2017年01月28日

番組のお知らせ二つ

  昨年の9月末に上京した折、暮らしの手帖社で長年仕事をされていた、『ぼくの花森安治』の著者の二井康雄 さんにお目にかかりました。二井さんのお連れ合いが私が北京に居た時、お世話になった友人Oさんなのです。今は帰国して、中国語の翻訳や編集などの仕事で活躍しています。ゲンに関してもとても理解と協力をしてくださっていて、せっかくだからと、メーテレのディレクターさんも誘って4人で歌舞伎町で楽しく食事をしました。
 その時、初めて知ったのですが、二井さんは素適な「字」も描かれます。暮らしの手帖社にいらした方らしい風情の字。

 ママ騎手.jpgMディレクター制作の番組案内で、30分番組のタイトルを二井さんが描かれたことを知り、びっくり。内容も興味はありますが、今は、タイトル文字を見るのを楽しみにしています。全国で放送日時が違うので要確認ですが、興味のある方はどうぞ! 
★名古屋での放送は例によって早朝です。
**********************************
テレメンタリー2017「負けてたまるか〜オトコ社会を駆けるママ騎手」
関東圏での放送は1月29日(日)午前4時30分〜5時です。
「テレメンタリー2017」
http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/
名古屋での放送は2月2日(木)午前4時29分からです。
**********************************
★もう一つは高世さんから。
**********************************
2月2日(木)22時00分〜22時54分
テレビ東京「カンブリア宮殿」 
 「1食20円の寄付が途上国の給食に!肥満と飢餓の解消へ!日本発の社会事業」
【ゲスト】NPО法人 TABLE FOR TWO International 代表
          小暮真久(こぐれ・まさひさ) 44歳

 開発途上国では約10億人が食糧不足で飢餓に苦しむ一方、先進国を中心に約20億人が過食による肥満や生活習慣病を抱えている。この“飢餓”と“肥満”の不均衡を解決するために立ち上がったのがNPO 団体のTABLE FOR TWO(TFT)だ。
 TFTの仕組みはシンプル。社員食堂や学食などで低カロリーのヘルシー料理を作ってもらい、その代金のうち20円を発展途上国の学校給食(1食20円)の支援に充てるというもの。
 2007年に始まったTFTだが、この9年間で海外8カ国に4300万食の給食を提供した。この仕組みを導入する団体は年々増え続け、現在では650団体に。日本発の社会事業TFTの動きは今、世界に広がり始めている。
********************************** 
posted by Hiromi at 10:56| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

河村市長の発言〜経過〜

【きっかけは中国SNSの微博から】

アメリカ人女性と中国人男性が、「日本のAPAホテルに同ホテル代表が執筆した南京大虐殺と従軍慰安婦否定本が置いてある」と、中国SNSである微博に2017/1/15に投稿したところ、017/1/17 21時現在、微博で8300万回再生、66万転載、35万いいね、3.1万コメントがついた。

●投稿動画(youtubeに転載されたもの 中国語と英語)
 RIGHT-WING NATIONALIST HOTELS IN JAPAN 每个人都应该知道的事实
 https://www.youtube.com/watch?v=rmoTcP-G8r8&feature=youtu.be

中国の主要メディアも上記動画を報道し、それを受け、同社は「客室から撤去しない」と声明を発表した。
●2017.01.17 アパホテル  客室設置の書籍について
 https://www.apa.co.jp/newsrelease/8325
 The official statement of APA Group about the freshly raised controversy over the paragraph of the our-room-equipped book
 https://www.apa.co.jp/newsrelease/8467
●中国人が日本で開く旅行会社、華王国際株式会社が16日、アパホテルとのすべての事業提携を解消すると発表した。

●APAホテルにおける外国人観光客の割合は23%(2015年4月)で、その半分がアジア系とのこと。
http://inbound.exblog.jp/24687702/
(なお、海外宿泊予約サイト大手のexpedia、Agoda、Booking.comはまだAPAホテルを掲載し続けている)

●2017/1/23河村たかし名古屋市長の定例記者会見で、「いわゆる南京事件はなかったのではないか。市民を30万人虐殺したことが本当だったら土下座しなければならない。しないのだったら反論しなければ。議論が必要だ」と述べた発言は中国メディアでも大々的に取り上げられた。
http://m.weibo.cn/2810373291/4067383272534645

●中国外交部が「南京大虐殺は歴史的事実。市長は南京に土下座しに来るべきだ。」とコメントを発表。
2017-01-24 来源: 新华社
外交部:请名古屋市长履行“跪地道歉”承诺
http://news.xinhuanet.com/world/2017-01/24/c_1120376857.htm

●APAホテルに無料で置いてある読売新聞も、南京での虐殺は事実と認定している。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170122-00010008-agora-int

●平成29年1月23日 名古屋市長定例記者会見
http://www.city.nagoya.jp/mayor/page/0000089489.html

●2017.1.23 22:17 産経新聞
「南京大虐殺」改めて否定 河村名古屋市長
http://www.sankei.com/smp/west/news/170123/wst1701230088-s1.html
posted by Hiromi at 20:00| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月18日の講演会に是非来て下さい!

 日本僑報社の本.JPG昨日、河村市長の発言から5周年の2.18講演会の講師である段躍中さん
からダンボールが届きました。出版社をされているので、会場で皆さんに紹介するためです。数多の出版物から見繕ってくださった54冊。その中にパンフレットが入っていて、「日本図書館協会選定図書」「中国人おもてなしの必読書」「大手書店ベストセラー第一位」「受賞図書」「日中関係が良くないとき読む本」などが紹介されていました。日中関係が良くないときに読む本.jpgクリックで写真は読めるくらいになります。

 段さんは元々中国で新聞記者をされていた方で、天安門事件後日本に来られて、今は日本の国籍をとっています。日本記者クラブでの講演、「クローズアップ現代」「羽鳥真一モーニングショー」他、昨年だけでも数々の番組に出演して、日中の友好を語っています。紙媒体での掲載、発信は多すぎて、ここには書ききれません。

 だからどうなの? それで? って言うかも知れないけれど、本当に全身全霊をかけて日中の友好のために働いている人たちから、私たちは真剣に学ばねばならないと思います。段氏の想い、活動に「知らなかった!」と、びっくりすることが多いと思います。
 寒いし、忙しいし、面倒だって思う人、どうか、今回だけは、御用がなければ、会場に来て下さい。私、熱烈歓迎します。
posted by Hiromi at 16:17| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河村市長に抗議文

 河村市長には呆れます。でも、こういう市長を選んでいるのは、まぎれもなく私たち市民です。1,2冊本を読んでの思い込み発言の罪の深さ!学問的にも決着のついている話を全く勉強しようともしていません。
 松岡環さんは、以下の抗議書にあるように、加害兵士250名、被害者300人を記録し、被害者を日本に50人以上を招請し証言集会に携わっています。南京に住み、徹底的に南京を歩き廻り、証言の映画も作りました。他にも調査研究をしている学者、一般市民は大勢います。学問には程遠い私ですら、南京の虐殺記念館には3回も行っていますし、父の証言記録もあります。
私たちの5年間にわたる話し合いの求めにも全く応じず、本当に恥かしい市長です

***********************************************
河村たかし 名古屋市長 様   2017年1月24日
                「銘心会南京」代表  松岡環  
 抗   議   書

河村たかし市長は、本年1月23日記者会見の折、「いわゆる南京事件はなかったのではないか。中国は30万人の市民を虐殺したというが、本当なら日本人全員が南京へ行って土下座をしないといけない。」と発言しました。アパホテル関連意見―、つまりアパホテルにある「南京大虐殺」や「慰安婦」を否定するホテル所有者の元谷氏の私見著書を全室に於いていることに対して「それはそれで結構」とも発言しました。

公人や政府関係者が、歴史をねじ曲げ、又その行為を擁護する態度は、かつて被害を与えたアジア諸国や中国の民衆をどれだけ傷つけたことでしょうか。
私たち「銘心会南京」は貴方の今回の発言、そして2012年2月の「南京事件、なかったのではないか」発言は、これまで市民や行政の側も築いてきた名古屋と南京との交流を断絶させてしまいました。さらに過去にも同じ虚偽の南京大虐殺否定発言を繰り返すなどをしています。同じような問題発言を重ねる貴方に、南京大虐殺歴史調査(加害兵士250名と被害者300人を記録しています)や被害者を日本に50人以上を招請し証言集会に携わってきた私は、貴方に強く抗議いたします。
このようなウソの発言は人間として許されるものではなく、まして政治家であれば、絶対にこのような軽率な言動は日本の国益をそこなうものであると知らなくてはなりません。
南京大虐殺は日本の侵略戦争の中でも最も残虐で象徴的な惨案(残虐事件)の一つであります。中国の民衆にとって、侵略の象徴である南京大虐殺を否定されることは「中国の歴史」のみならず「中国人そのもの」を否定されることと何人もの中国の友人が常々言っています。80年前の受けた傷の後遺症に苦しみ、肉親を奪われ苦しみに耐え暮らしている人々が隣国に生活しておられます。体験を話せる老人は、もう約100人と少なくなりました。歴史事実を否定する日本人や政治家が世界の歴史感と反する非常識極まりない発言を繰り返すたびに、南京大虐殺の被害者や遺族の皆さんたちは、大きな痛苦を感じておられます。

私たち「銘心会南京」は、貴方の暴言・態度に心からの怒りを感じ、ここに強く抗議いたします。その姿勢を改め問題発言を撤回・謝罪されることを要求します。
***********************************************
市長への抗議 Fax:052−972−4110(市長直通) ― 通じやすいです。
posted by Hiromi at 15:49| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テッカイの会の質問書

まずは質問書 赤字にしているのは、ここだけで私がしています。
************************************************
質問状   アパホテル代表 元谷外志雄 様
                 
 南京大虐殺を否定する内容の書籍を日本の「アパホテル」の本当の日本の歴史.jpg客室に置いていたとして、中国のネット上で激しい批判にさらされているアパグループが2017年1月17日夕、「書籍を客室から撤去することは考えておりません」との見解を発表されました。私たちは元谷外志雄様にお答え頂きたく、以下を問います。

@ ここで「中国は日本軍によって三十万人の民間人が虐殺されたと主張しているが」とあリます。当時の中国国民党政府日本敗戦後に南京で開いた国防部戦犯軍事法廷の判決は犠牲者総数30万人以上としています。「30万人の民間人が虐殺された」とは言ってもいないし書かれてもいません。

A 「そもそも当時の南京市の人口は二十万人であり」と書かれています。その当時とはいつなのか記載されていません。1937年12月13日の南京陥落以前として誰が調べた人口調査結果なのか根拠を明らかにしてください。
「当時の南京市の人口」というが、この南京市の市域はどこなのか。南京安全区を指すのか、南京城内を指すのか、当時の南京市行政区を指すのかも明らかでありません。

B 「日本軍の南京入城一カ月後の調査では、人口が二十五万人に増えていた」とあります。日本軍の入城1ヶ月後、それが南京陥落後1ヶ月なら1938年1月13日、日本軍の南京入城式後なら1月17日ですが、日本軍の占領下において南京市の人口を誰が調査したのでしょうか。

 「論理的に考えれば、「虐殺などなかった」としか考えられないだろう。」と言う著者の「理論 近現代史学」は、事実に基づかず、思い込みの主張の展開であると私たちは考えます。

 以上@からBについての根拠をお答え下さい。
                                以上
************************************************

posted by Hiromi at 15:21| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

又河村市長が

NHKおかあさんといっしょ.jpg 1年に1回の30数年来の友人3人組で「遊ぼー」約束で栄に集合。ちょうど案内をもらっていた、NHK放送センタービル2階のニコンプラザ名古屋で知人の写真の個展を見て、見学コースで遊んでから、「さらさらサラダ」の公開収録に紛れ込んでしまいました。だって、今日のゲストはピアニストの反田恭平さん! いつもは生放送だけど、今日は国会中継のため、収録になったのです。ラッキーでした。その後は・・・ふと気付いたら夕方になっていました。

 さて、家についたら、案の定、アパホテルにおいてあった、「南京虐殺はなかった」という内容の本についてのあれこれの情報が飛び交っていまして、河村市長の「またか」の発言でパソコンが唸っておりました。あれこれやっているうちに虚しさのせいでドッと疲れてしまいました。今日出来ない事は明日やろう。
posted by Hiromi at 23:14| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

バラとトラ

 庭先スウさん.jpg 熱もないし、体も大丈夫って言うのだけど、声が出なくなってしまったスウさん。オーマイガー! 。昨日はちゃんと9時就寝、今朝は7時に「お早う」・・・が、完璧なるささやき声。今日は豊田市で2時間のあと、場所を移動して、又夜に2時間の講演だそうで、そのまま宿泊。金沢に帰るのは明日なんだけど、大丈夫かなぁ。

 2人で「サンデーモーニング」を見ました。トランプ氏の就任演説他、ワシントンの様子、世界の都市の様子・・・。堂々たる一般ピープルの私たちは、私たちのやり方で、堂々と生きようと思います。スウさんのようにアメーバのようにカタツムリのように、難しくないけど、よーくわかるお話を運んであっちこっち。これはすごいこと。励まされるね。読もう『あなたとわたしののけんぽうBOOK』『読む不思議なクニの憲法』。見ようリニューアル版不思議なクニの憲法』。

 トラ小.jpg「お宅のバラちゃんの名前も改名? これはないね」とメールをくれた友がいます。よくぞ覚えてくれていました。バラはバラクオバマ就任の時に家に入れたので、大統領の名前をいただいたのでした。父猫には私たちはトラという名前をつけていました。トラ猫だったからだけの話。いつもどこか怪我をしながらも堂々とした一般キャットでした。野良猫教育をしっかりバラにし、娘のバラにはずーっととっても優しく頼もしかった、なかなかの男でした。
続きを読む
posted by Hiromi at 14:12| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

12条する

  金沢から日進市のにぎわい交流館へスウさんがやってきました! 「水野スウさんとティータイム〜語ろうけんぽうの事〜」。 安保法制に反対するあいち中部ネットワークの皆さんが招きました。映画「不思議のクニの憲法」(松井久子監督)に登場するスウさんを見ている方が多くて、生のスウさんを見たかったのだね、みんな初めて会った気がしないって言うの、分かるなぁーって思うほど、ずーッと@ホームな雰囲気で素適なティータイムでした。(スウさんて、案外吉本系才能もあったりして)。

 日進1.jpgまずまだお客さんが入っていないときの部屋。70人定員。テーブルは公民館などによくある長テーブルです。信じられないね。二つくっつけて、布とお花とお菓子でホントにキュート。グループの皆さんの温かさ満開の部屋でした。何でも日進3.jpg100人以上入場してたとか。
 特筆したいのは、若いお母さんたちがお子さん連れで何人も参加していたこと。受付の傍には保育スペースも作られて、むずかった子は廊下に出てお母さんが抱っこしながら耳はスウさんにぴんぴん。

 スウさんが「あなたとわたしのけんぽうBOOK」を出版した時、私はこのブログに紹介しました。それを見たNちゃんが50冊注文して、友人たちに丁寧にひとりひとり郵送して紹介したのです。そのことが縁で、スウさんは豊橋や日進に来てくれたのです。Nちゃんに有難うって言いたくて仕方がないけど、彼女はもう天国に召されてしまって、私は今日も泣いてしまいました。スウさん有難う。尚ちゃん有難う。そして、尚ちゃんの願いをしっかり受けついで、今日の日を創ってくださった日進市の皆さん、有難う。

 「不思議のクニの憲法」はもう少し長くなって新しく作られました。私はまだ見ていませんが、読む不思議のクニの憲法.jpg全国で上映会をしているので、是非見てほしいです。本にもなりました。
 スウさんのレジュメはとっても可愛い。Kの所にこんな事が書いてあります。あなたとわたしの憲法ブック.jpg
*********************************
 誰かさん、じゃない。この私がしなくちゃならないこと。私たちの自由と権利 ひと任せにできない。おかしいことにおかしいと声をあげること。不断の努力を日々、普段から。それが「12条する」こと。一人ひとりがPeaceのPieceになること。その自由と権利は全体のしあわせのために使うこと。 12条する=Do  13条+12条=25条
********************************
 私は今日Nちゃんをしていました。もう会えないし、話も出来ないNちゃんが、生きてたらきっとこうしただろうという事もちょこっとして。(いえ、ほんのちょっと椅子のお片づけなど)
 さて、スウさんは明日は豊田市で2回講演があります。(ハード!)、それで今日は我が家泊。おやすみなさい。
posted by Hiromi at 23:20| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

名市大で服部夫妻授業

 名市大人文学部の「平和論」の授業。今日は学生さんたちと一緒に客席に座りました。先生は服部夫妻で、今まで外部から13人が招かれて、9人のゲストスピーカーが講師を務めました。私もその1人で、昨年10月にお世話になりました。本当にありがたいことです。今日も満席の教室で熱心な学生ばかり。終了後涙ボロボロで夫妻に話し掛けてきた女子学生に、又私も涙・・・。こういう授業があることを大声で世界中に知らせたいです。

 剛丈君の事件が起きて今年の秋が来れば25年です。アメリカ3億人の中にライフル協会には450万人います。銃所持者は8000万人。ヒラリーさんは銃規制を公約に上げていましたが、残念な事に明日からはトランプ政権。しかし、担当の平田准教授はアメリカ史が専門で、「得票数はヒラリーさんの方が多かったので、悲観することはない。確実に銃規制は拡がっている」と、解説しました。服部さんも、ブレディ法は時限法だったけれど、実はまだ生きていて、連邦法として効力を持っていると説明。但し、即売会では適用されないので、アメリカの銃規制団体が、その規制を求めて活動しているそうです。ニューハンプシャーなどではライフル協会側の知事候補が落選したりしているので、希望は繋げたいと思います。

 何よりも今日のように大学で若い人たちに、彼らが生まれる前の事件を話せるのは素晴らしいことだし、旭ヶ丘高校では、生徒会が中心になって、毎年YOSHI基金で留学してくるアメリカの高校生と交流会を開くようにまで育っています。昨年末までにAFSの協力で、既に24人の学生が1年間日本で銃のない社会を体験しました。銃への恐怖心が悪循環を招いて、どんなに悲惨な事件が繰り返されようとも銃を捨てない社会を変えていくのは、本当に難しいけれど、やっぱりコツコツと教育に力を入れていくことが王道のようです。

 最後に美恵子さんは歌詞は美恵子さんとYOSHIの会で作った、まのあけみ作曲の「海をこえて銃をこえて」を独唱しました(勇気ある!)。上手くなくてもね、本人が歌うのは心にグッとくるよね。泣けました。

 IMG_2968.JPG話は逆流しますが、朝、バス停でバスを待つ間、傍の寺院の掲示板を見たら『無量寿経』下巻というのが、張り出されていました。

〜天下和順 日月清明 風雨以時 災歯s起 国豊民安 兵戈無用 崇徳興仁 務修礼讓〜

あっ、あったあった兵戈無用(ひょうがむゆう)! 「仏さまの教えが広まった国や社会は平和になって、太陽も月も清く輝き、風雨も時にかなって程よく降り、災害や疫病はおこらず、国は富み、民は豊かになって、兵隊や兵器を用いること無く、人びとは徳をあがめ、仁を尊んで、礼節や謙譲の道を守るようになる。」 という意味だそう。

 『奇しくも私は今から、銃で16歳のわが子を亡くしても平和のために頑張っている友の話を聞きに行くんだよ!』 って、掲示板に語りかけてからバスに乗りました。
 真剣な学生たち.jpg 夫婦で再事件現.jpg 米総領事館訪問.jpg 平田先生.jpg 旭ヶ丘高校桜の成長.jpg 
posted by Hiromi at 17:45| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

八事朗読バンド練習日

ディスカバリー青森写真.jpg 八事朗読バンドの練習日。今日は3人+1でちょっと寂しかったけど、またラップざんまい。方言を話す青森県民と、大阪のお笑い芸人がラップのバトルで青森の観光名所やグルメを関西圏にアピールする動画「ディスカバリー青森」がyou tubeでめっちゃ回数視聴されています。最後の方に「つず」まで出てくるんだもの。知事のこと。この際、六ヶ所のことは別に考えるとして、元気な青森をたっぷり聴きあいました。

  ヒップホップ・アーティストのZeebraが、この13日、東京の広尾中学校3年生に「日本語ラップ講座」という特別授業をして盛り上がったそうです。お母さんである私たちもがんばらなくっちゃね。いや、お御祖母ちゃんっていうか・・・。

  「伝える」という事の方法は様々あるのだと納得できます。朗読と音楽のはざまで、人の心を捉える「言葉」の表現方法を色々試してみたい。デモのシュプレヒコールも韻を踏んで短くする、って言うような工夫をしてもいいだろうし、より気持ちよく、より感動的にと、あれれこれ考えていると楽しい。イギリスの「ゴットタレント」っていうTV番組でみごとプロデビューしたバース&メロディーというユニットのラップも、何度聴いても感動します。人の心を動かすって大変なこと。子供からも学ぶ事はいっぱいあるね。トランプやA総理の顔ばっかりTVで見るのはもう食傷。

posted by Hiromi at 23:15| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする