどで全く違う絵になるの? 日本語を侮辱するな!!

続きを読む
posted by Hiromi at 10:04| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

損傷・不時着・墜落に感謝をどうやってする?

【日本語をどうやって子供に教える?】 
写真は、琉球新報と沖縄タイムスから

在沖米軍トップ

「空中給油訓練中にプロペラがホースを切ってしまった可能性が高い。切れたホースがプロペラに入り、プロペラが損傷した。浅瀬を選んで不時着した。感謝されるべき」

■稲田朋美防衛相

「コントロールを失った状況ではなく、墜落ではない

■翁長知事

「機体が大破している状況から墜落と認識している」

★「稲田さんって、ブラジャーもせず、パンツもはいていない、裸の王様。恥かしいしね。日本語殺語事件という犯罪だよ」って、私だったら子どもに教えます。
posted by Hiromi at 10:03| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

忘年会

 午後、名古屋市立中央高校で「国語表現」の90分授業。毎年1回させてもらって、今年でもう3年目です。感謝。昼間部、夜間部の二部制で、とても自由な高校です。女の子はお化粧してる子もいるし、パンプスもはいたりしてる。もちろん、車椅子の子もいたり。とにかく個性的な子が多いので、面白いし、受け入れる度量が試されるといってもいい。ラップをやったら、さすがに飲み込みが早い。若い人と接するのは幸せです。

 夜は沖縄料理の居酒屋さんで忘年会。『ナゴヤピースストーリーズ』の産みの親のH先生、ジャーナリストを目指す学生さんも参加、Mディレクター(今日も中国人留学生に大学の図書館でインタビューしてたって!)、A新聞記者さん(東京に転勤するので、今日はお別れ会も兼ねています)、憲法を口語訳した若者Tさん(なんと、彼は中央高校夜間部の卒業生なんだって。本はもう7刷りして、印税で奨学金の一部を返せたって!)、出版者の編集長さん(20年前、私はこの方に酷い言葉を浴びせかけ、感情をぶちまけたことがありまして・・・笑い・・・今日は何度も握手して笑いあいました!)と、私の7人。まるで人生のシンフォニーのような、これぞ忘年会か。

 オスプレイが墜落か不時着かの表現で、メディアの姿勢が問われるという話も、メディアの側にいる人たちから直接聞くと生々しい。皆さんとゆっくりお話する機会があまりなかったので、忘年会という私の苦手な設定ではあったけど、皆志が底通していて楽しかったです。一期一会。「あの時、行っておけばよかった」という後悔はしたくない。
posted by Hiromi at 23:14| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

私が年末に詣でる神仏

 退去予告.jpgチラシ2000枚をスーツケースとリュックに分けて持ち、午後2時前には到着して、色々なチラシと組み合わせる仕事をセッセと。タイの少数民族をずっとカメラで追っている人が助っ人で、2人でお喋りしながらしたので楽しかった!軍事政権下、評判がよろしくない王様が即位して、不敬罪がとても厳しくなっている話しなど、タイも大変。

 妨害退去貼紙.jpg朱セイザンさんと通訳さん、前日の神戸からの付添いの方が1人+ナンキンのTV局クルーが3人。右の方達3名、総領事館からのゲスト2名、次期選挙に出馬予定の弁護士さんも来られると予め情報があり、それなりの対策はしましたが・・・ガイセン車が3台、イーブルなごや(女性会館)の玄関前に並んでガーガー。3階のホールロビーにも聞える怒鳴りアナウンス。彼らもバイトだから、ちゃんとしないとどっかに叱られるだろうし。悪い事に昨日はジュウグンイアンフに関する集会も別室で重なり、彼らにしてみれば、これを逃していてはいけないのであります。南京のTV局インタビュー.jpg

 今回も大学の先生や学生さん達も来ていて、とにかく講演を準備して、若い人が来てくれるのは嬉しいです。それで又先生に2.18のチラシをどっさり差し上げて、苦笑いされました。受付をする人もお客さんも若干老いが目立つのは寂しいけど。私は最初から最後まで講演は聞かず(聞けない)、ロビーで来客・ゲストの対応に徹しましたので、時々ホール内からの怒号は聞えて来ました。1人入りこんでいたんですね。最後の1分に入場しようとした男性が居たので「一般の方ですか?」って、聞いたら、ニッコリ。右さんが出て行くとき、ピッタリ後ろにくっついていたので『ナーンだ、公安さんだったんたわ・・・』受付.jpg

 終了から15分で撤収。隣の上海料理店で懇親会。15人くらい参加しました。私は、アメリカ人のJさん(時々スタッフ)と、彼の大学の学生のベルギー人たちとお喋り。ホール内準備中.jpgベルギーとフランスとオランダなど、いくつかのヨーロッパの国に根がある人で、自分のことを「ヨーロッパ人」と言ってました。アルジェリアでおじいちゃんが戦争に行ったけど、何も語りたがらなかったとか、コンゴとかアフリカとか殖民地の話も色々出てきて、国際社会で人間の抱えている問題は皆同じで違う生い立ちを持っていると、痛感しました。
  朱セイザンさんに『ナゴヤピースストーリーズ』の本をプレゼントしました。右だけじゃないよ、平和のために頑張っている人は大勢いる!!!「もういいかげんにやめたら」と言われるけど、私の心の中に鎮座まします神様や仏様が守ってくださっている。帰宅は夜11時。空けて今日。HさんとMさんは、次の会場の金沢まで、一行を送り届けます。
posted by Hiromi at 09:21| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

本日夜、イーブルなごやのホールで

昨日は2.18のチラシが5000枚到着。あれやこれやとやれやれです。

 さて、本日。いよいよ「 南京大虐殺 名古屋講演集会」です。
全国各地でリレーで行なわれていて、今日は神戸から。名古屋が終わると金沢です。
寒いですし、年末で皆さんお忙しいと思いますが、興味のある方は是非いらしてください。
*********************************
★本日、18時30分〜20時45分
★会 場  イーブルなごや・ホール(女性会館)
  地下鉄名城線 東別院駅1番出口東へ徒歩3分
★講 師  朱 成山・南京大虐殺紀念館前館長
★入場料  1000円 年収200万円以内の方は無料
★賛同費 1口1000円 (賛同費は入場料となります)
共催 <ノーモア南京>名古屋の会
河村市長「南京虐殺否定」発言を撤回させる会
日中友好協会愛知県連合会
旧日本軍による性的被害女性を支える会
子どもたちに「戦争を肯定する教科書」を渡さない市民の会
*********************************
posted by Hiromi at 07:13| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

安全保障技術研究推進制度

 「安全保障技術研究推進制度」っていう、防衛装備庁が、防衛装備品に応用できる研究を公募して資金提供するって制度が2015年から始まってます。軍事用と民生用のどちらにも応用できる「デュアルユース」研究を進めて、防衛技術の基盤を強化することが目的。提供する資金は、もちろん、私たちの税金!  
 それで、7日に関西大学が、学内の研究者が申請することを禁止する方針を決め、他の大学の申請に共同研究者として大学の武器研究シール投票名古屋三越前.jpg名を連ねてもいけないことにしたというニュースに、思わず「骨太!」ってつぶやいてしまいました。日本の大学は、戦後、軍事研究との絶縁を誓って再出発したのだから。日本各地の大学で続々とこういう決定をしてほしいと思います。

 大学の軍事研究.jpg昼前、三越裏でシール投票に参加し、少し私もお手伝いに加わって、通行人の皆さんにシール貼りのお願いをしました。岡山から代表者の方もいらして、寒風の中、7〜8人で頑張りました。(私は完全オレンジ防寒装)反対の人が賛成の倍ありました。

辺野古高江に.JPG その後は2時から若宮大通公園で、「辺野古新基地建設を許さない!高江ヘリパット建設阻止!」集会とデモに参加。こちらは全国同時アクションで、日本各地で行なわれました。主催は「戦争をさせない1000人委員会・東海ブロック(愛知、岐阜、三重、静岡)」。
 寒くて大変だったけれど、高江や辺野古の理不尽な状況下で苦しんでいる人たちのことを思えば、申し訳ないくらいです。心を寄せることしか出来ない情けなさ。

続きを読む
posted by Hiromi at 23:17| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

地歌舞伎

【12月6日】
 お目見えだんまり2.png東海音声表現研究会。今日は岐阜県の恵那市の元高校の校長先生のIさんの報告で、歌舞伎の「お目見得だんまり」の話題でした。現役の頃は演劇部で全国大会までいく実力校顧問として指導されていたので、退職後は図書館の読み聞かせ活動や指導、童話の創作などで活躍。いつも穏やかな笑顔の方です。小柄なので、町娘を命じられてちょっと不満そうな口ぶりだったのですが、なかなか可愛らしい娘さんに出来上がっていました。だんまりお目見え.png岐阜県では歌舞伎がとても盛んで、その中でも恵那地方はもっとも多いそうです。そう言えば、私も昔岐阜の山村の子ども歌舞伎を取材したことを思い出しました。

 「恵那市伝統芸能大会」の「お目見得だんまり」は出演者は公募されるのですが、商工会議所の会頭さんだったり、警察署の所長さんや消防署の方など、いわゆる名士が出られているそうです。地歌舞伎、文楽、お囃子などの出演で、故郷色満杯の舞台をビデオで見せてもらいました。衣裳も立派でおひねりが飛び、なかなかのものです。

 昔市川歌右衛門さんが地方の歌舞伎小屋で演じたとき、地歌舞伎の人たちが指導してほしいと懇願したら、断ったそうです。「プロだからと、惜しんで言うのでありません。このままで伝承していってください。それが一番大切なことです」と、俳優のFさんが紹介しました。うーん。いい話だなぁ。大人たちは子供の朗読を聞くと良い。作らずに伸び伸びとしているから・・・という話もでました。忘れていけない話だなぁ。
posted by Hiromi at 22:36| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

大学の武器研究 賛成?反対?シール投票

 岐阜大学食堂前の投票.jpgが、1210日土曜日10時半から12時まで、栄の三越裏で行なわれます。
*****************************
 大学の武器研究 賛成?反対?全国投票呼びかけ文

 前の大戦で大学が戦争に全面的に協力したことへの反省から、戦後、大学は軍事研究とは絶縁して再出発しました。しかし現在では米軍資金の提供を受けている大学が相当数に上ぼります(東京新聞2015年12月7日)。そして昨年7月、防衛省の戦後初の軍事研究公募があり、防衛省によれば計109件、大学からは58件の応募がありました。大学の軍事研究が公然と再開されたのです。
 防衛省は昨年3億円、今年6億円であった公募研究資金の予算を来年には、実に110億円にも増額しようとしています。このまま進めば、大学の軍事研究はどんどん拡大する可能性があります。
国民は大学が軍事研究を行うことをどのように考えているでしょうか。このことを市民の手で調べるために全国各地で大学が軍事研究を行うことの賛否を問う街頭シール投票を行います。投票期間は10月27日(木)から12月16日(金)です。
全国の投票結果は理工系学部を持つすべての大学、そして日本学術会議「安全保障と学術に関する検討委員会」委員全員に届けます。当該検討委員会は現在、学術会議が1950年と1967年に発表した軍事研究との断絶を誓う決意声明の扱い(見直し)について審議中です。
全国投票が成功するためにはできるだけ多くの都市から参加していただくことが大切です。大学の軍事研究に関心をお持ちの多くのみなさまのご参加を呼びかけます。(実施要領は次頁に掲載しています)
 2016年10月14日
*************************************
posted by Hiromi at 03:06| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

名古屋国際関係合同ゼミナール

 (12月4日) 「より良い未来へ、見つめよう世界を」というテーマを掲げた第38回、名古屋国際関係合同ゼミナールが中京大学でありました。名市大のH先生からお誘いを受けて、最後部で老学生になり、「いまどきの若者」からたくさん学んできました。

 愛知県立大学/名古屋大学/中京大学2/龍谷大学/南山大学4/名古屋市立大学2/金城学院大学/神戸大学/愛知大学/広島大学/札幌大学の16ゼミの参加で国際関係を学んでいる学生さんたちが全部自分たちで運営してゼミナールを進行させていきます。
 難民認定、移民、核軍縮、EU、大統領選など、様々な世界の抱える問題が論じられていて、学生たちの考えていること、研究していることが響いてきます。
 私は「核軍縮はどうして進まないのか」「アメリカの核の傘に依存する日本の安全保障政策の歴史と現状」「日中における教育レベルの差異とその将来」「叫び~届かない自衛官の思い~」など、特に興味深く耳を傾けました。パワーポイントを操り、動画も上映して、参考文献は、書物・新聞に限らず、ウェブサイト、テレビ・ラジオ番組も入って、はや、「文献」の域を大きく越えています。

 2006年にクウェートに派遣されて重傷を負った元自衛官に、学生たちがインタビューして、その音声も、声献?として表現していたのには驚きました。この元自衛官も、昨日、客席で参加されていたようです。「同じような思いをする人を増やしたくない」と、国家賠償訴訟を起こしています。2006年と言えば、私たちは小牧基地で人間の鎖などをして抵抗していました。

 結びとして、2016年現在の海外派遣は、南スーダンが延べ1701人、ソマリアへ590人、ケニアが述べ28人、ニュージーランドが国際緊急援助活動で11月に30人。海外派遣後に自殺した自衛官は合計56人で、公務災害として認定されたのは、4名のみ。過去の問題を残したまま海外派遣の態勢ばかり整えている政府。今後、自衛官の人権をないがしろにする事例が増えることを懸念していました。

 全体で質問をし、解答し、活発なゼミナールでした。各大学で会場を持ちまわり、38回も続いているそうです。こういったゼミナールは日本の大学で他にも色々行なわれているわけで、今時の若者は、海外にも自分の足で調査に出かけて、情報収集、考察などをしていて、全てに於いて、50年前(笑)の私たちの学生時代とは質とレベルが雲泥の差の中で学んでいます。で、ハタと『若者の貧困』という言葉が浮んで来ました。50年前にはそんな言葉はありませんでした。東京オリンピックを成功させ、大阪の万国博覧会の開催で肩で風切るような時代だったような気がします。
 こんなにも立派なホールで、立派な機器を使いこなして、立派に議論しあっている若者たちに襲い掛かっている未来を、ふと危惧する瞬間がありました。
3.核なき世界に向けた私たちの役割小.jpg 4.自分の考えを小.jpg 5.集まる小.jpg 2.矛盾小.jpg 1.非核三原則小.jpg 6.白猫であれ黒猫であれ小.jpg 11.アメリカ大統領選挙小.jpg 7.叫び 小.jpg  8.小泉支持します 小.jpg 10.自衛隊死者35人小.jpg 9.自衛隊は今 小.jpg  
続きを読む
posted by Hiromi at 11:44| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

戦死と呼べないのは、憲法9条があるため・・・


 2月18日の講演者やテーマは決まったけれど、会場決定が難儀でした。1日に、教育館講堂抽選外れ。今日発表のイーブルなごやの大研修室も自動抽選で外れてしまいました。 お池にはまったドングリさんのように、コロコロコロコロネットにはまってさーあ、大変! 土曜日の午後はなかなか空いていません。30ヶ所以上探して探して、皆にも「助けて~~~!」と呼びかけて、おかげでお昼ギリギリにやっと労働会館に空きがあることを教えてくれた人がいて、予約できました。行事をやるときは、こんな騒ぎばっかりです。私がお金持ちだったら、絶対市民の誰もが自由に無料で使える広場や家を創ります。
 早速予め作っておいたチラシの修正。地図や最寄り駅、道順の案内の描き直し。おおかた一日かかりました。安堵。胸をなで下ろしたのでした。

 先日の自衛官のお母さんの提訴に、名古屋からもイラク訴訟の弁護士さんたちと原告団長さんら5人が北海道に駆けつけていました。このお母さんに名古屋へ来てお話していただく案も出ています。北海道の弁護士さんも、イラク訴訟の時の弁護士さんで、皆、仲間です。

******************************

東京新聞の【デスクメモ】

仮に派遣隊員が「衝突」で死亡した際「公務上の災害死」になる。国のために命をささげたのに災害死とは何だ、と叫ぶ者が出る。

政府は戦死と呼べないのは、憲法9条があるためと釈明する。

ならば改憲せねば「英霊」は浮かばれないと騒ぎになる。そんなシナリオが脳裏に浮かぶ。

****************************************

posted by Hiromi at 20:46| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

自衛隊を南スーダンに送るな! いのちを守れ!

 自衛官の母親・平和子さんのスピーチ(全文)
10月30日(日)午後1時30分〜
 主催:戦争法廃止を求める青森県民ネットワーク
        戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
****************************************
はじめまして、平和子と申します。
 本日は青森の皆様に自衛官の息子を持つ母親の思いをひと言お話させて頂きます。
今回の安保法制の強行は勝手極まる安倍政権の横暴を現実化し、日本人の命、自衛官の命がまるで将棋の駒のような扱いとなっています。
現在、南スーダンは表面上の報道は落ち着きを伝えていますが、南スーダンの指導者本人が「停戦合意は完全に崩壊している」と会見するなど、ひと時も安心できない状況に変わりは有りません。
千歳の部隊が行く前から、派遣条件の安全5原則は崩れており先遣隊から「撤収願い」が出されていると、千歳の市議会議員さんに伺いましたが、それも全く無視されまるで何事もなかったかのように、またここ青森の部隊を派遣させるなど、言語道断です。
しかも今度はより実戦的な任務も付与、さらに医療チームも同行となり、もう完全な戦争状態そのものです。
アメリカ軍では兵士のみならず医療従事者もPTSDによる自殺者が多数出ていると聞きます。
また、何も決まっていないあやふやな立場の自衛官が現地の方を1人でも殺めてしまった場合や、捕虜とされた場合も、組織の命令に従っただけなのに、隊員個人に刑事罰が問われ、国際法の対象外扱いで相手の国の法律で処罰される可能性があるという、理不尽極まりない環境なのです。
国会での安倍首相の国民全体を馬鹿にしたような発言や、稲田防衛大臣の視察キャンセル騒動から金銭疑惑と、大臣としての資質以前の人としての問題に、とてもこんな人たちに自衛官の命、大切な息子の命は預けられないという強い憤りでいっぱいです。
日本の自衛隊は日本の国を守るため、毎日厳しい訓練に励みひとたび大災害が起これば一番先に駆けつけ救助にあたってくれる、言わば日本の宝物のような存在です。その宝物をわざわざ海外の危険な紛争地に送るなどという理由…それはアメリカに操られた安倍政権の戦争利権に他ならないと思います。
 北朝鮮がミサイルを打つとまるで申し合わせたように日本の防衛予算が跳ね上がります。
息子の立場を考え「生きていればまた会える」と軽い気持ちで一旦距離を取ることにしたのは今年の春の事です。
 私は昔から平和運動に関わっていて、息子は一旦入った勤め先の都合で自衛隊に転職しました。当時お付き合いしていた今のお嫁さんのお父様が自衛隊のOBで「やっぱり公務員だぞ」と勧められたこともありました。
 息子から何度となく「母さん、心配しないでいいよ。俺別に戦争マニアでもないし家族を養うために部隊に居るんだから…ホント俺クビになっちゃうからさー頼むから色々するのやめてね!」と言われていたのです。その時の親子の会話で「わかったわかった、もし私が派手にやりたくなったら、その時は本名も出さないしアンタとは無関係ってことにすればいいじゃない。でもさーそこだけが仕事じゃないんだよ、命あってのモノダネなんだからネ!」とやり合っていました。
今、あの衆院補選からこのような状況になり゛これはマズい事になった…゛と4〜5日考えた末に手紙で思いを伝える事にしました。
でもいざとなると胸に迫って手は震え、涙はこぼれるしでようやくの思いで便箋5〜6枚に一週間がかりで「こんな母さんのところに生まれてくれてありがとう、これから母さんがする事を許して下さい。あなたにはくだらない戦争に巻き込まれて犬死になんかしてほしくない、あなたはあなたの所に来てくれた宝物家族を全力で守り抜き天寿を全うして、それが母さんの願いです」と書きました。
腹を決め頑張る日々ですが会えない今は、時折息子の小さかった頃の夢を見ると涙がこぼれます。
私は息子1人が無事ならそれでいいとは思いません。
私はこのおかしな流れを1日でも早く終わらせ、笑顔でまたみんなに再会出来るようこれからも声を上げ続けて参ります。
 青森の皆さんもおかしい事にはハッキリ「おかしい!」と一緒に声を上げませんか?
 共に頑張りましょう。ありがとうございました。(拝)****************************************
posted by Hiromi at 08:45| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする