2017年02月04日

翻案劇リーディング

  一昨日突然案内を頂き、音声表現研究会の2人も出演しているというので、ひまわりホールに駆けつけ当日券をゲットしました。ソートン・ウィルター作「ロング・クリスマス・ディナー」より「長いお正月」。長岡輝子作、ふじたあさや演出。要は、西洋の作品を日本語に訳すだけでなく、日本に舞台設定を変えて話を進めます。劇ですから、ト書きも読むので、これをリーディング上演すると言います。

 日本に新劇が生まれてから、今年は100年目だそうです。木下順二が「木に竹を接いだように」と表現したそうですが、それまで歌舞伎しかなかったのですから、まぁ、「海の向こうでは、普段しゃべっているようにセリフを言うらしいぜ」なんて巷では興味津々。試しに見に来た歌舞伎役者はチャンチャラ可笑しくって聞いてらんねえ」と、帰ってしまったとか。

 長岡輝子さんは「おしん」で記憶に新しいのですが、私は「徹子の部屋」での朗読「アメニモマケズ」にボーっと心を奪われる。
93歳のネイティブ東北弁にかなう人はまずないでしょう。色々な仕事を現代に繋いでくださったんだなぁと、今日は、若い出演者が多かったので、勉強になりました。私はいったいどんな朗読を目指しているのか・・・。もっとしっかりしなきゃいかんです。
死の門.jpg真ん中椅子.jpg生の門.jpg 
 舞台装置は 上手に「生の門」、下手に「死の門」があり、後はテーブルを囲むイメージの役者用の椅子と、後ろに控える朗読者が椅子に座っているだけです。演技は最小限にとどめてあり、観客が色々想像逞しく情景を"見る"。

 先日、市役所での記者会見が終ってから「日展」を見に行ったのですが、お目当ては招待券を毎年くださっているNさんのお姉さんの、彫塑部門の人形作品。今年は母娘で入賞されていました。他の絵画や書、彫刻もじっくり見たかったのですが、あれは心行くまで見るのは1日かかりますよね。
 今日もユトリロ展の鑑賞券をいただいていたので、松坂屋の美術館に走りました。これも見出したらとんでもなく時間がかかりそう。後ろ髪ひかれる思いで家路につきました。
 贅沢で申し訳ない、幸せな時間が細切れのように飛んでいます。到着した本.jpg

 帰宅してみれば、東京の段さんから又本が新に54冊到着していました。かなりの衝撃。2月18日の講演会は、さながら本屋さんだね。さて、まずは、この本をどうやって会場に運ぶか・・・。
続きを読む
posted by Hiromi at 21:22| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立春

170204紫金草.JPG  一輪咲いても花は花。立春に真面目に咲いた我が家の鉢植えの紫金草。頑張ったね!

  台湾大学の日本研究センターからニュースレターが届いてびっくり。目次を見たら恐縮で、小さい体がどんどん小さくなりました。でも・・・もし中沢啓治さんに見てもらえたら、きっと喜んでもらえたと思いなおし、ミサヨさんにも送りました。あらためてゲンを取り上げてくださったT先生やセンターの先生方に感謝。若い人たちと一緒に写っているのが、何より嬉しいです。大陸での出版は更に厳しくなっていて、著作権の会社では、許可が取り消しになった日本の作品も複数出ていると、春節の便りに書いてありました。

 一輪咲いても花は花。諦めず本格的春を辛抱強く待つことだね。
台大ニュースレター.jpg 台大ニュースレター目次.jpg 台大ニュースレター2.jpg 台大ニュースレター1.jpg
続きを読む
posted by Hiromi at 09:48| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

市役所で記者会見

  名古屋市役所の国際交流課、秘書課、市政記者クラブなど、電話をかけまくってアポをとり、本日、共同代表など4人で国際交流課へ出向きました。発言撤回と南京市との友好復活の要望書、アパホテルへの質問状、2.18チラシ、会の5年間の活動報告書などを手渡しました。友好都市担当の若い職員さんは、とても感じの良い対応をしてくれました。
1.国際交流課.jpg 2.姉妹都市担当Yさんに文書を説明2.jpg 3.記者クラブ入り口.jpg 

 次に記者クラブに移動。記者会見をしました。実は昨日申し込んだので、実現できるか半信半疑で弾丸特急で資料を整え、手続きをしたのですが、TV局も入って、ちゃんとニュースで見るような会見になりました! たまたま、幹事社の女性記者さんは馴染みのKさんで、テキパキ司会をしてくれて、2.18の取材も確約してくれたのです! なんとラッキーなこと。
4.記者クラブ会見場.jpg 6.会見前2.jpg 5.会見前1.jpg 7.会見中.jpg
 私は父の話をしました。市長さんの父親も同世代。私たちも同世代。同じように中国戦線に兵隊として関わっているのに、片方は父親の話を聞いて、虐殺はなかったと思い込んでしまった人。私は父の体験を信じている人。ただ市長が私と違うところは、現地へ一度も行っていないし、幸存者の話のひとしずくも聞いていないこと。市長に抗議する私たちより、市長の方がよほど危険な過激派なのです。

 沖縄の高江の報道も同じです。全くの捏造情報を地上波で放送してしまう局があるのです。見ているだけでこちらの感性も傷つきます。
を見ると、傷ついてズタズタになっている人たちが、果敢に記者会見を開いています。
沖縄の皆さん、中傷された皆さん、ありもしなかったことを作り話された皆さんはどんなに胸かきむしられる思いをされているか、怒りや悔しさがビシビシ伝わってきます。世の中で政治に関係のないことなんて何もありません。ヘイトされ、悔しい目にあって、初めて私たちはそういうことに気がつきます。せめて寄添う気持ちを持っていたい。
posted by Hiromi at 16:03| 愛知 ☁| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

沖縄 さまよう木霊(こだま)〜基地反対運動の素顔〜

 ため息が出るのですが、少しでも多くの方に見てほしい映像です。約55分間。ナンキン問題も共通項が多く、捏造だ、デマだと騒ぐ人の方が捏造し、繰り返すことで、侵食して行きます。
MBSドキュメンタリー
映像‘17 沖縄 さまよう木霊(こだま)〜基地反対運動の素顔〜

 ナレーションが素適だなぁと思いました。こんな感情を抑えた、そして真摯なナレーションが出来る力を持ちたいと。調べたら沖縄出身のアナウンサーでした。やっぱりなぁ!伝わる!
posted by Hiromi at 21:05| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『訪日中国人 「爆買い」以外にできること』

発明.jpg パソコンに飽きて読書をしたいとき、せっかく温ったまった椅子から立ち上がるのが億劫で・・・そのままキーボードの上で本を持たずに読書したり字も書ける補助グッズを発明しました。キーボードよりちょっと長さのあるダンボールと包装紙。そして夏にいただいたお中元の素麺の木箱の蓋。なかなか調子がいいです。手が寒くない。PCのチェックを時々しながら本も読めるし、キーボードの上で書きものも出来ます。究極貧乏怠け人の発明です。

 2月18日に講師として迎える段躍中さんが編集・出版された第12回中国人の日本語作文コンクールを読爆買以外に出来ること 表紙.jpgんでいます。優秀作品が収められていて、中国の若者達の生の声が聞えてきます。中に「原爆のエレジー」という題名で二等賞をとった作品がありました。是非広島を訪れてほしいと呼びかけている内容で、驚きました。色々な中国の若者がいることを深く感じられる本です。

 金曜日に電化製品の量販店が近くに開店したので、40年使い続けたアイロンがちょっと怖くなったので、新しく買おうと思い、シンプルな安いものをゲットしました。購入額に応じてクジがひけたので、どうせ当たらないと思ってサッサとひいたら風月堂のゴーフルが当たってしまって申し訳ないくらい。ナノデ、発明した「キーボード隠しダンボール」にその包装紙を糊で貼り付け、ささやかなご満悦に浸っています。
posted by Hiromi at 16:57| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

とべないホタル

  ウィルあいちのホールで、Kさん母娘さんと3人で一緒に、合唱ミュージカル「とべないホタル」を鑑賞しました。オープニング、トップで盲導犬がステージに登場。「私は黒ラブ盲導犬」が歌われました。黒ラブさん、合唱団の最前列の真ん中での落ち着いた態度はそれはそれは見事。

 第一部ではピアノデュオの連弾、鍵盤ハーモニカの二重奏でロシア民謡など。ピアニカは小さい子達が行進しながら吹く・・・ってイメージがあるけれど、とっても軽やかな楽しい演奏ができるんだと知りました。
 国際子供学校は、公立学校に入れない在日フィリピン人の子供達のために創られた合唱団。母国の言葉で歌い、振り付けもこなし、元気がいい。少年少女合唱団「地球組」は、障がい・国籍など全ての垣根を越えた合唱団です。みーーーんな一緒のステージで元気に歌ってくれました。110名並んだ最前列は車椅子がずらり。指導の先生も介添えの方もご苦労も喜びも人一倍と思いました。

 第二部の「とべないホタル」は、創立40周年の「子供の幸せと平和を願う合唱団」。河村市長の発言で友好関係が途絶えたとき、私たちがやろうと開いた、友好音楽祭の時、実行委員会の副委員長をお願いした、「ぞうれっしゃがやってきた」の藤村記一郎先生が指揮。文字通り4~5歳から白髪の高齢者まで老若男女が溌剌とした演技、演出のミュージカル。あっという間に時間が過ぎました。義姉も頑張って歌っていました。

 夕方、TVが、トランプ氏がとんでもない大統領令を次々と飛ばしているニュースをやっていました。今日のステージは彼にこそ見てほしいものです。○○ファーストでなく、皆がファーストであり、ラスト。特定の一塊のために地球はあるのではないから。
posted by Hiromi at 21:24| 愛知 ☔| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

番組のお知らせ二つ

  昨年の9月末に上京した折、暮らしの手帖社で長年仕事をされていた、『ぼくの花森安治』の著者の二井康雄 さんにお目にかかりました。二井さんのお連れ合いが私が北京に居た時、お世話になった友人Oさんなのです。今は帰国して、中国語の翻訳や編集などの仕事で活躍しています。ゲンに関してもとても理解と協力をしてくださっていて、せっかくだからと、メーテレのディレクターさんも誘って4人で歌舞伎町で楽しく食事をしました。
 その時、初めて知ったのですが、二井さんは素適な「字」も描かれます。暮らしの手帖社にいらした方らしい風情の字。

 ママ騎手.jpgMディレクター制作の番組案内で、30分番組のタイトルを二井さんが描かれたことを知り、びっくり。内容も興味はありますが、今は、タイトル文字を見るのを楽しみにしています。全国で放送日時が違うので要確認ですが、興味のある方はどうぞ! 
★名古屋での放送は例によって早朝です。
**********************************
テレメンタリー2017「負けてたまるか〜オトコ社会を駆けるママ騎手」
関東圏での放送は1月29日(日)午前4時30分〜5時です。
「テレメンタリー2017」
http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/
名古屋での放送は2月2日(木)午前4時29分からです。
**********************************
★もう一つは高世さんから。
**********************************
2月2日(木)22時00分〜22時54分
テレビ東京「カンブリア宮殿」 
 「1食20円の寄付が途上国の給食に!肥満と飢餓の解消へ!日本発の社会事業」
【ゲスト】NPО法人 TABLE FOR TWO International 代表
          小暮真久(こぐれ・まさひさ) 44歳

 開発途上国では約10億人が食糧不足で飢餓に苦しむ一方、先進国を中心に約20億人が過食による肥満や生活習慣病を抱えている。この“飢餓”と“肥満”の不均衡を解決するために立ち上がったのがNPO 団体のTABLE FOR TWO(TFT)だ。
 TFTの仕組みはシンプル。社員食堂や学食などで低カロリーのヘルシー料理を作ってもらい、その代金のうち20円を発展途上国の学校給食(1食20円)の支援に充てるというもの。
 2007年に始まったTFTだが、この9年間で海外8カ国に4300万食の給食を提供した。この仕組みを導入する団体は年々増え続け、現在では650団体に。日本発の社会事業TFTの動きは今、世界に広がり始めている。
********************************** 
posted by Hiromi at 10:56| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

河村市長の発言〜経過〜

【きっかけは中国SNSの微博から】

アメリカ人女性と中国人男性が、「日本のAPAホテルに同ホテル代表が執筆した南京大虐殺と従軍慰安婦否定本が置いてある」と、中国SNSである微博に2017/1/15に投稿したところ、017/1/17 21時現在、微博で8300万回再生、66万転載、35万いいね、3.1万コメントがついた。

●投稿動画(youtubeに転載されたもの 中国語と英語)
 RIGHT-WING NATIONALIST HOTELS IN JAPAN 每个人都应该知道的事实
 https://www.youtube.com/watch?v=rmoTcP-G8r8&feature=youtu.be

中国の主要メディアも上記動画を報道し、それを受け、同社は「客室から撤去しない」と声明を発表した。
●2017.01.17 アパホテル  客室設置の書籍について
 https://www.apa.co.jp/newsrelease/8325
 The official statement of APA Group about the freshly raised controversy over the paragraph of the our-room-equipped book
 https://www.apa.co.jp/newsrelease/8467
●中国人が日本で開く旅行会社、華王国際株式会社が16日、アパホテルとのすべての事業提携を解消すると発表した。

●APAホテルにおける外国人観光客の割合は23%(2015年4月)で、その半分がアジア系とのこと。
http://inbound.exblog.jp/24687702/
(なお、海外宿泊予約サイト大手のexpedia、Agoda、Booking.comはまだAPAホテルを掲載し続けている)

●2017/1/23河村たかし名古屋市長の定例記者会見で、「いわゆる南京事件はなかったのではないか。市民を30万人虐殺したことが本当だったら土下座しなければならない。しないのだったら反論しなければ。議論が必要だ」と述べた発言は中国メディアでも大々的に取り上げられた。
http://m.weibo.cn/2810373291/4067383272534645

●中国外交部が「南京大虐殺は歴史的事実。市長は南京に土下座しに来るべきだ。」とコメントを発表。
2017-01-24 来源: 新华社
外交部:请名古屋市长履行“跪地道歉”承诺
http://news.xinhuanet.com/world/2017-01/24/c_1120376857.htm

●APAホテルに無料で置いてある読売新聞も、南京での虐殺は事実と認定している。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170122-00010008-agora-int

●平成29年1月23日 名古屋市長定例記者会見
http://www.city.nagoya.jp/mayor/page/0000089489.html

●2017.1.23 22:17 産経新聞
「南京大虐殺」改めて否定 河村名古屋市長
http://www.sankei.com/smp/west/news/170123/wst1701230088-s1.html
posted by Hiromi at 20:00| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2月18日の講演会に是非来て下さい!

 日本僑報社の本.JPG昨日、河村市長の発言から5周年の2.18講演会の講師である段躍中さん
からダンボールが届きました。出版社をされているので、会場で皆さんに紹介するためです。数多の出版物から見繕ってくださった54冊。その中にパンフレットが入っていて、「日本図書館協会選定図書」「中国人おもてなしの必読書」「大手書店ベストセラー第一位」「受賞図書」「日中関係が良くないとき読む本」などが紹介されていました。日中関係が良くないときに読む本.jpgクリックで写真は読めるくらいになります。

 段さんは元々中国で新聞記者をされていた方で、天安門事件後日本に来られて、今は日本の国籍をとっています。日本記者クラブでの講演、「クローズアップ現代」「羽鳥真一モーニングショー」他、昨年だけでも数々の番組に出演して、日中の友好を語っています。紙媒体での掲載、発信は多すぎて、ここには書ききれません。

 だからどうなの? それで? って言うかも知れないけれど、本当に全身全霊をかけて日中の友好のために働いている人たちから、私たちは真剣に学ばねばならないと思います。段氏の想い、活動に「知らなかった!」と、びっくりすることが多いと思います。
 寒いし、忙しいし、面倒だって思う人、どうか、今回だけは、御用がなければ、会場に来て下さい。私、熱烈歓迎します。
posted by Hiromi at 16:17| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河村市長に抗議文

 河村市長には呆れます。でも、こういう市長を選んでいるのは、まぎれもなく私たち市民です。1,2冊本を読んでの思い込み発言の罪の深さ!学問的にも決着のついている話を全く勉強しようともしていません。
 松岡環さんは、以下の抗議書にあるように、加害兵士250名、被害者300人を記録し、被害者を日本に50人以上を招請し証言集会に携わっています。南京に住み、徹底的に南京を歩き廻り、証言の映画も作りました。他にも調査研究をしている学者、一般市民は大勢います。学問には程遠い私ですら、南京の虐殺記念館には3回も行っていますし、父の証言記録もあります。
私たちの5年間にわたる話し合いの求めにも全く応じず、本当に恥かしい市長です

***********************************************
河村たかし 名古屋市長 様   2017年1月24日
                「銘心会南京」代表  松岡環  
 抗   議   書

河村たかし市長は、本年1月23日記者会見の折、「いわゆる南京事件はなかったのではないか。中国は30万人の市民を虐殺したというが、本当なら日本人全員が南京へ行って土下座をしないといけない。」と発言しました。アパホテル関連意見―、つまりアパホテルにある「南京大虐殺」や「慰安婦」を否定するホテル所有者の元谷氏の私見著書を全室に於いていることに対して「それはそれで結構」とも発言しました。

公人や政府関係者が、歴史をねじ曲げ、又その行為を擁護する態度は、かつて被害を与えたアジア諸国や中国の民衆をどれだけ傷つけたことでしょうか。
私たち「銘心会南京」は貴方の今回の発言、そして2012年2月の「南京事件、なかったのではないか」発言は、これまで市民や行政の側も築いてきた名古屋と南京との交流を断絶させてしまいました。さらに過去にも同じ虚偽の南京大虐殺否定発言を繰り返すなどをしています。同じような問題発言を重ねる貴方に、南京大虐殺歴史調査(加害兵士250名と被害者300人を記録しています)や被害者を日本に50人以上を招請し証言集会に携わってきた私は、貴方に強く抗議いたします。
このようなウソの発言は人間として許されるものではなく、まして政治家であれば、絶対にこのような軽率な言動は日本の国益をそこなうものであると知らなくてはなりません。
南京大虐殺は日本の侵略戦争の中でも最も残虐で象徴的な惨案(残虐事件)の一つであります。中国の民衆にとって、侵略の象徴である南京大虐殺を否定されることは「中国の歴史」のみならず「中国人そのもの」を否定されることと何人もの中国の友人が常々言っています。80年前の受けた傷の後遺症に苦しみ、肉親を奪われ苦しみに耐え暮らしている人々が隣国に生活しておられます。体験を話せる老人は、もう約100人と少なくなりました。歴史事実を否定する日本人や政治家が世界の歴史感と反する非常識極まりない発言を繰り返すたびに、南京大虐殺の被害者や遺族の皆さんたちは、大きな痛苦を感じておられます。

私たち「銘心会南京」は、貴方の暴言・態度に心からの怒りを感じ、ここに強く抗議いたします。その姿勢を改め問題発言を撤回・謝罪されることを要求します。
***********************************************
市長への抗議 Fax:052−972−4110(市長直通) ― 通じやすいです。
posted by Hiromi at 15:49| 愛知 ☀| がま口弘美の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする