2017年02月25日

自衛隊・南スーダンPKO派遣差止訴訟


  「自衛隊・南スーダンPKO派遣差止訴訟」の 第一回口頭弁論が、21日、札幌地裁で行われ、現職自衛官のお母さんが平和子(たいらかずこ)という仮名で意見陳述しました。「訴状」や弁護団が出した南ス−ダン情勢、日報問題などに関する書面、平和子さんの意見陳述などがホームページで見られます。https://stop-sspko.jimdo.com/

 原告の意見陳述と言っても、ちっとも難しいことを言っている訳ではありません。自衛官の母親として、ありのままの気持ちを率直に述べています。ダウンロードして読み、目が潤みました。自分の息子も殺されたくない。誰の子供も殺させたくない。そう締めくくられています。

原告の平さんと弁護団の佐藤博史弁護士へのインタビュ−が動画でアップされていますので、お母さんがどんな方か、よく分かります。インタビュア−は、2004〜2008年の『自衛隊イラク派兵差止訴訟・名古屋』の時の弁護団事務局長、川口創弁護士。(がま口塾にも憲法改問題で来ていただいたことがあります)今回の訴訟でも弁護団です。

 ア○総理もカ○○○市長も皆根っこは同じです。自分の名前で寄付金が集められても、知らなかったから抗議したと言張り、虐殺があったと政府自身が認めていても「なかった」と言張ります。私がもっとも悲しいのは、それでも「私彼のファンなの。頑張ってるジャン」という、同世代の人たちがいるという事です。土地のごみを撤去せずに埋めても、トラックで運んで撤去したと言張り、それはもうすんだことになっているので、議論しなくていいと政府は言います。
 こんな嘘だらけの世の中をだれが作ったのかと言えば、私たちだという事が情けなく、悲しいのです。提訴記者会見の時の平和和子さんの発言を以下に書きます。
**************************************

  原告記者会見 原告の発言


   提訴にあたって    2016 年11月30日平和子



本日はお集まりいただきましてありがとうございます。 今回の訴訟は私どもの個人の提訴という形ではありますが、自衛隊のPKO派遣という 問題は私個人のみならず、日本全国の自衛隊家族、ひいいては日本全体の問題として認識 しております。自衛隊の本来任務であります「国土の防衛」という事から大きく逸脱した 今回の法律改正・閣議決定に対し、一母親の立場から疑義を唱えるべく行動を起こすこと に致しました。


  皆様に広くお知らせしたいのは、ニュース報道で流れている内容よりも、実際の現地の 状況は格段に危機的な状況であるという点です。「見切り発車」のような形で派遣された隊 員の国際的な立場があやふやで何か有った時の対応が何も決まっていないのです。本当に 知れば知るほど呆れるようなコトばかりです。例えば交戦に巻き込まれて負傷した場合の 止血帯や消毒液などの救急装備品も、米軍はひとりひとりに30品目持たされているのに 対し、自衛隊はほんの3〜4種類でほぼ丸腰、現役の自衛官でも他国の軍用犬以下という 実態です。


 捕りょになっても国際法の対象外のため、まともな保護も受けられないばかり か相手国の法律で裁かれても抗議も通用しません。最悪、現地の方を殺傷してしまった場 合、組織の命令に従っただけなのに、帰国後は隊員個人の責任を追及され刑事罰が下され るおそれがあるなんて、こんな理不尽極まりない状況が私たち家族はおろか、行かされる 隊員本人にもほとんど知らされないのです。


 この様な事を強行に決めた方々は、何も損害が及ばないし、いざ何か有ったところで私 たち国民の血税が動くだけで私たちだけが一方的に甚大な被害・損害を被ります。 国連の関係者でさえ「先進各国は、内戦の激化にともない、いち早く撤収した。現在、 主要国で残っているのは日本の自衛隊だけだ。あの様な危ない状況に自分の国の人間をさ らに追加増員するなど、政治家個人の自分たちの実績作りにしてもあまりに酷い・・・」 と国際社会からは尊敬されるどころか軽べつさえされている有様です。


 私は普通の母親なら自分の息子が危ない状況に立たされた時、誰もが持つであろう気持、 その一点で行動しています。個人差はあるでしょうが、それはどこの国であろうといつの 時代の母親であろうと同じだと思います。先の大戦で苦労して育て上げた息子さんを亡く されたお母様方の無念さを思います。 私は今の母親として言うべきことははっきりと申し上げてあの世に行きたいと考えてい ます。 普通の社会は戦争しない社会であり、普通に戦争をする国が異常です。この重大な人権 侵害に対し、私と同じように声を上げる方々が増えてくれることを願います。 弁護士の皆様に支えて頂き結果を出せたらと思います。
****************************************
posted by Hiromi at 16:39| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする