2017年07月30日

ジャン君

 エマニュエル・ジャン=ミシェル・フレデリック・マクロン氏。5月7日にフランスの大統領に選ばれました。妻との年の差25歳には世界がびっくりしたのですが、フランスでは、そんな事は「べ・つ・に!」

 我が家に今日はバラの夫がやってきました。年の差7歳10ヶ月。流行の先端を行っておりまして、名前も「ジャン」になりました。バラはバラク・オバマ氏からとったので、当然のなりゆきでなったのですが、歳の差婚?まで似てしまいました。

 動物愛護センターの玄関に捨てられていたそうで、推定誕生日6月1日。動物看護師を退職されたばかりのボランティアの方が、2ヶ月大切に育ててくれました。ノミダニ駆除、目脂に眼軟膏塗布治療、回虫除去、1回目3種ワクチン接種。しっかり手当をしていただいてスクスク育ち、今日、里親としてもらいに出かけました。
 トリマーの姪と姪孫と一緒に行ったのですが、里親になるには、色々な条件をクリアしなければならず、1週間お試し期間が過ぎてから、正式に我が家の家族に認められます。姪のアドバイスがありがたいです。
猫踏んじゃった.jpg ゲージのジャン.jpg
バラと遭遇2.jpg バラと遭遇1.jpg
 一番心配したのがバラとの相性。本日顔を合わせたのですが、ジャンはくったくないのに、バラが怖がって引っ込んでしまいました。ほんと、人見知りの激しい猫で仲良くなるまでは試練が続きそうです。
 お世辞にも美女とは言われたことのないバラに、お腹にハートマークをつけた白猫の王子様。さて行く末は。
posted by Hiromi at 20:10| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする