2017年07月19日

群読のワークショップを目指して

 八事朗読バンド練習日。10月15日、岐阜市の中央図書館があるメディコス「みんなのホール」で、午後2時から4時。タイトルは「群読ワークショップ〜濱島秀幸と群読の仲間たち〜」です。濱島さんはバイオリニストで、私たちも30分演奏が聴けるというラッキー!  群読は岐阜と各務原と名古屋の私たちのグループがそれぞれ作品を発表したり、合同作品にも取り組むという、今までにない企画です。Kアナの人脈に乗っかって、大それた経験を積ませていただけることになりました。無料で、どなたでも入場できるそうですので、中央図書館( 素晴らしい! )を見学したい方、お近くの方、ぜひどうぞ。

 群読は、近頃とても盛んになっていて、「言葉の合唱群読コンクール」なんかも行なわれているようです。コンクールにはとても出られないのですが、同好の仲間が集まって素朴に楽しむのは、素適な事だと思います。今日、提案した新しい作品「今日私はお皿を洗わなかった」の賛同を得て、早速5作品の練習に入りました。
 すると、どうしたことでしょう♪〜♪今まで8月はお休みにしていたのに、皆からやろう! という声が出て、バンド始まって以来の8月の練習日を決めました。結局の所は、8月に子どもたちがいるから・・・という理由が全員なくなったのでした。10年やっていると、子供は親を離れ、私たちは私たちを生きることになるのですねぇ。親の介護は真最中だったり、終ったり、これからだったりしますが、束の間の幸せをむさぼる術に長けているのは女性也。

冨恵さん1.jpg★広島市のバーで11年にわたって被爆証言を聞く会を開いたマスター、被爆3世の冨恵(とみえ)洋次郎さんが今月3日、37歳で亡くなっていたことを不覚にも今日ネットのニュースで知りました。狭いお店だったけれど、中沢啓治さんも2回、証言をしています。「はだしのゲン」発表から40周年の時、広島で集会や講演会が若者を中心にした実行委員会の手で開かれたとき、プロジェクトゲンの仲間たちとも一緒にステージでお話したのでした。冨恵さん2.jpg被爆者の思いや語り継ぐ大切さを伝えようと、冨恵さんが病に侵されながらつづったエッセーと会の記録が20日に出版されるそうです。
 中澤ミサヨさんと電話で話し、詳しいことを知りましたが、2月に余命宣告を受け、アッという間の出来事だったそうです。なんでこんな大切な若い命が・・・と悔しいです。合掌。

posted by Hiromi at 23:42| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする