2017年03月25日

「パン屋」は「和菓子屋」、「公園」は「和楽器店」に。

道徳教科書修正例.png 証人喚問の日、TVの前で、清廉潔白ではないKサンをいつの間にか応援している自分に失笑。敵の敵は味方になっちゃうのだね。まるで映画館にいる気分で釘付けになってしまって、TVから離れらませんでした。そこで、「ここでポップコーンやコーヒーが出てきたら最高ね!」って言ったら、ほんとに目の前にポップコーンとおせんべいが出て来て、しばし爆笑。
 ほんとはね、天皇ご夫妻に出てきてほしいんだ、私。どうして教育勅語が廃止されたか、国会で証言してほしいんだけど、残念ながら、そして全くお気の毒なことに天皇さんにはその自由がないし、仮にあったとして、政権は嫌がること必至。全くもって変な話。

 道徳の教科書検定で修正が要求されたってニュース(写真は朝日デジタルから。クリックで大きくなります)に唖然。 文科省の指導で「パン屋」は「和菓子屋」、「公園」は「和楽器店」に修正したんだって。
★現在日本で広く知られている形の筝は、13本の弦を持ち、奈良時代に唐より伝わった。
★三味線は本来、中国より伝来した楽器であるといわれている。室町時代に中国の「三絃」が琉球へ渡来し「三線」となり、それを日本の楽器として改良、発展させたものが「三味線」。

 「これが日本だ」という傲慢さ、時代錯誤に我慢できません。文化とか伝統は、流れ、交わり、醸成され、地球の中で、どんなにでも形を変えていく途上にあるものだと私は思います。人々に生きる力や喜び、感動を与えていくもの。 上から「これが日本だ」と善悪、正誤を押し付けられるものでは断じてない。



posted by Hiromi at 09:06| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする